基礎知識

転職で源泉徴収票の提出を求められた!手元にない場合の5つの対応法

更新日:

転職で源泉徴収票の提出を求められた!手元にない場合の5つの対応法


  • 転職したら源泉徴収票をもらった…これってどうすればいいの?
  • 年末調整で源泉徴収票が必要らしいけどどうすればもらえるの


この記事は以上のような悩みを解決できる記事になっています。

源泉徴収票は、勤めていた企業が切除した社会保険料の額や特別徴収した所得税の額などが1年分明記されています。
これは年末調整に必要な書類になります。

この記事では、源泉徴収票の種類、必要なケースや源泉徴収票がない場合の対処法など知っておいたほうがいい知識をわかりやすく解説します。

転職時に必要な源泉徴収票には3つの種類がある

転職時に必要な源泉徴収票には3つの種類がある
一般的に、源泉徴収票というのは、給料や退職金、公的年金などを支払う企業が、金額として支払ったものや所得税として徴収したものを書いている書類です。

例えば、自分の会社での確定申告書の写しのような感じで、源泉徴収票には1年間の1月1日~12月31日に収入がどの程度あり、控除をどの程度受けて、所得税をいくら支払う必要があるかが書かれています。

源泉徴収票の種類としては、次のようなものがあります。

源泉徴収票の種類1: 給与所得の源泉徴収票

給与所得の源泉徴収票は、源泉徴収額や1月1日~12月31日に企業が支払った給料のトータル額が書いてあり、12月の給料明細書と同じタイミングで渡される場合が多いです。

途中で会社を退職した際は、退職する時までに会社が支払った給料額になります。

源泉徴収票の種類2: 退職所得の源泉徴収票

退職所得の源泉徴収票は、所得税の源泉徴収税額や退職金の金額などを書いているものです。

退職金を支払われた場合は、支払った会社から退職した後1ヶ月間のうちに発行されます。

源泉徴収票の種類3: 公的年金等の源泉徴収票

公的年金等の源泉徴収票は、所得税の源泉徴収税額や1月1日~12月31日に企業が支払った公的年金などのトータル額が書いてあり、年金を支払った日本年金機構などから次の年の1月中に年金が支給される人に発行されるものです。

源泉徴収票が必要な2つのケース

源泉徴収票が必要な2つのケース
源泉徴収票は、1年間のトータルの所得や控除額が書いてありますが、必要なのはどのような場合でしょうか?

源泉徴収票が必要な場合は、次のようなケースです。

源泉徴収票が必要なケース1: 年末調整

年末調整というのは、年末に会社にいる社員について、所得税を給料額から再度算出して、本来納付すべき税額とすでに納付している月々の所得税との差額を返したり、あるいは追加で納付したりするための手続きです。

税金を納付することが国民には義務化されており、きちんと払う必要があるので、年末調整が行われています。

所得税は給料から毎月差し引かれていますが、所得税額は年収に対して決まるので、基本的に、年収が決まらないと確定しません。

しかし、所得税を年収が確定した年末に一括で支払うのは、税金を納める人にとっては非常に大変であるため、年収を予想して算出を仮に行って、月々の給料から前払いということで差し引きしています。

年間のトータルの所得が源泉徴収票には書いてあるため、年末調整の際に必要になります。

源泉徴収票が必要なケース2: 転職

転職を途中で行った場合は、一般的に年末調整を転職先で行うので、前職の給料の支給額を転職先の会社側は知っておく必要があります。

源泉徴収票が転職した会社で必要になるのは、前職の年収を把握し、年末調整を正確に行うためです。

転職しましたが、源泉徴収票って必ず提出しないといけませんか?
必ず提出しないといけないという決まりはありません。
良かった!前職の給料額を知られたくなくて…。
しかし「自分で年末調整を行いたい」「前職の給料額を把握されたくない」場合以外は、転職先に源泉徴収票を提出するのは一般的なので、覚えておきましょうね。

  • パートやアルバイトの場合でも、源泉徴収票は発行してくれる
  • 年末調整や転職をすることもあるので、しっかりと源泉徴収票を入手しておく

転職で源泉徴収票がない場合の対応法5つ

転職で源泉徴収票がない場合の対応法5つ
源泉徴収票は必ずしも必要ではありませんが、所得税法によって退職してから1ヶ月にうちに源泉徴収票を発行することが企業側には義務化されています。

しかし、忙しい時期と退職する時期が重なったりして源泉徴収票を発行するのが遅くなる企業もあるため、頼む際は余裕をもっておきましょう。

転職先の会社はどうして源泉徴収票を要求するのか?


源泉徴収票を転職先の会社が要求するのは、年末調整のために必要だから

対応法1: 前職の会社が倒産したため源泉徴収票をもらえない場合

裁判所が選んだ破産管財人の弁護士に請求すればもらうことができます。

対応法2: 源泉徴収票を自分のミスで失くした場合

退職した会社に連絡して再発行してもらいましょう。

その際には失くしたことを謝罪して、いつまでに必要としているか伝えた方がスムーズです。

転職先の会社での年末調整

先にご紹介したように、年末にその会社にいる社員が年末調整の対象になります。

例えば、現在の会社に12月31日までいて、新しい会社に翌年の1月から転職する際は、年末調整を現在の会社で行います。

また、年の途中の11月などに転職する際は、12月31日は転職先の会社にいるので、転職先の会社で年末調整を行います。

前職の源泉徴収票がないと、転職先の会社では、それまでに納付した所得税額、控除額、収入が分からない

年末調整するために、前職の給与所得者の扶養控除等申告書と源泉徴収票を、転職先の会社に提出する必要があります。

対応法3: 源泉徴収票の退職所得のものは必要ない

退職金の場合は、控除額が給料や賞与とは違った方法で算出するので、退職金のみを対象とした所得税額になります。

退職所得の受給に関する申告書を前職で出した場合は、転職前の会社が退職金を事前に算出してから支給しているため、手続きを転職先の会社で行う必要はありません。

そのため転職する際、源泉徴収票の退職所得のものは特に出さなくても問題ありません。

退職金を退職所得の受給に関する申告書を出さないでもらった場合は、確定申告をする必要がある

対応法4: 転職・退職が12月の場合

転職・退職する時期が12月の場合は、年末調整の手続きが遅れる可能性が多くあります。このような場合は、指定された次の年の2月~3月のうちに確定申告を自分で行う必要があります。

源泉徴収票は確定申告をする際にも必要であるため、無くさないようにしましょう。

対応法5: 転職活動中に源泉徴収票が必要になる場合

前年度の源泉徴収票が面接する際に必要になることが、企業によってはまれにあります。正しく前職の収入を掴みたいためです。

どうしても源泉徴収票を出したくなければ断れますが、源泉徴収票が転職した後には必ず必要になるため、志望している会社の場合は出した方がいいでしょう。

基本的に、所得税の過不足が起きなければ、年末調整が必要ないと思うのではないでしょうか。

所得税の場合は、納税額が前年度のデータをベースにして事前に決定され、給料から差し引かれています。

  • 1月~12月の収入から所得金額は決定するもの
  • 納税額は扶養する家族が多くなったり、少なくなったりしても変わる

子供が誕生して扶養する家族が多くなったりすれば、扶養控除額が多くなって、納税額が少なくなるというような場合は多くあります。
この場合は、12月末にならないと控除額がどの程度変わるかは分かりません。

1月~12月に給料から差し引かれている所得税額は、基本的に、納付すべき税額の予想であり、過不足が年末までに生じる可能性が大きい

源泉徴収票以外で転職に必要な6つの書類

源泉徴収票以外で転職に必要な6つの書類
転職する際は、源泉徴収票以外にも多くの書類が必要になります。

  1. 年金手帳
  2. 健康保険被扶養者異動届
  3. 雇用保険被保険者証
  4. 扶養控除等申告書
  5. 内定承諾書
  6. 給与振り込み先金融機関の届け出
一般的に、転職する際に必要になるのはこの6つです。

年金手帳、源泉徴収票、雇用保険被保険者証は、退職する際に転職前の会社からまとめてもらえるため、しっかりと保管しましょう。

届け出書類のこれ以外のものは、自分で準備しなくても転職先の会社からもらえます。

職種や業種によっては、医療系の資格証明書や免許証など、第二新卒の場合は卒業証明書が必要になることもある

これ以外には、身元保証書、従業員調書、緊急連絡先、住民票記載事項証明書などが必要になる場合もあるようです。

健康診断を転職する3ヶ月以内などに受けていれば、診断結果が必要なこともありますが、無い場合は一般的に転職した後に会社が指定した健康診断を受けます。

転職する際には多くの書類が必要になりますが、必要な書類は会社によって違うため、非常に複雑で初めて転職するときはよく分からないと思います。

なお、転職エージェントの中には、転職するときに必要な書類について相談に乗ってくれるところもあります。

転職する会社を探したり、実際に転職するまでサポートしてくれたりするため相談してみるのもいいでしょう。

転職で源泉徴収票必要な時期

転職で源泉徴収票必要な時期
転職する場合は、源泉徴収票を転職先の会社に出す必要があります。年末調整のために必要であるからなのはおわかりですね。

社員がもらう給料からは、事前に所得税額が差し引かれています。 しかし、基本的に、年間の収入に対して所得税はかかるので、収入が決定されないと所得税額も決定しません。

収入が決定された年末に所得税額を一括して徴収するのは、社員には非常に負担が大きくなるので、企業は年間の収入を予想してから所得税額の仮のものを月々の給料から差し引いているんだ。

年末調整というのは、実際の所得税額と事前に差し引いた所得税額の仮のものを比較して、差額を返したり、追加で集めたりする手続きのことです。

12月31日までに転職した場合は、年末調整を転職先の会社が行うので、前職の源泉徴収票が必要になります。

源泉徴収票の提出は、基本的に、転職した後できる限り早いほうが良いでしょう。

最低でも、11月~12月の年末調整に遅れないように出しましょう。

トラブルを防ぐための対策法

12月に転職する際は、年末調整が間に合わない場合があります。また、源泉徴収票の入手が遅くなって、年末調整に遅れる場合も考えられます。

このような場合は、確定申告を次の年の2月~3月に自分で行う必要があります。 また、源泉徴収票を転職前の会社がなかなか発行してくれない場合もあります。

所得税法によって源泉徴収票の発行は義務化されているので、しっかりといつまでに必要かを転職前の会社に伝えましょう。

それでも発行してくれなければ、「税務所や労働基準監督署に相談する」とはっきりと伝えましょう。

転職すると源泉徴収票で前職がわかる

転職すると源泉徴収票で前職がわかる

会社によって違いがありますが、大体においては前職の源泉徴収票を転職先の会社から要求されます。源泉徴収票が必要になるのは、所得税を算出するためです。

例えば、会社を5月に退職したとしましょう。

5月に会社を退職した場合は、給料などの5月までの情報は転職前の会社でしか分かりません。そのため、転職先の会社では給料などの5月までの情報が分からないので、所得税の算出ができないのです。

源泉徴収票には途中退職と途中就職の日時を記載する欄があります。

長期間職に就いていなかったのを「仕事をしていた」と偽っていた場合、源泉徴収票を出すことができず職歴が転職先にバレてしまう

源泉徴収票は年末調整に必要であるため、出さないと怪しいと思われてイメージが悪くなるため、職歴は正しく書くようにしましょう。

転職時に必要な源泉徴収票のまとめ

転職時に必要な源泉徴収票のまとめ

いかがでしたでしょうか。

源泉徴収票は転職時に重要な書類とわかっていただけたかと思います。退職時に受けとった源泉徴収票は転職先に提出するまで、大事に保管しておきましょう。

年末ぎりぎりの退職でない限り基本的には、転職前の会社から源泉徴収票を受けとり転職先に提出すればいい、と考えて大丈夫かと思います。

この記事があなたの疑問を解く一助になれば幸いです。

転職したい!と思ったら キャリア相談できるおすすめ転職エージェント

国内求人数トップレベル!
DODA
2人の担当者があなたをバックアップ!国内求人数トップレベルであなたに合った求人が見つかる。
求人数トップレベル
全国展開
安定したサポート
無料

詳しくはコチラ

 
各業界に精通したエージェント!
マイナビエージェント
20代が信頼する転職エージェント1位を獲得!(※楽天リサーチ調べ)各業界に精通したプロがあなたをしっかりサポート!
幅広い業界の求人
全国展開
安定したサポート
無料

詳しくはコチラ

 
幅広い年齢層から支持!
リクルートエージェント
豊富な求人数で幅広い年齢層をカバー!転職成功者からの評価の高い転職支援実績NO.1の転職エージェント!
求人数トップレベル
全国展開
支援実績No.1
無料

詳しくはコチラ

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.