転職の悩み

【失敗したかなと思う前に】転職でこけないためのミソ

更新日:

転職失敗のサムネ

転職をするにあたって、一番不安になることは「失敗したらどうなるのだろうか」ということだと思います。

転職にあたっての失敗は人によってそれぞれですが、今の仕事よりも環境や給与が悪くなること、そもそも就きたい職業が見つからない、就きたい職業に就けないということでしょう。

この記事では転職活動をする前に確認すべきことや、失敗からのリカバリー方法を紹介していますので、あなたの転職活動の参考にして頂けると嬉しいです。

転職の流れを知っておこう

転職するためのステップ

step
1
求人に応募しよう

まずは、就きたい仕事を探さないといけません。転職求人サイトやスカウトメール、転職エージェントから自分が納得するまで仕事を探しましょう

仕事を探すコツとして、公開している求人だけではなく非公開の求人も探してみましょう。非公開求人の中には大手企業や有名な企業の仕事が転がっていたりします。

step
2
面接

面接に必要なものを確認しておきましょう。

転職の面接の場合は、履歴書だけではなく職務経歴書が必要になってくることもあります。

step
3
円満に会社を退職しよう

円満に会社を退職するためにも、以下のことを覚えておきましょう。

  • 就業規則に書かれている退職届を出す期間を守る
  • 繁忙期を避けておく
  • 現在の業務を引き継ぎできるようマニュアルを作っておく。

失敗する人の特徴

転職で失敗しやすい人とは?

転職になぜ失敗してしまうのか。その原因は共通していることが多いです。

こちらに失敗しやすい人の特徴をいくつか挙げてみました。ここからなぜ人は転職に失敗するのかが分かってきます。

転職してからの目標ややりたいことがない人

今の仕事に不満があったり、将来こうなりたい!という目標があって転職を考える場合が多いですよね。

でも、そういうのがなくて転職しようとするのは辞めておきましょう。

なぜ今の仕事が不満なのかが分からなければ、自分が働きたいという職場が決めにくくなります。

また、転職してからの目標がなければ、仕事が長続きせずにまた転職をしてしまうことになりかねません。

なので、現状の不満と今後会社でやりたいことを考えてから転職をする必要があります

事前に情報収集や対策をしておかなかった人

就きたい仕事が決まって、いざ転職したら自分に合わなかったり、ブラック企業だったり…なんてこともありえます。

就きたい仕事を見つけたら、転職エージェントから話を聞いたり社内見学をしたりして、会社の社風を知っておきましょう

自分の能力を把握できていない人

自分の能力を把握していないまま仕事に就くと業務内容とミスマッチしてしまい、転職して後悔するということもあります。

自分のできる仕事の内容や速度を客観的に把握しておき、仕事と合うかどうかも判断しましょう

転職活動中の失敗談

転職で失敗した人の体験談

転職活動中に失敗してしまった…!と思うことも出てきます。なぜ失敗してしまったのかを考えてみましょう。

今よりも給与や労働時間など待遇のよいところへ転職を決意しました。そして、早速受けた企業から内定をもらったのですが、もっと好条件の求人もあるのではと思い内定を辞退。しかし、結局、自分の希望にぴったりの企業もみつからず、転職活動を長引かせてしまう結果に…。

出典:DODA 転職失敗事例集

内定の辞退はできるだけ避けたいことです。企業側は受け入れの準備や他の応募者を不採用にしてまで内定を出したので、損をすることになります。

そうならないためにも、自分が働きたい仕事を決めておき、その決意がブレないようにしましょう

働きながら転職活動をしています。平日に面接を要望されるのですが、今の仕事が忙しくてなかなか時間がとれません。

出典:DODA 転職失敗事例集

平日しか営業していない企業は多くあり、面接をする場合も平日しか時間が取れません。

こちらも企業に合わせられるように、面接の日には休みを入れるようにスケジュールを調整しましょう

転職後の失敗談

転職後失敗したと思った人の体験談

転職した後になって失敗したなというケースもあります。どうしたら失敗せずに済んだのでしょうか。

退職したのが4カ月前。なかなか転職先が決まらず、ようやく1社から内定が出ました。給与や待遇、福利厚生は前職と同水準だったので、すぐに入社の意志を伝えました。ところが、入社後に分かったのですが、試用期間中は給与が下がるし、月に1度は土日出勤。もう、耐えられません。

出典:DODA 転職失敗事例集

転職する際には給与や待遇以外にも勤務内容・勤務時間・給料の内訳をみておく必要があります。

気になったことがあれば企業に確認を取りましょう。スムーズに聞けるよう質問内容をまとめておくのも大事なことです。

前職の引き継ぎが終わらなかったため、転職後も今の会社の就業時間外に、以前の会社に行って残務整理をしています。自業自得とはいえ、いつまでこのような状態が続くのか…。

出典:DODA 転職失敗事例集

引き継ぎ作業が終わらなかったがための後悔ですね。

転職してから以前の職場でも働いている場合、現在の職場から副業扱いされてしまい、違反行為になってしまい、処分を受けることもあります

転職をする前に、ゆとりを持って引き継ぎができるようスケジュールを組んでおきましょう。

転職に失敗したときのリカバリー

失敗したときのリカバリーは大切

仕事をしてからじゃないと分からないこともあるので、万が一失敗したらどうしたら良いか考えておくのも大切です。

元の会社に戻る

自分が元々働いていた会社に戻ることです。出戻りともいいます。

即戦力として働けるため自分にも企業にも良いですが、周囲の社員からは「なぜ辞めたのに戻ってきたんだ」と反感を買うこともあり、安易な理由では戻らない方が良いでしょう

3年は働いてみる

短期間での転職はかなりのデメリットで、転職活動をするときに企業側は「この人、すぐに転職するのでは」と思います。

なので、3年間転職先で働いてから転職をする選択肢も入れてみてください。しかし、心身に影響が出るほどまで辛いと感じたら直ぐに転職しても良いでしょう

再転職をする

転職した後に再度転職をする方法です。転職してからすぐに転職するのは先ほど話した通り不利になります。

ですが、何故自分がこの会社が嫌なのか分析したり、自分がやりがいを感じる仕事は何か考えたりしてから転職先を決めていくと、また失敗したということを防ぎやすいです

後悔しない仕事先を見つけましょう!

給与アップする方法

給料面はしっかりと交渉しよう

給与アップの方法として交渉があります。

自分で交渉しに行く必要があるので難しいですが、給与は自分の生活や評価にも関わってくるので、できそうならチャレンジしてみましょう。

給与交渉のポイント

・給与交渉は内定前にしておくこと

・業界の水準を調べておくこと

・自分の能力以上の給料を提示すること

また、転職エージェントのサービスに給与交渉の仲介がある場合は、任せてみるのも良いでしょう。

タイミングが大事ということ

転職のタイミングも大事

転職にも良いタイミングがあります。

まず、繁忙期が避けられていること。

繁忙期中に転職活動を行おうとすると、企業側が面接の時間を取れなくなり転職活動が長引くことがあります

そして、中途採用の求人が増える時期であること。

中途採用の求人は、3~4月・9~10月が増えやすいです。求人が増えれば、転職先の選択肢が増えます。

ただし、その分ライバルが増えることにもなります。その点は注意しましょう

転職における年代別のポイント

転職で失敗しないためのポイント

20代の転職ポイント

即戦力になってほしいため、ポテンシャルや仕事への考え方、仕事で身につけたスキルが必要になります。

仕事に対する姿勢と考え方、自分の強みをアピールしましょう。

30代の転職ポイント

この年代から実績と共にマネジメント経験が求められています

マネジメント経験とは、部下やプロジェクトのメンバーをまとめた経験のことです。

30代にはリーダー性や人を管理する能力を求めている企業が多いため、その経験があると有利になるでしょう。

40代の転職ポイント

40代は職務経歴だけではなく、専門的なスキルが大事になります

また20代や30代に比べ、40代は自分のやりたい事よりも自分のスキルを優先させた方が転職しやすいでしょう。

実際に企業からもどのような仕事のスキルがあるか、を重視するので自分のスキルに合った仕事を見つけることをおすすめします。

面接テクニック

転職時の面接ポイント

転職の面接に大事なのは、ズバリ「転職理由」です。

企業は「なぜ以前の仕事を辞めてうちの会社で働きたいのか」というのが知りたいです。

退職理由よりも転職理由を伝えられるように、きちんと事前に考えておきましょう。

転職エージェントを使う

転職エージェントはあなたの強力なサポート

転職エージェントとは、登録をしておくことで転職に関するあれこれを代わりにしてくれるサービスです。転職エージェントが主にしてくれるのは以下のことです。

  • あなたに合った求人の紹介
  • 書類の添削
  • 面接日程の調整
  • 面接対策
  • 給与交渉

これだけサービスをしてくれる転職エージェントが無料で使えます。(一部の転職エージェントは有料)

転職エージェントを使うときの注意点

転職エージェントがなぜ無料で使えるのか。それは、企業との報酬成果型にしているからです。つまり、転職エージェントを通して企業側が人材を取れたら、転職エージェントに報酬が振り込まれるわけです。

そのため、転職エージェントによっては企業側の意向に寄っている場合があります。最終的には自分で決めるという意思を持っておきましょう。

先輩、俺地方に転職したいんですけど、転職エージェントが対応してないっていわれてしまいました…
転職エージェントによっては地方に対応していないこともあるから、地方特化型の転職エージェントを使うのもいいぞ。

失業保険について

失業保険の条件は確認しよう

会社に特定の年数勤めていて、条件を満たすと失業保険が貰えます。

ただし、自分から退職する場合は自己都合の退職となり、保険が出るまでの期間が延びたり、支給される期間が短くなったりします

支給される条件を確認しておくことで、支給されなかった!という事態を防げます。

失業保険についての詳細はこちらをご覧ください

まとめ

転職をして悔いのないワークライフを!

大事なこと

・自分や会社のことを調べてみよう

・失敗してもリカバリーができるようにしよう

何事にも失敗は付き物です。失敗することが悪いことではありませんが、どうしても落ち込んでしまいます。

ですが、失敗は成功の母。失敗しても何がダメだったのか反省し、改善できるよう諦めずにいきましょう!

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.