基礎知識

【初めての転職】不安なら転職市場を知ろう!転職を成功させるポイントとは

更新日:

いまの会社の先行きが不安、人間関係が悪くて仕事をすること自体がストレスになっている、などなど、いまの自分の環境に不安を感じてしまうこともあるかもしれません。

また、転職市場は売り手市場、人手不足といった言葉を新聞やニュースで目にすると、転職について考えることもあるでしょう。

しかし、初めての転職となると、どうしても不安は多くなるものです。また、転職しようと思っても何から手を付けたらいいのでしょうか。

この記事では、初めて転職するという方に、失敗しない転職にむけてどんな準備をしたらいいのかについて解説していきます。

転職への不安

初めての転職への不安

初めての転職というものは、どうしても不安がつきまといます。わかっていることが少ない以上、不安は仕方のないものです。

そんな転職の不安をすこしでも払拭するために、気をつけた方が良いことをこれから説明していきたいと思います。

果たしてどんなことに注意しながら転職を進めていけばいいのでしょうか?

転職と就職活動の違い

まず、もっとも大事なことは、転職は新卒の就職活動とは全く違うという点です。

転職は中途採用ともいわれていますが、この中途採用の市場では、30代40代のスキル、キャリアを持っている第一線級の人材と、今までアルバイトしかしてこなかった人と、はたまた寿退社で10年以上ブランクのある主婦が、すべて同じラインに立っています。

中途採用の市場

  • 30代40代のスキル、キャリアを持っている第一線級の人材
  • アルバイトしかしてこなかった人
  • 寿退社で10年以上ブランクのある主婦

この環境で転職活動を「何となく」行ったときに、うまくいく可能性は低いことは容易に理解できるでしょう。

失敗しない転職、納得できる転職を行うためには、何よりも準備が必要なのです。

この準備さえうまく整えることが出来れば、売り手市場といわれている現在の転職市場では、自分の希望に合った求人情報を見つけることはさほど難しくありません。

注意

「何となく」転職は辞めましょう。なかなか転職先が見つからない、内定がとれない原因のひとつです。

業種や職種を変えることは出来る?

新卒で入った会社に対して、その会社が扱っている商品やサービスなどに今一つ興味が持てないという人もいるのではないでしょうか。

そんな人にとって、転職は業種や職種を変えるチャンスといってもいいでしょう。

20代~30代前半の人にとって、業種や職種を変えることはそれほど難しいことではありません。

POINT


ただし、どうして変えたいのか、なぜその業種や職種を選んだのか・希望するのかということについては、しっかりと説明できる必要があります。

なぜなら、中途採用を行っている会社としても、自分が今後どのような社会人になりたいのか、どのように仕事をしていきたいのか、といった将来のビジョンを持ち合わせていない人を採用する可能性は低いためです。

年齢が気になる

先ほど業種や職種を変えるという意味で、20代~30代前半という年齢を出しましたが、年齢が上がるにつれて、転職は難しくなる傾向にあります。

それは、年齢が上がれば上がるほど、中途採用側の企業としては、その年齢に即した経験やスキルを求めるためです。

特に30中盤~40代にかけては、即戦力であることを求められますので、会社に入って勉強したいというようなスタンスですと、なかなか受け入れてくれる企業は少ないでしょう。

しかし、20代~30代前半であれば、まだまだ可能性は十分にあります。ぜひ、自分が考えているキャリアプランとセットに、チャレンジしてみてください。

転職しやすい時期 転職しづらい時期はある?

転職に適した時期があるのか、ということはよく議論されることですが、何とも言えないというのが正直なところです。

一時期は、秋始まりの9~10月と、春始まりの3~4月は転職時期として最適であるという話もありましたが、最近では、年中、中途採用を行っている企業が数多くあるので、いつでもそれなりに求人情報は転職市場に溢れている状況といえます。

一方で、アパレルや飲食店、あるいは工場労働者などの、季節的な需給の変動がある職種では、やはりその需給の変動に合わせて、中途求人情報も増減します。

この部分については、ぜひ、自分が狙っている業種や職種について、自分で詳しく調べてみてください。

転職時期について

  • 多くの転職時期は気にしなくてよい
  • 季節的な需要のある職種はその需要によって変動する

転職活動は会社に所属しながら出来るの?

結論からいうと、転職活動は会社に所属しながらできます。

また、できることであれば、会社に所属しながら、ある程度のところまで転職活動を進めることをおすすめします。

会社に所属しながら転職活動が可能であるならば、金銭的にも職歴的にもかなりメリットがあるためです。

当然、会社を退職してから転職活動を始めるとなると、まず金銭的な面で不安が出てきます。

また、職歴としては退職後の転職活動期間が空白となってしまい、この空白期間が長いと良い顔をされないという問題があるためです。

POINT

空白期間は、出来れば半年以内といわれており、会社を退職してから転職活動を始める人であれば、この半年という期間を意識して活動してみてください。

いまの会社に所属しながら転職活動が出来るのが最も得であるのは間違いありませんが、仕事を続けながら転職活動をするのは精神的にも体力的にも厳しいという人も多いと思います。

また、会社に転職活動をしているのがわかってしまったら困るという人もいるのではないでしょうか。

ただ、法律上は、1つの会社に所属しながら転職活動を行うことは、全く違法行為ではありません。転職活動を行っていることが会社にバレても特段問題はないというのが一般的な解釈です。

ただ、会社に居づらくなってしまう、などやはり気になる人はいると思いますので、その場合は、前述したように半年という期間を意識して活動してみてください。

履歴書や面接対策が不安

転職市場は様々な人がいます。そうした中で条件のいい求人情報を勝ち取るためには、やはり履歴書や面接対策は必須といえるでしょう。

この点については、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

エージェントの活用方法については最後にまとめますが、転職エージェントは、基本的に無料で各種サービスを受けることができます。

このサービスの中には、履歴書や職務経歴書の添削や、面接対策も含まれていることがほとんどです。安心してサービスを利用してみてください。

初めて転職をするときに気を付けたいこと

初めての転職で気をつけること

続いて、転職活動を始めるにあたって、まず何をしたらいいのかという行動についてまとめていきましょう。

失敗しない転職、満足できる転職をするために、気をつけたいことをみていきます。

自己分析は必須

まず、自己分析は必須です。

この自己分析が明確に相手に説明できるようになると、それがそのまま志望動機などと密接に繋がっていくでしょう。

ここでいう自己分析とは、未来を見据えたうえで、過去の自分と現在の自分を結び付けることと同じ意味です。

つまり、今後、社会人としてどんな仕事をしていきたいのか、どのような社会人として活躍していきたいのかといったイメージを確立することで、どうしてその仕事をするのか、なぜ自分にとってその仕事をするのかといった理由が明確になるのです。

POINT


自分が何をしたいか分からない方は自己分析が出来ていません。自分がこの先何をしたいか明確にしてから、転職活動を進めるようにしましょう。

希望する求人や職種について情報収集しよう

続いて、希望する求人や職種について情報収集を行いましょう。

基本的に、転職市場では、自分から動かない限り情報を得ることは出来ません。

まずは、自分から情報にアクセスしていく必要があります。ただし、インターネットなどを利用して情報収集を行おうとすると、あまりにもたくさんの情報が出てきてしまい、混乱してしまうかもしれません。

そういった時には転職エージェントや転職サイトなどをうまく活用しましょう。

希望する転職先をまとめよう

職種や業種の情報を収集出来たら、希望する転職先や会社についてまとめていきます。

この時、出来れば理由を見つけながら少し広めにリストアップするといいでしょう。

転職市場では、新卒採用とは異なり、枠が非常に小さいことが多いです。多くの場合「若干名」という形での募集であり、また枠がある程度あったとしても5~10名、20名以上の募集というのはなかなかありません。

そのため、どれだけその求人の求める人間像に自分が当てはまっていたとしても、残念ながら希望に添えないということは大いにあり得るのです。

新卒以上に、第二第三志望というものが重要になってきます。

POINT


第二第三志望を探していくと、自分の知らなかった「自分が重要視している条件」なども見えてくるため、メリットも大きいのです。

転職求人サイトをしっかり利用しよう

転職先の情報などをしっかりとリストアップしていくときに、自分で調べた情報だけで組み立てていくことは非常に危険です。

必ず、転職求人サイトの情報も収集してください。転職のプロの目も参考にしていきましょう。

自分では見つけることの出来なかった求人情報だけでなく、転職求人サイトに登録すれば、非公開求人なども確認でき、より条件がいい求人情報が見つかるかもしれません。

また、場合によっては、スカウトといって相手企業からオファーが届く場合もあります。ぜひ転職求人サイトは活用していきましょう。

履歴書や職務経歴書は添削してもらおう

初めての転職であれば、履歴書や職務経歴書の書き方については不安が大きいと思います。

転職をたくさん経験している人であっても、相手にとっての正解が分からないため、毎回気の抜けないものです。

履歴書や職務経歴書は必ず添削してもらってください。

転職サイトや転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削サービスを無料で行っているところがたくさんあります。ぜひ有効活用していきましょう

筆記試験があるところもあるので要注意

中途採用においても会社によっては、筆記試験があるところがあります。

これは、特に一部上場の歴史ある企業や、規模1000人を超すような企業に多い傾向があります。

この筆記試験についても対策は必須です。面接で相性が悪いなどの理由ならば諦めはつきますが、試験の結果が悪くて選考から外れるというのは、悔やんでも悔やみきれません。

POINT


こちらの筆記試験対策も転職サイトや転職エージェントがサービスとして提供しています。

面接対策も行うといいかも

初めての転職ということで、やはり新卒とは少々異なった面接が行われることが多いようです。

思った以上に生々しい話や、あるいは給料や休みといった具体的な待遇についても、その場で話されることがあります。

こうした面接に面食らわないように、面接対策はしっかり行っていきましょう。この面接対策も転職サイトや転職エージェントがサポートしてくれます。

転職エージェントを効率よく活用する秘訣とは

転職エージェントを効率よく使う

転職サイトや転職エージェントについてかなり言及してきましたが、最近は初めての転職であればなおさら、転職エージェントを使わない理由は無いといえるほど、転職エージェントが展開してるサービスの質は高まっています。

非公開求人などの条件のいい転職情報を持ってきてくれるだけでなく、履歴書や職務経歴書の添削や筆記試験対策、面接対策など、ありとあらゆる転職にまつわるものについて具体的にサポートしてくれるでしょう。

しかも、転職エージェントは基本的にどれだけ使っても無料でサポートを受けられるため、お金については気にする必要はありません。

しかし、転職エージェントを利用する際に注意すべきことがあります。

注意

転職エージェントが強く推してきた転職情報だからという理由で、第一志望を決めてはならない

たしかに転職エージェントは、転職者をサポートしてくれる存在ですが、100%転職者のために動いてくれるというわけでもありません。

場合によっては、様々な理由から紹介しなければならない転職情報というのもあります。

そのため、転職エージェントを利用するにしても、自分が絶対に外せない条件などは動かさないほうが良いでしょう。

自分が納得できる転職をするためにも、ぜひ、自分の希望する物が何なのかしっかり見極めてください。

まとめ

初めての転職のまとめ

今回のまとめ

転職への不安を払拭する

  • 就職活動と転職は別物、失敗しないための準備が大事
  • 転職は業種や職業は変えることができるチャンス
  • 20代~30代前半ならキャリアアップにチャレンジできる

初めて転職をするときに気を付けたいこと

  • 自己分析をしっかりする
  • 希望する職についての情報収集を行う
  • 転職求人サイトを利用する

初めての転職はわからないことだらけで不安になってしまうことも多いと思います。なかなか動きだせない人もいるでしょう。

しかし、転職したいと思っていながら、結局行動できずにただ時間だけが過ぎていった、,
という状況が将来的に考えるとじつはリスクが高いということもあります。

それはスペシャリストなどを除いた転職市場では若ければ若いほど需要がある、ということは否定できないからです。

大事なことは行動です。転職するかしないか悩んでいる状態であっても、転職エージェントや転職求人サイトに登録することは出来ます。

将来の転職などに向けて、まずは情報収集ということで、登録してみるのも悪くないかもしれません。

転職おすすめサイト

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』は圧倒的な求人数で、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
転職した人の約8割が利用していたという公式発表も!(※公式発表)
リクナビNEXTにしかない求人もあり、他の転職サイトの併用もできるため、まず転職サイトに登録したい!と思ったらリクナビNEXTをオススメします。

MIIDAS

『MIIDAS』は、インテリジェンスが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトです。
他の転職サイトとの大きな違いは、「自分と類似した人材(学歴、年齢、経験スキル等)の転職実績」「自分が興味のある業界、職種には、どんな人材(学歴、年齢、経験スキル等)がどれくらいの年収で転職できたのか」を検索、閲覧できる点です。

また、MIIDASのオファーは「面接確約」ということも強みです。(一部例外あり)
必要な項目を入力すると適正年収を算出して条件に合致した求人がマッチングされたり、求人企業からのオファーを受けることができます。

キャリコネ

『キャリコネ』は年収・企業口コミサイトとして、多くのビジネスパーソンから支持を得ているサイトです。
「報酬」「働く環境」「やりがい」「出世」「ライバル企業」「残業・休日出勤」「長所・短所」「退職理由」「転職後のギャップ」「女性のキャリア」「経営者について」に加え、年収・給与明細、転職面接に関わる口コミを企業単体、地域、業界からチェックすることができます。

また、口コミだけではなく、転職サービスもあり、情報を精査しながら、求人を探すこともできます。
60秒ほどの無料簡単登録で企業の口コミ、案件情報をくまなくチェックすることができるので、オススメの転職サービスです。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.