転職を迷う原因5つと迷いを断ち切って行動するためのコツ4つ

転職を迷う原因5つと迷いを断ち切って行動するためのコツ4つ

この記事で解決できる悩み

  • もし転職先が見つからなかったら…
  • 今の会社に不満はあるけど、本当に辞めてもいいのかな
  • 転職を迷う原因を知って断ち切りたい

転職したいと思っても、いろいろな悩みが交錯し、なかなか行動に移せないものですよね。

この記事では転職を決断できずに悩む方にお応えします。

『転職の迷いを断つコツ4つ』を理解すれば、本当に転職するべきなのか悩まずに済むようになります

それではまず、『転職をするか決断の迷いになる原因5つ』について見ていきましょう。

転職をするか決断の迷いになる原因5つ

「転職したい」と思いながらも、いざ行動に移そうとすると、さまざまな悩みが立ちはだかります。

たとえば、会社に不満があるものの、今ある安定や収入がなくなると思うと不安になり、失敗を恐れて転職に踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。

転職の迷いを断つためにも、転職を決断できない原因を見直すことが重要です。

ここでは、転職をするか決断の迷いになる5つの原因を紹介します。

転職をするか決断の迷いになる5つの原因


  • はじめての転職で不安がある
  • 現在の職場での仲間意識や気遣い
  • 周囲から反対される
  • 転職先での労働条件や待遇の不安
  • 転職できるかどうかの心配

原因1:はじめての転職で不安がある

転職で人生が一変することもあるため、その決断を悩むのは当然のことです。

まして、はじめての転職は、悪い方ばかりに考えてしまうことも多く、なかなか迷いを断ち切ることができません。

はじめての転職の悩みの一例


  • 転職できるのだろうか
  • 転職先で良好な人間関係が築けるのか
  • 一度転職してしまうと癖になり、繰り返してしまわないか

このようなさまざまな悩みが次々と壁となって立ちふさがり、その転職の壁を超えるにはとても勇気が必要になります。

もし、一時的な感情にまかせて転職すると、後悔することになるため、慎重に対応しましょう。

はじめての転職について関心のある方は、こちらの記事を参考にしてください。

原因2:現在の職場での仲間意識や気遣い

つぎに、会社への不満はあるけれど、職場の同僚と離れることに二の足を踏んでしまう場合です。

当然ながら転職先での人間関係は、ゼロから築かなければなりません

今いる職場環境が居心地よければ、転職先の人間関係もうまくいく保証がないことを不安に感じ、転職への迷いが生まれるでしょう。

ポイント


  • 新しい環境で仕事をすることは、自分の視野が広がるチャンス

はじめ君
何かを得るためには、失う勇気も必要なんだね。
築き上げたものが消えるんじゃなくて、形が変わると思えば、踏み出せるんじゃないかな。
一ノ瀬セナ

出会いがあれば、必ず別れがあるといいますが、築き上げた人間関係も退職で終わりということではなく、また違った形で続いていくはずです。

原因3:周囲から反対される

転職を迷わせる3つ目の原因は、周囲の反対です。

はじめ君
会社側が退職に反対で、今より条件のいい提案で引き止められたらどうしよう…。
気持ちの揺らぎは、迷いを増長させるだけよ!
一ノ瀬セナ

ポイント


  • 一度退職の意思を伝えたら、どんなに強い引き止めに合っても屈せず自分の意思を貫くこと

逆に、決意が揺るがないほどに、本当に転職すべきなのか見つめ直すことが大切です。

注意点


  • 反対されると思って、家族に黙って転職するのは絶対にしないこと

「転職できたら、話そう。」という軽い考えは、隠し事をされた、大事なことを1人で決めた、などと信頼関係を崩壊させる危険があるためです。

家族に相談し、家族といっしょに転職活動に取り組めば、悩みも軽減し絆も深まりますよ。

原因4:転職先での労働条件や待遇の不安

迷いの原因が、労働条件や待遇の場合もあります。

事前にきちんと確認しておけば悪影響は少ないですが、実際入社してみないとわからないこともあり、今の会社より劣る可能性もゼロではないためです。

職場環境や収入面での不安が迷いの原因になって、なかなか前に進めないときは、ネガティブな気持ちを切り替える必要があります

よりよい会社へ転職したいという気持ちは、転職を考えるうえで当然のことです。

一ノ瀬セナ
新しい環境は自分を成長させてくれるチャンスだ、成果を出し収入アップに繋げる、などポジティブに考えるようにしましょうね。

原因5:転職できるかどうかの心配

転職を迷う最後の原因は、漠然と転職が不安になることです。

自分に自信を持てず、転職先がみつからなかったらどうしよう、転職できるかどうかわからない、と転職を踏みとどまらせています。

もし、自分自身で解決できない場合は、転職エージェントを利用してみましょう

求人の紹介だけではなく、転職に関するさまざまなサポートやアドバイスが無料で受けられます。

ポイント


  • 転職エージェントの客観的なアドバイスで、気づかなかった自分の長所がわかり、迷いが消えることもある

転職エージェントについては、『転職の迷いを断つコツ3:働きながら転職活動をしてみる』でも解説していますので、参考にしてくださいね。

転職の迷いを断つコツ4つ

転職を迷うとき、不満を持ちながらも今の仕事を続けるべきか、新しい環境に期待し転職に踏み切るべきか、の葛藤が起こります。

そんなとき、どうすればよいのでしょう。

エン・ジャパン株式会社「ミドルの転職」の調査によると、下記の結果が出ています。

転職に迷ったら何をすべきか

出典:ミドルの転職「転職すべき人 / 現職にとどまるべき人」について

転職すべきか、今の会社にとどまるべきかの迷いは、転職したい理由を明確にすることはもちろん、仮説を立てたり、実際に転職活動を始めるなど、迷いを断ち切るための具体的な行動が必要なことがわかるでしょう。

一ノ瀬セナ
計画を立てて、何をすべきかを考えれば、迷ってる場合じゃなくなるかも。
もしかすると、転職しないほうが良いって気づくことになるかもしれないよね。
はじめ君

ここでは転職の迷いを断つコツを4つ紹介します。

転職の迷いを断つ4つのコツ


  • 転職したい理由を明確にする
  • 転職する未来としない未来を想像する
  • 働きながら転職活動をしてみる
  • 転職前後の収入を計算する

コツ1:転職したい理由を明確にする

ひとつ目のコツは、転職したい理由を明確にすることです。

今の仕事をなぜ辞めたいのか、なぜ転職したいのかをはっきりさせることで、客観的な判断に繋がり、本当に転職する必要があるのかわかります。

迷った末に転職を決意した理由の一例


  • 人間関係の悪化
  • 労働環境に不満
  • 給料を上げたい
  • 会社の将来性に不安
  • 評価されない
  • 仕事が向いていない
  • 社風が合わない

転職を決意した理由は人それぞれですが、大事なのは転職を決意した理由にポジティブな要素が含まれているかです。

はじめ君
ネガティブな理由だけで転職を決めてしまうと、転職しなければよかったと後悔することになるかもしれないからね。
きっかけはネガティブな理由でも、転職先で自分のやりたいことに挑戦したい、キャリアアップして正当な評価で給料を上げたい、という前向きな理由がプラスされていれば、迷いは断ち切れるはずよ。
一ノ瀬セナ

コツ2:転職する未来としない未来を想像する

次におすすめするコツは、転職する未来としない未来を想像することです。

転職してしまってから、こんなはずではなかったと落ち込んでもどうにもできません。

そのために事前に、転職した場合としなかった場合について考えておくのです。

ポイント


  • どちらも数年先の理想の姿とそうならなかった場合の後悔を比較し、どちらを選択したとしても困難な状況に陥ったときの対処法を検討しておきましょう。

そうすれば自ずと迷いは薄れ、新しいことにチャレンジする勇気が湧いてくるかもしれません。

コツ3:働きながら転職活動をしてみる

3つ目のコツは、在職中に転職活動をすることです。

会社を辞めることは簡単ですが、余裕をもって転職活動ができません。

迷っている段階なら


  • まずは今の会社を辞めずに転職活動をし、自分が本当に転職すべきかどうかを見極めるべき

一ノ瀬セナ
仕事をしながら転職活動が難しいという場合は、転職エージェントの利用がおすすめよ。

転職エージェントの担当者に今後のキャリアプランなどを相談し、アドバイスを受けることで不安や悩みの解消の手助けとなるからです。

在職中の転職活動はリスクが少ないため、転職したい原因を見直し、転職のプロに相談してみることも検討しましょう。

転職エージェントについて詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてください。

コツ4:転職前後の収入を計算する

転職の悩みはお金が原因であることも多く、その悩みを断つためのコツをさいごに紹介します。

まず、退職してから転職活動をする場合は、収入がなくなるためある程度の貯金がないと経済的に困ることになります。

最低でも3ヶ月は今の生活を維持できるくらいの貯えが必要です。

注意点


  • 転職するなら年収アップしなければ、という固定概念は捨てること!

なぜなら今より年収が多少下がったとしても、やりがいのある仕事ややりたかった仕事であれば、転職後に成果を出すなど、将来的に年収を上げることを考える方が賢明な判断だといえるからです。

はじめ君
お金の心配は冷静な判断を欠くから、注意しないと。

転職にかかる費用については、こちらでも詳しく説明しています。

迷わずすぐに転職した方が良いケース2つ

転職を迷っている場合ではなく、すぐにでも転職すべき2つケースについて紹介します。

すぐに転職した方が良い2つのケース


  • パワハラやセクハラを受けている場合
  • ブラック企業で労働条件が酷く悪い場合

パワハラやセクハラなどにより精神的ダメージが大きいなら、すぐにでも退職や転職を考えるべきです。

また、ブラック企業でプライベートを犠牲するほどの長時間労働を強いられて精神的に辛い状況の場合も、迷わずに転職活動を進めましょう。

ポイント


  • 出勤しようとすると体調が悪くなったり、うつ病を発症する前に、転職をして環境を変えることで、それらの症状を防ぐ

自分から退職を切り出すことができない場合は、退職代行サービスを利用するという手もあります

退職代行サービスについては、こちらでも詳しく説明していますので、参考にしてください。

迷いがある時点で転職を望んでいる

それでは、どうしてあなたたは今、転職を迷っているのでしょうか。

その理由は、会社に不満があったとしても、会社を辞めるリスクが大きいと感じているからです。

エン・ジャパン株式会社の調査によると、どの年代においても会社を辞めるリスクを少なからず感じている人が多いことがわかります。

会社を辞めるリスクが転職を迷う原因

出典:エン・ジャパン株式会社「退職リスクを上回る、会社に残るリスク」

はじめ君
転職したからといって今よりよくなる保証はなく、いざ辞めてしまってから未練が残ることもあるよね。
ただ、転職を迷うこと自体、転職を希望している証でもあるし、今の状況に満足していれば転職について迷うことなんてないんじゃない?
一ノ瀬セナ

今のあなたが、転職することが最良の選択だと考えるなら、自分の気持ちを抑えることの方が後悔が残るのではないでしょうか。

【転職への迷い】まとめ

転職の決断を迷ったら


  • 転職したい理由を見直し、迷いを断つコツを実践する
  • 転職エージェントなどを利用し、在職中に転職活動をはじめてみる
  • パワハラ、セクハラ、ブラック企業などが理由の場合、すぐにでも転職を考える

転職を迷うのは、転職したいという気持ちがあるからこそです。

転職が成功するかどうか先のことは誰にもわかりません。

先の見えない不安が転職の決断を迷わせる原因になるため、断ち切るコツを最後ににもう一度確認しておきましょう。

転職の迷いを断つ4つのコツ


  • 転職したい理由を明確にする
  • 転職する未来としない未来を想像する
  • 働きながら転職活動をしてみる
  • 転職前後の収入を計算する

あなたが転職することが最良の選択だと思うなら、悩みや不安を乗り越える勇気を持ちましょう。

周りがどれだけ反対しても、自分を信じ、最後に決断するのはあなたです。

-転職の悩み
-

Copyright© 転職index , 2020 All Rights Reserved.