役立つ転職知識 転職の悩み

【年齢に合った転職活動のコツ】年齢を理由に転職を迷っている人へ

更新日:

【年齢に合った転職活動のコツ】年齢を理由に転職を迷っている人へ

転職したい!でも年齢的にうまくいくかな・・・

みんな、何歳で転職を考え、行動にうつしているのだろう?

転職を成功させるため、今すぐ行動したほうがよいのか、もう少し今の職場で経験を積んだほうがいいのか・・・

そんな悩みを抱えていませんか。

この記事では、「年齢別の転職者数」、「それぞれの年齢に合った転職活動のコツ」、また「女性の年齢転職」についての情報をまとめています。

転職と年齢について興味をお持ちの方、ぜひお読みください。

みんな何歳で転職しているの?

みんな何歳で転職しているの?

実際に、年齢ごとの転職者数の割合は、どのようになっているのでしょうか。

労働力調査の「年齢階級別転職者及び転職者比率」によると下記のようになります。

2017年の総転職者数は:311万人(過去5年で最多)

年齢 転職者数
15-24歳 57万人
25-34歳 79万人
35-44歳 67万人
45-54歳 50万人
55-64歳 42万人
65歳以上 15万人

最も転職者数が多いのは、「25-34歳」の若手層です。しかし、35歳以上の転職者も少なからずいて、「転職をするのは若い人」という概念は、今は消えつつあります。

また、総転職者数が過去5年で最多、というのも、転職市場が活況であることを表しているといえるでしょう。

転職を成功させるカギは、「あなたの年齢に合った転職活動ができるかどうか」ということ

単純に、「若いほうが有利」とか、「何歳を超えると転職は難しい」ということではありません。上のデータが示しているように、現在では、どんな年齢の方でも、転職を成功させている人たちがいるのです。

もちろん、年齢が上がるほど転職のハードルが上がるという事実はあります。しかし、年齢が上がると、「転職が不可能になる」わけではありません。

重要

  • 自分の年齢にあう転職活動をして、転職を成功させること
  • 企業が転職希望者に求めることは年齢によって違ってくる


ここからは、年齢別に転職を成功させるコツについてみていきましょう。

20代の転職成功させるコツ

20代の転職を成功させるコツ

「新卒で入社した新入社員が、3年間で3割辞める」こんなニュースをよく耳にしますね。20代で転職を考えるのは、さまざまな理由があると思います。

  • 今の会社の仕事にやりがいを感じない
  • 仕事が激務で体がもたない
  • 人間関係で悩みを抱え、どうしても仕事が続けられない

ネガティブな思いばかりにフォーカスしてしまうと、前向きな転職をするのは難しくなる

なぜなら、転職先の企業は、「前の会社から逃げるように転職した人」を採用したいわけではないからです。

今の会社で、自分がどのように働いてきたのか、もう一度じっくり振り返ってみましょう。たとえ短い期間であっても、入社時と比べて成長した点、できるようになった事など、見つかるかもしれません。

それを踏まえ、転職先でどのように自分の力を発揮できるか、人に説明できるように準備しましょう。

必要以上に転職回数が増えると、評価されにくくなるのが一般的です。
職種にもよりますが、20代では転職は1回が理想ですね。

そのことを頭に置き、「今本当に転職すべきか」、もう一度考えてみてください。

20代の転職希望者に企業が求めるものとは何か?

最近の転職市場では、20代の若手を積極的に採用する企業が増えています。同業界だけでなく、異業界への転職にもチャレンジしやすいのが、20代の転職といえるでしょう。

では、企業はどのような人材を求めているのでしょうか。

20代はまだ社会経験が浅いため、企業は「今後の成長を見越した採用」をする傾向にあります。30代や40代と異なり、実績で勝る点が少ないのは事実です。そのため、十分な基礎スキルを養ってから、転職活動を行えるとベストでしょう。

20代の転職者に企業が求めるもの

  • 基本的なビジネススキルを持っているか
  • チャレンジ精神や柔軟性を持ち合わせているか
  • 体力はあるか
  • 人柄は誠実か


新卒の学生と異なり、短いとはいえ社会人経験があるのも20代です。これまでのキャリアを活かし、同業界へ転職するのもありですし、前職のキャリアを積極的にアピールして異業界へチャレンジするのもよいでしょう。

30代の転職成功させるコツ

30代の転職を成功させるコツ

「転職は30歳までに」といわれることが多いですよね。しかし、30歳で転職が不可能になるわけではありません。

これは「若さと勢いで転職できるのは、20代まで」といい変えることができるでしょう。

30代の転職を、20代の転職と同じように考えていてはいけません。

30代の転職者に企業が求めるもの

  • 即戦力
  • 前職での実績
  • スキル


30代の転職希望者に企業が求めるのは、「即戦力」です。社会経験をある程度つみ、知識やスキルを得た30代には、転職後すぐに活躍してほしいというのが企業の思いです。

ですから、「前職での実績」と「どんなスキルを身に着けているか」が、もっとも重要になってきます。
もしあなたが十分な実績をアピールできれば、30代での同業界への転職は、20代よりも有利に進めることができるでしょう。

職種によっては、もう数年同じ職場にとどまって、専門性を高めてから転職したほうが、あなたの市場価値が上がることもあります。30代の転職は、じっくりと計画的に行うことをオススメします。

  • 35歳を過ぎてからの転職は、ハードルが一気に上がる
  • 35歳を過ぎると、「マネジメント経験の有無」を問われる


後輩への接し方のノウハウを持っていたり、若手の育成経験があれば、アピールポイントとしてあなたの強みになります。
「攻めの転職」ができるよう、事前準備はしっかり行いましょうね。

30代で転職が成功したら

転職希望先の企業から内定がでて、あなたがそれを受諾した後の、現職の退職交渉も大切です。縁あって社員となった企業です。円満退職を心がけましょう。

あなたが退職の意向を伝えると、引きとめに合うことも考えられます。

「昇給させるから」「希望のポジションにつかせるから」などといった甘い言葉に惑わされないように

「あなたがいなくなったら、この仕事を任せられる人がいない」という言葉にも注意が必要です。たいていの場合、代わりの人は見つかります。業務の引継ぎまで含めて、退職と考えてください。

あなたが退職した後も、会社の仕事がスムーズに進むよう、退職日までのスケジュール管理をしっかりと行いましょう。

40代の転職成功させるコツ

40代の転職を成功させるコツ

40代の転職者に企業が求めるもの

  • 特定の分野の豊富な知識と経験
  • 管理職経験があるかどうか


40代の方に対して企業が求めるのは、「特定の分野の豊富な知識と経験」です。特に、「管理職経験があるかどうか」は転職の成功に大きな影響を与えます。

40代で転職となると、転職理由に「年収アップ」や「やりがい」を求める方が多いでしょう。同業界・異業界、どちらへの転職でも、「管理職経験」は分かりやすく、また評価されやすいポイントです。

まだ管理職経験が浅かったり、まったくないという場合には、現職にてもう少し経験を積んでから、転職を考えることをオススメします。

管理職経験だけでなく、「社内プロジェクトの取りまとめ役をした経験」や、「後輩の教育を担当した経験」などを評価する企業もあります。まずは自信を持ってアピールできるポイントを作りましょう。

また、40代の転職においては、「やりがい」や「年収アップ」という条件を満たす求人が、常にあるわけではありません。タイミングも重要になりますし、希望の仕事が見つかるまで、長い時間がかかることも考えられます。

40代の転職では転職活動が長期化する傾向にあります。離職してからの転職はせず、現職で働きながら、転職エージェントなどを利用して働きながら転職活動を行いましょう。

家族がいる場合は、早い段階での家族への相談も忘れないようにしましょう。

転職は、リスクがゼロではありません。家族の同意も得て、確実に転職を成功させるための準備が大切です。

40代で転職が成功したら

40代の方が転職する場合、転職先は同業界ということが多いでしょう。そのため、転職後にも、どこかで前職の企業と取引することになったり、何かしら関わりを持つこともあるかもしれません。

退職時には「円満退職を意識する」ことが重要

  • 退職交渉の前に、引継ぎ資料の作成を行いましょう。
    現状の業務について分かりやすくまとめ、業務の引継ぎにかかる時間を考えます。
  • 後任者を想定できる場合は、より具体的に引継ぎ内容をまとめ、可能な限り時間をかけて丁寧に引継ぎを行えるとベストです。
  • 後任者がいない場合は、退職時期を検討する必要があるかもしれません。
    新しく後任者を採用する場合は、後任者に必要なスキルを資料にまとめておくと、会社の方で後任者の教育に活用してもらえます。

退職期間はおおむね、1.5ヶ月から3ヶ月を目安にすると、スムーズに引継ぎが行えます。

女性の年齢と転職

女性の年齢と転職

次に、「女性の年齢と転職」についてみていきましょう。

今の転職市場では、まだまだ男性が優遇される環境が残っているとはいえ、一定の基準を満たしていれば女性でも転職を成功させるチャンスはあります。

女性の求職者の方は、年齢により転職に支障がない場合と、大きな支障がある場合がある

もちろん、法的観点でみれば、「労働基準法」の存在により、それら法律の中で、「年齢や性別を理由に採用判断をしてはいけない」という規定があります。

しかし、法律では年齢や性別を理由に採用判断をしてはいけないとなっていても、実質的には、行政はそれを調べることができません。

女性の採用に際して、今後、結婚・出産・育児というライフイベントがスタートする可能性を、企業は無視できません。

女性を採用した場合、想定外の休職や退職もあり得ることを、企業は視野に入れなければならないのです。

女性の転職においてポイントとなる年齢は「29歳」

29歳という年齢は、多くの女性が結婚を意識しはじめる年齢ではないでしょうか。

企業が考える女性求職者像

  • 29歳まで・・・ほぼ問題なく転職活動ができる
  • 30代に入り始める・・・「もしかして、近いうちに結婚するのではないだろうか?」と意識する
  • 既婚者・・・「近いうちに、妊娠の可能性があるのではないか?」と考える

転職サイトなどの、自己応募となる転職方法の場合、企業が応募資格に「性別や年齢」を入れてはいけないことになっているので、応募すらできない、ということはありません。

応募をしても、水面下で性別や年齢で採用を見送られることがあるということを、女性は意識したほうがよい

女性で転職を希望する方は、ご自分の年齢をかんがみて、逆算して転職活動をすることをオススメします。

しかし、女性の転職も、「年齢が上がると不可能になる」わけではありません。今までに見てきたように、あなたの年齢にあった転職活動をすることが重要なのは、男性と変わりません。

ただ、女性の転職においては、年齢によって知らないところで採用を見送られてしまう事実があるのも確かなのです。

女性転職希望者には「転職エージェント」の利用がオススメ

転職エージェントに登録すると、完全無料で転職の相談に乗ってもらえます。また、あなたの希望にあう企業をエージェントが探してくれます。

他にも、書類の書き方をアドバイスしてくれたり、面接練習を行ってくれるなど、手厚いサポートが受けられます。

  • 転職サイトとは異なり「企業が求めている人材」をより具体的に把握することができる
  • 年齢がネックとなっていても、エージェントが粘り強く交渉してくれる可能性がある

的確な情報収集を行うという点でも、転職エージェントの利用は女性だけでなく、男性にもオススメです。

エージェントの力をかり、しっかり準備をすることで、あなたの転職を成功に導くことができるでしょう。

転職と年齢のまとめ

転職と年齢のまとめ

転職を希望するとき、年齢がどのように転職活動に影響を与えるかをみてきました。

「何歳まで」という「リミット」ではなく、どんな「スキル」や「ポテンシャル」があるかを企業がみていると考え、確実に準備をして転職活動を始めることが大切です。

まずは、おおまかな転職活動の計画を立ててみてください。すると、おのずとやらなければならないこと、準備しなければならないことが見えてくるはずです。

転職においては、「それまでの自分を棚卸して、見つめなおすこと」も重要になってきます。

あせらず、丁寧に準備をして、あなたの転職をぜひ成功させてください。

転職おすすめサイト

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』は圧倒的な求人数で、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
転職した人の約8割が利用していたという公式発表も!(※公式発表)
リクナビNEXTにしかない求人もあり、他の転職サイトの併用もできるため、まず転職サイトに登録したい!と思ったらリクナビNEXTをオススメします。

MIIDAS

『MIIDAS』は、インテリジェンスが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトです。
他の転職サイトとの大きな違いは、「自分と類似した人材(学歴、年齢、経験スキル等)の転職実績」「自分が興味のある業界、職種には、どんな人材(学歴、年齢、経験スキル等)がどれくらいの年収で転職できたのか」を検索、閲覧できる点です。

また、MIIDASのオファーは「面接確約」ということも強みです。(一部例外あり)
必要な項目を入力すると適正年収を算出して条件に合致した求人がマッチングされたり、求人企業からのオファーを受けることができます。

キャリコネ

『キャリコネ』は年収・企業口コミサイトとして、多くのビジネスパーソンから支持を得ているサイトです。
「報酬」「働く環境」「やりがい」「出世」「ライバル企業」「残業・休日出勤」「長所・短所」「退職理由」「転職後のギャップ」「女性のキャリア」「経営者について」に加え、年収・給与明細、転職面接に関わる口コミを企業単体、地域、業界からチェックすることができます。

また、口コミだけではなく、転職サービスもあり、情報を精査しながら、求人を探すこともできます。
60秒ほどの無料簡単登録で企業の口コミ、案件情報をくまなくチェックすることができるので、オススメの転職サービスです。

転職おすすめエージェント

マイナビエージェント

『マイナビエージェント』は株式会社マイナビの人材紹介サービスです。
人材紹介サービスを利用しての転職は、求人を閲覧できるだけの転職サイトと異なり、業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられるサービスです。

マイナビエージェントの求人の約80%が非公開求人。キャリアアドバイザーが数多くの求人の中から、あなたにぴったりの求人を提案してくれます。

20~30代に転職サポートに強く、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートをしてくれるので、はじめての転職の方でも不安なく転職活動を進められます。
転職エージェントを利用したいと思ったら、まずは『マイナビエージェント』をオススメします。

マイナビジョブ20's

『マイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)』は、20代に特化した20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントです。
20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートしてくれます。

リクルートエージェント

転職支援実績NO.1!転職支援実績は累計41万1,000名以上(2017年3月期時点)『リクルートエージェント』では、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上取り揃えています。

また、実績豊富なアドバイザー、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに沿った求人を一緒に探してくれます。他には、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しています。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.