ブランクがあってもマイナス評価されずに転職を成功させるコツ2つ

ブランクがあってもマイナス評価されずに転職を成功させるコツ2つ

この記事で解決できる悩み

  • ブランク期間があるんだけど、どれくらい転職に影響するんだろう
  • ブランク期間ってどういう風に過ごせばいいの

転職活動をしてもなかなか仕事が決まらないと、ブランク期間が問題なんじゃないかと不安にになったりしますよね。

この記事では、このような悩みを解決します。

この記事の主な内容


  • ブランク期間があった場合に企業が気にすること
  • ブランク期間があっても転職を成功させる方法
  • ブランク期間がある状態での転職活動の注意点

ブランク期間があっても転職を成功させるコツ2つ』を理解すれば、たとえブランク期間があっても内定に繋げやすくなります。

それではまず、『企業側がブランク期間で気にするポイント3つ』について見ていきましょう。

企業側がブランク期間で気にするポイント3つ

はじめに、企業側がブランク期間で気にするポイントを3つ解説します。

企業側がブランク期間で気にするポイント3つ


  • 仕事へのモチベーション
  • 仕事に対する勘やスキルが鈍っていないか
  • ブランクがやむを得ない理由によるものか

ポイント1:仕事へのモチベーション

ひとつ目は、仕事へのモチベーションです。

どうしても長期的に働いていないと、仕事への意欲が低下しやすいからです。

そのため、前職からの長期ブランクがある場合、仕事へのモチベーションがあるか、意欲的に働けるかどうかを気にします

ポイント2:仕事に対する勘やスキルが鈍っていないか

2つ目は、仕事に対する勘やスキルが鈍っていないかです。

どんな業種にもいえますが、特にエンジニアや、Web・IT業界だと常に知識のアップデートが必要です。

ブランクがあることで、転職時のスキルや知っている情報が古いもままではないかが懸念されます。

一ノ瀬セナ
ブランク期間をうまく利用し、スキルアップに役立てていたとアピールしましょう!

ポイント3:ブランクがやむを得ない理由によるものか

3つ目は、ブランクがやむを得ない理由によるものかどうかです。

ブランク期間ができたものは仕方ありません。

問題は、ブランク期間をどう過ごしていたかです。

スキル習得や留学、病気や介護などのやむを得ない理由のブランクなのか、それともただ仕事が見つからなかっただけなのか。

ブランクができた理由も面接の選考の一部になるので、企業に納得してもらえる理由を事前に準備しましょう。

デメリットになりづらいブランク例


  • 病気や療養、介護などで生じたブランク
  • 1ヵ月~3ヵ月の短めのブランク
  • スキル習得や留学といったキャリアアップの目的で生じたブランク

一ノ瀬セナ
具体的な各ケースごとの理由と、企業への説明方法については後ほど解説します。

ブランク期間のボーダーラインの目安は6ヵ月

一般的に、採用時のデメリットにならないブランクの許容範囲は、3か月から最大で6か月といわれています。

介護や留学など仕方のない事情があれば別ですが、6か月を超えるとブランク期間が長すぎる印象を与えます

しかし、ブランクが6か月を超えている場合でも、きちんとブランク期間の過ごし方について説明をすることができれば、面接でも好印象を与えることが可能です。

以下の「【7つのケース別】ブランク理由の説明方法」の見出しで詳しく解説していますので、参考にしてくださいね。

【7つのケース別】ブランク理由の説明方法

ここからはブランク理由として、7つのケースを紹介します。

【7つのケース別】ブランク理由の説明方法


  • 資格の勉強するためのブランク
  • 留学によるブランク
  • 家族の介護のためのブランク
  • ケガや病気の療養によるブランク
  • リストラされて再就職が決まらないことによるブランク
  • 産休や子育てによるブランク
  • 理由もなく離職期間が長引いた

この見出しではブランクが空いてしまった際、どんな理由を説明すればいいのかをケース別に紹介します。

ケース1:資格の勉強するためのブランク

ひとつ目は、資格の勉強するためのブランクの場合です。

この場合、応募する仕事に関連がある資格であれば意欲を評価してもらえる可能性があります

しかし、資格習得に時間がかかりすぎるとマイナス評価になることもあるので注意しましょう。

また、資格によっては、在職中に習得するような人もいるので、そのような人と比較されるとブランク期間があることにあまり納得してもらえません。

資格の勉強するためのブランクを説明するときは


  • 資格そのものよりも、資格を習得するために努力している姿勢が大事
  • 転職後、習得した資格をどのように生かせるのか整理しておくこと

どんな意図で資格を習得したかをしっかりと伝えましょう。

ケース2:留学によるブランク

次に、留学によるブランク期間の説明についてです。

グローバルな人材を求めている会社相手ならメリットになることもあります

ですが、その場合はそれ相応のレベルが求められます

資格の勉強するためのブランクを説明するときは


  • 留学をしたことでTOEIC(R)のスコアアップした、など説明は具体的にする
  • 留学先で何を学んだか、積んだ経験をどう仕事に生かせるのかを希望の仕事内容と照らし合わせながら伝える

楽しい思い出のみを話すだけでなく、苦労から学んだことや努力で身につけた内容をアピールするのが大事です。

また、留学先で遭遇したトラブルや失敗に対して、どのように考え、解決したかを伝えられるといいでしょう。

ケース3:家族の介護のためのブランク

家族の介護によるブランクは本人の意思や努力ではどうしようありません。

そのため、企業側にも理解してもらいやすいです。

しかし、介護していた人が現在どういう状態なのかを伝えないと、業務に集中できないのではないかと不安に思われる可能性があります

以下のポイントをしっかりと押さえて企業側に説明しましょう。

家族の介護のためのブランクを説明するときは


  • 介護を引き受けてくれる人や施設が見つかったなど、仕事に復帰する環境が整ったことを伝える
  • 転職後はしっかりと仕事に打ち込みたいという熱意を示す

ケース4:ケガや病気の療養によるブランク

ケガや病気の療養によるブランクの場合は、現在の程度や、どのようなサポートが必要なのかを説明します

そのうえで、療養中も仕事に対して努力していたことをアピールすることが大切です。

一ノ瀬セナ
定期的な通院や検査が必要であれば、必ず事前に申請しましょう。

ケガや病気の療養によるブランクを説明するときは


  • 就職するにあたって、けがや病気は回復していることをしっかりと伝える

ケース5:リストラされて再就職が決まらないことによるブランク

リストラのような予期しない退職では、転職の準備もできてないのでブランクも長期化しがちです。

ですから、できるだけ早いうちに転職活動を始めるのがおすすめです。

リストラというだけでマイナスメージがあるので、採用面接などでは伝え方を工夫しましょう

リストラされて再就職が決まらないことによるブランクを説明するときは


  • ブランク期間をどう活用したのかを説明し、仕事への意欲をアピールする
  • 転職面接のときに前の会社を批判しない

ケース6:産休や子育てによるブランク

産休や子育てによるブランクは、年単位になりやすいので不利になるケースが多いです。

キャリアが中断されていることが多く、スキルが育っていないので戦力として期待されにくいのが実情です。

それでも国の政策や理解も広まり、母親の社会復帰を推進している会社も増えてきています。

ですから、産休や子育てに理解のある企業を転職先として選ぶようにしましょう。

産休や子育てによるブランクを説明するときは


  • 働きたいという意欲をポジティブにアピールする

ケース7:理由もなく離職期間が長引いた

特に理由はないものの離職期間が長引くこともあるでしょう。

理由もなく長引いたときは、だらだらと過ごしていたわけではないことをしっかりと伝えることが重要です。

理由もなく離職期間が長引いたのを説明するときは


  • ただ何もせず過ごしていたわけではなく、仕事への意欲が伝わるようにアピールする

なお、前職を退職してから転職活動を行う場合、3か月程度なら不自然ではないので、あまり気にする必要はありません。

日頃から計画的にブランク期間を過ごし、いざというときに転職先の企業に納得してもらえるように努めましょう

ブランク期間があっても転職を成功させるコツ2つ

この見出しではブランク期間があっても転職を成功させるコツを2つ紹介します。

ブランク期間があっても転職を成功させるコツ2つ


  • これまでの経歴やスキルを今後の業務に紐づける
  • 資格取得やスキルの習得を目指す

コツ1:これまでの経歴やスキルを今後の業務に紐づける

コツの1つ目は、これまでの経歴やスキルを今後の業務に紐づけることです。

希望している企業に、ブランク期間は有意義に過ごしており、必要な時間だったと伝えることで、ブランク期間に考えられるデメリットを緩和できます

ブランク期間中に学んだことや、スキルアップできた内容を、今後その企業でどのように活かせるかをアピールしましょう。

コツ2:資格取得やスキルの習得を目指す

もう1つのコツは、資格取得やスキルの習得を目指すことです。

もし長いブランクがあったとしても、資格取得やスキル習得した事実があればブランク期間の過ごし方を説明しやすくなるからです。

仮に1年間のブランク期間があった場合でも、そこから半年かけて資格取得すれば、1年半のブランク期間の過ごし方として資格を取得した、という説明ができます。

そうすれば、与える印象はガラっと変わりますよ。

ブランク期間がある転職についてのQ&A

ブランク期間がある転職について、よくある質問を紹介します。

すでにブランク期間がある人、これから長期の休職に入る予定という方どちらも参考にできる内容ですので、ぜひチェックしてくださいね。

ブランク期間がある転職についてのQ&A


  • 質問1:ブランク期間中の過ごし方を嘘ついてもバレませんか?
  • 質問2:国家資格の勉強をしていましたが、結局受かりませんでした。ブランク期間の説明はどうすればいい?

質問1:ブランク期間中の過ごし方を嘘ついてもバレませんか?

はじめ君
ブランク期間中の過ごし方って嘘ついてもバレないんじゃないかな?
嘘をついたりごまかしたりするのはブランク期間の過ごし方を説明する上で厳禁ですよ!
一ノ瀬セナ

採用担当者は多くの面接を行っていますので、嘘をついても話をしているうちに辻褄が合わなくなりバレてしまいます

ブランクが長いと、働いていない自分に罪悪感を覚えることもあるかもしれませんが、嘘やごまかすのはやめましょう。

また、有意義なブランク期間だった、と納得してもらえるような説明ができるように行動するのは今からでも遅くありません

ブランク期間中の説明では、どのような行動をして、どのような成果が得られたかを伝えられるかが鍵になります。

自分が何をできるのか、どういう行動を取れるのか考えましょう!

一ノ瀬セナ
行動するのは今からでも遅くありませんよ!

質問2:国家資格の勉強をしていましたが、結局受かりませんでした。ブランク期間の説明はどうすればいい?

はじめ君
国家資格の勉強をしてたけど結局不合格か…。こんなとき面接でブランク期間についてどう説明したらいいんだろう。
試験に合格しなくても勉強したことで得られたものがあるはずですよ!それを説明しましょう!
一ノ瀬セナ

残念ながら、試験が不合格になったり、資格取得ができなかった場合でもあなたの勉強した事実が消えるわけではありません

先述しましたが、ブランク期間の説明ではあなたがどのように行動して、何を得られたか、ということが重要です。

あなたが学んだことや得た知識が、転職希望の会社で活用できるのであれば、そのことをしっかりと伝えましょう!

一ノ瀬セナ
「残念ながら資格取得はできませんでしたが、学んだ〇〇の知識で少しでも御社でお役に立てると考えています」といった説明ができますよ!

【ブランク期間のある転職】まとめ

【ブランク期間のある転職】まとめ


  • ブランク期間があった場合、企業側が気にするのは仕事へのモチベーションが低下していたり、スキルが古いままになっていないか
  • 転職を成功させるためには、ブランクのある納得いく理由と、常に情報やスキルのアップデートを行っている姿勢を示す
  • ブランク期間について嘘をついたりごまかしたりしない

いかがでしたか。

ブランク期間があっても、上記の3つを実践すれば、転職に成功できます。

頑張って転職活動をしていても、すぐに転職先が決まらないこともあります。

他人と自分を比べずに、一歩一歩着実に努力すればきっと良い転職に結び付くはずです。

もし、1人での転職が苦しくなったときは、周りに相談したり転職エージェントを利用することも大切です。

不安を抱え込まないようにしましょう。

あなたが満足できる転職ができますように。

-転職の悩み
-

Copyright© 転職index , 2020 All Rights Reserved.