サイト・エージェント

【dodaのメリット・デメリットとは】おすすめなのはどんな人?

更新日:

【dodaのメリット・デメリットとは】おすすめなのはどんな人?


あなたは転職サイト「doda(デューダ)」についてどれくらいご存知ですか?
深田恭子さん演じるデューダ子でお馴染みのCMや交通広告などを使ってたくさん宣伝しているので、実際に目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、doda(デューダ)をいざ利用しようと思ったものの、どんなサイトかわからない、なんてことになっていませんか?

このページではdoda(デューダ)を100%利用し倒すためにどうすればいいのかをがっつり説明しています。
doda(デューダ)を利用したほうがいいのか、どうなのか。メリットデメリットはどうなのかなど知りたい情報をまとめました。

doda(デューダ)を利用したことがない人はぜひ参考にしてみてください。

doda(デューダ)とは

doda(デューダ)とは

doda (デューダ)の特長や展開するサービス内容について説明していきます。

どんな求人があるの?

紹介している求人数が多いことがdoda(デューダ)の特長のひとつです。

同じ業界最大級の転職エージェント「リクルートエージェント」の数と比較してみました。
※ あくまでもWEB上で閲覧できる公開案件の数字で比較したもので、2019年2月時点でのデータになります。

doda(デューダ)が強い業種・職種


  • 企画・管理
  • 金融専門職
  • 建築/土木/不動産/プラント/設備
  • 医療系専門職

doda(デューダ)が弱い業種・職種


  • コンサルタント/士業
  • クリエイティブ

doda(デューダ)リクルートエージェント(公開求人のみ)
営業
企画・管理
事務/アシスタント
販売/サービス
コンサルタント/士業
金融専門職
公務員/教員ほか
SE/インフラエンジニア/Webエンジニア
機械/電気
組み込みソフトウェア
建築/土木/不動産/プラント/設備
化学/素材/化粧品ほか
食品/香料/飼料ほか
医療系専門職
クリエイティブ
14,035件
10,495件
3,005件
4,650件
1,517件
430件
142件
9,973件
12,164件
1,975件
10,334件
1,902件
571件
1,525件
2,550件
営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営など
事務・管理
物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理など)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
13,888件
1,602件
1,797件
874件
2,934件
47件
422件
3,585件
12,621件
5,807件
1,443件
198件
1,105件

doda(デューダ)の求人紹介サービス

様々な求人情報が閲覧できる「転職サイト」としてだけではなく、求人紹介〜応募書類の添削をしたり内定時の給料UPの交渉を自分の代わりにしてもらえるなど、doda(デューダ)は、転職活動を成功させるための様々なサポートを行ってくれる「転職エージェント」のサービスも用意しています。

エージェントサービスを利用すると…

  • 応募書類の添削や面接をサポートしてくれる
  • 面倒な手続きを代行してくれる
  • 年収・入社日などの交渉をしてくれる

doda(デューダ)を利用するメリット・デメリット

doda(デューダ)を利用するメリット・デメリット

doda (デューダ)を利用するメリット・デメリットをそれぞれ整理してみます。

メリット


  • 求人情報が多い
  • 検索結果がマッチしやすい

まず一つ目のメリットは「求人情報が多いこと」です。

dodaが特に強い職種と弱い職種を紹介するときに、リクルートエージェントと比較したデータをご覧いただきましたが、dodaはサイト上で閲覧できる求人数がどの職種も全体的に多めです。

リクルートエージェントの方が非公開の案件は検索できないということもありますが、ざっとどんな求人があるのか出来るだけたくさん見たい時にdodaは便利です。

加えて「検索結果がマッチしやすいこと」もdodaの特長です。

「広告宣伝」「MD」などの職種で絞り込んだ際に、まったく一致していない職種が多く表示されることはありません。

デメリット


  • 登録すると電話がしつこい
  • 扱っている求人の幅は広いが専門性の点では弱い

一方のデメリットは「登録すると電話がしつこいこと」や「扱っている求人の幅は広いが専門性の点では弱い」が挙げられます。

登録したのはいいけど、電話がしつこくって困っています…。
基本的に転職エージェントにはたくさん担当者が在籍していて、それぞれ一人一人に営業ノルマが課せられているの。

だから目標が高めに設定されていたりするサービスは、頻繁にメールや電話で連絡が来るのよ。不要な場合はしっかりと断るようにしましょうね。

また、dodaのような大手のサービスは、扱っている求人の数や幅は大きいですが、ある特定の業界だけに特化しているサービスに比べると、専門性が弱いという弱点もあります。

業界にこだわらず幅広く会社を受けたい場合はいいですが、業界や職種がある程度決まっている場合は並行して他のエージェントも利用する方が良いでしょう。

dodaがおすすめなのはどんな人?

dodaがおすすめなのはどんな人?

doda がおすすめなのは、業界経験者

dodaは転職希望者向けの求人サービスなので、未経験の新卒の方には向いていない

なかには未経験可の案件もあるのでそういったもので採用してもらえるかもしれませんが、探す効率などを考えるとあまり向いていません。

年代別おすすめ度

dodaは紹介している案件の数が多く、幅広い種類の求人を紹介しているので、年代的にも幅広くいろいろな人が利用できるサービスです。

  • 20代は未経験でもポテンシャルで採用される(柔軟性や適応力が大事)
  • 30代や40代以上はマネジメントスキルが重視される

このように年代別に企業が求めるものは変わってくるので、しっかりと企業のニーズを事前に把握した上で転職活動を進めることが大切です。

求人に応募する前に、合格可能性をチェック!

2018年の転職人気企業ランキングで上位300社にランクインした企業の中から、自分が転職できる可能性を診断して、メールでお知らせしてくれるサービス「人気企業300社の合格診断」もあります。

事前に職務経歴書などを登録する必要がありますが、興味のある人はチェックしてみてください。

dodaの口コミ

dodaの口コミ

dodaを利用してよかった点、いまいちだった点は、下記の意見が特に印象的でした。

よかった点


求人数が多いので効率よく情報収集できる

いまいちだった点


大きなサービスの分、エージェントの担当者によって対応の質にムラがある

dodaを実際に利用された方の口コミも参考にしてみてください。

エージェントサービスに登録するには

エージェントサービスに登録するには

doda のエージェントサービスに登録して、実際に内定するまでの流れは以下の通りです。

  1. WEBでサービスに会員登録する
  2. 担当者とのキャリアカウンセリング
  3. 案件の紹介応募会社(履歴書や職務経歴書の添削、面接のフィードバックなど)
  4. 内定

step
1
WEBでサービスに会員登録する

最初にサービスに登録する際に、自分の名前や勤務先などの情報に加えて、転職希望時期なども入力しますが、ここは出来るだけ早めにしないと、自分の優先度をあげてもらえない可能性があります。

エージェントの担当者にはノルマが課せられているので、出来るだけすぐに転職したい人をどうしても優先的に対応する傾向にあるんです。

step
2
担当者とのキャリアカウンセリング

会員登録した内容をもとに、転職活動についてより詳細に打ち合わせをします。基本的には会社に足を運んで打ち合わせしますが、場合によっては電話で対応してもらうことも可能です。

日程調整が難しそうな場合はメールで相談してみよう

step
3
案件の紹介

上で伝えた内容をベースに案件を紹介してもらうので、カウンセリングの段階でしっかりと自分の意見を伝えておくことが大切です。

step
4
応募会社(履歴書や職務経歴書の添削、面接のフィードバックなど)

紹介してもらった案件に気に入ったものがあれば、実際に応募してみましょう。

面接日程などもエージェントの担当者が調整してくれるので、難しい場合は相談してみてくださいね。

step
5
内定

エージェントの担当者は、内定した際の給料の交渉もしてくれる

dodaの知っておきたいサービス

最後に他にも知っておきたいdodaのサービスを2つ紹介します。

なるほど!転職ガイド

なるほど!転職ガイドは、転職する際に知っておきたいお役立ち情報がまとまったページです。自己分析の仕方や履歴書・職務経歴書を作成する際のポイントなどについても確認することが出来ます。

dodaイベント情報

dodaイベント情報は、転職フェアや転職セミナーなどのイベント情報がまとまったページです。

業種ごとのイベントや海外就職希望者向けのイベント、そして面接対策のセミナーなど、様々な種類のイベントが登録されています。

デメリットはこう補え!

デメリットはこう補え!

複数のエージェントを利用することで、デメリットをカバーしよう

doda (デューダ)と組み合わせて利用したい転職サービスをいくつか紹介します。

マスコミ業界を志望したい場合

マスメディアン

広告業界やマスコミ業界の仕事に興味がある人は「マスメディアン」というエージェントも向いています。広告やマスコミ業界に特化しているので、他の転職サイトでは見つからない珍しい企業の案件を紹介してくれます。

IT / WEB 業界を受けたい場合

Green

GreenはIT/WEB業界に強い転職サイトです。

エンジニアやWEBデザイナーはもちろんですが、ITコンサルタントや企画・マーケティング職など、幅広い職種の人が利用できます。

レバテックキャリア

ITエンジニアやクリエイター向けの仕事を専門的に探したい人向けの「 レバテックキャリア 」というエージェントもあります。

レバテックはフリーランスエンジニア向けのエージェントも運営していますが、紹介している案件の数が一番多い上に支払い日も一番早いなど、人気のあるエージェントです。

外資系やハイクラス向けの求人を狙う場合

JAC Recruitment

30~50代の人で外資系の企業やマネージャーなどのよりハイクラスな求人に応募したい人はJAC Recruitmentというサービスがオススメです。

サイト上にレゴジャパンやP&G(プロダクト・アンド・ギャンブル)などの企業インタビューも掲載されています。

doda(デューダ)のまとめ

doda(デューダ)のまとめ

doda (デューダ)の一番の魅力は案件数が豊富なところにあります。

業界問わず幅広い会社をチェックしたい人はもちろんですが、転職する人ならとりあえず登録しておいて損はないエージェントのひとつです。

転職活動が終わって少し時間が経った後に、営業の連絡が来たりすることもなかにはあるようなので注意してください。

「当分連絡はけっこうです」など、しっかり断りをいれるようにしましょう。

退職から内定までサポート おすすめ転職エージェント

国内求人数トップレベル!
doda
2人の担当者があなたをバックアップ!国内求人数トップレベルであなたに合った求人が見つかる。
求人数トップレベル
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
各業界に精通したエージェント!
マイナビエージェント
20代が信頼する転職エージェント1位を獲得!(※楽天リサーチ調べ)各業界に精通したプロがあなたをしっかりサポート!
幅広い業界の求人
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
幅広い年齢層から支持!
リクルートエージェント
豊富な求人数で幅広い年齢層をカバー!転職成功者からの評価の高い転職支援実績NO.1の転職エージェント!
求人数トップレベル
全国展開
支援実績No.1
登録無料

相談する

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.