サイト・エージェント

【登録するならどっち?】転職サイト&転職エージェントのメリット比較解説!

更新日:

転職サイト-登録

さて転職をしようと思ったらまず何から始めるべきでしょうか。

自己分析なども大切ですが、具体的な行動をして求人を見つけなければなりません。転職活動をする際にはいくつか求人を探す方法があります。

転職サイト、転職エージェント、スカウト・ヘッドハンティング、知り合いの紹介、公共職業安定所(ハローワーク)などの方法が代表として挙げられます。

今回はその中からメジャーかつ、求人を多く閲覧できる転職サイトにフォーカスしてメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

転職サイトについて

転職サイト

転職サイトとは具体的にどのようなもののことを指すのでしょうか。メリット・デメリットなども踏まえながらご紹介していきます。

転職サイトとは

転職サイトとは「リクナビNEXT」「マイナビ転職」「エン転職」などを代表とする求人を掲載しているWebサービスのことです。

アカウント登録さえ済ませてしまえば無料で使用できるものがほとんどです。自分で1から希望業界の企業を調べて、電話をしたりホームページで採用要項を調べたりするよりも、圧倒的に手間が省けるのが転職サイトです。

とくに在職中での職探しは時間がかけられないので、転職サイトを使うのが現在の主流となっています。

使い方手順

サイトによって使い方、インターフェイスは異なりますが、まずは個人情報を登録しないと求人を見ることができない仕組みになっているサイトが大半です。

登録に必要な情報

  • 名前
  • 生年月日
  • 学歴
  • 職歴
  • 資格

名前、生年月日、学歴、職歴、資格など履歴書で見ることのできる内容は最低限、その他希望職種や希望年収など任意でプロフィールを登録します。

抵抗がある方もいるかもしれませんが、求人とのマッチング率を上げるためにはなるべくプロフィールは詳細に記しておくと良いでしょう。

POINT


プロフィールを詳細に記入することで採用担当者にスカウトされる可能性が高くなります。

※スカウト機能については後ほど紹介します。

その後、気に入った求人があればサイトを介してエントリーをします。その際に企業側にあなたの情報が渡ります。志望動機や自己PRなどを記入し企業がそれを見て気に入れば面接へ進めると言うのが大半の流れです。

パソコンでエントリーしたとしても、当日または事前に紙で手書きの履歴書を送る必要がある場合がほとんどなので気をつけましょう。

メリット

メリット

  • 使用料は無料
  • 転職サイトによっては就職するとお祝い金など
  • PCやスマホから手軽に多くの求人情報を閲覧できる

実際に転職サイトを通じて就職してもサイトの運営会社は掲載企業から支払いを受けるため求職者自身がお金を払う必要はありません。

それどころか「リブセンス」などをはじめとする比較的新しい転職サイトでは就職するとお祝い金、祝賀金と称しお金をもらえることもあります。

時間をかけることなく、いつでもどこからでも多くの求人情報に目を通すことができるのがメリットです。

最近では元社員の口コミを見られるサイトも増えてきているので、口コミを見ることで事前にギャップを減らしミスマッチを減らすことができます。不特定多数の人の意見が聞けると言うのはウェブサイトの特権かもしれません。

デメリット

デメリット

  • 求人が膨大なので希望の求人がすぐに見つからない
  • 希望する条件の会社がたくさん見つかった場合、中々転職先が定まらない

転職サイトを使うデメリットとしては求人数が多いので手間暇をかけないと希望の求人にたどり着けないという点です。

もちろん検索条件を絞ったりすることはできますが求人数が多いがゆえに、どの会社に応募しようか迷ってしまい中々転職先が定まらないという悩みを持つ方もいます。

転職エージェントについて

転職エージェント

転職サイトとは別に転職エージェントと呼ばれている手法もあります。

先述した転職サイトと役割は似ていますが、アプローチの方法などが異なります。メリット・デメリットなども踏まえながらご紹介していきます。

転職エージェントとは

20代の転職では中途採用枠として即戦力を求められる求人も多く存在します。

そんな転職市場の中で今の仕事や業種・業界にやりがいを感じないという理由でやめた場合、未経験の仕事に飛び込むのは中々ハードルが高いようにも思えます。

もし若いうちの転職や初めての転職の場合は、若年層に特化したエージェントを利用することをオススメします。

最近では「ウズキャリ第2新卒」「マイナビ20’s」「ハタラクティブ」を代表とした第2新卒や若年層の既卒やフリーターの方向けに特化したエージェントも増えてきています。

初めての転職という方を数多くみてきたプロがカウンセリングをするので、安心という面は転職サイトと違ってメリットがあるでしょう。

メリット

メリット

  • 希望の職種などの条件を伝えるとエージェントがマッチする求人を探してくれる
  • 履歴書に書く自己PRなど添削を無料で行ってもらえる
  • 面接時のアポイントの調整などもエージェントに任せられる

転職サイトはサイトを見て自分で気になる求人にアプローチをする手法なのに対し、転職エージェントではエージェントのカウンセラーと希望の職種や給料、労働条件などについて面談をしてうまく求職者の需要にマッチする企業をカウンセラーが提案してくれます。

そのため転職サイトに比べて圧倒的に手間が少ないでしょう。また多くのエージェントでは履歴書に書く自己PRや志望動機、職務経歴書などの添削を行なってくれるのでより雇用される可能性が高くなります。

多くの履歴書などに目を通しているプロが添削を無料で行なってくれるというのは大きなメリットです。

その他にも模擬面接やビジネスマナー講座を行なってくれるエージェントもあります。また面接時のアポイントの調整なども仲立ちしてくれるので様々な手間を省くことができます。

デメリット

デメリット

  • 転職サイトに比べて求人数は少ない
  • エージェントに希望の職種などをうまく説明できないと本当にマッチしている会社の求人に出会えない
  • 利率の良い求人を求職者の需要と関係なく勧めてくる場合も

一度に目にできる求人数が転職サイトに比べて少ないのでマッチング率は良くても実際に決めるまでに時間がかかる場合があります。

また、エージェントはプロとはいえ人間なので、その職業や会社があなたに本当にマッチしているのか信じることが難しいという側面もあります。

エージェントもあくまで営利目的のビジネスなので、求人を商品として売っています。

エージェントはノルマがあったり歩合給だったりするので、利率の良い求人を求職者の需要と関係なく勧めてくる場合もあるでしょう。

また求人募集をしている企業がエージェントに支払うのは業界のビジネスモデルの通例から考えると年収の10%〜30%と言われています。

反対に言えば、もし求職者が給料を重視して求職をしていると仮定するとこの場合ではその負の側面が有利に働くこともあります。エージェントは高い求人を売れて、求職者は高い年収を手に入れることができるというWin-Winの関係になるということです。

どちらにしてもエージェントを利用する際には時間をかけてカウンセラーに自分のことを理解してもらい、信頼関係をお互いに構築していくことが重要です。

サイトとエージェントの違い・比較

転職サイトと転職エージェント

一言で言うと転職サイトは能動的な求職方法なのに対して転職エージェントは受動的な求職方法といえるでしょう。また求職者の方の状況によってどちらの方が有効なツールになるのかが変わってきます。

手間暇をとるか、情報量をとるか

転職サイト 転職エージェント
手間暇

自分で希望の求人を探さなければならない

エージェントが探してくれる

情報量

一度にたくさんの求人を見れる

転職サイトに比べて求人数は少ない

転職サイトのメリットはちょっとした隙間時間に求人を見ることができる上に一度に膨大な量の求人を確認することができます。

次の転職の職種などが全く決まっていない際には検索条件を絞りにくいため色々な職種、業界についての求人を見ることで新たに自分のやりたいことを認識できるかもしれません。

反対に転職エージェントはエージェントが自分に代わりにマッチ率の高い求人を提案してくれるので自分で求人を探す手間が省けます。面接のアポイントの設定などの手間を省くこともできます。

都市か地方か

転職サイト 転職エージェント
都市  

面談の必要がないので場所は関係ない

転職エージェントが多いので選択肢が増える
地方

面談をするエージェントが近くにない可能性

住んでいる場所や働きたいと思っている仕事場がどこにあるかでどちらのツールがより有効になるか決まってきます。

例えば地方住まいの場合だと面と向って面談をするエージェントが近くにない可能性があります。そのため面談の必要性がない転職サイトの方が使い勝手が良くなります。

また反対に都市に住んでいる人は転職エージェントが都市部に集中しやすいことから面談がしやすいので選択肢が増えるでしょう。

転職サイトと比較して、転職エージェントに相談をすると得られるメリットもあります。人材エージェントの多くはその地域の求人を主に扱っているためその会社の評判だったり、交通アクセスなど様々な情報を知っています。

在職中か失業中か

転職サイト 転職エージェント
在職中  

空いた時間で求人を探す

在職中だと時間の制限で面談を行いづらい
失業中
気兼ねなく面談できる

在職中での求職か仕事を辞めてからの求職かでも使うツールが変わってきます。

転職エージェントを使って面談をしようと思うと在職中だと時間の制限が出てくるため、夜間または休日に行かなければなりません。残業などが続いている仕事だと夜間は難しいですし、休日出勤もあるようであれば休日に行くのも難しいかもしれません。

また、転職エージェントの顧客は求人を出す企業側なので他の企業に合わせて土日休みというところも多いです。

夜間も求職者のためにいつも特別に面談を実施しているというわけではないので、在職中での転職エージェントの理由は時間の制約がある限り困難というケースが多いです。

在職中にエージェントを利用するのであれば残業のない日になるべく早い時間帯(18:00や19:00)くらいで面談を組んでもらったり、休日にお願いをしてみましょう。

どうしても現在の労働環境が過酷で終業後や休日に時間が取れないようであれば、お昼休みを利用したりするのも一つの方法でしょう。

POINT


最近ではインターネットのおかげでスカイプ面談をできるケースもあるので、エージェントの人と相談をしてみると良いでしょう。

転職サイト・エージェントに登録したことが会社にバレることはあるのか

転職サイトに登録でばれる

会社支給のデバイスやツール(スマートフォンやPC、メーリングサービス、SNS)を利用しなければまずバレることはありませんが、転職サイトやエージェントに氏名や現職などの情報を渡しますので、その会社から情報がバレてしまう可能性は否めません。

とくにエージェントを利用する場合は相手も人間なのでエージェントの取引先が現職の取引先だったりするとそこからバレてしまう可能性もゼロではないでしょう。しかし稀なケースではあるので、そこまで不安に思う必要はありません。

スカウト・ヘッドハンティングによる転職について

ヘッドハンティング

転職サイト・転職エージェント共にどちらのサービスにおいても企業側が求人者をスカウト・ヘッドハンティングするというスカウト型の求人サービスを展開している会社も多くあります。

POINT


転職サイトによっては「スカウト機能」「オファー機能」と呼ばれています。

サイトに登録後、あなたのプロフィールを見た採用担当者もしくは転職エージェントが「応募しませんか?」と声を掛けてくれます。

知り合いの紹介による転職について

知り合いからの紹介

そこで働いている社員を通じて転職をする採用方式をリファラル採用といいます。北米ではリファラル採用は有効な手段と捕らえられているため、近年日本でもベンチャー企業を中心に取り入れられ始めています。

オススメの求人の探し方

おすすめの求人の探し方

ステップ①まずは転職サイトから

まずはアカウントを作成したらすぐに求人を探せる転職サイトから始めてみると良いでしょう。

ステップ②既に退職済みの方は並行してハローワークへ

もし仕事をすでにやめている方であれば、失業保険の申請などでハローワークに出向くことがあるでしょう。失業保険を受給する条件としてハローワークで職探しをすることも条件になるので並行してハローワークで探すこともオススメします。

転職サイト、エージェントに比べ、好条件の求人にめぐり合うことが少ないのが実情ですが未経験でも中途採用で募集している企業が比較的多いのと、失業保険の申請の条件としてハローワークを利用する必要があるからです。

ステップ③転職サイトで見つからなければ転職エージェント

もし転職サイトでなかなか良い求人に出会えなければ、その後は転職エージェントを利用しましょう。

また、転職サイトや転職エージェントでも最近では専門職を専門とした仲介業も存在します。例えば、エンジニア専門の転職サイトや医療関係職専門の転職エージェントなどです。

もし専門職についている場合はそのような専門性に特化したサービスを利用した方がマッチング率が高くなる傾向にあります。

タイプ別どっちの方法がいい?

タイプ別どっちがいい⁇

タイプA

まだ20代だけど今の職を変えたい。何をしたいかはまだ考えている途中です

求人を通してやりたいことを見つけたい場合は転職サイトがおすすめです

若年層で職種や業界を変えたいけど何をしたいかまだはっきり決まっていないという人は転職サイトをお勧めします。その方が多くの情報に触れることができ、自分のやりたいことを新たに発見しやすいからです。

とくに近年人材不足のため、20代で正社員歴が3年以上あれば未経験でも募集している企業が増えてきています。反対にはっきりしないままエージェントに頼ってしまってもエージェントも何をお勧めしたら良いのかわからない状態になってしまうので非効率的です。

タイプB

エンジニアです。今の会社ではスキルアップが望めないのでもっと好待遇でキャリアアップを目指したい

好待遇の求人を探している場合は転職エージェントがおすすめですよ

スキルや経験がある程度あり、キャリアアップや現在よりも良い労働環境を望む人は転職エージェントがお勧めです。

ある程度、求人数が絞られているのでいたずらに時間が取られることもないのと、転職サイトに比べると好待遇の求人に出会う確率が多いためです。

まとめ

転職サイト登録のまとめ

今回のまとめ

転職サイトのメリット

  • 場所を選ばず求人を見られる
  • 大量の求人がある

転職エージェントのメリット

  • 専門のプロが求人を探してくれる
  • 履歴書の添削、アポイントなど様々なサポートがある

おすすめの求人の探し方

  1.  転職サイトに登録
  2.  離職後なら並行してハローワークに通う
  3.  転職サイトで見つからないようなら転職エージェントに登録

転職活動の方法についてご紹介しましたが参考になりましたでしょうか。

日本は世界的に見ると人材派遣などを含む人材エージェントやサイトが労働人口の割合に対してかなり多いと言う統計も出ています。

これは求人に触れる機会が多くなるといったメリットもありますが、今後の人生を左右しかねないので慎重になりたいところですね。

その一方で求職者がどの媒体を使ったら良いのか迷ってしまうと言う負の側面も持っています。

ご紹介したメリット・デメリットを参考にした上でどんな方法がご自身に合っているのかどうか考えてみてください。

転職おすすめサイト

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』は圧倒的な求人数で、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
転職した人の約8割が利用していたという公式発表も!(※公式発表)
リクナビNEXTにしかない求人もあり、他の転職サイトの併用もできるため、まず転職サイトに登録したい!と思ったらリクナビNEXTをオススメします。

MIIDAS

『MIIDAS』は、インテリジェンスが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトです。
他の転職サイトとの大きな違いは、「自分と類似した人材(学歴、年齢、経験スキル等)の転職実績」「自分が興味のある業界、職種には、どんな人材(学歴、年齢、経験スキル等)がどれくらいの年収で転職できたのか」を検索、閲覧できる点です。

また、MIIDASのオファーは「面接確約」ということも強みです。(一部例外あり)
必要な項目を入力すると適正年収を算出して条件に合致した求人がマッチングされたり、求人企業からのオファーを受けることができます。

キャリコネ

『キャリコネ』は年収・企業口コミサイトとして、多くのビジネスパーソンから支持を得ているサイトです。
「報酬」「働く環境」「やりがい」「出世」「ライバル企業」「残業・休日出勤」「長所・短所」「退職理由」「転職後のギャップ」「女性のキャリア」「経営者について」に加え、年収・給与明細、転職面接に関わる口コミを企業単体、地域、業界からチェックすることができます。

また、口コミだけではなく、転職サービスもあり、情報を精査しながら、求人を探すこともできます。
60秒ほどの無料簡単登録で企業の口コミ、案件情報をくまなくチェックすることができるので、オススメの転職サービスです。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.