転職の悩み

あなたが転職に対して感じる不安はどれ?5つのパターンと3つの解決方法について

更新日:

転職-不安-アイキャッチ

転職を考えたとき「希望する職が見つからないかも…」「新しい職場でやっていけるだろうか」など様々な不安が出てくると思います。

そんな不安を少しでも解消するために、ここでは転職で感じる不安を5つのパターンに分けて解決方法とともにお伝えします。

不安の原因を特定し解決出来れば転職への一歩を踏み出しやすくなります。この記事があなたの不安を解消する手助けになれば幸いです。

あなたが不安になる原因は?

不安になる原因
あなたは自分の教師に忠告される場合、どちらの忠告の方がより不安に感じるでしょうか?

「あなたは来月受ける試験を不合格になるでしょう」

「国語の点数が低いのであなたは来月受ける試験を不合格になるでしょう」

ほとんどの場合、前者の方がより不安が大きいと感じるはずです。転職するにあたって不安がある場合も、同様にこのような例をそのまま当てはめることが出来ます。

何が不安なのか特定できていない

先ほどの例でいうと、後者よりも前者の忠告の方がより不安が大きくなるのは、不合格になる原因が分からないからです。

後者の方は「国語の点数が課題」という原因までセットで忠告されているので不安は少し小さくなります。

光がない暗闇の道を進むのと、うっすら光が見える道を進むのでは、当然後者の方が安心できますよね。

不安を解決する方法がわからない

ただし「国語の点数が課題」ということが分かっても、どうやってその国語の点数をアップさせればいいか、その方法も分からないと、まだ不安は消えないはずです。

国語の中でもどのようなジャンルが特に点数が低いのか原因を深掘りをする必要がありますし、その原因を踏まえて、漢字練習をしたり読解問題をたくさんこなすなど、具体的な対策までセットで知ることが必要です。

原因と解決方法の整理、そして実行が不安に対処するためのポイント

このように何かに対して不安を感じる際は、不安を感じる原因とその解決方法を整理することができれば、不安を小さくできます。

後は実際に解決方法を実行して、努力を積み上げていけば、不安は限りなくゼロになっていきます。

転職の場合も同じで、まずはあなたがなぜ不安を感じているのか、その原因を明確にすることが不安解消のスタートになります。不安の原因が分かれば、自分の現状と理想を明確にすることができます。

転職する際に感じる不安の原因は大きく5つに分けられる

不安を5つに分類

あなたが転職することに対して感じる不安は、大きく以下の5つのいずれかに当てはまる可能性が高いでしょう。

  1.  自分の将来などに対して感じる漠然とした不安
  2.  内定を獲得できるか、採用試験に合格できるかどうかの不安
  3.  仕事内容についての不安
  4.  職場環境についての不安
  5.  今の会社を辞められるのかという不安

まずはそれぞれの不安について整理してみます。

自分の将来などに対して漠然とした不安がある

  • やりたいことがない
  • このままの自分で将来大丈夫か
  • そもそも転職の知識がまったくないなど、分からないことが多すぎて不安。

やりたいことがない

やりたいことがない自分に不安を感じるという人も、多いのではないでしょうか。

周りの同期や友人に刺激され、仕事をもっと頑張りたいと思うけれど、何を頑張っていいか分からない、自分のやりたいことが見つからないということもあると思います。

新しくやりたいことを見つけるにも、どう行動していいか分からないという人もいるかもしれません。

このままの自分で将来大丈夫か

将来のことを考えた時に、今の自分のままで本当に大丈夫なのか不安になる人もいると思います。

現状の生活に対しては、特にこれといった具体的な不満はないけれど、今のままで本当に大丈夫なのか、なんとなく将来に対して漠然とした不安があるという人もいると思います。

そもそも転職の知識がまったくないなど、分からないことが多すぎて不安。

転職が初めてで新卒での就職活動との違いや、具体的に転職活動では何をすればいいのか分からないなど、分からないことが多すぎて不安というケースもあると思います。

実際に転職活動で求められることは新卒の時とは違うので、しっかりと情報収集をして準備する必要があります。

内定を獲得できるか、採用試験に合格できるかどうか不安がある

  • 自分には転職できるだけの能力や経験があるのか
  • 書類作成や面接のポイント

自分には転職できるだけの能力や経験があるのか

転職したい気持ちはあるけれど、転職に成功するだけの能力や経験があるのか不安な人は多いはずです。

今の会社で働き始めるようになってからまだそこまで時間が経っていない場合や、他の仕事を経験したことがなくて自分の今の仕事の価値が分からない場合などは、自分の市場価値に自信を持てない人もいるはずです。

書類作成や面接のポイント

転職活動で内定をもらうためには、履歴書や職務経歴書などを作成したり、面接でしっかりと自分をアピールする必要があります。

しかし転職活動が初めての場合、注意するべきことが分からない人も多いと思います。無駄なく転職活動を進めていくためには、転職者に求められるポイントなどを把握したうえで準備を進めていく必要があります。

仕事内容について

  • 希望している仕事が出来るかどうか
  • 新しい職種に転職して、仕事をこなせるかどうか

希望している仕事が出来るかどうか

新しい会社に転職した際、自分が希望しているような仕事を本当に出来るのかどうか不安な人もいると思います。

転職して会社が変われば同じ職種でも担当範囲が変わったり、進め方が大きく変わってしまうこともあります。

今現在の仕事内容に対して特に不満がなく満足できている人は、転職して仕事内容が変化してしまうことに大きくストレスを感じるはずです。

新しい職種に転職して、仕事をこなせるかどうか

仕事を頑張ってはいるものの、なかなか思うような成果が出ていなくて本当に今の仕事を続けるべきか迷っている。

そして新しい職種に転職したからといって上手くいく保証もないなど、自分がどのような仕事がしたいのか、何の仕事が自分に向いているのか分からずに不安な人も中にはいると思います。

職場環境について

  • 新しい職場での人間関係について
  • 評価制度や教育体制について
  • 労働環境について

新しい職場での人間関係について

転職した新しい職場の人間関係に対して不安を感じる人は多いはずです。

現在の職場の人間関係が良好で特に不満がない人はもちろんですが、人間関係で悩み転職を考えるようになった場合は、転職先の職場でも、同じ人間関係で悩んでしまうのではないかと不安になると思います。

評価制度や教育体制について

自分の仕事がしっかりと評価されたり昇給しやすい職場なのか、研修制度などが充実していて仕事を通してスキルアップしていける環境なのかなど、これらは職場によっても大きく異なります。

将来のキャリアプランなどを考えると、こういった要素はとても大切なポイントになります。

労働環境について

残業の多さや休日出勤の頻度なども職場によって大きく異なります。

新しい職場に転職して給料が上がっても、労働環境が悪くなり働く時間が増えたりすると、結果的にトータルでは損をしてしまう可能性もあります。

仕事以外のプライベートの時間を大切にしたい人にとっては特に大事なポイントになるはずです。

今の会社を辞められるのか

  • 周りに迷惑をかけてしまうのではないか
  • 転職するために上司を説得できるのか

周りに迷惑をかけてしまうのではないか

転職すると今までお世話になった同僚や上司に迷惑をかけてしまうため、それを考えると不安になってしまう人も中にはいるようです。

ちなみにこのような場合は、毎日の生活に流されてしまっていて、判断を保留にしている可能性が高いです。

転職するために上司を説得できるのか

転職することを上司に許可してもらえるのか不安な人もいますし、退職を許可してもらえずに困っている人が多いそうです。

最近は本人の代わりに退職手続きを行ってくれる「退職代行サービス」というものも出てきています。

ピンポイントであてはまる不安がない人も中にはいるかもしれませんが、大切な事は「まずは自分の不安の原因を特定する」ことです。

POINT

中にはひとつだけではなく、複数にあてはまる場合もあるかもしれませんが、その場合はより不安が大きいものから優先順位をつけて整理しましょう。

これらの不安はほぼすべて解決することができますが、④の職場環境については調べてみても分からない部分が多いです。

そういったことで悩むのは時間の無駄で、かつそれは自分だけでなく他の人にとっても同じことなので、自分で対処できるものだけに集中して解決方法を考えるほうが建設的といえます。

上の不安を解消する方法は大きく分けて3

不安を解決する3つのポイント

上で整理した5つの不安は、以下の3つのいずれかの方法で解決することができます。

  1. 自己分析をする
  2. 企業の情報収集をする
  3. 足りないスキルを補ったり実際に行動する

3つの解決方法の特徴についてまずは整理していきましょう。

転職活動に必要なことは「自分を知ること」「相手(企業)を知ること」「自分と相手との間にある差を埋めること」の3つだけです。

合わせて、先ほど紹介した5つの不安は、3つの中のどの方法で解決できるのかについても確認します。

自己分析をする

まず最初にするべきことは「自分を知る」ために必要な自己分析です。

  • あなたが転職したい理由を整理する
  • 希望を100パーセン叶えることは不可能だと認識する
  • 自分の強みや経験を整理する

あなたが転職したい理由を整理する

まずはなぜ転職を考えるようになったのか、転職の理由について整理してみましょう。

転職することによって解決したい不満」と言い換えることも出来ます。これを明確にしないまま転職活動を進めてしまうと企業選びができませんし、運良く内定をもらっても自分にとっていいのかどうか判断出来ません。

思いつく理由を複数書き出してみて、その中でも特に不満を感じることが明確な場合や、どうしても我慢できないことがある場合は、転職するほうがいいかもしれません。

ちなみに転職したい理由を自分で整理する際はネガティブな理由でもかまいません。

ただ、実際の面接や応募書類で説明する際は「より成長できる環境で働きたい」「自分の仕事の幅をさらに広げていきたい」など、前向きな理由に変換して伝える必要があるので注意しましょう。

希望を100パーセン叶えることは不可能だと認識する

転職したい理由や不満がたくさん出てくる人もいると思いますが、それら全てを転職で解決することは不可能です。

転職したい理由を整理するのは、転職する際の軸やゆずれない価値観をしっかりと明確にするためで、最終的には色々と書き出した不満や条件に優先順位をつけて整理することが必要です。

自分の強みや経験を整理する

面接や書類でアピールする自分の強みや経験を整理するためにも、自己分析は必要です。

自分が実際に次の転職先でも発揮できるスキルや活かせる経験を整理して、採用担当者が納得できるように伝えることが必要です。

POINT

紙とペンを用意して理由を箇条書きにしてみましょう。まずは自分を知るきっかけをつくることが大切です。

自己分析で解決できる不安

ちなみに自己分析をすることで解決できる不安は、

  • 自分の将来などに対して漠然とした不安
  • 内定を獲得できるか、採用試験に合格できるかどうか

この2つです。

転職したい理由を整理することは、自分の将来の生活や仕事をしていく上での価値観も一緒に検討することになるので、①に関連する「やりたいことがない」「このままの自分で将来大丈夫か」といった不安について考えることにもなります。

また自己分析をすることで ②に関連する「自分には転職できるだけの能力や経験があるのか」「書類作成や面接のポイント」などを知る準備も出来ます。

企業や転職活動についての情報収集をする

自己分析をしたら、次は「相手(企業)を知る」ために、企業や転職活動についての情報収集を進めていきましょう。

  • 志望する企業で求められることを調べる
  • 志望する企業の評判や職場環境について調べる
  • 転職活動の流れや全般的に注意したいポイントについて調べる

志望する企業で求められることを調べる

まずは気になる企業の求人情報などを見て、入社するために必要なスキルや経験があるかチェックしましょう。

自分の今の能力で応募して内定がもらえるかどうか、冷静に判断する必要があります。ちなみに自分ひとりだけで判断することが難しい場合は、転職エージェントなどに相談してみるのもひとつです。

志望する企業の評判や職場環境について調べる

気になる企業の評判や職場環境をTwitterやVokersなどの口コミサイトを使って調べることも大切です。

ちなみにもしその企業が副業や社会人インターンなどを募集している場合は、実際に働いてその企業を体験してみるのが一番です。

転職活動の流れや全般的に注意したいポイントについて調べる

転職活動を初めて進める場合は、転職サイトなどを通して、転職活動を進めていく際のポイントについても確認しましょう。

転職エージェントを利用する場合のメリットやデメリット、そしてエージェントを使う場合は、ひとつではなく複数使う方がいいなど、知っておくと有利になることがたくさんあります。

情報収集をすることで解決できる不安

ちなみに企業や転職活動のことを情報収集することで解決できる不安は、

  • 仕事内容についての不安
  • 職場環境についての不安

この2つです。これらの不安は自分の考えや経験を整理するだけでは解決できないので、自分でどんどん必要な情報を集めることが必要です。

一方でこれら2つの場合は、得られる情報に限度があると把握しておくことも大切です。

ちなみに外部から情報収集することは、先程の①・②の不安の解決につながる部分も多いので、出来るだけ時間をかけてしっかりと行うようにしましょう。

足りないスキルを補ったり実際に行動する

自己分析と会社研究が終わったら、あとは行動をして「自分と相手との間にある差を埋める」だけです。

  • 転職するために足りないスキルを身につける

転職するために足りないスキルを身につける

例えば営業からエンジニアというように、未経験の職種に転職する場合は、スクールに通うなどして、仕事をするために必要なスキルを自分で新しく身につける必要があります。

全ての不安は、最終的に実際に行動することでしか解決できません。応募書類の作成のコツや面接の準備をしっかりとするからこそ、内定する確率もアップしていきます。

  • 今の会社を辞められるのか

という不安も、判断を保留にせず、外部のサービスを利用するなど最終的には自分で行動しないと前に進まないので注意しましょう。

POINT

1人で悩まず、誰かに相談することが大切です。

身近に相談できる人がいなければ転職エージェントを活用しましょう

 

無理して転職をする必要はないことも知っておく

無理のない転職

無理に転職しないことも大切です。

転職活動を始めるまえに、自分が感じている不満は自分自身が変わることで解決できないかどうか、一度整理してみましょう。転職することにはメリットだけではなくリスクもあります

例えば現在の給料に不満がある場合でも、空いている時間を使って副業すれば、転職するリスクやコストをかけずに、自分の収入をアップさせることが出来ます。

転職はあくまでも自分の不満を解決する方法の一つと認識しておくことが大切です。

まとめ

転職-不安-まとめ

不安を5つに分類

  1. 自分の将来などに対して感じる漠然とした不安
  2. 内定を獲得できるか、採用試験に合格できるかどうかの不安
  3. 仕事内容についての不安
  4. 職場環境についての不安
  5. 今の会社を辞められるのかという不安

5つの不安は3つの方法で解決することが可能です。

3つの解決方法

  1. 自己分析をする
  2. ⇒転職したい理由を整理する
    ⇒希望を100パーセン叶えることは不可能だと認識する
    ⇒自分の強みや経験を整理する

  3. 企業の情報収集をする
  4. ⇒志望する企業で求められることを調べる
    ⇒志望する企業の評判や職場環境について調べる
    ⇒転職活動の流れや全般的に注意したいポイントについて調べる

  5. 足りないスキルを補ったり実際に行動する
  6. ⇒転職するために足りないスキルを身につける


情報を集め行動することによって不安は解消していきます。
転職も不安も抱え考え込みすぎて身動きが取れなくなる前に行動を開始しましょう。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.