転職の悩み

ブラック企業から転職したい!ブラック企業の4つの見分け方と辞め方

投稿日:

ブラック企業からの転職

ブラック企業で働く生活から、少しでも抜け出したい気持ちはありませんか?

朝早くから夜遅くまで働き、残業代も出ず、プライベートも削られてしまう生活は、体も心も持ちません。

そこで今回はブラック企業から転職をするために、ブラック企業の見分け方や辞め方についてまとめました。

今の会社がブラック企業なのか知りたい人、これ以上ブラックな会社に転職したくない人スムーズに退職したい人はぜひ読んでみてくださいね。

ブラック企業の特徴とは?

ブラック企業の特徴

長時間労働・休日出勤が当たり前

ブラック企業で働いていると、長時間労働や休日出勤が当たり前の空気の中で働くことになります。

家に帰ると寝るだけ、休日も残りの仕事をしなければいけないという生活を強いられることも多いようです。

ホワイト企業の場合


ホワイト企業に勤めていれば、仕事を定時で切り上げて、家族や友人、恋人と有意義なアフターファイブを過ごすこともできます。

サービス残業で生活もカツカツ

ブラック企業ではサービス残業が当然のように行われていて、残業代が出ないという会社も多いようです。

薄給のまま働き続けることになるので、生活は苦しいままで改善することはないでしょう。

ホワイト企業の場合


働いた分だけ残業代がもらえますので、給与もアップし、生活にも余裕が出てきます。

上司の命令は絶対でスキルアップが難しい

社内でパワハラやセクハラ、いじめが横行している場合も多く、上司の命令は絶対です。

上の言う通りに働かなければいけないので、スキルアップが難しく、自分の成長はおろか、転職先でも使えるようなスキルを身につけることも難しくなってしまうでしょう。

また、人員不足でほかの社員のフォローまで行っている場合には、自分の仕事以外に人の仕事もしなければならず、ひとりへの負担はさらに大きくなってしまいます。

そんな状況では、キャリアアップやスキルアップという前に、目の前の仕事を終わらせるだけで精一杯です。

ホワイト企業の場合


ほかの企業へ転職しても活かせるようなスキルアップをするための場や、研修なども受けられる可能性があります。

このようにブラック企業では、労働時間の長さや、賃金の問題、そして人間関係や社内での課題などが山積しています。

こういった環境で働いていると、仕事だけではなくプライベートにまで影響が出てしまう可能性が高いので、多方面からストレスを受けてしまうことになりかねません。

ブラック企業から抜け出して、ホワイト企業へ転職するには、ブラック企業かどうかの見極めが重要です。

次の項目から詳しくみていきましょう。

再びブラック企業に転職しないための知っておきたい情報

ブラック企業に転職しないために知っておきたい情報

残業時間の長い業界を知る

働きがい研究所 by VORKERSによる「約6万8000件の社員クチコミから分析した“残業時間”に関するレポート」によると、残業時間の長い業界は次のようなランキングになります。

1位 コンサルティング、シンクタンク(83.5時間)

2位 広告代理店、PR、SP、デザイン(78.6時間)

3位 建築、土木、設計、設備工事(70.8時間)

4位 放送、出版、新聞、映像、音響(66.1時間)

5位 不動産関連、住宅(64.8時間)

参考 :働きがい研究所 by VORKERS

もちろん優良企業もありますが、中には残業代の支払いが行われていないようなブラック企業もあるでしょう。

もし転職理由が残業時間の長さだった場合に、同業種を転職先に選んだら同じような待遇だった…という、可能性はあります。

もしこのような業界・業種に転職したい場合には、残業時間やその待遇について、会社情報や募集要項を気をつけて見ていく必要があります。

一般的な休日や給与の水準を知っておく

残業時間以外にも、世間一般の休日や給与の水準を知っておくことで、募集要項を見ただけでブラック企業かどうかを見分けられる基準が自分の中でできあがります。

業種別の平均年間休日は、以下のように95〜120日ほどと開きがありますので業種によって確認しておくとよいでしょう。

業種 平均年間休日
金融業、保険業 120.6日
教育、学習支援 112.8日
不動産業、物品賃貸業 108.5日
運輸業、郵便業 98.0日
宿泊業、飲食サービス業 95.7日

参考 :厚生労働省「就労条件総合調査結果の概要」より

また、業種別の平均年収額についても開きがありますので、水準を知っておくと安心です。

業種 平均年収額
金融業、保険業 6,259,000円
教育、学習支援 5,027,000円
不動産業、物品賃貸業 4,414,000円
運輸業、郵便業 4,226,000円
宿泊業、飲食サービス業 2,343,000円

参考 :国税庁「平成28年分民間給与実態調査より

ブラック企業の募集要項でみておきたい4つのポイント

ブラック企業を見分ける4つのポイント

(1)仕事内容がイメージできるものか?

求人サイトやエージェントからの紹介の記事に必ず記載されているのが、「仕事内容」です。

募集されている仕事はどのような仕事をするのかといった内容を記載するものですが、読んでみてイメージができないものは避けた方がよいでしょう。

ブラック企業はあなたが「できるかも!」と応募してくれるように、ハードルを下げて記載していることもあるので慎重に選ぶ必要があります。

具体的には「未経験歓迎」のように聞こえの良い言葉や「既存のお客様を訪問するルート営業」といった具体的に仕事内容をイメージできないものについては、注意が必要です。

(2)雇用形態と期間は希望通りか?

雇用形態には種類があり、求人募集がかけられているものすべてが「正社員」の募集というわけではありません。

  • 正社員(期間の定めがない無期雇用)
  • 正社員(期間の定めがある有期雇用)
  • 契約社員、嘱託社員
  • アルバイト、パート

と大きく分けて4種類ありますので、どの形態に当たるのかをきちんと確認しておくとよいでしょう。

企業の中には採用したあとの試用期間中は契約社員の扱いをする場合もありますので、その場合にはいつからいつまでが契約社員なのかということまで確認するのをおすすめします。

ズルズルと契約更新を引き伸ばさないように、注意が必要です。

(3)手当が多いのも要注意

「役職手当」「家族手当」など手当があると、お給料プラスアルファの給与がもらえるのでよい印象を感じられるかもしれませんが、これも注意が必要です。

たとえば「育児休暇」や「介護休暇」などが用意されていても、該当者がおらず適用されていないケースでも、会社のアピールとして掲載されている場合があります。

また特に注意したいのは、基本給をおさえて手当をプラスすることで給与を支払っている場合です。

残業代やボーナスの計算をするときには、手当を含まずに計算する場合があるので、もらえる金額が少なくなってしまいます。

たとえば20万円の月給をもらっている人が、基本給2ヶ月分のボーナスをもらったとしましょう。

基本給20万円の人のボーナスは「20万円×2ヶ月=40万円」となりますが、「基本給10万円+役職手当5万円+家族手当5万円」で月給20万円の人のボーナスは、「基本給10万円×2ヶ月=20万円」になってしまうのです。

基本給2ヶ月分のボーナスをもらった場合

基本給20万円
基本給20万円×2ヶ月=ボーナス40万円
基本給10万円+役職手当5万円+家族手当5万円 合計20万
基本給10万円×2ヶ月=ボーナス20万円

このように手当が多いからといって、内訳がどうなっているかによっては年収や賞与に大きな差がついてしまうので、よく注意しておく必要があります。

(4)好条件の裏にある理由を探る

たいてい、好条件の裏には何か理由があります。

たとえば「入社祝い金支給」という入社するとボーナスをもらえる場合がありますが、これはその業種や仕事がハードだったり、離職率が高い、人気がないなどで人員確保が難しい場合に適用されるからです。

このようになぜ好条件で出されているのか、理由を探ることもブラック企業に再び舞い戻らないための方法だといえます。

ブラック企業求人でよく見かけるこのフレーズに要注意!

このフレーズに注意-ブラック企業

ブラック企業の求人では、募集要項の条件のほかにも「ブラック企業かもしれない」と疑ったほうがいいフレーズがあります。

「働きたい」と思わせるような素敵なフレーズもありますが、以下のようなフレーズを見つけたら、一度立ち止まって裏の意味を考えてみましょう。

一部残業代として含む

残業代をしっかりと配慮してくれるように見えるフレーズですが、基本給が残業代に含まれている場合や、残業が当たり前のように行われている場合が考えられます。

また、残業代をおさえたいという会社の意図も読み取れます。

アットホームな雰囲気の会社です

中小企業や、小さなオフィスで使われることの多いフレーズです。

アットホーム以外にも、「和気あいあい」「仲がいい」などの形で表現されることもあります。

本当にいい雰囲気の場合もありますが、パワハラやセクハラなどが黙認されている場合や、馴れ合いの人間関係を表している場合もあるので、どうしても気にする求人の場合には会社見学をさせてもらい、自分の目で確かめるとよいでしょう。

積極採用!

「私でも受かりそう」と応募したくなるような気持ちにさせてくれるフレーズです。しかしこの場合はスキルのある人よりも、まずは人材確保をしたい場合に使われます。

POINT

「大量採用!」と謳われることもありますが、裏返せば離職者も多い職場ということになりますので注意が必要です。

自主性を尊重します

「自主性=自分の思い通りできて、スキルを発揮できそう!」と思いがちですが、この場合は入社してノルマや大きな仕事を任せられる場合が考えられます。

また社内に人を育成できる余裕や制度、風土がない場合がありますので、本当に自分の力で一から仕事を開拓していくような気持ちで取り組まなければいけない可能性もあるでしょう。

ブラック企業か不安に思ったら確認する方法

転職するときにその企業がブラック企業なのか、不安に感じたら応募をしているルート別に、疑問点を確認しておくことが大切です。

ブラック企業だとわかった時点で、早めに選考を辞退することで、ブラック企業に転職するのを防ぎます。

POINT

あなたが応募しているルート別に、適切な問い合わせ方法を選びましょう。

転職サイト・ハローワークを利用したら自分で確認する

転職サイトやハローワークを利用したときには、自分で確認することになります。

選考が進んだときに不利にならないように、言い回しや問い合わせ方法に工夫をしていきましょう。

転職サイトではお問い合わせやメールフォームから、ある程度匿名性を守ったまま問い合わせることができるのでその特性をうまく利用するとよいです。

求人情報の連絡先の電話番号に直接電話して聞くこともできますので、そのときの対応を判断材料にしてもよいでしょう。SNSや口コミサイトを利用して、ネット上で情報収集することもできます。

それでも情報に確信が持てず、不安に感じたら面接に行くのも一つの手です。直接会社に足を運ぶのは時間やお金もかかりますが、自分の目で判断することができるので、1番確実な方法だともいえます。

転職エージェントはエージェント通しで確認する

転職エージェントを利用している場合には、企業とあなたの間にエージェントが入ってくれますので、企業情報だけでなく、エージェントの客観的な第三者の意見も聞くことができます。

わざわざブラック企業に斡旋したいという人も少ないでしょうから、味方になってくれるように、不安なことは相談しておくのがオススメです。

それでもわからない場合には、面接の場で自分の目で直接確認するのがいいでしょう。

転職するためのブラック企業のスムーズな辞め方

ブラック企業からスムーズに退職する

転職するための準備も大切ですが、ブラック企業からスムーズに辞める方法もおさえておく必要があります。

引き止められたり、退職を拒否されたり、まして上司を怒らせてスムーズに退職できなくなることも考えられます。

その11ヶ月以上前に退職意思を伝える

法律上では2週間前に退職の意思を伝えていれば、辞められることになっていますが、ブラック企業では通常よりも長い期間をとっておいた方が安心です。

注意ポイント

「来週また話そう」「今度話しを聞くから」とうやむやにされてしまうこともあるので、心配な方は2ヶ月以上前に伝えておいてもよいかもしれません。

上司と話が中断しないよう2人で話せる場を用意してもらい、「仕事がきつい」というネガティブな内容よりも、「やりたいことがある」「勉強したい」などのポジティブな退職理由を伝えることで、応援してもらえるような環境を作るのがおすすめです。

万が一退職を拒否された場合には、法律上では「退職届」を「配達証明付き内容証明郵便」で送ることで退職することが可能となります。

この内容証明は配達証明がつけられているので、会社が「届いていない」とウソの主張ができなくなるものです。

1ヶ月から2週間前に「退職届」を届けることができれば、退職届の日程で退職することができます。

また「退職するならその損失分を賠償請求するぞ」と脅されることもあるようですが、法律上はその請求は認められないので、心配しなくても大丈夫です。

ただし「研修費の返還」が認められたというケースもありますので、心配な場合は、弁護士や専門家に相談してアドバイスをもらってください。

その2退職時期の相談

退職を了承してもらえたら、退職時期の相談をしていきます。

ブラック企業では退職時期を予定よりも伸ばされたり、有給消化をさせてもらえないこともありますので、当然の権利ではありますが取得できるようにうまく動いていきましょう。

またお世話になった方への挨拶回り、引き継ぎなど、後任の方に迷惑がかからないように計画的に動いていくことが必要です。

その3退職後に転職しない場合は失業保険・健康保険・年金の手続き申請

退職後に転職をする場合には、その転職先の企業に書類を一式提出すれば、さまざまな手続きは完了します。
しかし、すぐに転職しない場合には「失業保険・年金・社会保険の手続き申請」をしておきましょう。

失業保険の手続き

「失業保険」は、2年以上雇用保険に加入していたことと、求職活動をしているなどの条件に当てはまる場合に受給することができる国の制度です。

地域のハローワークで申請することができますので、詳しくは問い合わせてみましょう。

健康保険の手続き

「健康保険」は保険に加入していないと、病院での医療費が全額負担になってしまいますので、必ず申請するようにしましょう。

扶養してくれる家族がいる場合には扶養に入り、扶養してもらえない場合には会社の健康保険の「任意継続」をするか、自治体の窓口で手続きできる「国民健康保険」への加入を選択します。

年金の手続き

「年金」は未納期間が発生してしまい、将来受給できる年金が減ってしまうことがありますので、退職後14日以内に自治体の窓口に行き、手続きを行うようにしましょう。

これらに必要な書類は、退職後に会社から送ってもらわなければいけません。なかなか届かない場合には自分から催促の連絡をするようにして、確実に書類を手元に送ってもらうようにしましょう。

その4退職後は未払いの残業代を請求する

ブラック企業をスムーズに辞めることができたら、退職後に未払いの残業代を請求することができます。

残業代を取り戻すには自分で直接請求する方法と、弁護士に依頼する方法がありますが、自分で行う場合には1円も取り戻せない場合もありますので、法律のプロである弁護士に依頼するのがおすすめです。

タイムカードや日報など勤怠管理をしていた証拠が必要になりますので、在勤中からできる限り記録を集めておきましょう。2年の時効を過ぎると請求ができなくなりますのでご注意ください。

ブラック企業をうまく見極め、ホワイト企業で理想の働き方を実現しよう

ブラック企業を脱出してホワイト企業で働こう!

今回のまとめ

ブラック企業の特徴

  • 長時間労働・休日出勤が当たり前
  • サービス残業で生活もカツカツ
  • 上司の命令は絶対でスキルアップが難しい

再びブラック企業に転職しないための知っておきたい情報

  • 残業時間の長い業界や、一般的な休日や給与の水準を知っておく

ブラック企業の募集要項でみておきたい4つのポイント

  1. 仕事内容がイメージできるか
  2. 雇用形態と期間は希望通りか
  3. 手当が多いものは注意
  4. 好条件の裏にある理由を探る

ブラック企業の見分け方やチェックポイントと、スムーズな辞め方についてご紹介しました。

求人情報にはブラック企業かどうかわからないように、情報を隠しながら掲載していますが、さまざまなチェックポイントから確認してみると見極める方法はあるものです。

ブラック企業からスムーズに転職して、残業代や長時間労働を気にしなくてすむホワイト企業で、あなたの理想の仕事や働き方を実現していきましょう!

転職おすすめエージェント

マイナビエージェント

『マイナビエージェント』は株式会社マイナビの人材紹介サービスです。
人材紹介サービスを利用しての転職は、求人を閲覧できるだけの転職サイトと異なり、業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられるサービスです。

マイナビエージェントの求人の約80%が非公開求人。キャリアアドバイザーが数多くの求人の中から、あなたにぴったりの求人を提案してくれます。

20~30代に転職サポートに強く、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートをしてくれるので、はじめての転職の方でも不安なく転職活動を進められます。
転職エージェントを利用したいと思ったら、まずは『マイナビエージェント』をオススメします。

マイナビジョブ20's

『マイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)』は、20代に特化した20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントです。
20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートしてくれます。

リクルートエージェント

転職支援実績NO.1!転職支援実績は累計41万1,000名以上(2017年3月期時点)『リクルートエージェント』では、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上取り揃えています。

また、実績豊富なアドバイザー、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに沿った求人を一緒に探してくれます。他には、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しています。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.