転職で年収を上げる方法3つと安心して年収交渉するポイント5つ

この記事で解決できる悩み

  • 年収を上げるにはどうすればいいの?
  • 年収交渉ってしてもいいの?
  • 年収交渉に自信がないときはどうする?

年収や年収交渉についてこのような疑問や悩みを持っていませんか?

この記事では、これらの悩みを解決するために、年収を上げる方法や年収交渉のやり方について解説しています。

安心して年収交渉をすすめるためのポイント5つ』を理解すれば、自信がなくても年収交渉を行い、給与をアップできるようになりますよ。

それではまず、『年収をアップさせる3つの方法』について見ていきましょう。

年収をアップさせる3つの方法

まずはどうすれば年収をアップできるのかを解説します。

主なものを3つまとめたので、一緒にチェックしていきましょう。

年収をアップさせる方法3つ


  • 今の会社内で実績を出して評価される方法
  • より年収の高い会社に転職する方法
  • 転職先で提示された金額に対して給与交渉をする方法

方法1:今の会社内で実績を出して評価される

ひとつ目は現在働いている会社で実績を出し、評価されることです。

転職をせずにすむのがメリットですが、実績を出しても給与に反映されるまで時間が掛かる可能性が高いです。

また、評価されても大幅な値上げはなく、少しずつ積み重ねていく傾向にあるので、すぐに給与をあげたい!という人には不向きですね。

方法2:今年収の高い会社に転職する

つぎに、転職して今よりも年収の高い会社に転職する方法です。

うまくいけば50万円〜100万円など、一気に年収をアップが可能ですよ。

転職エージェントを利用すれば、希望年収やスキルからみてあなたに合ったサポートを受けることができるので、スムーズに転職活動を進められます。

転職することで年収が下がってしまうケースもある

ここで気を付けなければいけないのが、転職することで年収が下がるケースです。

一ノ瀬セナ
年収を上げたいのなら、今まで培ったスキルを活かせる転職を心がけましょう。

キャリアチェンジして未経験の職種にチャレンジする場合は、転職で年収をアップさせるのは難しいといえます。

方法3:転職先で提示された金額に対して年収交渉をする

3つ目が、転職をしたときに提示された金額に対して給与交渉を行い年収を上げる方法です。

提示された金額に納得できない場合、年収交渉しても問題ありません。

ただし、やり方を間違えると企業に対して悪いイメージを与えてしまいます。

転職エージェントを利用すれば、担当者が給与交渉をしてくれるので、自分での交渉に自信がない人は転職エージェントを利用しましょう。

転職で年収アップを狙えるケース

転職で年収アップを狙いやすいケースと狙いづらいケースについて解説します。

人それぞれ持っているスキルや状況が違うため、年収が上がるかどうかは条件によって異なりますよ。

自分がどちらに当てはまるか客観的に判断してくださいね。

転職で年収アップを狙いやすいケース


  • 現在の給与や賞与が同業他社と比べて低い
  • キャリアアップして同業界同職種に転職する
  • 専門職などいわゆる売り手市場にある

転職で年収アップを狙いづらいケース


  • 転職で未経験の職種や業界にチャレンジしたい
  • 現在役職がついているが気にせず一般職に応募したい
  • 相場よりもかなり高い年収を希望している

安心して年収交渉をすすめるためのポイント5つ

年収交渉は慎重に対応する必要があります。

そのため、しっかりと準備や対策をしたうえで交渉に臨むことが大切になります。

安心して年収交渉をすすめるために以下の5つをチェックしていきましょう。

安心して年収交渉をすすめるためのポイント5つ


  • 自分の市場価値を理解する
  • 必ず給与が上がるわけではないことを知っておく
  • 希望の給料の提示はなるべく早い段階でおこなう
  • 交渉は対面・メール・電話の順で行う
  • 説得よりも納得させる

ポイント1:自分の市場価値を理解する

ひとつ目のポイントとして、自分の市場価値を理解しましょう。

年収交渉はスキルや働きに見合う給料が欲しいと交渉するものなので、自分の市場価値が低いと交渉ができないからです。

社外で通用するスキルがあるのか、いままでどんな実績を積み重ねてきたかを整理して把握しておく必要があります。

ポイント2:必ず給与が上がるわけではないと知っておく

次に、年収交渉をおこなえば必ず給与が上がるわけではないと知っておきましょう。

「業界」「職種」「経験年数」からある程度相場が決まっているからです。

転職サイトの求人を確認したり、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するなど、今の自分の年収相場を調査し、どの程度ならアップが見込めるのかを事前に把握しておきましょう。

ポイント3:希望の給料の提示はなるべく早い段階でおこなう

すでに希望する給与の額が決まっている場合、なるべく早いタイミングで企業側に提示しましょう。

一ノ瀬セナ
給与の変更は社内で検討する必要があるので、決まるまでに時間がかかるからです。

すでに決まった給与を変更しなければいけないとなると、企業側のコストもかかるので、遅くなればなるほど調整が難しくなります。

エントリーの時点で履歴書の備考欄などに希望の給与額を書いておくといいでしょう。

ポイント4:交渉は対面・メール・電話の順で行う

年収交渉を自力で行う場合、優先順位は対面、メール、電話の順がおすすめです。

年収交渉は相手の雰囲気を察するのも重要なので、メールや電話では感じ取りにくいからです。

また、その場では給与は確定しないことが多いので、スケジュールには余裕をもって臨みましょう。

ポイント5:説得よりも納得させる

年収交渉は説得するというよりも、納得させることを重視しましょう。

強引に説得して給与を上げてもらっても、その実力や根拠がなければあなたに対する評価が大きく下がる可能性があるからです。

納得させるには理由と根拠を客観的に説明することが大切ですよ。

実際の年収交渉のステップ5つ

この見出しは、内定後の年収交渉のステップについて説明します。

年収交渉のタイミングは、面談中、相手企業から給与について切り出されたときか、もしくは内定後に行うのが主流です。

それを踏まえてチェックしていきましょう。

実際の年収交渉のステップ5つ


  • ステップ1:労働条件の確認を行う
  • ステップ2:内定保留を伝える
  • ステップ3:「条件面談」ができるか相談
  • ステップ4:面談・交渉を行う
  • ステップ5:最終決定を行う

ステップ1:労働条件の確認を行う

内定が決まると企業から労働条件通知書が送られてくるので、以下の項目を確認します。

違和感や疑問、問題があれば早めに企業に確認しましょう。

確認する労働条件6つ


  • 労働契約期間
  • 賃金の計算方法、支払時期
  • 就業場所
  • 業務内容
  • 勤務時間や休暇、残業について
  • 退職について

ステップ2:内定保留を伝える

労働条件通知に記載された給与が希望に届かず、年収の交渉するか悩みたいときは内定保留を伝えます。

内定通知があってから企業への返事は原則24時間以内がマナーです。

一ノ瀬セナ
回答期限を延ばしたいときは、担当者に連絡して相談してみましょう。
きちんと連絡をすれば内定保留もできるんだね。
はじめ君
一ノ瀬セナ
その際、失礼な印象を与えないよう、丁寧にお願いするのが大切ですよ。

ステップ3:「条件面談」ができるか相談

ステップの3つ目は、「条件面談」ができるか相談することです。

年収交渉はメールや電話でなく、直接企業の担当者と面談を行うことが理想だからです。

内定保留から1~2日以内には条件面接をしたいと申し出ておきましょう。

それより遅いと記憶も薄れてしまいますし、後回しになるかもしれません。

ステップ4:面談・交渉を行う

今まで紹介したポイントやコツを踏まえて、実際に交渉を行います。

なぜ給与に納得できないのかの理由とともに、希望額を提示してください。

多くの場合はその場で確定しないので、すぐに回答がもらえない場合はいつごろ返事がもらえるか確認しておきましょう。

ステップ5:最終決定を行う

企業からの返答をもとに最終判断を行います。

もちろん、給与が上がらない場合もあります

はじめ君
給与が低くてもこの会社で働きたいのか、断って違う会社の求人に応募するのかよく考えよう。

年収交渉の注意点2つ

年収交渉を行ううえでの注意点について、2つ解説します。
順にチェックしていきましょう。

年収交渉の注意点2つ


  • 前職の年収を多めに申告する
  • 交渉に失敗した場合も事前に考えておく

注意点1:前職の年収を多めに申告する

前職の年収の申告は必ず正確に伝えましょう。

嘘をつき、応募書類と面接で食い違ったりするとマイナスになるからです。

その場は隠し通せても、年末調整などでバレる可能性は十分にあるので注意してください。

注意点2:交渉に失敗した場合も事前に考えておく

注意点の2つ目は、交渉に失敗したときのことも考えておくことです。

年収の交渉は必ず成功するものではないからです。

失敗したときに諦めるのか諦めないのか、事前に考えておき、その時になって焦らないでいいようにしましょう。

年収交渉が不安なときは転職エージェントに任せる

年収交渉を自力で行う自信がないときは転職エージェントに依頼するのがおすすめです。

転職エージェントは年収交渉はもちろん、求人検索から相談、書類のチェックや面接対策まで転職にかかわるサポート全般をおこなっているからです。

また、交渉をエージェントに任せることで、転職活動に専念できますよ。

自信がないまま年収交渉に臨むよりも、プロに任せてしまったほうがスムーズに進む場合も多いです。

一ノ瀬セナ
ハイクラス向けの専門エージェントもあるので興味のある人はチェックしてみてくださいね。

転職エージェントに年収交渉を依頼するコツ2つ

転職エージェントに年収交渉を依頼するコツを2つ解説します。

転職エージェントの担当者は何件も交渉を経験してきているので、より多く年収をアップさせてくれる可能性も高くなります。

おすすめのエージェントは後ほど紹介しますね。

転職エージェントに年収交渉を依頼するコツ


  • 担当者には最初のタイミングで伝える
  • なぜ給与をアップしたいのか説明する

コツ1:担当者には最初のタイミングで伝える

転職エージェントの担当者には最初の面談の時点で希望年収を伝えておきましょう。

そうすれば担当者はその年収ラインで求人を探しやすいですし、企業側との交渉もやりやすいからです。

もし提案した年収が相場にそぐわない場合、指摘してもらえるので今後の計画を練り直すことが可能ですよ。

コツ2:なぜ給与をアップしたいのか説明する

なぜ給与をアップしたいのかの理由も事前面接の時点で共有しておきましょう。

何となくあげたい、では具体性に欠けますし、後回しになりがちです。

生活費にこれくらいかかるから、など具体的な理由があれば、担当者も考慮して求人を探してきてくれます。

年収交渉可能なおすすめの転職エージェント

この見出しでは、年収交渉が可能なおすすめの転職エージェントを3つ紹介しますね。

ハイクラスやサポートが手厚いところをメインに紹介しているので安心して交渉を依頼できますよ。

年収交渉可能なおすすめの転職エージェント


年収500万円以上から:ビズリーチ

bizreach
出典: ビズリーチ

おすすめポイント


  • 企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く
  • 年収600万円以上のビジネスパーソンからの支持率No.1
  • AIがあなたに合う求人をレコメンドしてくれる

ビズリーチ は、自分の経歴とスキルを最大限に生かして年収を上げたい人におすすめです。

優良企業や一流ヘッドハンタ-から直接スカウトが届くハイクラス向け転職サービスで、企業やヘッドハンターとチャットで簡単にやり取りできます。

無料会員ならスカウトの受信、求人の閲覧までしかできませんが、有料の「プレミアムステージ」会員なら、さらに好条件の案件やヘッドハンターへ相談できます。

外資系・国内のグローバルポジションNo.1:JACリクルートメント

jac recruitment

おすすめポイント


  • コンサルタントの質の良さが評判
  • 質の高い外資系・ハイクラス求人に特化
  • 双方型サービスで条件交渉、企業情報に強い

国内・海外問わずグローバルに働きたい人におすすめするのが、 JACリクルートメント です。

ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内のグローバルポジションでは、国内No.1の実績を誇ります。

年収600万円以上のハイクラス求人はもちろん、管理職や専門職、外資系のハイキャリア転職など、さらなるキャリアアップを目指す人におすすめの転職エージェントです。

JACリクルートメントに無料で相談してみる

若手層のサポートが手厚い:マイナビエージェント



対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
男性
女性
業界全般
職種全般
とくに20代におすすめ
IT業界が得意
サポート力あり

おすすめポイント

  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
  • 幅広い業界の質の良い求人を取り扱っており、その中でもIT業界が得意
  • サポートが手厚く、面接・書類対策や面談をしっかりと行ってくれる

転職で年収交渉 まとめ

転職で年収交渉 まとめ


  • 年収を上げるには今いる会社で成果を上げる方法と給料の高い会社に転職する方法、転職するうえで年収交渉する方法がある
  • 年収交渉は慎重な対応が必要なので、紹介したポイントをチェックしてから行う
  • 転職エージェントを利用すればプロが対応してくれるので自分で交渉しなくてもいい

いかがでしたか。

年収交渉は年収をアップさせるために効果的な方法です。

しかし、実際交渉するには知識や度胸、タイミングなどの要素が重要になります。

最初から転職エージェントに依頼すれば、余計な負担はなくスムーズに年収アップを目指せるので、特別な理由がない限り転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

-役立つ転職知識
-

© 2020 転職index