役立つ転職知識

私だけじゃない~女性の転職その動機と不安を解消するポイントは?

更新日:

女性の転職

収入、仕事内容、人間関係や働き方などで今の職場に不満を持つことありませんか?

転職したいと思いながらも、自分の転職理由が甘いのではないか、今辞めたら職場に迷惑がかかるのではないかなど悲観的に考えがちです。

転職理由、お悩みなど女性が転職する時の心配事についての解決ポイントをお伝えします。

女性の転職とは

女性の転職とは

女性の年代別の転職事情

女性の転職は20代、30代、40代で変化するのが一般的です。

年代別の主な転職理由

20代前半

・会社、仕事や働き方が自分と合わない

20代後半

・結婚や育児のため

30代、40代

・キャリアアップ

・子育ての充実

・介護との両立

特に20代、30代はキャリア志向が強く、仕事に対してより追求していきたいという気持ちが生まれやすくなります。

また、子育て中の方は、年齢に関係なくより高い収入のある職場を探す傾向があり、40代以降は自分がより働きたい職場を探す人が多いです。

仕事に楽しみを見出す他に、プライベートも充実させていきたいという願望も出てくる頃でもあります。

女性の転職は男性とは違う!?一般的な転職との違い

一般的な転職ノウハウは、女性特有の悩みを解消するような方法が掲載されているとは限りません。

20~30代の未婚女性は結婚、出産が控えることがあるため、会社側としてはいつ退職されるかという不安があります。

20代後半で結婚し、出産のために育児休業を取得した場合、たとえ職場復帰したとしても、慣れない育児との両立が難しく、独身の頃のように夜遅くまで残業したり、休日を仕事に充てることも出来ない状況が続いて退職してしまうことも多いようです。

辞めざるを得ない状況での転職活動を強いられる女性も少なくありません。

そのため女性が転職活動する場合、時間の使い方や子育ての協力機関の利用など転職活動の前にライフスタイル全体を見直す必要があります。

 女性の転職のポイント

女性は男性よりも、結婚、子育て、親の介護など、仕事以外の務めが多いため、キャリアアップだけにこだわることが難しくなる現状があります。

しかし、自分が働くにあたり、譲れない部分と妥協できる部分を見付けさえすれば、転職活動が有利になっていきます。

例えば、残業は絶対に出来ない状況であるということが自覚できていれば、難問は大きくクリアに近付いています。

やむを得ず残業しなければならないときは、自分がいなくても子供の世話が任せられるように前もって準備をしておくことで、パートナーも含めた転職活動にまで広げることも考えてみるのはどうでしょう。

どうしても今日中に引継ぎを終わらせないといけなくて…
保育園のお迎え行ってもらえない?お願い。
いつも君にばっかり行ってもらってるから、
今日は仕事を早めに切り上げて僕が行くよ。
よかった!お願いね。
夕飯作って冷蔵庫に入れておいたから、帰ったらあたためて食べてね。
着替えも用意したからお風呂に入っておいてくれるとありがたいな。
わかったよ。
忙しいのに準備してくれて助かるよ。
今日は僕に任せて、君は心配せずに働いてくれ。
ありがとう、そう言ってくれると心強いわ。

アイデア次第で転職活動の時間ができ、転職後の失敗も回避できるというわけです。

今後の人生計画について考えておく

転職に成功したからといって、その先のライフスタイルがブレてしまうと再転職しなければいけなくなることもあります。

転職の成功とは、転職後定年まで、さらに定年後も生き生きと働き続けられることです。

ご自身のライフスタイルとキャリアアップを別に考える転職の方法は、避けるべきでしょう。

まずはお金や体力面、取り組みたい夢などの今後の人生設計について考えていくことが必要です。

人生設計はいきなり「そうあるべきだ」と考えると大変なので、「そうありたい」という希望面から考えていきましょう。

そうすると自分が大切にしなければいけないことの優先順位が決まり、譲れない部分を具体的化することが出来るはずです。

資格を取っておく

資格を持っていれば自信を持ってエントリーが出来ます。

そのためには、自分がどの職種で働いていきたいかに加えて、適性も考えなければなりません。

資格取得前に試用期間としてアルバイトで職業体験をしてから、実際に正社員で働くための資格も含めた転職活動をすることで入社後の不一致を防ぐことも出来ます。

大切なのは、その仕事がしたいという気持ちであり、資格はその気持ちや実務能力をアピールすることができます。

周りの人がどうしているか情報収集をしておく

最終的に転職を成功させるのは自分です。

しかし、その地点に到着するまでは長く、時には間違った転職活動をしていることもあるかも知れません。

転職をお考えの場合、周囲の転職成功者へのヒアリングはご自身の今後の転職活動にプラスになることでしょう。

〇〇ちゃん、久しぶり~。
転職したって聞いたけど、保育士もうやめちゃったの?
保育士が向いてないって思って転職したんだけど、
やっぱり保育士に戻っちゃった!
え?!そうなの?なんで??
離れてみて気付いたっていうか。
忙しさで初心を忘れてしまっていて、
あらためてもう一度保育士頑張りたいって思えたの。
遠回りしたけど、今の方がこの仕事にやりがいを持ってるんだ。
そっか。そういうこともあるんだね。

転職したものの再転職した場合、理由なども聞けます。

また、転職者の紹介で転職を成功させた方もおられるようです。

ここまで行かなくても、知人の勤める会社が求人広告を出しているという情報を得られることもあります。

女性が働きやすい会社を選ぶポイント

女性が転職する場合、生き生き輝き続けられる職場であることは大きなポイントです。

結婚、出産、育児、介護など、時間的拘束によるものが転職の多くの理由となる女性。

キャリアアップとプライベートの充実は、転職後も天秤にかけられる大きな課題です。

転職前から自分はどちらに比重を置きたいかなど具体的にイメージしておけば、働く時間をおさえフレックスタイムも取り入れたいなど具体的な要望として現れてきますのでターゲットとする会社も絞れてきます。

例えば、融通の利く会社は女性に人気です。

転職活動を無事成功させたある既婚女性の転職先は、お子さんの授業参観や熱を出した日は必ず有給がとれる会社だそうです。

ただ単に残業がないというだけでなく、必要があれば気兼ねなく休むことができる職場は、子育てをしながらの転職先選びに欠かせない条件だと分かります。

また、生理休暇を取得できる職場も最近注目されています。

生理休暇があると就業規則には書いてあるものの、実際には自分に代わる人がいないので、生理休暇が自由に取れない現状があります。

女性の生理は定期的に来る人もいれば、そうでない人もいます。

体調が悪いときに、卑屈になることなく休める職場を探すことが出来れば、女性の離職率もおさえられるのではないでしょうか。

ポイントは、最初から会社に伝えておくことです。

伝えるからには、生理休暇中以外で自分はこんなに会社に貢献できるというアピールも用意しておくといいですね。

自分が働きやすい会社を選ぶことが、転職成功の重要なカギとなるでしょう。

女性の転職理由で多いのは?

女性の転職理由で多いのは?

女性の転職には純粋に今の会社ではキャリアアップを図れないなど、仕事面だけを重視したものから、子育てや自分の体調管理との兼ね合いが上手く出来ないという理由があります。

昔は、子育て、女性特有の生理や更年期など体調にかかわることで会社を休むことは、会社にとって不利益だと思われてきました。

しかし、企業の視点は人材に向いています。

生き生きと働くことができる環境づくりが売上増大に大きくつながるという視点から、女性が働きやすい職場づくりをすることも企業にとっての課題でもあるのです。

家事・育児についても、難なくこなせる人は自分だけが大変じゃないのだからと割り切れますが、体力のない人や不器用な人にとっては、絵に描いた餅のように上手くいかず仕事との両立に悩むこともあるかもしれません。

働き方は千差万別。大切なのは、自分に合った職場探しです。

転職でステップアップを図るポジティブな理由

今取り組んでいる仕事をより追求し、範囲を広げていきたいというキャリア形成のための転職理由をお持ちの方も多いようです。

一方で、今の仕事の将来性に期待が持てないと思う方もおられます。

会社で事務の仕事をしている入社2年目のAさん。

求人情報を見て新卒で入社できたという喜びもそう長くは続かず、自分は会社の歯車になっているだけではないかという不安がよぎったそうです。

自分にしか出来ない責任ある仕事をするためには、自分自身のスキルアップも必要になってきます。

しかし、自分が会社のコア部分で働けていると実感できないとモチベーションは長続きしません

今の仕事に対するキャリア形成が見合わないことは、立派な転職理由になります。

現状に不満をもちながらも、自分の能力をさらに活かせる会社に転職したいことはポジティブな転職理由です。

ワークライフバランスの重視には家庭環境も影響

育児休暇を取得した後も、子供の発熱や生理時の体調不良などが理由で早退を余儀なくされることもあるでしょう。

周りに気を遣い精神的に疲れてしまうかもしれません。

それでは仕事をすることが辛くなり、その結果、仕事をしながら自分の人生を謳歌することが難しくなります。

さらにエスカレートすれば、子供の存在が憎らしい、子供さえいなければ自分はさらにキャリアアップ出来たのに、生理時の苦痛がなければよかったのになど、自分の環境や体調を恨むネガティブな気持ちが生まれることも予想されます。

大切なのは、子供、自分の体調も生産性の一部として会社が認識する変革です。

進んだ会社ではその取り組みはもう行われています。

育児と仕事が両立できる会社なんてないと諦める前に、探すことが大事です。

キャリアだけを見ずに妥協点を見出しながら、トータル的に充実した日々を過ごすための取組みこそが、女性の転職活動であると言えるでしょう。

「人間関係の問題」は男女ともにみられる転職理由

職場のあの人やあの上司とうまくいかない。

そんな悩みを抱えている自分を知りながら、一方でうまくやっている人を見ると尊敬してしまう。

そんな日々を繰り返す中、自分が卑屈に思えてきてしまい努力が足りないだけだと自己解決しがちです。

しかし、人間がこの世にいる限り、人間関係があり、その軋轢に苦しむ人も当然いますし、私もその一人です。

逆に自分が嫌だと思っていない人や物事が、他人にとればとても苦痛になっていることもあります。

いつも笑顔だから、あの人は自分とは違う、自分だけが人間関係に悩んでいると思ってしまっていませんか?

隣の芝生は青く見えるものです。

もし我慢出来ないようであれば、早めに転職活動をしましょう。

人間関係を苦痛に思う人がそのまま我慢していると、仕事にも心身にも悪影響を及ぼしてしまい、家庭やプライベートにも広がるからです。

実際に人間関係の問題で転職する人は少なくないのです。

ただ、退職理由にマイナスイメージを与えかねないので伏せておきましょう。。

女性の転職の悩み

女性の転職の悩み

女性が転職をするにあたり、具体的な転職理由について紹介してきました。

次は、転職にまつわる悩みを考えていきましょう。

今、転職を考えていない方も、今後のための参考になるかも知れません。

今の仕事を本当にやめていいのか?

今の仕事をやめて転職しても、前職の方がよかったと後悔しないかと疑心暗鬼になることがあります。

それは正しくもあり必ずしも正しいとは言えないでしょう。

なぜなら、まだ転職活動をしていないからです。

今よりもいい会社が見つかれば、きっと転職に対する迷いは消えるはずです。

企業研究していく中で、自分では入社出来ないと思い込んでいた会社に入社できることもあるかも知れませんし、起業など新しい道も開くかもしれません。

まずは転職活動することから始めてみるのがいいでしょう。

自分が辞めたら周囲を困らせるのではないか?

日々誠心誠意を込めて仕事をしてきた方に多いのが、自分が仕事を辞めた次の日から職場がまわらなくなるのではないか、会社がつぶれるのではないかという思いにかられることです。

しかし、意外に優秀な人材は多く、企業はいい人材を探す事が出来ます。

自分がいなくなった後のことを心配し、それが理由で転職に踏み切れないのなら、それは大きな取り越し苦労だと言えるでしょう。

ただ、短期で会社を辞めてしまう場合については、会社は求人広告代など採用コストを支払っていることをお伝えしておきます。

ある女性が短期で退職を申し出たとき、社長から「一体(君を採用するのに)いくらかかっていると思っているんだ。」と言われてしまったそうですから。

良い条件での転職先が見つかるのかどうか?

転職活動をしていると分かってきますが、業務内容、給与、待遇、勤務時間、有給取得などが前職よりもすべて優っている会社に入社することは困難です。

例えば20代の場合、良い条件だけを求めてもキャリアがついて行かないため、希望通りにはならないこともあるでしょう。

しかし、譲れない部分、妥協できる部分を明確にお持ちの転職希望者は転職出来やすく、さらに転職後の満足度も高いと言えます。

妥協点を自覚していることで耐性ができていくからです。

前職とは違う仕事がしてみたいという場合も転職活動を進めていく中で、本当に自分がしたい仕事がみつかることがあります。

そのための資格取得も視野にいれておきましょう。

出産と転職のタイミングは?

最近のニュースで、東京医科大学の受験における女性の一律減点が問題になりました。

医者になっても、結婚や子育てで辞めていく人材が多い、バリバリ働いてもらえないという身勝手かつ否定的な考えで女性差別があることに驚かれた方も多いのではないでしょうか。

一般企業同様、女性だから働けないではなく、働く環境づくりを進めていくことが大切なのは言うまでもありません。

一方、転職活動する側も工夫が必要です。

結婚や出産を経験しているからこそ伸ばされる才能があります。

例えば主婦業。

主婦業は家計のやりくりに始まり、掃除洗濯、料理、家族や親戚との人間関係など広い視野を鍛えることもできます。

その結果、社長的視点が研ぎ澄まされることもありますし、家事から出てくる素晴らしいアイデアが商品化されることもあります。

主婦のアイデア商品は大ヒットすることがあるよね。
大きさが変えられる落し蓋、私も使ってる!
あれも、家事から生まれた主婦の発明品でたくさん売れてるよね。

企業においては、無駄、無理、浪費を失くすという点において、活躍できそうです。

結婚しているから、出産しているからと否定的になるのではなく、結婚しているからこそ会社にどんな点で貢献できるのかをオリジナリティで模索していくことが大切です。

キャリア磨きに加えて何かを打ち出せることができれば、より自分を魅力的にアピールできるでしょう。

また、独身の場合で結婚の予定があれば面接時に伝え、結婚をしても仕事を続けるのかどうか会社にきちんと意思表示をしておく必要があります。

まとめ

女性の転職まとめ

女性は男性のようにキャリア形成だけを考えた転職活動は難しいことが分かりました。

女性は仕事から帰宅しても、家族のために家事や育児にかかります。

また、女性特有の生理で毎月の7日間は辛い状況になる方もおられます。

そのため24時間、1カ月を上手く使えるような会社選びをすることが大切です。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.