役立つ転職知識

【判断に迷ったら必読】転職活動前に知っておくべき転職のメリット・デメリット

更新日:

転職 メリット デメリット のサムネ

今の職場が嫌だ!転職したい!でも転職した後が怖い……

転職するメリット・デメリットを整理して、それをもとに実際に転職するかどうか判断したいという人は多いと思います。

転職するメリット・デメリットとはなにか?転職する前に知っておきたいポイントを整理してみました。

まずは転職する目的について整理しよう

転職時には自分の中で目的を定めておくのが大事

何か新しいことを始めたり、新しい何かを判断したりするときに、メリットだけではなく、デメリットも理解しておくことはとても大切なことです。

ただし一方で、メリット・デメリットをそれぞれ把握するだけでは、転職するべきかどうか判断することはできません

プラスで、転職することによって自分はどんな不満を解決したいのかという転職する理由や目的を整理することも必要です。

転職するメリット・デメリットは、人によって変わらない全員に共通のことですが、転職する理由や目的は人によっても変わってきます。

  • 転職して給料をもっと増やしたい
  • 自分が本当にやりたい仕事にチャレンジしたい
  • 仕事の成果が正当に評価される環境で仕事がしたい

このように人によってさまざまな理由になると考えられますが、中には転職では解決できない不満もあるため、まずは自分が転職することで何を解決したいのか、転職することでどんな目標を達成したいのか、具体的にすることが必要です。

「なんとなく今の環境がいやだ」ではなく「もっと成長できる環境で仕事がしたいなど」さらに一つ掘り下げてみるように注意しましょう。

ちなみにこの段階では、面接の担当者へのアピールを意識する必要はありません。

自分の本音を大切にしましょう。解決したい不満が複数の場合もあると思いますが、その場合は優先順位をつけるようにしてください。

転職するメリットとデメリット

転職の良し悪しを知っておこう

転職するメリット

転職する理由と目的を整理しました!次は何ですか?
次は転職するメリット・デメリットについて整理しようか。

転職するメリットというのは「転職をしたら解決できること」ともいえるから自分の不満点は転職をしたら解決できるのか考えてみようね

メリット

  • 給料がアップする
  • 福利厚生など待遇がよくなる
  • 残業時間や出勤日数など労働環境が改善される
  • 人間関係をリセットできる
  • やりたい仕事ができる

給料がアップする

給料がアップする可能性があることで、中には転職するだけで年収が100万円以上アップするケースもあるそうです。

長年ずっと同じ会社で働いてきた人は、最終的に転職する、しないに関わらず自分のもらっている給料の金額が適正なものなのか、自分の市場価値を調べてみるのもいいかもしれません。

ちなみにそこまで急いで転職する予定がない場合は、自分の市場価値を知れる「ミイダス」を一度チェックしてみてください。

自分の経歴やスキルなどを入力するだけで、面接確約のオファーや興味を持っている企業の情報などが届き、自分と同じようなユーザーの実績から自分の市場価値を算出して教えてくれます。

一方で、転職する意思が固まっている場合は、転職エージェントに登録して一度相談してみるのも良いでしょう。自分に見合った求人や非公開案件などをまとめて紹介してくれます。

福利厚生など待遇がよくなる

住宅手当や育児手当など、給料以外の待遇が改善されることも転職するメリットのひとつです。

先ほどの給料とは違って、事前に調査すればしっかりと分かることが多く、会社によって用意されている制度の種類が様々なことも特徴です。

ちなみに女性の場合は、出産や育児と仕事を両立させていけるかも大事なポイントになると思うので、サポートする制度がどれくらいあって、実態はどうなのか、まずは検索を通してしっかりと確認しておきましょう。

残業時間や出勤日数など労働環境が改善される

職場を変えることで、残業時間が減ったり土日出勤などがなくなったりすることも、良い所です。

ただこれに関しては、給料や福利厚生とは違って、具体的な時間や日数などを確認しにくいのが難点となります。

最低限Vorkersといった口コミサイトはしっかりと調べるべきで、知名度のある会社なら、転職エージェントの担当者から情報を教えてもらうことも可能です。忘れずに覚えておきましょう。

長時間労働はうつ病など心身の健康にも関わってくることなので、いま現在、労働環境の問題で悩んでいる人は特に注意してください

人間関係をリセットできる

職場の人間関係をリセットして、ゼロからまた新しい関係を構築できることも転職するメリットです。実際に会社での人間関係に不満を持っている人は多く、それが原因で転職したケースも多いです。

ただ一方で、人間関係の問題は、転職したからといって必ず解決できるとは限りません

転職して新しい部署に配属されるまで、自分がどんな人と一緒に働くことになるかは、実際に働いてみるまで分かりません。

転職先でまた新しい人間関係がうまれ、どこにいってもある程度の不満は出てくるので、自分で対処できるようにしておくことも必要です。

やりたい仕事ができる

営業から企画、事務からエンジニアなど、職種や仕事内容そのものを変更できます。

仕事において「何をやるか」は「どんな人と一緒に仕事をするか」という事と同じくらい大切なポイントで、やりがいにも直接大きく関わってくることです。

中途採用の転職の場合、未経験の職種に応募しても採用される確率は低いですが、前職と共通するポイントや、前職で得たスキルの中から新しい仕事でも共通して活かせるポイントを探してアピールすれば、採用される確率はアップします。

また場合によっては、新しくスクールに通ったりするなど勉強が必要になるケースもあるかもしれませんが、実際に仕事をしながら、新しく自分に足りないスキルを努力して身につけることは、アピールポイントのひとつにもなります。

転職するデメリット

メリット多くて良いじゃないですか。転職すべきでは!?
まあ落ち着け。デメリットも知らないと転職で失敗してしまうぞ。

デメリット

  • 準備のためにたくさん時間が必要になる
  • 転職回数が多くなると後々不利になる可能性がある
  • 新しい環境で0からのスタートになる
  • ローンやクレジットカードなどの審査で不利になる可能性がある
  • 入社してみるまで会社の実態は分からない

 準備のためにたくさん時間が必要になる

転職活動をするためには、履歴書や職務経歴書を作成するのはもちろん、企業についての調査や面接の準備など、たくさんの時間が必要になります。

特に初めて転職活動をする場合は余計に多く時間がかかりますし、普段の仕事と並行しながら準備を進めるのは大変なことです。

リサーチといった準備を中途半端にすると、転職活動の途中でつまずいてしまい、結局転職活動をやめて時間を無駄にしてしまう可能性が高くなるので注意です。

 転職回数が多くなると後々不利になる可能性がある

転職回数が多くなると、会社によってはマイナスに判断されてしまう場合もあります。一回だけなら問題ないですが、短期間ですぐに転職を繰り返さないようにしましょう。

そのためにも自分が転職をする目的をしっかりと整理し、企業選びで妥協しないことが大切になります。

新しい環境で0からのスタートになる

転職すると全てがリセットされるため、新しく人間関係をつくったり仕事を覚えたりなど、再びゼロからのスタートです。

今までの蓄積を全て捨てて、また新しく積み重ねていくことになるので、人によっては大きなストレスを感じてしまう可能性があります

ただしこれは、どの会社に転職する場合でも変わらない、全員に共通することなので、これで転職が億劫に感じてしまう場合は、まだ転職しないほうがいいかもしれません。

今まで会社内での評価が高かった場合は、それが全てなくなってしまうことになるので、慎重に判断しましょう。

ローンやクレジットカードなどの審査で不利になる可能性がある

勤続年数が短かったり転職して収入が下がったりすると、ローンやクレジットカードなどの審査で不利になる可能性があります。

大手有名企業からまだ歴史の浅いベンチャー企業などに転職する場合は、不利になる可能性が高いといわれているので、転職する前に申し込みを済ませておくようにしましょう。

入社してみるまで会社の実態は分からない

転職する前に企業のことをどんなに調べても、実際は入社してみるまで分かりません。これは転職する一番のデメリットといえます。

変化のスピードが早いベンチャー企業などの場合は、会社の状況が目まぐるしく変わるので、入社前に行ってたことが変わってしまう可能性は大いにあります。

ベンチャーやスタートアップに転職する際は、どうなるのか分からない状況を覚悟しておき、逆にそんな環境を楽しむスタンスで仕事をするほうがいいでしょう。

加えて絶対に自分がゆずれないポイントを整理しておいて、そこをしっかり確認してから入社すれば、最悪の状況は防げます。

転職を決断する前にやっておきたいこと

メリットやデメリットについては分かりました。次は何が必要ですか?
次に必要なことは転職をするかを決めること。どうしても転職をするかは悩むよな。

判断材料や視点の数を増やせば考えやすいから、いろいろなアプローチで状況や考えを整理しよう!

不満を解決する方法は本当に転職しかないか整理してみる

自分が感じている不満は、本当に転職しないと解決できないことなのか考えてみることも大切です。

例えば「もっとたくさん給料を稼ぎたい!」「我慢せずに自分が本当にやりたい仕事をしたい!」などの不満は、副業でも解決できるかもしれません。

場合によっては転職するよりもたくさんの金額を稼ぐことが出来ますし、そもそも転職するリスクを取らずに不満を解決できます。

クラウドワークスLancersなどのクラウドソーシングや、Wantedlyを使うとたくさん案件が見つかりますので、気になる人はチェックしてみてください。

また人間関係に不満がある場合も、いきなり外部に変化を求めず、まずは今の環境の中でできることがないか、一度チェックしてみるようにしましょう。

自分の市場価値を把握する

「今の会社以上に、自分のスキルや経験をより高く評価してくれる会社が実はたくさんあった 」という経験をする人も、少なくないようです。

環境を変えるだけで自分の待遇が大きく改善されると分かれば、転職するモチベーションは高まるはずですし、逆に自分の現在の市場価値がそこまで高くないと分かれば、転職を別のタイミングにずらす判断が出来ます。

上でも簡単に紹介しましたが、転職エージェントに登録して担当者に相談すると、自分の市場価値はすぐに分かります。転職するかどうかで悩んでいる人は、まず相談してみるのもいいかもしれません

興味のある会社や仕事について調べる

転職するかどうか検討している際、興味のある会社や仕事について情報収集することになりますが、実際の仕事内容や自分に合っているかどうかは、体験してみないと分からないことも多いと思います。

その場合は「社会人インターン」で、実際に仕事を体験してみるのもひとつです。WantedlyPROJECT INDEXなどのサービスで案件を探すことができますので、興味がある方はチェックしてみてください。

プログラミングやデザインなどの仕事に興味がある場合は、まずは独学で簡単なものをつくってみるのがオススメです

自分のキャリアプランやライフスタイルについて整理してみる

3年後や5年後に自分がどうなっていたいか考えてみる事も大切です。

そうすれば自分がいま転職すべきなのかどうか、そして今後どういう風に成長していけばいいか考えることができます。

ちなみにキャリアプランを考える際は、自分のライフスタイルについても考慮する必要があります。

仕事以外のプライベートの時間を大切にするというのもひとつの形で、それを軸にして仕事を選ぶ人も中にはいます。

会社を選ぶ際の優先順位を整理しておく

転職するにあたって「給料をアップさせたい!でも残業時間も減らしたい!」など、ひとつだけではなく複数の希望が出てくるかと思いますが、それら全ての希望を満たしてくれる会社はないと知っておくことも大切です。

いったん全ての不満を洗い出すことは大切ですが、それらに優先順位をつけて整理しておかないと、転職先を決めることができなくなるので注意しましょう。

まとめ

今回のまとめ


転職のメリット

  • 給料がアップする
  • 福利厚生など待遇がよくなる
  • 残業時間や出勤日数など労働環境が改善される
  • 人間関係をリセットできる
  • やりたい仕事ができる
転職のデメリット
  • 準備のためにたくさん時間が必要になる
  • 転職回数が多くなると後々不利になる可能性がある
  • 新しい環境で0からのスタートになる
  • ローンやクレジットカードなどの審査で不利になる可能性がある
  • 入社してみるまで会社の実態は分からない
転職までに決めておきたいこと
  • 自分が転職しないと不満点は解消されないのか考えてみる
  • 自分の市場価値を把握したうえで、したい仕事が合うのかを知る
  • 会社を選ぶときには自分の求めているものの優先順位を付ける


転職にはメリットだけではなくデメリットもあり、転職が成功するかどうかは、事前に準備をしっかりとしたかどうかで大きく変わります。

自分のキャリアプランや理想のライフスタイルなど、さまざまな視点から自分の仕事を考えてみるようにしましょう。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.