転職が2回目でも採用に影響しない!好印象を持たせる2つのポイント

転職が2回目でも採用に影響しない!好印象を持たせる2つのポイント

  • 転職2回目なのだけれどこのまま転職回数が増えると経歴に傷がついてしまうのではないか…?
  • 転職を繰り返していると、良い会社に採用されなくなる?

この記事は以上のような悩みを解決できる記事になっています。

昔と違い生涯を一社で過ごす終身雇用はもはや珍しく、転職することが普通となっている世の中です。

この記事では、2回目の転職を考えている中で、転職への影響やいくつかの気を付けたい点をご紹介します。

「いますぐ2回目の転職におすすめの転職エージェントが知りたい!」という方は、『20代で転職回数が多い人にもおすすめのエージェント3選』をご覧ください!

2回目の転職における20代と30代の採用への影響

2回目の転職における20代と30代の採用への影響

年齢やキャリア、職種、勤めた年数、企業の面接官などによって印象は変わりますが、一般的には伝え方さえ間違えなければ、2回目の転職でもマイナス評価になることはありません

回数を重ねるごとに、「すぐに仕事をやめてしまうのではないか」という印象を与えてしまうかもしれませんが、2回目であれば大きな影響はないと考えてよいでしょう。

企業によっては、幅広い経験値を評価してくれるところもあるかもしれません。転職回数は気にしすぎず、より自分に合った会社を見つけることが大切です。

20代の2回目の転職の場合

20代での2回目の転職面接は、なぜ転職をしたのかという辞めた理由を詳しく聞かれるケースが多いです。

たとえば面接の時に転職理由を「与えられた仕事がつまらなかった」と答えたとしましょう。企業側は

この人はつまらないと感じる仕事を渡してしまうと採用してもすぐに辞めてしまうかも…

とリスクととる場合もあります。このように転職した理由を聞くことによって、企業側はその人がどんなことに重きを置いているのか働く上で何を重要視しているのかを読み取ります。その上で、理由が納得できるものかどうかを判断しています。

30代の2回目の転職の場合

30代での転職は転職理由ではなく、その人が持つ能力やこれまでの実績、そしてマネジメント能力を見られることが多いです。

30代で2回目の転職の場合、会社の在籍歴の長い年下の同僚も必然的にできるためマネジメント能力と実績で組織を引っ張っていける人を面接・採用時に評価する傾向があります。

プレイヤーとして何ができるかよりも組織にどういうメリットを与えられるか、といった内容をしっかりと面接時に伝えるようにしましょう。

転職する人に多く見られる転職理由の傾向4つ

2回目に転職する人に多く見られる転職理由の傾向4つ

転職理由で多いのは、以下の4つです。

よくある転職理由

  1. キャリアアップ
  2. 人間関係への不満
  3. 待遇への不満
  4. 労働時間、拘束時間への不満

近年は、インターネットやSNSで情報が共有できるため、働いている会社の良いところも悪いところもすぐに透けて見えてしまいます。

ブラック企業への世間の風当たりも強くなってきている中で、自分の会社の悪いところが見えやすくなったり、他の会社との比較が容易にできることが、転職したいという心理に大きく関わってきます

一度転職したのちに1社目の方が自分に合っていたという場合、そのギャップに苦しめられ嫌になってしまうケースも多くみられます。

2回目の転職で気をつけるべき2つのポイント

ポイント1: 自分が働き続けることができる条件や時期をしっかりと考える

会社のなにが不満なのかどんな条件であれば続けることができるのかをしっかりと考える必要があります

一番重要視するものはお金なのか、労働時間なのか、それとも人間関係なのかをしっかりと考え抜いたうえで企業選びをしなければいけません。20代で3回目の転職となった場合は、次に転職するときのハードルは上がってしまいます。

  • 全てが自分の理想通りの完璧に整った会社は存在しない
  • 自分の最低限譲れない条件を考慮して転職活動に挑む

ポイント2: 転職活動が長引くことも考慮の上で転職活動の準備をする

1回目の転職活動に比べて、2回目の転職活動は時間がかかる可能性が高いです。会社を辞める前に、転職活動にかかる時間とお金をしっかりと計算しておきましょう。

転職サイトや転職エージェントなどへの登録をしている場合は届いた情報をしっかりとチェックし、自分からも情報を取りに行くことをおすすめします。

3回目以降の転職の採用への影響

年齢にもよって大きく異なりますが、3回目の転職は2回目の転職と比べて印象が悪くなります。転職回数は多ければ多いほど、それなりの理由の説明が求められます

しかし、理由さえ説明ができれば転職は十分可能です。

あまり回数に縛られずに自分のキャリアの最適解を探そう

採用担当の評価が低い転職理由2つとその対策

採用担当の評価が低い2回目の転職理由2つとその対策

転職2回目なら、転職活動に大きな影響はないんですよね?
その通り!ただ、転職回数以外にも影響を及ぼしてしまうことがあるから注意しておこう。

転職2回目であれば、転職活動自体に大きな影響はないということをこれまで記載してきました。ここでは、転職回数以外にも採用に影響を及ぼしてしまうものには何があるかをご紹介します。

低評価の転職理由1: ネガティブな言葉を使う

転職回数よりも重視されるのは、転職した理由です。

ネガティブな理由を話してしまうと、採用担当がすぐに辞めてしまうリスクを感じてしまい、採用が見送られるケースがある

転職理由はなるべくネガティブなことではなく、仕事に対する前向きでポジティブな理由にすることが必要です。

例えば、仕事がつまらないことが離職の原因だった場合は「前職で与えられている仕事よりもレベルの高い仕事ができると感じた」にして、自分の実績とともに示せばよいでしょう。

対策

ネガティブな理由をネガティブなまま伝えるのではなく、ポジティブにいい換えて伝える工夫をしよう

低評価の転職理由2: キャリアや経歴に一貫性がない

これまでのキャリアや経歴に一貫性がない場合、採用担当の心象を悪くしてしまう可能性があります。

これまでの経歴について教えてもらえますか。
人材会社の総合職として2年勤務しましたが、激務が理由で退職しました。そして、次に化粧品メーカーの事務職に1年勤務したのですが、仕事が退屈だったため退職して今に至ります。
(君は一体なにがしたいんだ…。転職の動機がよくわからない…。)

転職の本当の理由だったとしても、採用担当からすれば激務が嫌なのか、仕事が退屈だったのか一貫性がないように映ってしまいます。

対策

事実の範囲内で仕事に一貫性があるようにいい換える

2回目の転職で好印象を持たせる2つのポイント

2回目の転職で好印象を持たせる2つのポイント

採用担当が好印象に思うのは


  • ポジティブな理由で退職した人
  • 採用した後に簡単には辞めないと感じる人

そこで2回目の転職で好印象を持ってもらうために、注意すべき2つのポイントをご提案します。

好印象を持たせるポイント1: 具体的に自信をもって話す

転職する理由を聞かれた際は抽象的な表現ではなく、できるだけ具体的に伝えることが大事です。

「やりたいことではなかった」「そりが合わなかった」などの抽象的な理由を話してしまうと、辞める理由を深く考えていない印象になってしまいます。

好印象を持たせるポイント2: 給与を転職の理由にしない

給与を理由にしてしまうと、もっと給与がいいところがみつかった際に、すぐに退職してしまうリスクがあると採用担当が判断してしまうケースがあります。

なぜこの会社で働きたいのかという志望動機をしっかりと整理し、給与ではなく会社自体を魅力に感じていることを伝えましょう

20代で転職回数が多い人にもおすすめのエージェント3選

20代で2回目でも転職回数が多い人にもおすすめのエージェント3選

おすすめエージェント1: WORKPORT(ワークポート)


ワークポート

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
IT・WEB・ゲーム業界が得意
エンジニア向け
スピード感のある対応

おすすめポイント

  • 総合転職エージェントだが、元IT・WEB業界特化の転職エージェントなので、IT・WEB・ゲーム業界が得意
  • IT・WEB・ゲーム業界の求人取り扱い数が業界トップレベルで、未経験可の案件も多数取り扱いアリ
  • 提案などの対応が早くスピード感を持って転職したい人におすすめ

おすすめエージェント2: JACリクルートメント

品質と給与レンジの高い転職先を見つけるのであれば、JACリクルートメントがおすすめです。これまでの職種の専門性を活かして働きたい場合はおすすめです。

おすすめエージェント3: リクルートエージェント


リクルートエージェント

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
求人数多い
交渉が得意

おすすめポイント

  • 転職支援実績ナンバー1!
  • 求人の80%が非公開求人で20万件以上の取り扱いがあり業界最大級
  • 業界に精通したアドバイザーが強みや適性を把握しキャリアプランを提示してくれる

2回目の転職を成功させるために

2回目の転職を成功させるために

今回のまとめ

  • 仕事や会社に持っている不満点を明確にしよう
  • 転職理由は前向きで具体的な内容にする
  • 転職活動には時間とお金にゆとりを持とう

2回目の転職は大きな悪影響にはなりません

しかし、採用担当への伝え方一つで大きく印象が変わってしまいます。嘘はいけませんが、上手くポジティブにいい換えをして、仕事への一貫した姿勢があることをアピールすることが大切です。

生涯を一社で過ごすこと自体が珍しくなってきているため回数関係なく転職活動を上手く乗り越えてキャリアを積み上げていきましょう。

退職から内定までサポート おすすめ転職エージェント

国内求人数トップレベル!
doda
2人の担当者があなたをバックアップ!国内求人数トップレベルであなたに合った求人が見つかる。
求人数トップレベル
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
各業界に精通したエージェント!
マイナビエージェント
20代が信頼する転職エージェント1位を獲得!(※楽天リサーチ調べ)各業界に精通したプロがあなたをしっかりサポート!
幅広い業界の求人
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
幅広い年齢層から支持!
リクルートエージェント
豊富な求人数で幅広い年齢層をカバー!転職成功者からの評価の高い転職支援実績NO.1の転職エージェント!
求人数トップレベル
全国展開
支援実績No.1
登録無料

相談する

-転職の悩み
-

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.