役立つ転職知識

転職イベント参加は価値ある?舵を切ったアナタor迷っているアナタ

更新日:

転職イベント参加

転職するために情報収集をしたいと思っているけれど、なかなか成果が上がらない。情報収集をしているけれどありふれた情報しか見つからない、なんて状況になっていませんか?

実際に働いている人の声を聞いて転職活動の参考にしたいと思っているのなら、おすすめなのが「転職イベント」です。

転職イベント?知っているよ!という方もいらっしゃると思います。ただ知ってはいても、こういったイベントはなかなか足を運びづらいものですよね。

この記事ではそもそも転職イベントとは?から転職イベントを利用した転職活動のメリット・デメリットなど転職イベントを活用する理由についてご説明したいと思います。

持ち物や服装など事前準備についても触れていますので、この記事を参考にしていただけると嬉しいです。

転職イベントとは

転職イベントとは

転職イベントとは?

転職イベントとは、各都道府県や転職エージェントなどが開催するもので、転職したい人とそれを受け入れたい企業(数十社~数百社)を繋げるイベントです。

転職イベントの特徴としては、

現役の企業の社員と話が直接できる

一緒に講演会なども開催される

参加は無料である

予約が必要ない

などが挙げられます。

転職イベントでは、多くの企業が同じ会場に出展し、転職したい人にビジネス内容や採用などについて直接説明します。

企業ごとに設けられたブースで、応募するかどうかに関係なく、採用の担当者など社員が数人と個別に質問もできます。

企業によっては、求人応募をその場で受付する場合もあるでしょう。

自由に会場内を回れるため、関心のある企業ブースのみ訪れることもできます。

規模の大きな転職イベントであれば、企業ブース以外に、転職に関するさまざまなイベントも実施されます。

例えば、

・転職する際に役に立つ情報セミナー

・著名人の講演会

・個別のキャリアコンサルタントの相談コーナー

・履歴書のための無料の写真の撮影コーナー

といったものがあります。

講演会では各業界の著名人や転職アドバイザーから、面接を受ける際のアドバイス、仕事に対する姿勢、職場のコミュニケーションスキルといった転職に関するノウハウを聞くとこができます。

転職イベントは本当に必要か?

正直に言えば、転職イベントは新卒の就活イベントとは違い、次のような理由から参加する価値は高くないと言えます。

・転職の場合、エージェントに頼んで効率良く無料で転職情報を集めるといった転職活動ができる

・転職活動においては、転職イベントに出展している企業を訪れるよりも、現在どのような仕事の求人があるかの方が大切である

転職イベントで出展企業を訪れるよりも、応募可能な企業の案件を転職エージェントに集めてもらう方が効率が良いからです。

転職イベントをおすすめしたい人

では、どのような人に転職イベントがおすすめかというと、転職の決心がつかないためモチベーションをアップしたい、というような人です。

転職を何となくテレビCMなどで考え始めたというような場合は、確かに転職イベントの参加はハードルが低く、転職に対するモチベーションはアップするでしょう。

しかし、転職イベントのみでは訪問できる企業も少なく、転職先の選択肢をさらに増やした方が良いかと思います。

すでに自分の中で転職したいという考えが強いのであれば、転職エージェントを利用する方が間違いなくおすすめです。

大手の転職エージェントであれば、キャリア相談だけでなく、給料の交渉、面接などの対策までを無料でサービスしています。

転職イベントを利用するよりも、転職エージェントのみを利用する方が、転職活動を効率良くスタートできます。

転職イベントに参加するメリット

転職イベントに参加するメリット

転職イベントに参加すれば、次のような6つのメリットがあります。

企業の多くと一度に面談できる

転職イベントは、さまざまな規模で行われていますが、都内のイベントであれば、数百社が出展することもあります。

これだけの企業の情報を一度に直接把握できるチャンスは、転職イベントだけでしょう。

転職先の情報を多く収集してから絞り込みたい場合は、転職イベントを利用することをおすすめです。

公式サイトでは入手できない情報が聞ける

大抵の場合、企業の公式サイトには、企業側がアピールしたい情報のみが掲載されています。

そのため、自分が把握したい情報が必ず取得できるとは限りません。

しかし、転職イベントの場合は、直接担当者から自分が把握したい情報が聞けます。

スカウトメールが利用できる

転職イベントでは、スカウトメールを登録するコーナーが大抵設けられています。

事前にスカウトメールに登録しておけば、自分が関心のある企業から面談メールが届くようになっています。

このシステムを利用すると、自分に適した企業を企業の多くの中から見つける手間が省略できます。

また、関心がそれほど無かった企業にスカウトされる場合があります。

たとえ関心が無かった企業でも、選択肢が拡大するため面談を受けてみましょう。

例えば、応募先を意識しないでこれまでの経験や実績、関心や能力などで決めていた場合でも、スカウトメールが自分の考えとは異なった企業から届くことによって転職先の選択肢が広がります。

関心がどうしてもない場合は面談を辞退しましょう。

キャリアコンサルタントと相談が個別にできる

一般的にキャリアコンサルタントを利用する場合、人材紹介会社を利用し、スケジュールを決定してから面談するという流れになっています。

しかし転職イベントでは、キャリアコンサルタントが多く従事していて、求人する企業から報酬をもらっているため、無料で直接相談することができるのです。

転職について分からないことや疑問点の回答がその場でもらえることは、大きなメリットではないでしょうか。

一般的に、キャリアコンサルタントは転職エージェントといわれています。

転職エージェントの方が、個別に専門の担当者が応対してくれるため、転職イベントよりもおすすめです。

緊張が面接の時よりも少ない

求人する企業の担当者と話ができる主なチャンスは面接になりますが、緊張感が面接のときにはあります。

しかし、転職イベントの場合は、出展している企業の担当者と気軽に話ができます

本格的に採用することを考慮していないので、面接では質問できないような本音が聞けることもあります。

転職イベントに参加している人の質問が聞ける

ブースによっても違ってきますが、オープンなスタイルの場合は、参加している別の人の質問が聞けます。

基本的に、グループ面接など以外は、参加している別の人の話は聞けません。

別の人の面談がもし聞けるのであれば、ぜひ参考しましょう。

また、自分が質問できるチャンスは、面接の場合は時間が限られています。

また、質問する内容が内定をもらうことを意識するものになります。

しかし、転職イベントであれば、内定をそれほど意識しないで質問することができます。

転職イベントに参加するときは、質問したいことをメモしておきましょう。

別の人が質問していないことを質問すると、より多くの情報を収集することができます。

このように、転職する前に企業の情報を少しでも把握できるのは、転職先の企業を選択する際に非常に役に立ちます。

転職イベントに参加するデメリット

転職イベントに参加するデメリット

転職イベントに参加すれば、先にご紹介したような多くのメリットがありますが、一方、次のような3つのデメリットもあります。

参加者が非常に多い

転職イベントの場合は、参加者が非常に多くなります。

そのため、転職したい人が世の中には非常に多いことにびっくりするでしょう。

ハローワークなどの場合も同じですが、転職を希望している人や失業している人は、10年以上前と比較して間違いなく増えています。

そのため、自分に対して自信が無い場合は、多くの参加者がいることに戸惑ってしまうかもしれません。

しかし、昨今は人手が非常に足りなくなっているので、あまり気にする必要はありません。

各地で多くの転職イベントを行っているのもその証拠です。

つまり、参加者が転職イベントに多いのは、活気が転職市場にあるということになります。

安心して転職したい企業の情報を収集するようにしましょう。

情報が期待しているほど入手できない

転職イベントは多くの参加者がいるので、個人にさける時間が限定されています。

面談を待っている人が他にいるときは、話がゆっくりできる感じはありません。

そのため、質疑応答は限定された時間内になります。

また、出展企業を多く訪問したい場合は、1社だけにあまり時間をかけられないでしょう。

そのため、情報が期待しているほど入手できないことがあります。

情報をしっかりと入手するためには、質問する内容を事前に準備したり、訪問する企業ブースを絞るといいでしょう。

・質問する内容は、優先順位をしっかりと決めておく

・質問する内容はどうしても確認したいことに絞る

・あまり細かく質問する内容をメモし過ぎない


基本的に、転職イベントで出店企業の詳細について把握するのは困難です。

大まかな感じを把握する程度と考え、どうしても把握したい場合は、転職エージェントなどに相談しましょう。

企業がアピールするイメージに惑わされやすい

転職イベントの出展企業は、自社をアピールすることを得意としています。

そのため情報に偏りが起きてしまい、どの出展企業も魅力的に見えるのです。

優れた人材を確保するためいいイメージを与えたいという思いから、出展企業は自社の良いところのみをアピールするのでしょう。

どの出展企業でも良いところと悪いところがありますが、良いところのみをアピールしているので、転職してみれば「こんなはずではなかった」ということになるかもしれません。

これを防ぐためには、関心がある出展企業を訪問して、会社や担当者の雰囲気を感じとるようにしましょう。

そして、質問する内容は社交辞令のようなものでなく、本当に自分が把握したい情報に絞ることが重要です。

出展企業がアピールするイメージに惑わされないように、しっかりと転職したい企業を判断しましょう。

転職イベントで知っておきたい基礎知識

転職イベントで知っておきたい基礎知識

希望の職種・業界が決定していれば、特化型の転職イベントがおすすめ

転職イベントは、業界ごとに実施されますが、転職したい職種・業界がすでに決定している場合は、転職活動が効率よくできるのでおすすめです。

最も転職イベントとして多いのは、規模の大きな全国展開の企業がメインのものです。

規模の大きな転職イベントの場合は、いろいろな業界が出展します。

一方、転職イベントとしては、職種・業界ごとに次のようなものも実施されています。

職種・業界ごとの転職イベントの例としては、

・金融業界

・建設業界

・医療業界

・ファッション業界

・事務

・ITエンジニア

などがあります。

自分が転職したい職種・業種がはっきりしていれば、転職イベントはこれに特化したものに参加しましょう。

女性のための転職イベントでは女性の仕事が見つかる

女性の中には、結婚や育児をしながら仕事をしたい、キャリアをさらにアップしたい、と考えて転職活動をスタートする人もいるでしょう。

女性のための転職イベントであれば、出展企業は積極的に女性を採用するところばかりです。

それぞれの企業で仕事をしている女性社員と直接話をすると、女性がその企業でどのように活躍しているかを詳細に把握できます。

女性のための転職イベントであれば、一般の転職イベントでは聞きにくい、仕事と結婚や育児との両立に関しても質問しやすいでしょう。

当日の持ち物、服装

転職イベント当日の持ち物

転職イベントの当日は、次のような持ち物を準備しましょう。

転職イベントに参加すると、企業の資料(大抵はA4サイズ)をたくさんもらうでしょう。

そのため、A4サイズの書類が多く入るようなバッグを準備しておきましょう。

企業情報や担当者の話をメモするために筆記用具は必要です。

資料の中で興味があったところに印をつけるため、付箋があると便利です。

転職活動がスピーディーに進むように、スケジュール帳を準備して自分の計画が分かるようにしましょう。

主催している企業ブースで、キャリアカウンセリングを受けたり、応募書類を添削してもらったりする場合は、職務経歴書履歴書を準備しておくと具体的にアドバイスを受けることができます。

職務経歴書や履歴書は必ずしも準備する必要はありませんが、転職した企業が決まっているのであれば、採用の担当者に見てもらう場合もあるでしょうから準備しておくと便利です。

転職イベント当日の服装

転職イベントの服装に決まりはありませんが、参加者の多くはスーツを着ています。

セミナー開催のみで、企業の担当者と直接会うことがなければ、スーツを着なくても問題ありません。

出展企業ブースを訪れると、担当者と簡単に面接するような場合も十分想定されます。

社会人として相応しい服装で参加しましょう。

まとめ

転職イベントのまとめ

転職イベントに参加したことがなければ、試しにまずは1度参加してはいかがでしょうか。

転職先の選択肢が増えるかもしれませんし、転職ノウハウや企業情報を得る上で有効です。

転職活動に不安や迷いがある方は、ぜひご活用ください。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.