知らないと損をする転職のデメリット7つと得られるメリット5つ

この記事で解決できる悩み

  • 転職のメリットデメリットが知りたい
  • 転職を成功させるために気をつけることはどんなこと?
  • メリットとデメリットを比較して、自分が転職すべきか判断したい

転職を考え始めたけれど、本当にこのまま転職をして大丈夫なのかな?と悩む人は多いと思います。

この記事では、転職のメリットとデメリットからお互いを比較して、転職をすべきなのか判断ができますよ。

また、転職を成功させるためにどのような行動をするべきなのか、についても解説しています。

ではまずは「知らないと損をする転職のデメリット7つ」から見ていきましょう。

知らないと損をする転職のデメリット7つ

転職にはいくつかのデメリットがあります。

ここでは転職する前に知っておきたい転職のデメリットを7つ紹介しますね。

知らないと損をする転職のデメリット7つ


  • 転職費用が結構かかる
  • 時間が取られる
  • 退職金や年金が減る
  • 社会的信用が下がることがある
  • 新しい環境に慣れる時間が必要になる
  • 転職を繰り返すとキャリアダウンの可能性も
  • 問題解決しない場合も

デメリット1:転職費用が結構かかる

まずひとつ目のデメリットは、転職費用が結構かかることです。

リクナビNEXT アンケート調査によると、転職活動の費用は約7割の人が10万円未満、残りの約3割は10万円以上と答えています。

転職活動の費用には、交通費やスーツなどの服飾費、履歴書や資料代などが含まれています。

家賃や食費などの生活費は含まれていないため、転職活動をしながら普段どおり生活していくためにはプラスで資金が必要です。

デメリット2:時間が取られる

次のデメリットは、転職活動で時間が取られることです。

転職活動では、情報収集から書類作成、面接時間の確保など、内定までに多くの時間を捻出する必要があります。

同じく リクナビNEXT のアンケート結果では、約6割の人が内定が出るまで2ヶ月以上かかったと答えています。

デメリット2:時間が取られる

出典: リクナビNEXT 「転職にはいくらかかる?必要な費用とスケジュール」

そのうちの約3割は4ヶ月以上もの期間を必要としました。

1ヶ月以内で内定が出た人も約4割いますが、事前に予測を立てるのが難しいことなので、ある程度余裕を持ってスケジュールを立てるのが無難ですよ。

一ノ瀬セナ
とくにはじめての転職の人は注意しましょう。

デメリット3:退職金や企業年金が減る

転職には退職金や企業年金が減るデメリットもあります。

なぜなら、退職金や企業年金は勤続年数が長いと多く受け取れる仕組みになっているからです。

企業型拠出年金や確定給付企業年金などの企業年金は、転職先に持ちこせれば問題ありませんが、移換の条件を満たせない場合は個人型確定拠出年金(iDeCo)に移換するか、60歳まで保留する形で運用していきます。

そうなると、場合によっては受け取れる金額が減ることになりますので注意しましょう。

デメリット4:社会的信用が下がることがある

4つ目のデメリットは、社会的信用度が下がる場合があることです。

車や住宅のローン審査では、勤続年数が重要になっていて、目安として3年以上とされています。

勤続年数が満たない場合は、審査に通らない可能性が高いので、大きな買い物は転職前に済ませておくと良いでしょう。

ローンと転職の関係は以下の記事でも紹介していますので、参考にしてくださいね。

デメリット5:新しい環境に慣れる時間が必要になる

新しい環境に慣れる時間が必要なのも転職のデメリットのひとつです。

一から人間関係を構築したり、新しい会社の文化や社風に慣れていかねばなりません。

また、30代以上になると即戦力として求められるので、すぐに結果を出さなければならないとストレスに感じてしまう場合もあります。

新しい環境や自分の評価に対するストレスは転職とは切り離せないので、転職を考えた場合にデメリットとして念頭においておきましょう。

デメリット6:転職を繰り返すとキャリアダウンの可能性も

6つ目のデメリットは、転職を繰り返すとキャリアダウンする可能性があることです。

優秀な人材として採用されたがために、他の人なら評価されることでも、最低限給与に見合った成果を上げるべき、と会社側からは当然として受け止められます。

そうなると、高いレベルの仕事ばかり受け持つようになり、仕事をこなしていっても、それが高く評価されて昇格、昇給に繋がることはなく、キャリアダウンする可能性があるのです。

また、キャリアプランを考えずに転職を繰り返すことで、キャリアに一貫性がないとして、評価されづらくなるパターンもありますので、注意しましょう。

デメリット7:問題解決しない場合も

最後のデメリットは、転職では問題解決しない場合があることです。

人間関係や就業環境に不満があり転職しても、転職先でかならず解決するとは限らないからです。

人間関係は実際中に入ってみないとわかりませんし、就業環境も採用時に聞いていた内容と違う、ということもありえます。

転職に過度な期待をするのはやめた方が良いでしょう。

一ノ瀬セナ
新しい会社で働くことによって、新たな悩みや問題が発生することも考えられます。
転職がすべてを解決してくれるわけじゃないんだね。
はじめ君

転職のデメリットを防ぐために気をつけるポイント7つ

紹介したデメリットはこれから紹介するポイントを理解して実践すれば、防ぐことができますよ。

転職のデメリットを防ぐために気をつけるポイント7つ


  • 在職中に転職活動をする
  • 無理のある転職スケジュールを組まない
  • 事前に情報収取集をする
  • ひとりだけで転職活動をしない
  • 適正な自分の市場価値を知る
  • 入社前に採用条件をよく確認する
  • 解決する方法は転職しないか整理する

それではひとつずつ見ていきましょう。

ポイント1:在職中に転職活動をする

在職中に転職活動をすすめるのがひとつ目のポイントです。

なぜなら、転職活動では金銭的なリスクが未知数だからです。

「デメリット1:転職費用が結構かかる」でも解説しましたが、転職活動ではいろいろな費用がかかりますし、転職活動が長引けば長引くほど必要になる費用は増えていきます。

会社を辞めてから転職活動をするとなると、貯金を切り崩して生活するので、リスクが高いですよね。

そのため、在職中に転職活動をした方が金銭的に安心して進められますよ。

ポイント2:無理のある転職スケジュールを組まない

2つ目のポイントは、無理のある転職スケジュールを組まないことです。

その理由は、余裕を持っておかないと、焦ってしまったり、退職時の引継ぎがうまくいかないなどリスクがあるからです。

平均的な転職期間は退職時の引継ぎなどを入れて、3ヶ月から6ヶ月といわれています。

一ノ瀬セナ
事前に余裕のあるスケジュールを立ててから、転職活動に挑むようにしましょう。

ポイント3:事前に情報収集をする

転職活動では事前の情報収集も大事です。

実際のところ、会社の雰囲気や仕事内容が本当に自分に合っているかどうかは、入社してみないとわからないことが多いです。

しかし、SNSや転職口コミサイト、転職エージェントからの情報は、応募段階で絞り込んだり、取捨選択の判断材料にはなりますよ。

ポイント4:ひとりだけで転職活動をしない

4つ目のポイントは、ひとりだけで転職活動をしないことです。

とくにはじめての転職の場合は、転職について詳しい人に相談しながら進めていきましょう。

履歴書・務経歴書の書き方や、面接のアピール内容など、どのようなことが求められているのか、確認しながら準備を進めていくと効率的に転職活動を進められます。

もし、身近に相談する人がいない場合は、転職エージェントの利用がおすすめですよ。

転職エージェントでは、求人の紹介だけでなく、事前のキャリア相談から、書類の書き方や面接の対策など、転職活動のサポートが無料で受けられます。

ポイント5:適正な自分の市場価値を知る

適正な自分の市場価値を知るのも大事なポイントです。

自分の希望ありきの年収や役職で求人を絞る前に、まず自分の市場価値を客観的に評価してみましょう。

自分のキャリアや実績、スキルを一度棚卸しして、評価するのが大切です。

大企業に勤めていたから、資格を持っているから、と所属していた企業や資格を自己評価にしている人もいますが、企業にもっとも評価されるのは、あなたの実務経験だということを覚えておきましょう。

自分の市場価値を調べられるミイダス 」などのサービスや転職エージェントを利用するのも、ひとつの手ですよ。

ポイント6:入社前に採用条件をよく確認する

次のポイントは入社前に採用条件をよく確認しておくことです。

入社した後に、こんなはずじゃなかった、と後悔せずに済むように、給与や労働時間などの条件を確認しておきましょう。

よくよく確認したら、給与の中にみなし残業が含まれていた、など求人票に記載されていない条件や面接のときに確認した内容を違う、といったことがあるので、事前のチェックが重要ですよ。

ポイント7:解決する方法は転職しないか整理する

自分が感じている不満は、本当に転職しないと解決できないのか考えてみることも大切です。

一ノ瀬セナ
たとえば「もっとたくさん稼ぎたい!」「我慢せずに自分が本当にやりたい仕事をしたい!」などの不満は、副業をすれば解決できるかもしれません。
なるほど、副業っていう手段もありかも!
はじめ君

場合によっては転職するよりもたくさんの金額を稼ぐことが出来ますし、そもそも転職するリスクを取らずに不満を解決できます。

また、人間関係に不満がある場合も、まずは今の環境の中でできることがないか、一度考えてみることをおすすめします。

転職で得られるメリット5つ

転職のデメリットについて紹介してきましたが、もちろん転職にはメリットもありますよ。

転職で得られるメリットについて5つ紹介します。

転職で得られるメリット5つ


  • 年収がアップする可能性がある
  • キャリアを再形成できる
  • 環境をリセットできる
  • 自分の可能性を広げられる
  • 自分のやりたいことを追いかけられる

メリット1:年収がアップする可能性がある

ひとつ目のメリットは、年収がアップする可能性があることです。

転職でキャリアップが叶えられたり、仕事内容の変化によって評価が高まり、価値が上がる場合があるからです。

また、同じ業界の同じ仕事内容でも国内企業から外資企業に転職することで、年収が上がることもあります。

転職するだけで年収が100万円以上アップするのも珍しい話ではありませんよ。

メリット2:キャリアを再形成できる

次のメリットは、キャリアを再形成できることです。

転職はいままでの評価やイメージをリセットできる機会でもあります。

職種や業種が変われば、ゼロからの評価になり新しいキャリアを形成できますよ。

一ノ瀬セナ
転職をしよう、と決めたら、まずキャリアプランについて考えるタイミングを持ちましょう。
一度立ち止まって考える時間は大事!
はじめ君

メリット3:環境をリセットできる

3つ目のメリットは環境をリセットできることです。

転職をすれば、新たな人間関係を作れますし、就業環境も変わります。

また、生活環境を変えることも可能です。

人間関係の悩みは長年にわたって転職理由の1位になっています。

職場の環境を変えることで、悩みを解決しようとするのもひとつの方法ですよ。

メリット4:自分の可能性を広げられる

自分の可能性を広げられるのも転職のメリットのひとつです。

一ノ瀬セナ
現在の会社に将来性を感じなかったり、仕事内容に変化がなく成長が見込めないと感じていませんか?
もっと自分に合った仕事があるんじゃ…?と思うことはあるかもしれない。
はじめ君

転職によって、希望を持って働ける会社や自分の能力を活かせる仕事に出会えることがあります。

将来に希望を持って意欲的に仕事をしたい、という気持ちがあるのであれば、転職は良い機会といえるでしょう。

メリット5:自分のやりたいことを追いかけられる

自分のやりたいことや叶えたいことを追いかけられるのも転職のメリットのひとつです。

会社によっては、自分のやりたい仕事ができない場合がありますよね。

目指すキャリアや将来像があるのであれば、希望を満たせる会社への転職を考えましょう。

その際、ひとりだけで考えていると理想に走りがちになってしまうので、まずは転職エージェントなどに相談して客観的な意見を聞きながら、キャリアプランを立てるのがおすすめですよ。

転職のメリットを最大化するためのコツ2つ

転職のメリットを最大限に得て、転職を成功させるためのコツを2つ紹介します。

転職のメリットを最大化するためのコツ2つ


  • 転職で改善したい点を明確にする
  • 転職エージェントを利用する

コツ1:転職で改善したい点を明確にする

ひとつ目のコツは、転職で改善したい点を明確にすることです。

なぜ自分は転職をしたいと思っているのかという理由や改善したい点、転職先に求めるものを明確化しましょう。

その際、多くを叶えようとしないことが大切です。

条件には、優先順位を決めておくといいですよ。

コツ2:転職エージェントを利用する

2つ目のコツは転職エージェントを利用することです。

この記事の中でも触れましたが、転職エージェントを利用すると、求人紹介だけでなく、キャリア相談や書類添削、面接の対策など、さまざまなサポートが無料で受けられます。

転職をするか悩んでいる状況でも相談ができますし、自分の市場価値を客観的に評価してもらえるので、転職のタイミングなどの参考にできますよ。

転職エージェントついては、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【転職のデメリットとメリット】まとめ

【転職のデメリットとメリット】まとめ


  • 転職のメリットとデメリットを理解してから転職するか決断しよう
  • 転職のデメリットはポイントをおされることで最小限にすることもできる
  • 転職のメリットを最大化するなら転職エージェントの利用がおすすめ

いかがでしたか?

転職にはメリットデメリットがあり、その人の価値観や転職に望むことによっても受け止め方が変わってきます。

自分がどのようなことにメリットやデメリットを感じるのか、まず理解するところからはじめましょう。

客観的な視点が大切になりますので、自分をよく知る人に相談したり、転職エージェントの利用も検討してみてくださいね。

-役立つ転職知識
-,

© 2020 転職index