仕事が不安で落ち着かない!その原因と不安解消に効果的な手段4つ

この記事で解決できる悩み

  • 大きな仕事を任されるのが怖い
  • ミスをしたらどうしようとプレッシャーに感じる
  • 今のまま働いていて将来大丈夫だろうか?

仕事をしていると、不安を感じる場面は多くありますよね。

不安を感じる原因にはいろいろなタイプがありますが、見て見ぬふりをしていると、ストレスが積み重なり精神的にダメージを受けてしまったり、体調を崩してしまうケースもあります。

この記事では、不安を感じる原因や、不安への対処法を解説していきます。

自分が感じている不安感の原因を知り、解消法や対処法を学んで上手に対処していきましょう。

仕事に対する不安は見えない将来への怯えが原因だった!

結論からいうと、不安な気持ちは、「見えない」「わからない」などの情報不足によって生じる感情です。

たとえば、「このプロジェクトで失敗しないかな…?」という不安は、プロジェクトが成功するか失敗するかという「未来の情報」が不足しているため起こります。

「上司に嫌われていないかな…?」という不安は、他者の気持ちという見えないものに対する情報が得られないため起こります。

一ノ瀬セナ
仕事の不安も含め、不安のほとんどが、見えないものやわからないことが原因となって生じるのです。
たしかに、見えないものほど不気味に感じるかも。
はじめ君

しかし、不安を感じる気持ちと上手に向き合えれば、人生を豊かにする足がかりにできますよ。

判断力や洞察力、行動力が研ぎ澄まされるきっかけにもなりますし、一生懸命に努力する機会も与えてくれますよ。

仕事の不安解消に効果的な4つの手段

人間の性質上、不安を全く感じない、不安をゼロにするのは難しいといえます。

しかし、努力したり、コツを押さえることで、感じる不安を軽減できたり、不安と上手く付き合えるようになりますよ。

仕事での不安解消に効果的な手段を4つご紹介します。

仕事での不安解消に効果的な手段4つ


  • 「やれること」と「やれないこと」を自覚する
  • ビジョンや目標を明確にした行動をとる
  • 信頼できる人に相談する
  • プライベートを充実させる

手段1:「やれること」と「やれないこと」を自覚する

ひとつ目の手段は、「やれること」と「やれないこと」を自覚することです。

まずは不安に感じることを実際に書き出してみましょう。

一ノ瀬セナ
たとえば、「来週、顧客への提案が上手くいくか不安…」という場合、その不安に対して「やれること」と「やれないこと」を分類してみましょう。

提案が上手くいき、商談が成立するのか、失敗して失注となるのかは、絶対に事前に知ることはできません。

しかし、提案資料に対して「誤字脱字がないか」、「社内の人にレビューしてもらった際の良し悪し」、「トーク練習した際の出来」など、結果に影響しそうな部分については事前にある程度予測をつけることができますよね。

このように、書き出した不安を「知れること・できること・わかること」と「知れないこと・やれないこと・わからないこと」に分類し、自分でも対処が可能な「知れること・できること・わかること」に注力すれば不安解消につながりますし、可能性に向けて全力で努力しやすくなりますよ。

手段2:ビジョンや目標を明確にした行動をとる

2つ目の手段は、ビジョンや目標を明確にした行動をとることです。

いまの職場を選んだ理由や、なぜいまその仕事をしているのか、将来はどうしていきたいのか、といったビジョンや目標を明確にすることで、その実現のために行動できるようになり、いま抱えている不安な気持ちや未来が良い方向に変わる可能性があります。

たとえば「上司に叱られないか毎日不安…」という場合を考えてみましょう。

将来のビジョンや目標を明確にした結果「仕事で成功したい」「仕事ができるようになりたい」といった結論に至った場合、仕事で失敗してしまうことや、それによって上司に叱られることも、目標に向けての経験の一部だと捉えられるようになりますよ。

「今の不安は永続的なものではない。自分で対応ができるものなのだ」と気づけると、ポジティブに不安と向き合えるようになるのです。

手段3:信頼できる人に相談する

3つ目の手段は、信頼できる人に相談することです。

なぜなら、ひとりで不安を抱え込んでしまうと、なかなか解消させるのは難しいからです。

一ノ瀬セナ
会社の同僚や家族、恋人、友人など、信頼できる人に不安な気持ちを打ち明けてみましょう。
相談しただけで改善するの?
はじめ君
一ノ瀬セナ
誰かに相談し、不安を共有することで、ストレスが軽減したり、気持ちがすっきりするものです。

もし、相談して的確なアドバイスがもらえなかったり、解決には至らなかったとしても、自分以外の考え方を知ったり、不安を吐き出すことで気持ちはすっきりしますよ。

手段4:プライベートを充実させる

4つ目の手段はプライベートを充実させることです。

不安な気持ちが原因で、一日中仕事のことを考えてしまったり、何をしていても不安感がつきまとう状態になってしまっていませんか?

仕事に一生懸命向き合うのは素晴らしいことですが、常に仕事のことばかり考えたり、不安な気持ちを感じ続けていると、気持ちはどんどん張り詰めてしまいます。

その状態で無理やり仕事を続けていても、集中力が注意力が散漫になってミスが増えたり、生産性が低下してしまうなど、かえって悪循環に陥ってしまいますよ。

たとえば、スポーツをする、ショッピングにいく、漫画やアニメをひたすら鑑賞するなど、仕事以外の時間は趣味を満喫するようにしてみましょう。

休日はひたすらぐっすり眠る、ぐうたらするなどでもかまいません。

一ノ瀬セナ
仕事のオンとオフの切り替えを行い、しっかりと休養をとったり、好きなことに没頭することで心身がリラックスでき、不安が軽くなりますよ。

【パターン別】不安の原因7つとその対処法

不安を感じる原因と、基本的な解消法についてご紹介しましたが、ここからはさらに、不安に感じる原因をいくつかのパターンとして挙げ、それに対する対策をご紹介していきます。

自分が不安を感じる原因はどれか照らし合わせ、対処法を身につけましょう。

不安の原因7つとその対処法


  • 会社の将来に不安なら明確なビジョンを立てる
  • 仕事内容に不安なら細かく分析する字
  • 年齢に不安を感じたら転職のプロに相談する
  • 未経験で不安を感じるなら自分に期待をかけすぎない
  • 人間関係が不安ならその理由を特定する
  • ブランクからの復帰で不安なら負担の少ない仕事を探す
  • 転職に失敗するかもと不安なら情報収集をしっかりする

パターン1:会社の将来に不安なら明確なビジョンを立てる

会社の将来に対して不安を感じる場合は、明確なビジョンを立てるようにしてみましょう。

たとえば「10年後にこの会社は存続しているのか不安…」という場合は、10年後の自分のビジョンを明確描いてみましょう

もし万が一いまの会社がダメになって、転職の必要性が出てきたときでも、大丈夫なようにプランを立てられるはずです。

たとえば、いまのうちから他の会社でも通用するような技術やスキルを身につけておくことや、休日の30分は転職に関する情報収集の時間に使うなどです。

そうして立てたプランを実行していくことで、今の会社の将来に対する不安も和らいでいきますよ。

パターン2:仕事内容に不安なら細かく分析する

仕事内容に不安を感じる場合は、そこから更に細かく分析するようにしてみましょう。

苦手意識を感じたり、うまくいかない業務がある場合、どの点が難しいのかを細かく分けて捉え、一つひとつ克服していくことで不安解消につながります。

たとえば、「ノルマやクレームに対して不安を感じる」という場合、ノルマの結果を事前に知ることはできませんよね。

そういった時には「その期間中に自分ができること」にフォーカスしましょう。

一ノ瀬セナ
漠然と不安に苛まれるよりも、「何ができるか?」を考え行動にうつしていくことが大切です。
少し前向きに考えるだけで気持ちが楽になりそうだね。
はじめ君

クレームに対しては、事前に対応策を用意してしまいましょう。

「こういった内容のクレームが想定できる。その場合はこう対応する。」と事前に準備しておくことで不安は軽減されますよ。

「仕事でミスをしないか、やり残しがないか不安」という場合は、これまでの傾向から、どういう部分でミスをしてしまうかがある程度予測できます。

業務ごとに、気をつけるポイントやチェック項目を用意し、確認作業を徹底するなどの対策がおすすめですよ。

パターン3:年齢とキャリアのバランスが不安なら第三者の意見を聞いてみる

年齢とキャリアのバランスが不安な場合は、第三者の意見を聞いてみましょう。

とくに30代の場合、給与や役職、会社の全体像などが明確に見えるようになる分、様々な面で不安が生じやすくなります。

30代だと転職は厳しいかもしれないという不安や、年齢とともに今の業務内容をこの先も続けられるかといった不安、家族がいるため簡単には転職できないし失敗もできないという不安などを抱えている人は多いものです。

そういった場合は、転職エージェントなどを利用し、転職のプロに相談してみるのがおすすめです。

自分の能力に合った職場や自分の強みや特性を活かせる仕事、この先どんな風に働きたいのかなど、将来のビジョンや自己分析をしっかりと行いつつ、転職のプロに第三者的な立場からアドバイスをもらうことで、年齢やキャリアを踏まえた将来について明確な指標ができ、不安な気持ちが解消できますよ。

パターン4:未経験で不安を感じるなら自分に期待をかけすぎない

未経験であることに不安を感じる場合は、自分に期待をかけすぎないことが大切です。

業務面でできないことや知らないことが多い未経験の場合は、それが当たり前のことだと、自分に期待をかけすぎないようにしてみましょう。

もちろん、ひとり立ちするための努力は必要ですし、素晴らしいことですが、「これはできて当たり前、できない自分がダメなのだ」と、自分の目標を高いところに設定してしまうと、常に苦しく不安な気持ちがつきまとうようになります。

一ノ瀬セナ
新しくキャリアをはじめられるのは、それだけ吸収できること、伸びしろがあるのだと捉えて、自分を成長させる良い機会だと考えるのが大事ですよ。

パターン5:人間関係が不安ならその理由を特定する

人間関係が不安な場合は、その理由を特定してみましょう。

上司に叱られるのが不安な場合は、なぜ叱られるのかを考え、その原因をもとに目標設定をしましょう。

叱られる要因を解消するために努力することで不安解消へとつながります。

役職やリーダーといった立場に責任を感じて不安な場合は、自己分析を行い、自分の特性や強み、経験やスキル、できることとできないことを明確にしてきちんと把握しましょう。

全ての面で完璧である必要はないので、自己分析を通じで、自分に足りない部分はチームメンバーに助けてもらう、それぞれの強みを活かした業務配置にするなどしてみましょう。

自分ひとりの完璧さを求めるのではなく、チーム全体のパフォーマンスの発揮に注力することで不安感は和らぎますよ。

パターン6:ブランクからの復帰で不安なら負担の少ない仕事を探す

ブランクからの復帰で不安な場合は、負担の少ない仕事を探してみましょう。

育休や病気療養などでブランクが生じた場合、復帰の時に不安を覚えやすいものです。

一ノ瀬セナ
体の変化や、ライフスタイルの変化により、復帰がストレスになりそうな場合は、今の自分の状況に合わせた負担の少ない仕事を探すことも検討してみましょう。

パターン7:転職に失敗するかもと不安なら情報収集をしっかりする

転職に失敗するかもと不安な場合は、情報収集をしっかり行ってみましょう。

転職を考えた時に失敗することが怖い、不安になるというのは、転職活動における情報が不足しているため起こる状況です。

同年代がどう活動しているのか、履歴書は何をどう書けばいいのか、面接対策はどうやったら良いのか、どのような職種や企業があるのか、など、転職にかかわる情報収集を徹底的に行い、対策をとることで不安感は解消できますよ。

とはいえ、転職に関係する情報は膨大にあり、自分ひとりでこれらの情報を収集し、対応策を講じるのはとても大変なことです。

その場合は、次にご紹介する転職エージェントを活用することで、サポートを受けながら情報収集や対策ができますよ。

仕事の不安が消えないなら新しい仕事にチャレンジもあり

いろいろ試してみたけど、どうしても不安が解消されないという場合、思い切って転職を検討してみるのもおすすめです。

企業とあなたの相性や、職場の雰囲気、業務内容によっては、今までの不安が嘘のように解消されることもあるのです。

また、その場合は在職中に徹底的に情報収集を行い、転職活動をはじめるようにしてくださいね。

仕事を辞めてからの転職活動は、焦燥感や不安感を抱きやすく、意図せず転職活動が長期化した時に生活が立ち行かなくなる恐れがあるからです。

とはいえ、仕事を続けながら情報収集と転職活動を並行するのは難しい、という場合は転職エージェントの利用がおすすめです。

はじめ君
転職エージェントって具体的に何してくれるの?
仕事の不安を相談できたり、情報収集や面接対策などのサポートを受けられるので、転職活動を効率的に進められるんですよ!
一ノ瀬セナ

仕事の不安を相談しよう!おすすめ転職エージェント3選

転職エージェントの中でも、仕事の悩みや不安を相談できる転職エージェントを3社ご紹介します。

自分に合いそうな転職エージェントに積極的に登録してみましょう。

仕事の悩みや不安を相談できる転職エージェント3社


20代向け!不安を軽減するサポートが充実:マイナビエージェント



対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
男性
女性
業界全般
職種全般
とくに20代におすすめ
IT業界が得意
サポート力あり

おすすめポイント

  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
  • 幅広い業界の質の良い求人を取り扱っており、その中でもIT業界が得意
  • サポートが手厚く、面接・書類対策や面談をしっかりと行ってくれる

不安なあなたに寄り添う転職エージェント:doda


doda

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
求人数多い
サポート力あり

おすすめポイント

  • 求人数が業界トップレベル!
  • 担当者と相性が悪い場合は、web上から変更できるなど、使い勝手がいい
  • キャリアアドバイザーと求人提案の担当者が分かれていて、手厚いサポートが受けられる

親身な対応に定評がある転職エージェント:パソナキャリア


パソナキャリア

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
とくに女性におすすめ
面談が丁寧
サポート力あり

おすすめポイント

  • 独自の条件の良い求人が多数あり
  • 顧客満足度第1位!レベルの高いアドバイザーが揃っている
  • 女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チームがあり、女性に寄り添った提案をしてくれる

【仕事の不安】まとめ

【仕事の不安】まとめ


  • 仕事で不安を感じる原因のパターンに応じて、効果的な対処をすることが大切
  • 不安を感じるのは正常なことで、不安をゼロにするのではなく、適切に向き合うことが大切
  • 不安感が消えない場合は、転職エージェントを利用して効率的に転職するのがおすすめ

いかがでしたか?

仕事にまつわる不安というのは、多くの人が抱えており、その原因は多種多様です。

不安を感じることそのものは、人として当たり前のことで、その不安をゼロにすることはできません。

しかし、不安の原因を明確にし、適切に向き合うことで、不安を軽減したり上手く付き合うことができるようになりますよ。

不安を感じる原因の種類に応じて、効果的な対処法をぜひ試してみてくださいね。

どうしても不安感が拭えない場合は、転職エージェントに相談しながら、効率よく転職活動を進めてみましょう。

-転職の悩み
-

© 2021 転職index