役立つ転職知識

年収交渉で注意すべきNG行動3つと転職で年収アップを目指す方法2つ

年収交渉で注意すべきNG行動3つと転職で年収アップを目指す方法2つ

  • 年収交渉をしたいけれど自信がない、うまくやるポイントが知りたい
  • 年収をアップさせたいが年収交渉をしてもいいんだろうか


と悩んでいる方の不安を解決できる記事になっています。

年収をアップさせるために転職時に交渉することは有効ですが、一歩間違えると不利になってしまうこともあります。
この記事では、上記のような悩みや不安を解消するために、年収交渉を成功させるために大切なポイントや、年収交渉をするときに注意したいことやNGな内容について説明していきます。

転職で年収をアップさせる2つの方法と交渉のリスク

転職で年収をアップさせる2つの方法と交渉のリスク

年収をアップさせる2つの方法

  1. 今の会社内で実績を出して評価される方法
  2. より年収の高い会社に転職する方法

前者の場合はわざわざ転職活動する必要がなく、環境を変えずに年収をアップさせられるというメリットがありますが、大幅に年収をアップさせることは難しかったりします。

ほとんどの場合、仮に年収がアップしても10万〜20万円程度、という会社がほとんだと思います。一方で転職する場合は、50万円〜100万円など、一気に年収をアップさせることが可能な場合もあります。

転職によって年収をアップさせることは簡単ではありませんが、決して非現実的なことではなく、年収を大幅にアップさせるための有効な方法のひとつといえます。

以下のリンク先のデータは、転職前と転職後1年目の年収の増減状況の調査結果をまとめたものです。

年収交渉で不採用になってしまうリスクもある

自分の市場価値をしっかりと把握しないまま、むやみに年収交渉をしたりするのは危険です。

交渉の仕方を間違ってしまうと、一気に評価が下がってしまい、年収アップはおろか結果的に不採用になってしまうリスクもある

また大幅に年収がアップするということは、それだけ自分に対しての期待値が高いということの表れでもあり、そのぶん結果を出すことが求められるので、これまで以上に感じるプレッシャーも大きくなります。

転職することで年収が下がってしまうケースもある

キャリアチェンジして未経験の職種にチャレンジする場合は、転職で年収をアップさせるのはほぼ不可能と思っておいた方が良いでしょう。

今までのスキルや結果が直接活かせる仕事ではなくなるので、むしろ年収は下がってしまう可能性が高いです。

もちろん、一部エンジニア職のように、人手が足りていない求人倍率の高い職種であれば、未経験から転職しても年収がアップしたりすることもありますが、基本的には稀なケースです。

年収をアップさせるには


これまでの経験が活かせる同じ職種や同じ業界に転職しなければ難しい

転職で年収交渉を成功させる大切なポイント3つ

転職で年収交渉を成功させる大切なポイント3つ

年収交渉はやり方間違えると不採用にもなりますよね…でも、自分自身で年収交渉するときはどうしたらいいのですか?
とてもセンシティブな問題だから、しっかりと準備や対策をした上で交渉に臨むことが大切だ。

そのための3つのポイントを紹介するから覚えておこう!

交渉ごとがあまり得意じゃない人はどうしたらいいですか?
そんなときは、転職エージェントを利用して年収を交渉する方が、角が立たずに安全だ!

転職エージェントの担当者は、仕事としてこれまでに何件もそういった交渉を担当してきているから、より多く年収をアップさせてくれる可能性も高いぞ。

ポイント1: まずは自分の市場価値をしっかりと把握する

年収交渉を成功させるためには前提として、相手を納得させられる提案をすることが必要です。

自分の市場価値をしっかりと把握する


前職の職場の評価が低いのを知らないまま長い期間損をしてしまう人も実は多いと言われています。

そのような場合は、単純に職場を変えるだけで大幅に年収がアップすることもあります。

どうやったら自分の市場価値がわかりますか?
自分の市場価値を把握する方法を3つ、これから紹介します。

自分の市場価値を把握する方法1: 転職サイトで求人をチェック

一番簡単な方法は、自分のスキルや経験でどんな求人に応募できるのか、転職サイトを使い、募集要項などをチェックしてみることです。

大抵の場合、必須スキルと歓迎スキルに分けて採用条件が記載されていると思いますが、両方のスキルや経験を持っていれば、より高待遇で採用される可能性が高くなります

自分の市場価値を把握する方法1: ミイダスなどのアプリの利用

ミイダス の場合、特に入力する必要がなく、項目を選択して自分のスキルなどを登録していくだけで、自分に最適な求人が紹介される仕組みになっています。

また紹介された求人には応募書類を提出する必要がなく、そのまますぐに面接に進むことができます

自分の市場価値を把握する方法3: 転職エージェントの利用

転職サイトよりも、より詳細に自分の市場価値を把握したい場合は、転職エージェントを利用しましょう。

一人担当者がついてスキルや経験をもとに、自分の市場価値に合った最適な求人を紹介してくれます

ポイント2: タイミングに注意する

年収交渉を伝えるタイミングに注意する

内定して給料が決定した後に交渉しても、そこから金額を変更することは難しいと言われており、内定がほぼ確定したものの、まだ給料の交渉をしていないタイミングや最終面接の前などに伝えるのがいい、という意見があります。

ポイント3 : 伝え方を工夫する

当然ですが、それまでどんなにいいやり取りをしていても、年収交渉の話になった途端「この金額をもらえないと御社には転職しません」とあまりにもストレートに伝えてしまうと印象が悪くなってしまう

会社の文化や仕事のやりがいについてなど、年収以外の部分の魅力も絡めながらアピールしましょう。

他の会社からも内定をもらっている場合

年収交渉の話をする前に「他の会社さんからも内定をもらっているのですが、御社に一番興味を持っています」など、さりげなくアピールしておくのもひとつです。

そうすることで他の会社を選ばないよう、頑張って年収をあげてくれる可能性があります。

年収交渉のタイミングでこういった状況を伝えると印象が悪くなってしまいますが、関係ない別の話の時に前もってしておけば、相手に嫌な印象を与えることなくアピールできます。

交渉するときの上級テクニック

相手に提示された最初の金額に本当は満足していても、そこで納得していることを伝えずに、あえてそこから粘って交渉してみることも大切

相手は最初からマックスの金額を提示するわけではなく、できるだけコストを抑えたいのが本音なので、粘ればもう一段階、年収をアップしてもらえる可能性があります。

こういった交渉は空気を見ながら行う必要があり、相手がそこまで前向きでない状況で粘ると、かえって逆効果になるので注意してください。

転職の年収交渉でやってはいけない3つのNG行動

転職の年収交渉でやってはいけない3つのNG

大切なポイントだけではなく、年収交渉をする際にやってはいけないNGなことについても確認しておきましょう。

年収交渉のNG行動1: いきなり給料の話をする

面接の最後などに「何か質問はありますか?」と聞かれることが多いですが、ここでいきなり給料の質問をするのは避けるようにしましょう

もちろん働く上で大切なことの一つですが、人によってはマイナスに捉えてしまう人もいる

まずは仕事内容や働くときの環境について質問してから、できるだけ自然な流れで年収の質問に移るようにしましょう。

年収交渉のNG行動2: メールで交渉する

言い出しにくいことですが、メールで交渉するのもNGと言われています。

面接の場でしっかりとお互いの顔を見ながら交渉しましょう。

年収交渉のNG行動3: 前職の年収を多めに申告する

前職の年収をごまかしたり、確認しないまま多めに申告したりしないように注意しましょう。

自分がどれくらい給料をもらっていたかは、転職して入社すると必ず分かることです。

せっかく内定が決まっても、こういう部分で損をしてしまうのはとても勿体無いので注意してください。

交渉だけが全てではない!転職で年収をアップさせる2つの方法

交渉だけが全てではない!転職で年収をアップさせる2つの方法

ここまで、交渉によって年収をアップさせる方法を紹介してきましたが、年収アップを実現する方法は他にもあります。

必ず年収交渉が成功するとは限らないので、色々と他の方法があることを知っておくのも大切なことです。場合によっては年収交渉するよりも大幅に年収がアップする可能性もあります。

交渉なしで年収アップする方法1: 評価制度がしっかりとしている会社に転職する

評価制度がしっかりと機能している会社や、インセンティブ制度を導入している会社に転職するのもひとつです。

仮に3ヶ月や半年に一度、給与の見直しをしている会社に転職したとします。一回の面談で毎月の給料が2万円〜3万円アップさせることができれば、結果的に1年間で50万円以上年収をアップさせることが可能です。

そして営業系の職種の人は、インセンティブ制度を導入している会社なら実績を出せば必ずそれが給料に反映されるので、一気に数百万円年収をアップさせて、1000万円以上稼ぐことも不可能ではありません。

また経営者との距離が近いベンチャーやスタートアップなども、自分がしっかりと実績を出せば、それがダイレクトに給料に反映される可能性が高いです。

交渉なしで年収アップする方法2: 副業などで経験を積む

副業OKの会社で働いている場合は、転職せずに今の会社で働きながら、副業で年収を増やすのもひとつです。

クラウドソーシングのランサーズクラウドワークス(CrowdWorks)などを利用して、文章を作成する仕事を受注すれば、WEBライターの経験がない初心者でも毎月5〜10万円くらい稼ぐことができます。(年収換算すると60~120万円UP)

他のWEBライター以外の仕事に関しても、Wantedly(ウォンテッドリー)を利用すれば副業案件がたくさん見つかりますので、興味のある人は一度チェックしてみてください。

年収交渉が難しいと感じるなら転職エージェントを利用する

年収交渉が難しいと感じるなら転職エージェントを利用する

上でも説明したように、年収交渉に自信がない場合や面倒に感じる場合は、転職エージェントを利用して、自分の代わりに年収を交渉してもらうほうが、何件も交渉を担当してきた経験があるので安心です。

なぜ年収の交渉までしてくれるのか?

転職エージェントが自分の代わりに年収を交渉してくれる理由は、応募者を企業に紹介することによって転職エージェントが報酬を得ているからです。

応募者の年収がアップすればするほど、その分エージェントの報酬額も増える仕組みです。エージェントの担当者には一人一人営業ノルマが課せられているので、がんばって交渉しないと自分にとっても不利になるため、手を抜く心配もありません

転職エージェントを利用するメリットは他にもたくさんあるので、転職活動が初めての人や、交渉事などが苦手な人はどんな転職エージェントがあるかチェックしてみてください。

など、たくさんの転職エージェントがあります。

どれか1つのエージェントだけではなく、複数のエージェントを利用することで選択肢が広がり有利になるので、興味があるエージェントがあれば、まずは登録してみましょう。

転職エージェントに関しては、メリット・デメリットも含め下記の記事で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。
誰でもできる簡単な転職エージェントの選び方2つと基礎知識

転職で年収交渉のまとめ

転職で年収交渉のまとめ

今回のまとめ

  • 年収交渉はタイミングと雰囲気が大切
  • 年収を上げるには同じ職種・同じ業界を選び、評価制度があるところを選ぶ
  • 転職エージェントを使えば、代わりに年収交渉をしてくれたり、年収アップの交渉もしてくれる

今回は、年収交渉についてご紹介しました。年収交渉はハードルが高いですが、しないで働いてるとのちのち「本当にこの給料で良かったのか?」と思ってしまうかもしれません。

転職して働きやすくなるためにも、年収交渉はしておきましょう。年収交渉しようか悩むというときは、転職エージェントに相談してみるといいですよ。

退職から内定までサポート おすすめ転職エージェント

国内求人数トップレベル!
doda
2人の担当者があなたをバックアップ!国内求人数トップレベルであなたに合った求人が見つかる。
求人数トップレベル
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
各業界に精通したエージェント!
マイナビエージェント
20代が信頼する転職エージェント1位を獲得!(※楽天リサーチ調べ)各業界に精通したプロがあなたをしっかりサポート!
幅広い業界の求人
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
幅広い年齢層から支持!
リクルートエージェント
豊富な求人数で幅広い年齢層をカバー!転職成功者からの評価の高い転職支援実績NO.1の転職エージェント!
求人数トップレベル
全国展開
支援実績No.1
登録無料

相談する

-役立つ転職知識
-

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.