20代から50代まで年代ごとの転職のきっかけとよくある理由6つ

この記事で解決できる悩み

  • みんなの転職のきっかけを知りたいな
  • スキルアップができそうにない、転職してもいいかな
  • 他の人の理由を知って転職の判断材料にしたい

以前に比べ転職がしやすい時代になったといっても、いざ転職を考えると「本当にこの理由で転職してもいいんだろうか」と悩んだりしますよね。

この記事では、以上のような悩みを解決します。

『転職のきっかけとして多い理由』を理解すれば、迷っていても転職のきっかけをつかめますよ。

それでは『転職のきっかけとして多い6つの理由』を見ていきましょう。

転職のきっかけとして多い6つの理由

転職や退職を考えるきっかけとして、一般的に多い6つの理由を紹介します。

もちろん人それぞれ理由は異なりますが、同じような悩みを抱えて転職を決める人も多いです。

転職のきっかけを知って、自分が転職すべきかどうか客観的に判断してみましょう。

転職のきっかけとして多い6つの理由


  • 人間関係が上手くいっていない
  • 仕事内容に不満がある
  • 待遇・評価への不満がある
  • 会社の将来への不安や事業方針への不満がある
  • スカウト・ヘッドハンティングされた
  • 体調を崩した

理由1:人間関係が上手くいっていない

仕事をするうえで、人間関係は非常に大切です。

人間関係が上手くいっていないと職場での居心地が悪かったり、会社に行くことが辛くなるからです。

上司や先輩との仲に悩んでいる人が多く、職場全体の雰囲気が悪くなるからと一人で我慢して限界を迎え、転職に至る人もいます。

人間関係で問題があると、精神的に負担も大きく、仕事内容にまで影響を及ぼし兼ねません。

一ノ瀬セナ
ひどい場合には身体にも影響を与え、うつ病などを引き起こすケースもあります。
身体壊しちゃったら仕事どころじゃなくなりますよね…。
はじめ君

理由2:仕事内容に不満がある

仕事内容が転職を考えるきっかけになる人は多く、その理由は大きく2つに分けられます。

以下の2つをチェックしていきましょう。

仕事内容で転職を考える理由2つ


  • 業務内容に不満がある
  • 今のままだとスキルアップができない

業務内容に不満がある

ひとつ目は業務内容自体に不満がある場合です。

部署の移動で自分の望んでいない部署に配属されたり、自分のやりたい仕事を任せてもらえないという不満から転職を考える人が多いです。

仕事内容に関する不満を一度感じはじめると、毎日、不満が積みかさなり転職へ踏み切ることになります。

今のままだとスキルアップができない

2つ目は他にやりたいことができてしまった場合や、ステップアップを目指す場合です。

仕事内容に不満がある、ということは言い換えれば、仕事への意欲が高いといえます。

ポジティブな理由で転職する場合、理由が明確なので比較的スムーズな転職活動ができるでしょう。

理由3:待遇・評価への不満がある

3つ目は職場での待遇や、会社からの評価に対して不満がある場合です。

とくに給料に不満がある人が多く、仕事へのモチベーションに繋がっていたり、生活が掛かっているからです。

仕事で成果を出したのであれば、賞与や昇給、昇格として評価を受けることは更なる仕事のやる気へと繋がりますよね。

待遇・評価面での主な不満


  • 残業代や各種手当が支払われない
  • 有休休暇が取れない
  • ボーナスが出ない
  • 昇給がない

理由4:会社の将来への不安や事業方針への不満がある

会社が大きく成長するためには、随時、事業方針について見直しが行われますが、事業方針が変わることで、考え方に賛同出来ずに転職を考える人もいます。

望まない部署や役職の移動があったり、会社の将来に対して不安を感じることがあるからです。

また、会社が業績不振に陥れば、事業方針を変えて打破しようと会社も努力します。

しかし、この事業方針の変更が更なる業績不振を起こしかねません。

そうなると不安が重なり、安定した企業に転職した方が良いのではないかと考える人も多いようです。

会社の将来への不安や事業方針への不満


  • 大規模なリストラ
  • 信頼していた上司の退職
  • 会社の不祥事

理由5:スカウト・ヘッドハンティングされた

スカウト・ヘッドハンティングが転職のきっかけになる人もいます。

冷静な見極めが必要ですが、声をかけてくれた企業に対して何を魅力に感じたのははっきりと説明できるのなら、受けるのも有りですよ。

相手企業が自分にどういった役割を求めているのか正確に把握しておきましょう。

理由6:体調を崩した

体調を崩したことが止むを得ない転職のきっかけになることもあります。

転職活動のとき、体調を崩して辞めたことを隠す必要はありませんが、回復して働くにあたり問題ないとアピールするのが大切です。

また、前職に対してネガティブな印象を与える発言は不信感を与えかねないので控えましょう。

20代で多い転職のきっかけ

20代で多い転職のきっかけは、大きく二つにわけられます。

20代は就職をして間もない年齢でもあり、転職に対してのイメージは漠然としているのではないでしょうか。

はじめて社会人として働いて得た経験を通して転職を考えることになります。

20代で多い転職のきっかけ


  • 他にやりたい仕事が見つかった
  • 待遇や評価への不満がある

他にやりたい仕事が見つかった

ひとつ目は、他にやりたい仕事が見つかったという理由です。

はじめて会社勤めで仕事をしてみて、自分のやりたい仕事ではないと感じて転職を考えるからです。

一ノ瀬セナ
将来後悔しないためにも、本当にやりたい仕事をしたいと転職に踏み切る人も多いですよ。

可能性を模索できる年齢であり、さまざまなことにチャレンジできるので、転職のタイミングにも向いているとされる年代です。

待遇や評価への不満がある

もうひとつは待遇や評価への不満です。

頑張って働いているのに会社から評価されないと感じたり、同年代の他の会社の人と自分の給料を比べたときに不満を感じて転職を考える人も多いです。

転職によってステップアップできたり、待遇がアップするのであれば、将来的な部分を見越しても自分を評価してくれる会社へ転職した方が良いでしょう。

30代で多い転職のきっかけ

30代で多い転職のきっかけは、会社の待遇や将来への不安が多くなっています。

社会経験を積んだうえで、客観的に自分の仕事内容や待遇などについて考えられるようになるからです。

キャリアも積み、役職に就いたり仕事への責任感も高まる年齢が30代です。

転職活動の特徴としては、自分の能力を試したいと考えたり、自分のやりたいことを優先して転職先を探す傾向にあります。

30代で多い転職のきっかけ


  • 将来的な不安から待遇や収入アップを求めて転職
  • キャリアアップやスキルアップのため

40代で多い転職のきっかけ

40代も30代の転職きっかけと同様、会社や将来への不安や給与などの待遇面での不満から転職を考える人が多いです。

ただし、30代の転職とは異なり、安定した職業や会社を求める人が多くなります。

また、自分の意志とは違う理由から転職することになる人が多いのも40代です。

一ノ瀬セナ
会社の倒産やリストラですね。

40代になると、自身の将来のことも考えるようになるので、定年や老後の生活に向けて安定的な給与を得られることに重点を置いて転職活動をするようになります。

40代で多い転職のきっかけ


  • 将来的な不安から待遇や収入アップを求めて転職
  • 会社の倒産やリストラなど予期せぬ退職が原因の場合も

50代で多い転職のきっかけ

50代になると、定年退職の前の早期退職やリストラによって転職をするケースが多くなります。

定年や老後の生活も目前になっている年代だからこそ、生活のためにも安定した職を求めて転職活動をする人が多いです。

給料が上がることを求めて転職活動を行う人は少ない年代ですが、自分のこれまでに培った能力や経験を生かしてチャレンジできる職場を探す人が多くなります。

50代で多い転職のきっかけ


  • 会社の倒産やリストラ
  • 早期退職による転職

女性の転職のきっかけ

女性が転職をするきっかけは男性とは少し異なる部分があり、主な理由は2つに分かれます。

ひとつずつチェックしていきましょう。

女性の転職のきっかけ


  • 女性ならではの理由
  • キャリアや待遇からの理由

女性ならではの理由

まずは結婚や出産など女性ならではの理由があげられます。

結婚や出産によって状況が代わると、現在の勤務状態や仕事内容では仕事を続けることが難しくなるからです。

30歳前後になると結婚に向けた将来を考える女性が増えるため、結婚や出産後を考えて産休や育休制度の整う会社へ転職する人も増えています。

はじめ君
最近は産休や育休などの制度が整っている会社も多いって聞きますけど?
そうなんだけど、実際は短時間労働を求めたりすると会社と自分の望む条件が合致しなくて、パートのような休みを多く取れる就業形態を探すことになるのよね…。
一ノ瀬セナ

キャリアや待遇からの理由

もうひとつはキャリアアップや待遇の理由からです。

働く女性が活躍する時代になりましたが、会社によっては女性の方が男性よりも待遇が悪い会社も存在するからです。

一ノ瀬セナ
いずれは結婚して退職する可能性もあるため、昇進させにくいと考える会社もあります。

そのため、自分のキャリアアップや待遇アップを望んで転職活動を行う人もいます。

男女で受けられる待遇やキャリアに違いがあると感じている場合には、現在自分の働いている会社と他の会社を比較してみましょう。

転職するか悩んだら転職エージェントへ相談がおすすめ

転職するきっかけがつかめず、踏ん切りがつかないときは転職エージェントに相談するのもおすすめですよ。

転職エージェントでは客観的な立ち位置で、キャリア相談を受けられるからです。

キャリアアドバイザーと一緒にキャリアやスキルの整理をしながら、今後どのようなキャリアを積み上げていくと良いか相談ができます。

一ノ瀬セナ
また、転職エージェントを利用することで、自分の市場価値がわかり、転職した方が良いかの判断も可能です。

転職におすすめのエージェント3選

転職エージェントでは、専属の担当者がカウンセリングしながら自分の条件や希望に合った求人を探して紹介してくれます。

自分で探す手間が省けますし、履歴書や面接などについてのアドバイスも受けられるのが魅力ですよ。

求人には掲載されていない企業情報も教えてもらえますし、面接日調整から入社条件の交渉まで全て任せられるので、スムーズに転職したい人はチェックしましょう。

転職におすすめのエージェント3選


豊富な求人豊富な職種:リクルートエージェント


リクルートエージェント

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
求人数多い
交渉が得意

おすすめポイント

  • 転職支援実績ナンバー1!
  • 求人の80%が非公開求人で20万件以上の取り扱いがあり業界最大級
  • 業界に精通したアドバイザーが強みや適性を把握しキャリアプランを提示してくれる

手厚い転職サポート:doda


doda

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
求人数多い
サポート力あり

おすすめポイント

  • 求人数が業界トップレベル!
  • 担当者と相性が悪い場合は、web上から変更できるなど、使い勝手がいい
  • キャリアアドバイザーと求人提案の担当者が分かれていて、手厚いサポートが受けられる

20.30代の若手向け:マイナビエージェント



対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
男性
女性
業界全般
職種全般
とくに20代におすすめ
IT業界が得意
サポート力あり

おすすめポイント

  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
  • 幅広い業界の質の良い求人を取り扱っており、その中でもIT業界が得意
  • サポートが手厚く、面接・書類対策や面談をしっかりと行ってくれる

おすすめの転職サイト「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

あわせておすすめの転職サイト「 リクナビNEXT について紹介します。

リクナビNEXT 幅広い業界や業種の求人を取り扱っている転職サイトで、転職サイトの中でも人気の高いです。

自己分析のできる診断サービスや転職ノウハウを紹介した記事など、参考にできるコンテンツが多く転職サービスを利用しながら自身を見直して転職活動ができます。

リクナビNEXT に登録した情報で、リクルートエージェントの利用もできるので、転職エージェントの併用を考えた時に手間がかからないのも嬉しいですね。

「リクナビNEXT」の特徴


  • 求人数が多く毎週1000件以上更新
  • スカウト機能が充実
  • 同じ登録情報でリクルートエージェントの併用が可能

転職のきっかけ まとめ

転職のきっかけ まとめ


  • よくある転職のきっかけは人間関係や仕事内容、評価への不満など大きく6つにわけられる
  • 年代や性別によっても転職のきっかけは変わってくる
  • 転職活動をするか悩んだら、キャリア相談できる転職エージェントの利用がおすすめ

転職におすすめのエージェント3選


転職のきっかけの裏には、どのような環境や条件で働きたいかという、働き方への希望が隠れています。

思い立ったからとすぐに転職するのではなく、一度立ち止まって自分を分析し、自分が仕事に求めるものや望む働き方がどのようなものなのか明らかにしましょう。

そうすれば、転職後、理想と現実にギャップを感じて、転職を繰り返すといった事態を避けられますよ。

自分の希望する内容がわかり、転職した方が自分の思う通りの働き方ができると思うのであれば、思いきって転職活動に踏み切ってください。

その際、転職エージェントを利用すれば、客観的な視点からのアドバイスも貰えたり、自分では調べられないような企業の情報を得られるので、より精度の高く転職活動を進められておすすめですよ。

-役立つ転職知識
-

© 2020 転職index