転職の悩み

不安を捨てて未来を掴め!ニート脱出のための4つの手段

更新日:

教えます!ニートが就職・転職を成功させるために必要なこと

  • 就職先が見つからずずるずるとニートになってしまった、心苦しいが仕事の探し方が分からないし自信もない
  • 自分でもできる仕事を探したい


この記事は以上のような悩みを解決できる記事になっています。

やむを得ずニートになってしまった場合、いざ働こうと思っても働くことに不安があったり、どのように就職活動・転職活動をすればよいのかわからなくなることが多いのではないでしょうか。

この記事では、ニートの人が就職・転職を成功させるために必要なポイントを詳しく解説していきます。

そもそもニートとは働ける能力があるにもかかわらず働く意思がない人

そもそもニートとは

厚生労働省では、ニートを下記のように定義しています。

「総務省が行っている労働力調査における、15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない方」

「非労働力人口」とは、15歳以上で病気や怪我などで働けない人と、働ける能力があるのに働く意思がない人を合わせた人口のことです。

つまり、15歳~34歳までの若者で、「病気や怪我等で働けない人」と「働ける能力があるにもかかわらず働く意思がない人」がニートということです。専業主婦や家事手伝いをしている人はニートには含まれません

「若年無業者」と言われる場合もありますが、こちらは一般的に15歳~39歳までの、求職活動を行っていない人が対象とされています。多少の違いはありますが、この二つはほぼ同じものであると考えることができます。

ニート・フリーター・無職の違い

  • ニート
    働く意思がなく、働いていない人
  • フリーター
    非正規雇用で働く人や、定職についていないが、働く意思がある人
  • 無職
    働く意思はあるが、働いていない人

ニートと混同して使われる言葉にフリーターがあります。アルバイトやパートなどの「非正規雇用で働く人」や「定職についていないが、働く意思はある人」はフリーターと呼ばれ、ニートとは区別されています。

また、ニートと無職の違いですが、どちらも「働いていない」という点では同じですが、大きな違いは、「働く意思があるかどうか」です。働く意思がなければニートで、働く意思がある場合は無職という区別ができます。

じゃぁ、例えば1年間働いたあと2年間働いていなかったという状態を、「2年間ニートだった」と言った場合は、その2年間は働く意思がなかったということになるね。
でも、実際は働く意思の有無に関係なく、働いていない状態のことを「ニート」と表現する人も多いみたいだけどね。

転職失敗でニートになる可能性もある

転職失敗でニートになることもある

退職後の転職活動を失敗してしまったことで、ニートになってしまうケースは多いです。

転職先を決めてから退職すれば、すぐに働くことができるので安心ですが、転職先が決まっていない状態で退職してしまうと、転職活動がうまくいかなかった場合にニートになってしまう可能性があります。

転職活動に時間がかかってしまうと心身ともに疲弊し、少しだけ休もうと思ったのがいつの間にかニートになってしまっていたというケースも多いです。

退職から転職するまでの期間が長いと、職務経歴書の空白期間が目立ってしまう

少し休んだとしても、できるだけ早く転職活動を再開したほうがのちのち自分のためになるということを覚えておく必要があります。

ニートを続ける5つのリスク

ニートを継続すると、以下のようなリスクがあります。

RISK


  • リスク1:家族との仲が悪くなる恐れがある
  • リスク2:生活水準が低下する恐れがある
  • リスク3:社会的な信用がなくなる恐れがある
  • リスク4:結婚するのも難しくなる恐れがある
  • リスク5:就職・転職が不利になってしまう恐れがある

リスク1:家族との仲が悪くなる恐れがある

ニートはその立場上、親や兄弟などから心配されることも多いです。

将来のことを心配して言ってくれていることはわかってはいても、あれこれ言われ続けていると、ついつい反抗的な態度を取ってしまい、トラブルとなるケースもあります。

リスク2:生活水準が低下する恐れがある

仕事をしていないと収入がないため、当然生活水準が下がってしまいます。

たとえ貯金があったとしても、生活費を切り詰めたり、交際費をできるだけ削ったりと、さまざまな工夫をしていないと生活がどんどん苦しくなっていくでしょう。

リスク3:社会的な信用がなくなる恐れがある

どんな理由があっても、「働いていない人」というのは、他人からしてみればあまり印象は良くないでしょう。

社会的な信頼・信用は仕事をしていることが前提ですので、それを得るためには働くことが条件といえます。

リスク4:結婚するのも難しくなる恐れがある

結婚には何かとお金がかかります。

指輪や結婚式の費用、結婚してからの生活費、その他諸々お金が必要です。こうした点から、収入がないと結婚もままならないと言わざるを得ないでしょう。

リスク5:就職・転職が不利になってしまう恐れがある

人事担当者は経歴からさまざまなことを読み取ろうとするため、職歴に空白期間があると目立ってしまいます。

他人には空白の理由はわからないので、「あまり働く意欲がない人なのでは?」とマイナスにとられる可能性も十分あり得ます。

面接でブランクがある理由を聞かれることもあるので、前向きに捉えてもらえるような返答を事前に用意しておくことが大切

空白期間を作らないためには、在職中に転職活動をするのが良いでしょう。転職活動がスムーズにいかなくても無職になってしまうことはないので、焦ることなく転職活動を続けられます。

ニート脱出のための4つの手段

ニート脱出のために知っておくべきこと

手段1:未来の自分のことだけ考える

たとえニートになってしまっても、そのこと自体を悪いことだと思わないこと!

自分なりに理由があってそうなってしまったわけですから、それをいつまでも引きずるのではなく、「自分はこれから何をしたいのか」という未来に目を向けましょう

失敗したことは気にせず「やりたいことをやっている未来の自分」を想像していれば、気持ちも徐々に前向きになってきて、働く意欲も湧いてくるでしょう。

手段2:空白期間の理由を取り繕わない

前職から半年以上の空白期間がある場合は、履歴書にその理由を簡潔に記載しておきましょう。

「マイナスの印象を与えてしまうのでは?」と不安になるあまり、働いていた期間を延ばしてみたり、理由を取り繕ったりするのは逆効果です。入社後に年金記録などで発覚することもあります。

中途採用の多くは、スキルや意欲を重視して書類選考を行っているので、経歴に空白期間があったとしても、必要以上に職歴欄の内容を気にする必要はありません。

職歴の空白期間は事実だけを簡潔に記載し、自己PR欄などで前向きに働く意欲を伝えることが大切です。

手段3:ニートの就職を支援する機関を利用してみる

ニートを脱出したいと考えている人も多いかと思いますが、自分一人でニートからの就職を成功させるのは簡単ではありません。そんな時は、専門機関の助けを借りるという方法がおすすめです。

ニートの支援機関1:ハローワーク

就職を支援してくれる機関として有名なのは、ハローワークです。

  • 仕事の紹介
  • 求職活動の具体的なやり方
  • 履歴書の書き方
主に上記を相談することができます。また、失業保険や雇用保険の手続きなども受け付けています。

ハローワークに求職者登録をすれば、ニートの定義から外れるため、ひとまずニートから脱出できる!

「とにかくニートをやめたい」という人は、まずハローワークに登録してみるのが良いでしょう。

ニートの支援機関2:サポステ[地域若者サポートステーション]

サポステ[地域若者サポートステーション]は、通称「サポステ」と呼ばれる厚生労働省の委託機関です。

働くことや就活に悩みを抱えている若者(15歳~39歳)に対し、キャリアコンサルタントが相談を受け、協力企業での就業体験やコミュニケーション訓練など、就労に向けた総合的な支援を行っています。

誰もが利用できるように、全ての都道府県に必ず設置しています。

ニートの支援機関3:ジョブカフェ

ジョブカフェは、都道府県が主体的に設置している、若者の就職支援を行う施設です。正式名称は「若年者のためのワンストップサービスセンター」と言います。

就業に関する相談や就職セミナーのほかに、職場体験や職業紹介をしており、サポステ以上に実践的な支援を受けられます

現在は46都道府県に設置されており、東京は「東京しごとセンター」、埼玉は「ヤングキャリアセンター」など、地域によって施設の名称や支援対象年齢などはさまざまです。

手段4:未経験でも働きやすい仕事を探してみる

ニートからの就職・転職となると、未経験者でも働きやすい仕事に就きたいと考える人も多いかと思います。以下のような職種が未経験者でも働きやすい仕事だといえます。

未経験でも働きやすい仕事1:物流・倉庫

最近ではインターネット通販が盛んになっていることもあり、物流・倉庫関係の業種は物流拠点を増やしたり、配送スタッフを増員する傾向にあります。そのため、経験者・未経験者を問わず幅広く募集する企業が増えているようです。

未経験でも働きやすい仕事2:小売店の販売職

アパレルショップや飲食店のスタッフなどが含まれる職種です。

接客業は人が相手の仕事であるため、人物重視で採用する企業が多く、たとえ未経験者でも、コミュニケーション能力がある人や、人に喜んでもらいたいという熱意を持っている人などに来てもらいたいと企業は期待しているようです。

店長クラスでも、未経験者歓迎で募集していることもよくあるのがこの業界の特徴です。

未経験でも働きやすい仕事3:事務職

事務の仕事は未経験からでも始めやすい仕事です。

事務経験○年以上という条件を設けているものもありますが、ほとんどは未経験OKなので、初心者でも挑戦しやすい仕事です。

事務の仕事は職場によって違いがあるので、自分がどのような働き方をしたいのかを考えて、その希望が叶えられる職場を選ぶことが大切です。

未経験者は簡単な仕事から任されることが多く、育てる環境が整っている職場もあるので、そうした職場を選べば安心して働けます。

ニートから就職・転職を成功させた人の口コミ

ネット上ではニートから見事に脱出し、就職・転職を成功させた人の口コミがたくさんあります。そうした声を見ていくと、このような意見も多くあります。

思ったよりスムーズに仕事が見つかった!
スキルや経験がいらない仕事がたくさんあったので驚いた。

結局は行動を起こさなければ成功もないということですが、就職・転職を成功させた人の多くに共通するのが「転職サイトを利用した」ということ

一人での転職活動は難しくても、プロのコンサルタントのサポートを受けながらであれば、自分に合った仕事も見つけやすくなります。

ニートにおすすめの転職サイト3選

ニートにおすすめ転職サイト1:JAIC

JAIC(ジェイック)はニート・フリーター向けの就職サポート業者の最大手で、わずか0.002%の「職業優良事業者」として厚生労働省に認定されています。

ジェイックは研修の充実ぶりが最大の魅力

ただ仕事を紹介するだけでなく、入社後に必要なビジネスマナーや社会人として必要なスキルを、就職活動と並行してしっかりと教えてくれます。

また、就職後1年間は担当者がアフターフォローしてくれるので、入社した後も安心して働くことができます。

ニートにおすすめ転職サイト2:ハタラクティブ

ハタラクティブ 20代の転職支援に特化したエージェントです。29歳までなら職歴がなくてもOKです。未経験OKの企業も多数扱っており、正社員就職成功率・書類審査通過率は業界でもトップクラスを誇っています。

一般の求人サイトには出ていない、独自の求人が揃っていることが特徴

JAICが営業職に強いのに対し、 ハタラクティブはあらゆる業種・職種の求人を集めています。担当者が企業に直接足を運んで適切な求人を探してくれるので、信頼性できるエージェントとして人気を集めています。

ニートにおすすめ転職サイト3:DYM就職

DYM就職内定率が業界トップを誇る、確かな実績のある転職サイトです。

大手優良企業の求人が多いことが特徴で、書類選考なしで面接までセッティングしてもらえるところが人気

自分に向いている仕事がわからなくても、カウンセリングをした上でぴったりの企業をマッチングしてくれるので、安心して任せられます。

まとめ

ニートの転職まとめ

ニートだった人がいざ働こうと思っても、一人ではなかなかうまくいかないことも多いでしょう。そんな場合は、転職エージェントやハローワークなど、いろいろな支援が受けられる機関を利用することをおすすめします。

自分を客観的に見てくれる人によるアドバイスがあれば、スムーズに転職できる可能性がグッと上がります。転職活動について悩んでいる人、ブランクがある人などは、そうした支援機関をぜひ活用してみましょう。

退職から内定までサポート おすすめ転職エージェント

国内求人数トップレベル!
doda
2人の担当者があなたをバックアップ!国内求人数トップレベルであなたに合った求人が見つかる。
求人数トップレベル
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
各業界に精通したエージェント!
マイナビエージェント
20代が信頼する転職エージェント1位を獲得!(※楽天リサーチ調べ)各業界に精通したプロがあなたをしっかりサポート!
幅広い業界の求人
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
幅広い年齢層から支持!
リクルートエージェント
豊富な求人数で幅広い年齢層をカバー!転職成功者からの評価の高い転職支援実績NO.1の転職エージェント!
求人数トップレベル
全国展開
支援実績No.1
登録無料

相談する

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.