サイト・エージェント

【マイナビジョブ20'sとは】マイナビエージェントとどう違うの?

更新日:

【マイナビジョブ20'sとは】マイナビエージェントとどう違うの?


今回の記事では「 マイナビジョブ20's 」という転職サービスの特徴について説明していきます。

  • マイナビエージェントとの違い
  • 他のエージェントにはない特長
  • 利用する際の注意点
など、様々な角度から説明していきますので、20代の方で転職しようかどうか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

マイナビジョブ20's とは

マイナビジョブ20's とは

マイナビジョブ20's は、20代や第2新卒向けに特化した転職エージェントです。

サービスは無料で利用することが可能で、専任の担当者が個別でキャリアカウンセリングを行い、自分の希望や経験に合った最適な企業を紹介してくれ、内定までの道のりをサポートしてくれます。

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違い

  • 扱っている求人の幅
  • サービスで対象にしているターゲット

これらが、母体の「マイナビエージェント」との違いです。

マイナビエージェント

幅広く様々な業界の求人を多く扱っている

マイナビジョブ20’s

20代や第2新卒向けのサービス

マイナビエージェントの担当者は、20代だけではなく様々な年代の人を担当しますが、マイナビジョブ20’sの担当者は20代の人だけを専門的に担当するので、他のエージェントの担当者よりもより専門的で詳しいアドバイスをもらうことができます

マイナビジョブ20's利用の流れ

マイナビジョブ20's利用の流れ

マイナビジョブ20’sを利用する際の流れは以下の通りです。

  1. Webサイトから申し込みをする
  2. 個別カウンセリンングを受ける
  3. 紹介してもらった求人に応募する
  4. 選考・面接
  5. 内定・入社

step
1
Webサイトから申し込みをする

まずはWebから申し込みをしましょう。氏名、生年月日、連絡先などの基本情報に加えて、職歴や学歴なども入力していきます。

基本的にここで入力した内容をもとにして担当者と打ち合わせをするので、出来るだけ詳しく書いておくほうがいいです。

一番最後に「転職希望時期」を選択する箇所がありますが、転職希望時期は出来るだけ早い日に設定するほうが優先的に対応してもらいやすくなります

エージェントの担当者には一人一人企業に紹介する人数のノルマが課されているので、いますぐに転職活動をしたい人がどうしても優先されやすくなります。

step
2
個別カウンセリンングを受ける

Webから申し込みをすると登録した連絡先に連絡がくるので、カウンセリング日の調整をし、実際にオフィスへ足を運びます。

ここで実際に対面し、登録した内容をもとに転職先の希望や自分の強みなどを会話しながら整理していき、それをもとにしていくつか具体的な案件を紹介してもらいます。

マイナビジョブ20’sは東京(新宿)、名古屋(名古屋駅)、大阪(梅田駅/大阪駅)の3箇所に拠点を構えています。これらの場所に通うことができる人ならサービスを利用可能です。

step
3
紹介してもらった求人に応募する

カウンセリングした内容をもとに、複数案件を紹介してもらえるので気になる案件があれば実際に応募します。

応募する際、履歴書や職務経歴書の提出が必要になりますが、担当者の方に書類を添削してもらうことも可能なので、自信のない人は提出する前に添削してもらおう

また添削してもらうだけではなく、人柄やポテンシャルなどがよりしっかりと伝わるように、推薦状を作成してもらうことも可能なようです。

step
4
選考・面接

書類選考を無事通過できたら次はいよいよ面接です。

面接日程の調整などもエージェントの担当者が自分の代わりに担当してくれるので、普段の仕事と並行しながら転職活動を進めることが出来ます。

また実際に面接に臨む前に面接対策をしてもらったり、万が一面接に通過できなかった場合でも、次の選考へ活かせるように不採用になった理由を確認してフィードバックしてもらうことも出来ます。

step
5
内定・入社

入社日の調整や毎月の給料の金額も自分の代わりに交渉してくれます。

自分の給料の金額がアップすることは、エージェントにとってもメリットがあるので(上がればあがった分だけ、エージェントの取り分も増えることになります)手を抜かずにしっかりと対応してくれますよ。

マイナビジョブ20'sの特徴について

マイナビジョブ20'sの特徴について

マイナビジョブ20's の「評判」「メリット・デメリット」「特徴」について説明していきます。

評判

  • 話を聞きに来るだけでもOK、サポートが手厚いため安心ができるという意見がいくつかあった
  • 登録はしたものの連絡がそれ以降ないという声もあった

マイナビジョブ20'sを利用するメリット・デメリット

メリット


他のエージェントの担当者よりも、より的確なアドバイスをしてもらえる可能性が高い


通常のエージェントの担当者は20代〜40代以上まで様々な年代の人を担当しているので、人によっては担当する転職希望者が30代の人ばかりで20代を担当した経験がないという可能性もあります。

しかし今回のマイナビジョブ20'sの場合は、20代の人しか担当しないので知識も豊富になり、より有用なアドバイスをしてくれる可能性が高いです。

デメリット


他のエージェントよりも、紹介している案件の数が少ない


年代が限定されているので、どうしても仕方ないのですが、特定の業界専門のエージェントや転職サービスも並行して利用し、出来るだけ沢山の求人に応募するほうがよいでしょう。

特長

マイナビジョブ20'sの一番の特長は、20代に特化している所ですが、加えて普通の求人検索サービスとマイナビジョブ20'sなどの転職エージェントは、それぞれ別物だということも理解しておく必要があります。

例えば求人検索サービスは、サービスに掲載している求人をチェックして応募するためのサービスですが、マイナビジョブ20'sなどの転職エージェントは、求人検索サービスの特徴に加えて、面接日程の調整や応募書類の添削など、担当者に内定までサポートしてもらうことができます

特に、転職活動が始めての人や自分のやりたいことなどがよく分からないという人にはこころ強い存在になるはずです。

マイナビジョブ20'sの取引実績

セプテーニグループ、ソニーフィナンシャルグループ、リクルートグループなどの大手有名企業関連の案件も多く扱っています。

20代や既卒向けの求人でも労働条件の面で不利になるわけではないので、安心して転職活動をすることができます。

マイナビジョブ20'sの求人情報数とその特色

マイナビジョブ20'sの求人情報数ですが、2019年2月の段階では全部で1845件の求人が登録されています。

(※ そのうちの1649件が正社員の求人です。)

特に多い求人

営業:672件
事務:313件
ITエンジニア:229件
電気・電子・機械・半導体:191件

このような職種や業界の求人で、他のものは数が少なめです。

マイナビジョブ20'sに向いている人材

マイナビジョブ20'sに向いている人材

  • 20代の転職活動が初めての人
  • 自分一人で転職活動を進めることに自信がない人

上記の人がマイナビジョブ20'sを利用すると、参考になる意見がたくさん得られるでしょう。

複数のエージェントを利用する方が有利になるので、マイナビジョブ20'sに登録して貴重なアドバイスをもらい、自分の転職スキルをアップさせて転職活動をすすめていくのもひとつですよ。

マイナビジョブ20'sを利用する際のポイント

社会人経験1年未満、社会人1年〜3年、社会人経験3年以上、20代女性の4つのパターンに分けて、必要なスキルや姿勢を説明していますので、下記を参考にしてみてください。

共通していえることは、20代といえど、未経験者よりは、ある程度しっかりとした経験がないと、中途採用の場合は厳しいということです。

いまの職場が嫌すぎてどうしても早く環境を変えたい場合は別ですが、ある程度我慢できる場合は、しっかりとアピールできる実績をいくつか用意してから転職する方がその後も有利になるはずです。

上でも簡単に触れましたが、転職活動をする際は、マイナビジョブ20'sだけではなく、複数のエージェントを利用する方が有利になります。

注意!

一つしかエージェントを利用していないと、他のエージェントの担当者の実績になってしまうリスクがないので、優先度を下げられ後回しにされてしまうことがある

まとめ

マイナビジョブ20'sのまとめ

マイナビジョブ20's を利用する最大のメリットは、担当者さんが20代専門で担当している人ばかりで、しっかりと経験にもとづいた有益なアドバイスをしてくれることです。

企業が20代の転職希望者に求めていることが経験を通してしっかりと把握できているはずなので、自分に足りないポイントや改善すべきポイントを、他のエージェントの担当者よりも、より的確にアドバイスしてくれるはずです。

20代で転職しようか迷っている人は、一度サイトをチェックしてみてください。

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.