基礎知識

たとえ転職面接で緊張しても充分に自分をアピールするための対応3つ

更新日:

たとえ転職面接で緊張しても充分に自分をアピールするための対応3つ

この記事で解決できる悩み


  • 緊張が理由で面接に落ちることはあるの?
  • 面接のときに緊張を和らげる方法が知りたい
  • もし転職面接で緊張してしまったら、どうしたらいい?

転職面接は緊張して、どうしても不安に感じてしまいますよね。

いざ面接となるといつも緊張して、思っていたことを言えなくなっちゃうんですよね…
きちんと準備して面接に挑むことで、緊張を緩和することはできるわよ。
面接で緊張しないためにどうしたらいいか、対策について説明するわね!

この記事では、転職面接での緊張対策について解説します。

転職面接で緊張したときに取るべき対応3つ」を実践すれば、緊張しがちな面接でも落ち着いてのぞむことができるでしょう。

実際、エージェントサービスの口コミを見ると、緊張しても対応策を実践し、自分をしっかりアピールできた人は転職に成功できているのです。

それではまず、「なぜ転職面接で緊張するのか」について見ていきましょう。

【はじめに】自分だけじゃない!なぜ転職面接で緊張するのか

転職面接でまったく緊張しないという人は珍しく、むしろ多くの人が面接で緊張するものです。

たとえば転職面接で緊張する理由の多くは、

  • 馴染みのない面接会場
  • 初対面の面接官
  • 面接官に好印象を与えたい
  • 失敗したくない、受かりたいという思い

など「成功させたい」という強い思いから緊張してしまいます。

そんなとき必要なのは、緊張しないための準備や、緊張したときの対策を知っておくことです。

詳しく見ていきましょう。

転職面接で緊張しやすい人にみられる4つのタイプ

転職面接で緊張しやすい人は、下記の4つのタイプが多いです。

緊張しやすい人にみられる4つのタイプ


タイプ1:ネガティブ思考(緊張してはいけないと思うことで余計に緊張してしまう)
タイプ2:プレッシャーに弱い
タイプ3:人前で話すのが苦手
タイプ4:自分をよく見せたい、失敗したくないという思いが強い

ネガティブ思考の人は、緊張してはいけないと思い続けることで、さらに緊張してしまいます。

またプレッシャーに弱い人は「絶対に受かりたい」という気持ちから、不安や緊張が増してしまうのです。

人前で話すのが苦手な人は、初対面の面接官を前に話しづらく感じてしまうでしょう。

自分をよく見せたいという思いが強い人も、志望度が高く慣ればなるほど、自分をよく見せるために背伸びをして緊張しがちになってしまいます。

4つのどれかのタイプに当てはまる場合は、対策をすることで緊張を緩和させましょう。

こんな状態は緊張している証拠

緊張している状態を知っておくことで、早期に対策が取ることができます。

たとえば緊張しているときの症状は、

  • 声が震える、手足が震える
  • 手のひらに汗をかく、冷や汗をかく(発汗する)
  • 心臓の鼓動が早まる
  • 顔が赤くなる(赤面)

などが当てはまるので、緊張しているサインに気づいたときは焦るのではなく、冷静さを取り戻す絶好の機会だと捉えるとよいでしょう。

自分の緊張する症状を知っておくと事前に対策を取りやすくなるので、転職活動以外でも、自身の緊張した状態を知っておくことも大切です。

転職面接で緊張しない最大のカギは2つの準備

緊張しやすい人のタイプに全部当てはまってました…!そんなことだろうと思いましたけど、、
一般的に面接は緊張するものだけど、あなたは本当に緊張しやすいタイプなのね…。
じゃあ、すこしでも緊張を和らげるのにおすすめの準備を2つ紹介するわね!

緊張しないための2つのカギ


準備1:面接での緊張は練習することで和らぐ
準備2:面接当日の緊張対策

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

準備1:面接での緊張は練習することで和らぐ

面接でよく聞かれる質問は、「志望動機」「自己PR」「退職理由」「履歴書」「職務経歴書」の内容です。

事前にこれらの質問に答える練習をしておくことで、緊張を和らげることができるでしょう。

いきなり聞かれると答えるのに詰まってしまうことでも、自分の言葉でスラスラ話せるようになるまで練習しておくと、本番の面接でも安心して受け答えができます。

また受ける企業の公式ページや求人サイトを見て、業界の情報やニーズをつかみ、自分のキャリアやスキルと絡めてどうアピールできるか考えておくことで、あらゆる質問に対応できるでしょう。

しっかりと転職面接の準備をしておくことが、安心材料につながり、緊張を和らげることができます。

準備2:面接当日の緊張対策

面接の事前準備は、できるだけ前日までに済ませて、余裕を持って行動しましょう。

なぜなら、面接当日は準備が整っていないだけで緊張を助長させてしまうからです。

当日面接に必要な履歴書、職務経歴書などを改めて見直してからカバンに入れ、スーツやシャツのアイロンがけなどの身だしなみの準備、さらに当日のアクセス方法まで調べておくと安心です。

万が一携帯電話の電池が切れたときのために、面接会場までの地図を印刷し、遅刻した場合に備えて、採用担当者へつながる電話番号もメモしておくとよいでしょう。

ここまで準備しておけば、たとえ当日に緊張しても最小限に抑えられますし、多少のハプニングがあっても、落ち着いて対応できるはずです。

転職面接で緊張よりもタブーな2つのこと

たしかに準備が整っているだけでだいぶ気持ちが楽になりますね!
じゃあ、受け答えに詰まらないように、これを全部暗記して…
あ、それはダメよ!面接で話す内容を丸暗記するのは面接では低評価になりやすいから避けた方がいいわよ。

実は転職面接では、緊張より低評価になりやすいタブーなことが2つあるのです。

緊張よりもタブーな2つのこと


タブー1:面接で話す内容を丸暗記
タブー2:緊張するよりマイナスイメージの行動

それぞれのタブー行動について、詳しく解説していきます。

タブー1:面接で話す内容を丸暗記

先ほど面接で話す内容を練習することが大切とお伝えしましたが、丸暗記している場合は危険です。

なぜなら、万が一緊張して頭が真っ白になったとき、暗記したものが出てこずパニックになり、対応できないからです。

そこで面接で話す内容は丸暗記せず、要点を押さえて自分なりのストーリーをその場で組み立てながら話せるよう練習しておきましょう。

人前で話すのが苦手な方は、文章に書き出してから、キーワードのみを覚えて、スピーチ練習するのがおすすめです。

丸暗記していないのに、大切なキーワードは逃さずに話せます。

タブー2:緊張するよりマイナスイメージの行動

社会人としてのマナーが守れないことは、緊張するよりもマイナスイメージになるので、注意が必要です。

たとえば面接の時間に遅刻することや早すぎる訪問、挨拶ができないこと、清潔感がない身だしなみは、入社後も同じような行動をされては困るため、採用担当者から厳しく見られています。

また準備不足のまま面接に臨んだり、前職の愚痴をこぼすことも、よい印象は与えられないでしょう。

緊張以前の基本マナーの問題ですので、緊張して思わずマナーが乱れないように、普段から気をつけておくとよいですね。

マイナスイメージの行動の例


  • 遅刻(早すぎる到着も×)
  • 挨拶ができない(声が小さいのも×)
  • 清潔感がない身だしなみ
  • 準備不足
  • 愚痴をこぼす

【体験談】転職面接で緊張して失敗した!

「これまでどんな業務を経験してきましたか?」と質問されたが、緊張のあまり思わず学生時代のエピソードについて話してしまった

転職活動で2年ぶりの面接。緊張から顔が真っ赤になって、しどろもどろになった。「君はギャグが通じない人間じゃないよね!?大丈夫だよね!?」と心配されたが、逆に真面目さと必死さを評価していただき最終面接に進めたけれど、結果的には落ちた

緊張のあまり、面接室で「おかけください」と言われる前に椅子に座ってしまったんです。面接官が驚いたような顔をしたので失敗に気づき、そこから頭が真っ白に。最初の失敗があとをひいてしまい、質問にもうまく答えられず、グダグダの面接になってしまいました。

面接官が重視していることは一緒に働きたい人材かどうか

実際に面接官が重視していることは、一緒に仕事をしたい人材かどうかということです。

面接で緊張するのは当たり前のことで、「この面接を成功させたい!」という裏返しでもあるので、採用担当者の評価に大きな影響はありません。

それよりも人柄や経験、スキルを重視しており、入社後に活躍できるかどうか、会社に貢献できる人材なのか、必要な条件を満たしているかが見極められています。

緊張し始めると相手に伝わりそうだと不安になるかもしれませんが、それよりも、緊張してもしっかりと自己アピールできるよう考え方をシフトさせましょう。

そのためには、緊張してもそつなく話すための事前準備が大切です。

転職面接で緊張してしまったときに取るべき対応3つ

そっか面接がはじまってからのことばかり考えてたけど、たしかにマナーも重要ですね!
そうそう。あとは、実際に面接で緊張した時にどうするかだけど…。
一番のおすすめは最初に「緊張しています」と伝えることよ!
えっ!?伝えちゃっていいんですか?

ここからは、転職面接で緊張したときに取るべき対応をご紹介します。

対応としては次の3つです。

緊張してしまったときに取るべき3つの対応


対応1:呼吸を整える
対応2:前向きな姿勢を見せる
対応3:対策グッズで安心を得る

では、詳しく見ていきましょう。

対応1:呼吸を整える

緊張すると呼吸は浅くなりますが、逆に意識してゆっくりと深呼吸をすると、緊張で硬くなった体をほぐせます

リラックス効果を高めることができるので、まずは深い呼吸を数回行いましょう。

呼吸はいつでもどこでも誰にもバレずに行えますので、面接前や面接中にもすぐに取り入れられる便利な対応策です。

対応2:前向きな姿勢を見せる

緊張で多少ぎこちなくなっても、自分らしさと前向きな姿勢は大切です。

たとえば面接でわからない質問をされたら、「大変申し訳ありません。勉強不足でわかりかねます。入社までには知識を深められるよう努力します。」と謙虚かつ前向きな姿勢を見せましょう。

緊張して知ったかぶりをすると、経験豊富な面接官にはすぐにバレてマイナスイメージになりますが、前向きな姿勢は好印象を与えるはずです。

同じようにあまりの緊張で上手に話せないと感じたら、「今日はせっかくの機会をいただき、緊張しておりますが」など面接の冒頭で伝えることも一つの作戦になるでしょう。

「御社の面接を成功させたい!」という強い思いを示すことが何よりも大切です。

対応3:対策グッズで安心を得る

面接の準備をしても不安な人は、自分なりのリラックスグッズを持参すると安心感を得られるでしょう。

お守りのように持っているだけ、身につけているだけで安心できるアイテムを日頃から決めておくことで心の支えになります。

リラックス効果のあるラベンダーなどのアロマオイルもおすすめです。

いろいろな方法があるので、自分にぴったりなものを探して活用してみましょう。

転職面接での緊張についてのまとめ

転職面接での緊張についてのまとめ


  • 転職面接で慌てて緊張しないために、面接練習や早めの持ち物準備をする
  • 面接での緊張は練習をしっかりすることで和らぐ
  • 緊張で硬くなった体をほぐすには深呼吸が効果的

転職面接で緊張してしまう方は、必ず上記の3つを実行してみましょう。

転職面接は誰でも緊張するものなので、面接官もそれだけで不合格にすることはありません。

むしろ必要なのは、緊張していてもしっかりと自分をアピールできることです。

念入りな事前準備と緊張緩和の方法を実践することで、転職面接を成功させましょう!

退職から内定までサポート おすすめ転職エージェント

国内求人数トップレベル!
doda
2人の担当者があなたをバックアップ!国内求人数トップレベルであなたに合った求人が見つかる。
求人数トップレベル
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
各業界に精通したエージェント!
マイナビエージェント
20代が信頼する転職エージェント1位を獲得!(※楽天リサーチ調べ)各業界に精通したプロがあなたをしっかりサポート!
幅広い業界の求人
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
幅広い年齢層から支持!
リクルートエージェント
豊富な求人数で幅広い年齢層をカバー!転職成功者からの評価の高い転職支援実績NO.1の転職エージェント!
求人数トップレベル
全国展開
支援実績No.1
登録無料

相談する

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.