私だけじゃない?女性が転職で感じる不安と解消のポイント7つ

この記事で解決できる悩み

  • 転職したいけど、転職先でうまくやっていけるかな
  • 結婚や出産などの女性特有のライフイベントで困らないか不安
  • 年齢を重ねるごとに転職が難しくなるって本当?

転職をしたい気持ちはあるけれど、転職先の環境や将来的なことを考えるとなかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか。

特に転職活動に関しては、センシティブな内容であることもあり、気軽に周囲に相談しづらいものです。

この記事では、女性の転職について解説しています。

抱えている悩みや不安を解消して、前向きに転職活動に臨みましょう!

女性の転職とは?誰もが不安に思っている

一般的に、女性の転職は年代によっては職を探すのが難しいと言われることが多いです。

なぜなら、結婚や出産などの女性特有のライフイベントによって、「キャリアを積めないのではないか」または「キャリアを積めなかった、諦めるしかなかった」と感じていたり、生活の変化によって働き方が自分に合
っていないのではないかと不安に感じる人が多い
からです。

しかし、それらが自分にどの程度当てはまるのか、どのような点に注意しなければいけないのか分かりづらく、漠然とした不安になりがちですよね。

一ノ瀬セナ
まずは、女性の転職の現状を知るために、年代別の転職状況について詳しく説明していきます。

女性の転職事情は年代でこんなに違う

結論から言うと、女性の転職では年代別に難易度が大きく変わります

それぞれの年代ことに転職の事情をまとめてみました。

女性の年代別の転職事情


  • 20代:未経験でも転職の成功率が高い
  • 30代:スキル重視になり、転職の難易度が上がる
  • 40代:未経験分野への転職成功率はかなり低くなる

20代:未経験でも転職の成功率が高い

20代は、未経験の業界や職種でも採用してもらえることが多い年代です。

なぜなら、20代は新卒、第二新卒をはじめとしたポテンシャル採用が主流で、実際のスキルや経験よりもやる気や将来性を考慮して採用が決まることが多いからです。

20代は男女問わず、様々な職種・業種に挑戦できる年代なので、未経験分野への転職を考えている場合はすぐに行動を起こした方がいいでしょう。

30代:スキル重視になり、転職の難易度が上がる

30代では、企業は即戦力の人材を求めるため、スキルや経験が重視されます。

その分転職のハードルも高くなり、とくに未経験分野への転職は20代の時と比べて難しいです。

その代わり、これまでの経験やスキルを活かして、より良い仕事にキャリアアップできるようになります。

自分の経歴や実績を棚卸し、最適な転職活動をすれば、転職成功率がぐんと上がりますよ。

40代:未経験分野への転職成功率はかなり低くなる

40代では、未経験の仕事への転職はかなり難しい状況になります。

なぜなら、「20代、30代に比べて伸びしろや将来性は少ない」と判断する企業が多いからです。

どうしても未経験への転職がしたい場合には、やる気はもちろんですが、資格の取得などのプラス要素が必要になってきます。

これまでの自分のキャリアをしっかりと見直し、スキルや経験を活かせる転職先を見つけることが重要ですね。

女性が転職を考える理由5つ

日経ウーマンオンラインが行った調査によると、働く女性の77%は転職を考えたことがあるとの結果が出ています。

転職で悩んでいる女性は数多くいますが、一体どのような理由で転職を考えるのか、理由を5つご紹介します。

女性が転職を考える理由5つ


  • 人間関係の悩み
  • 労働環境の悩み
  • 正社員になりたい
  • 仕事内容を変えたい
  • 結婚や出産、介護によって

ひとつずつ解説していきますので、自分の状況と照らし合わせながら確認してみましょう。

理由1:人間関係の悩み

ひとつ目の理由は、人間関係の悩みです。

女性が転職を考える理由で最も多いのが、人間関係による悩みで「人間関係をリセットして新しい環境でやり直したい」と思う人が非常に多くいます。

たとえば、人間関係の悩みには以下のようなものがありますよ。

転職理由になる人間関係の悩み


  • 上司と相性が悪く、セクハラやパワハラの被害にあっている
  • 同僚や先輩からイジメや嫌がらせを受けている
  • 会社の環境や人間関係に馴染めず、疎外感を感じる

一ノ瀬セナ
会社は一日のうちの多くの時間を過ごす所ですから、人間関係がうまくいかないと毎日が辛く感じますし、転職を検討するのは自然なことといえますね。

理由2:労働環境の悩み

2つ目の理由は、労働環境の悩みです。

労働環境に関する悩みも女性が転職を考える原因のひとつです。

たとえば、労働環境の悩みには次のようなものがあります。

転職理由になる労働環境の悩み


  • 毎日の残業が当たり前で家族と過ごす時間が少ない
  • 休日出勤が多く友人と会ったりする機会がほとんどない
  • サービス残業が常態化していて、貯金も増えていかない

仕事そのものに不満がなくても、このような状態が続くと体だけでなく心も疲弊してしまい、転職を考えるようになります。

理由3:正社員になりたい

3つ目は正社員になりたい、という理由です。

派遣社員や契約社員で働いているが、安定した正社員の仕事に転職したいと思う人は少なくありません

派遣社員や契約社員は景気に左右されやすく、「いつ契約が打ち切りになるか」という不安が常にあるのです。

一ノ瀬セナ
また、派遣社員や契約社員の多くは給与が時給計算なので、体調不良でしばらく休んだ場合や祝日などの連休が給与に直接影響を与えてしまうデメリットもあります。

さらに、年齢が上がるにつれて仕事の幅や求人数が減っていくことが考えらえれるため、将来を見据えて正社員への転職を考えるのは自然な流れといえますね。

理由4:仕事内容を変えたい

4つ目は仕事内容を変えたい、という理由です。

いまの仕事内容にモチベーションがわかず、仕事内容を変えたい、もっとやりがいのある会社で働きたいと考えるパターンです。

具体的には、以下のような内容で悩むことがあります。

転職理由になる仕事内容の悩み


  • ルーチンワークが多くて達成感がない
  • 本当にやりたい仕事ができていないのでやりがいを感じられない
  • 適性を見いだせず、モチベーションが維持できない

他の理由に比べて「自分のワガママかもしれない」と悩む人が多いのが特徴です。

しかし、やりがいで悩むというのは、それだけ仕事に対して真剣に向き合っている証拠ですから、決して悪いことやワガママではありませんよ。

理由5:結婚や出産、介護によって

5つ目の理由は、結婚や出産、介護によってです。

結婚や出産など、女性特有のライフイベントにより転職の必要性が出てきたり、家族の介護を理由に働き方を変える必要が出てきた場合です。

具体的には、次のような事例があります。

転職理由になる家庭の事情


  • 結婚により相手の住んでいる都市に引っ越しをしなければならない
  • 出産後にそれまでと同じ働き方ができなくなった
  • 親、または義理親の介護のため、時短で働く職場を探さなければいけない

日本ではまだまだ男女平等が進んでいるとは言い難く、結婚や出産などのライフイベントが発生した際、女性がキャリアを見直す必要が出てくるケースは非常に多いです。

その分、ライフイベントとキャリアのバランスを考慮して、転職を考える人は多くいます

女性が転職のときに感じる不安5つ

女性が転職のときに感じる不安には次のようなものがあります。

女性が転職のときに感じる不安5つ


  • 自分の能力が足りているか不安
  • やりたいことがはっきりしていない
  • いまの職場をスムーズに退職できるか不安
  • 新しい職場になじめるか不安
  • 離職期間が長くやっていけるか不安

今、自分が感じている不安はどれに近いか、当てはまるものがあるか確認してみましょう。

不安1:自分の能力が足りているか不安

ひとつ目の不安は、自分の能力が足りているか不安なことです。

これまで自分がやってきたこと、持っているスキルや能力が新しい環境でも通用するのかという不安です。

「仕事内容が自分でもこなせるレベルなのか」「応募しても内定がもらえないのでは」といった、自分が求める条件の会社や職場に、自分の持っている能力がどの程度通用するのか不安に思うパターンですね。

不安2:やりたいことがはっきりしていない

2つ目の不安は、やりたいことがはっきりしていないことです。

「現状を変えたい」という気持ちはあるものの、やりたいことが自分の中ではっきりせず不安になる場合ですね。

この不安を感じる人の場合、自分のアピールポイントや強みが思いつかず、自分の活かせる転職先がわからないという人が多くいます。

不安3:いまの職場をスムーズに退職できるか不安

3つ目の不安は、いまの職場をスムーズに退職できるか不安なことです。

特に初めての転職活動であれば、以下のように不安に思うのではないでしょうか。

退職を伝えるとき不安になること


  • どう退職を切り出せばいいかわからない
  • 引き止められてしまったらどうしよう
  • 人手不足の状態が続いていて言い出しづらい

転職するとはいえ、できるなら円満に退職し、波風を立てたくないと不安になるのは自然な気持ちでしょう。

不安4:新しい職場になじめるか不安

4つ目の不安は、新しい職場になじめるか不安なことです。

企業の文化やそこで働く人の雰囲気は実際に入社をしてみるまで分かりませんよね。

入社後の人間関係がうまくいくか不安になったり、転職先の社風になじめるか不安に感じる人は非常に多くいます

そもそも、あたらしく人間関係を構築することが苦手な人にとっては、一番の懸念点であるといえます。

不安5:離職期間が長くやっていけるか不安

5つ目の不安は、離職機関が長く、やっていけるか不安なことです。

前職を退職してからブランクがある場合の転職活動では、以下のように不安を感じることがあります。

離職期間が長く不安になること


  • ブランクが長いので、転職先が見つかるか不安
  • 面接経験があまりないので慣れていない、苦手意識があって不安
  • ブランクの理由をどう説明したらいいのかわからない

離職期間が長いと、それ自体が既に不利なのではないかと思ってしまう人は多いのではないでしょうか。

また、苦手意識や、ブランクの理由を聞かれた場合の対処がわからないなど、転職だけでなく、面接に対して不安を抱えてしまう人も多くいます。

女性の転職を成功させるためのポイント7つ

では、紹介してきた不安を解消しながら、転職を成功させるにはどうしたらいいのでしょうか?

この見出しでは、女性が転職を成功させるために知っておきたい、実践したいポイントを7つご紹介します。

女性の転職を成功させるためのポイント7つ


  • 女性が働きやすい環境の企業を選ぶ
  • 会社を辞める前に転職活動をはじめる
  • 長く働ける意思を伝える
  • 今後の人生計画について考えておく
  • 自分が活躍できる場所があるのか調べる
  • 資格を取っておく
  • 信頼できる転職エージェントを見つける

先ほど紹介した女性が転職のときに感じる不安をご紹介しましたが、転職成功のポイントを知ることで不安を解消できますよ。

一ノ瀬セナ
あなた自身が感じている不安とも照らし合わせてみて、ポイントや対処法を押さえていきましょう!

ポイント1:女性が働きやすい環境の企業を選ぶ

ひとつ目のポイントは、女性が働きやすい環境の企業を選ぶことです。

長期的に働くことを希望する場合、女性が働きやすい環境の企業を選ぶことは非常に重要です。

女性が働きやすい企業かどうか判断するには、次ような項目をチェックしてみましょう。

勤務体制について


  • 子供が小さい間は時短勤務やテレワークが可能か
  • 時短・在宅勤務などの制度を利用しやすい社風か

女性社員の割合について


  • 部署単体ではなく、全社員中の女性の割合はどうか
  • 女性の管理職の割合はどうか

育児休暇について


  • 育児休暇の制度があるか
  • 育児休暇の取得がしやすいか
  • 実際に育児休暇がどれくらい取られているか

産休について


  • 産休制度があるか
  • 産休取得者の割合はどうか
  • 産休を取得しやすい環境であるか

大切なのは、ただ制度が用意されているだけではなく、実際に育児休暇や産休が機能しているか、取得しやすい雰囲気や環境が整っているかどうかです。

こうした環境が整っている職場であれば、女性特有のライフイベントが起こっても上手くバランスを取りながら仕事を続けることが可能です。

ただ、実際にこれらの制度が機能しているかを企業のHPや面接時に判断するのは難しいですよね。

一ノ瀬セナ
そういった時は企業の口コミサイトを調べてみたり、転職エージェントに聞いてみたり、面接時に制度の取得率を聞いて、判断するのがおすすめですよ!

ポイント2:会社を辞める前に転職活動をはじめる

2つ目のポイントは、会社を辞める前に転職活動をはじめることです。

特別な事情がない限り、転職活動は在職中から進めるようにしましょう

なぜなら、次の職場が決まる前に今の勤め先をやめてしまうと以下のようなデメリットがあるからです。

転職先が決まる前に退職するデメリット


  • 転職期間が長引いた場合、それだけ無職期間が長くなってしまう
  • 転職活動中は収入が確保できない
  • 経済的な焦りから、希望に合わない企業でも妥協してしまう可能性がある

平均的な転職活動期間は2~3ヶ月といわれており、社会情勢やタイミングによってはそれ以上の期間がかかることも少なくありません。

無職期間が長く続くと経済的にも精神的にも負荷がかかりますので、仕事を続けながら転職活動しましょう

働きながらの転職活動は時間の調整がききにくく難しいという場合は、転職エージェントを利用がおすすめです。

一ノ瀬セナ
担当者が面接日の交渉など、サポートしてくれますよ!

ポイント3:長く働ける意思を伝える

3つ目のポイントは、長く働ける意思を伝えることです。

企業にとっては、社員が辞めてしまうことは大きな損失です。

新しい人材を雇うにしても求人掲載料や、入社してからの教育コストなどが少ながらず発生しますので、できれば避けたいことのひとつになります。

特に女性の場合、結婚や出産を機にやめる可能性が考慮されるので、企業側も採用に慎重になるのです。

たとえば、以下のように長く働く意欲をアピールしてみましょう

長く働けるアピールの例


  • 「結婚相手に協力してもらう」など具体的な根拠を添えて、結婚後も働く意思を伝える/li>
  • 企業の制度や取得状況を確認し「育休や産休などの制度がある会社だから応募した」と伝える

女性の転職者の場合、「長く働いてくれるかどうか」を企業側は不安に感じている場合が多いです。

一ノ瀬セナ
面接の際、長く務める意思があることをしっかりと伝えることで、大きなアピールポイントになりますよ!

ポイント4:今後の人生計画について考えておく

4つ目のポイントは、今後の人生計画について考えておくことです。

なぜなら、自分のライフスタイルと転職先の働き方がブレてしまうと、再転職の必要性がでてきてしまうからです。

人生設計はかなり大掛かりなもので、将来の事情や自分の考えを予測しきるのは難しいですよね。

ですから、以下のように、まずは「どうなりたい」という希望を考えてみましょう。

どのように働きたいか計画を立てるのが大事


  • 将来は子供を産んで、バランスを取りながら働きたい
  • お金はこれくらい稼ぎたい
  • 持病があるので、体力面ではあまり無理せずに仕事がしたい
  • この目標に向かって頑張りたい

希望を具体的に内容にすると、自分の中での優先順位が見えてくるので、それにマッチする働き方や企業が見つけやすくなりますよ。

ポイント5:自分が活躍できる場所があるのか調べる

5つ目のポイントは、自分が活躍できる場所があるのか調べることです。

転職先で自分の望む働き方ができるか、希望の職種につけるかといったことは、ミスマッチを防ぐうえで非常に重要です。

適材適所という言葉があるように、自分の力やスキルが発揮できる企業や部署で働くことで能力が飛躍的に向上し活躍できる場合もあれば、思ったようにいかず「こんなはずではなかった」と後悔したり、スキルを活かせない状況に陥る場合もあるのです。

企業の情報に詳しい転職エージェントに相談したり、面接で仕事内容についてよく確認する、口コミサイトで実際に働いていた人の意見を参考にするなど、事前にきちんと調べるようにしましょう

ポイント6:資格を取っておく

6つ目のポイントは、資格を取っておくことです。

なぜなら、資格を取得していることで、面接においてあなたの能力をわかりやすく企業に伝えられますし、スキルを保有している明確な証になります。

自分がどんな職種で働きたいかによって活かせる資格は変わってきますので、自分のキャリアプランを見直し、どんな資格が必要か考えてみましょう。

また、ブランクがあって再就職したい場合にも資格の取得は効果的です。

一ノ瀬セナ
一定以上のスキルと適性をアピールできますし、離職期間中に資格を取得しておけば、長期的に働く意思やその仕事につきたい意欲をアピールできますよ!

ポイント7:信頼できる転職エージェントを見つける

7つ目のポイントは、信頼できる転職エージェントを見つけることです。

仕事を続けながらの転職活動では転職エージェントの利用が有効ですが、成功率を上げるためには転職エージェントとの相性が重要になってきます。

転職エージェントのコンサルタントが信頼できるかどうか、以下のようなポイントでチェックしてみましょう。

信頼できるエージェントとは?


  • カウンセリングを丁寧に行ってくれて、今後のキャリアについて的確にアドバイスしてくれる
  • 求人内容や企業情報に詳しく、自分の希望や適性にマッチする企業を紹介してくれる
  • 面接や履歴書などの相談に応じてくれる
  • メールのレスポンスなど、素早く対応してくれる

これ以外にも話す時の雰囲気や相談のしやすさなどの相性も大切です。

不信感があったり、相性が合わないなと感じる場合は、遠慮せずコンサルタントを変更してもらいましょう

転職のやり方や流れがいまいち分からないなら

離職期間が長かったり、初めての転職活動で経験がなく、転職活動をどう進めたらいいか分からない場合は特に不安を感じやすいものです。

ただでさえ、転職活動は時間も精神力も必要な作業ですから、そういった不安な気持ちをひとりで抱えながら転職活動を進めるのは非常に難しいでしょう。

不安な気持ちも、一度言葉にしてみたり、誰かに相談してみると意外と前向きに考えられる場合もありますので、身近に相談できる人がいるのなら不安な気持ちを打ち明けてみましょう

また、転職エージェントのコンサルタントは、転職活動中、常にあなたの味方でいてくれますし、あなたの転職が成功するように様々なサポートをしてくれるので、相談相手としてもおすすめです。

一ノ瀬セナ
キャリアプランの相談や面接対策サポートなどを上手く活用していきましょう。

転職エージェント活用しよう! | おすすめ転職エージェント3選

実際におすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

キャリアプランの相談ができたり、履歴書などの書類の添削、模擬面接のサポートが受けられたりとサポート体制が整っていますので、自分にピッタリの転職エージェントを探してみましょう。

女性に特化した転職エージェントもあり、女性特有の悩みを考慮したサポートが受けられますよ!

おすすめ転職エージェント3選


女性向けのサポートが手厚い:パソナキャリア


パソナキャリア

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
とくに女性におすすめ
面談が丁寧
サポート力あり

おすすめポイント

  • 独自の条件の良い求人が多数あり
  • 顧客満足度第1位!レベルの高いアドバイザーが揃っている
  • 女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チームがあり、女性に寄り添った提案をしてくれる

年収アップを目指したい女性向け:リブズキャリア

リブズキャリア

おすすめポイント


  • 女性特化の転職サービス
  • 女性を採用したい企業が集まっている
  • ハイキャリア求人を多数掲載

リブズキャリア は、女性向けに特化した転職サービスです。

リブズキャリアは転職エージェントではありませんが、「キャリアパートナー」というサービスがあり、申し込むことでキャリアの相談や、履歴書の添削、面接対策など、転職エージェントと同様のサービスが受けられますよ。

育児サポートの内容や帰宅時間などこだわりの条件で求人が検索できるので、あなたに合った働き方の企業を見つけやすくなっています。

管理職などハイキャリア向けの求人を多数掲載しており、女性のキャリアアップがしやすい企業が揃っているので、年収400万円以上を希望していたり、今後キャリアアップを目指したい人にとくにおすすめです。

リブズキャリアで無料相談する

幅広い業界、業種から探したいなら:doda


doda

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
求人数多い
サポート力あり

おすすめポイント

  • 求人数が業界トップレベル!
  • 担当者と相性が悪い場合は、web上から変更できるなど、使い勝手がいい
  • キャリアアドバイザーと求人提案の担当者が分かれていて、手厚いサポートが受けられる

女性の転職で不安 まとめ

女性の転職で不安 まとめ


  • 女性の転職は年代ごとに難易度が変わるのでそれに応じた対処が必要
  • 女性の約8割が転職を考えたことがあり、それに伴って不安を抱える人も多く存在する
  • 転職活動のポイントを押えることで、不安を解消したり、転職活動成功の可能性をあげることができる

いかがでしたか?

女性の転職は年代ごとに難易度が変わるので、それに応じた対処や事前の準備が必要です。

また、女性の約7割は転職を考えたことがあり、それに伴って不安を抱える人も多くいらっしゃいます。

もし、今あなたが転職を考えていたり、不安を感じていてもそれは決しておかしなことではありませんよ。

今回ご紹介した転職活動のポイントを実践してみたり、転職エージェントを活用すると不安は解消できますし、転職成功の可能性もあがりますので、ぜひ実践してみてくださいね。

-役立つ転職知識
-,

© 2020 転職index