人間関係が理由の退職前にすべき行動と転職決意後のポイント5つ

人間関係が理由の退職前にすべき行動と転職決意後のポイント5つ

この記事で解決できる悩み

  • 職場での人間関係が辛いから転職したい
  • 人間関係が理由の転職ってアリ?それともナシ?

人間関係が理由で転職したい、そう思ったことはありませんか?

この記事では、このような悩みを解決します。

この記事の主な内容


  • 人間関係を理由に転職する前にやること
  • 人間関係を理由に転職する場合の注意点

人間関係を理由に転職するときのポイント5つ』を理解すれば、人間関係が理由で転職するときのコツがわかりますよ。

転職理由で「人間関係がきっかけになった」と回答している人は全体の半分以上を占める、とのアンケート結果もあります。

それではまず、『人間関係を理由に転職する人は多い』を見ていきましょう。

人間関係を理由に転職する人は多い

まず、エン転職が2018年に、1万人以上に対して実施したアンケートをみていきましょう。

調査によると、53%の人が「人間関係が転職のきっかけになった」と回答しています。

人間関係を理由に転職する人は多い

出典:「1万人に聞く「職場の人間関係」意識調査 ―『エン転職』ユーザーアンケート―」

会社は仕事をする場なので、必要以上に交流する必要はないと考える人もいるでしょう。

しかし、8時間もの時間を一緒に過ごすため、人間関係が良好でないとうまくことが運ばない場合があります。

人間関係に問題を抱えていることが原因で余計なストレスや不安を覚え、体調を崩してしまうこともあるでしょう。

そうなる前に、転職をして人間関係をリセットするのはアリといえますね。

人間関係を理由に転職を決める前にすべきこと3つ

人間関係を理由に転職を決める前にすべきことを3つ紹介します。

人間関係を理由に転職を決める前にすべきこと3つ


  • 家族や友人に相談する
  • 人事部などの第三者に相談する
  • 自分の考え方や接し方を変える

人間関係が理由の転職はよくありますが、勢いで転職すると失敗する可能性があります

転職を決める前に、まずはこちらで紹介する3つのことを試して、それでも改善しなかった場合に転職を考えましょう。

家族や友人に相談する

ひとつ目は家族や友人に相談することです。

人に悩みを話すことで、頭の中を整理できるからです。

また、同じような悩みを抱えていた人に有益なアドバイスがもらえることもあります。

ひとりで悩んでいても感情的になってしまい、冷静な判断が難しくなりがちです。

努力すれば解決できる問題なのか、そうでないのかを判断するためにも、家族や友人に相談して意見をもらうのがおすすめですよ。

人事部などの専門部署に相談する

2つ目は、人事部などの専門部署に相談することです。

相談すれば、配置転換やチーム構成の変更などで問題が解決できる場合があります

とくに、パワハラやセクハラで悩んでいる場合は早急に相談をしましょう。

自分の考え方や接し方を変える

自分の考え方や接し方を変えるのもひとつの方法です。

考え方や物の見方を変えると気持ちが楽になりますよ。

自分の考え方や接し方を変えるコツ


  • 人は人、自分は自分と区切りをつける
  • いいところを探してみる
  • 言葉の受け取り方を変える

自分の考え方を変えるのは難しいかもしれません。

しかし、視点を変えて物を見れるようになれば、今後の人付き合いにおいて強みになりますよ。

一ノ瀬セナ
嫌な人のことを考えて自分の大切な時間をロスしてしまうのは、勿体ないですよね。

今の職場の人間関係が改善されないなら転職を検討する

第三者や専門部署に相談したり、客観的に判断しても今の職場の人間関係が改善されない場合は、転職を検討しましょう

努力しても人間関係が改善しないこともあるからです。

転職して人間関係をリセットすれば、人間関係のストレスから解放され、新しい人生の一歩を踏み出せますよ。

人間関係を理由に転職するときのポイント5つ

人間関係を理由に転職するときのポイントを5つ紹介します。

人間関係を理由に転職するときのポイント5つ


  • 前向きな転職理由を持っておく
  • 転職面接での退職理由の説明を整理しておく
  • 転職後の職場で人間関係が良好になるような行動をする
  • 転職エージェントに相談する
  • 円満退職できるよう行動する

ポイントを理解して実践できれば、よりよい転職を叶えられますよ。

ポイント1:前向きな転職理由を持っておく

ひとつ目のポイントが、前向きな転職理由を持っておくことです。

転職理由が人間関係の場合、もめ事を起こすのではないのか、応募者自身に問題があるのではないかなど、マイナスに評価される可能性があるからです。

面接などで話すときは、ネガティブにとられないように、ポジティブな内容に変換して伝えましょう

人間関係での転職をポジティブに変換した例


  • みんなと連携を取りながら仕事がしたい
  • チームワークを重視して一丸となって目標を達成したい

一ノ瀬セナ
働くうえで、コミュニケーションを円滑にとるためにどんな工夫をしているかなどをアピールしましょう!

ポイント2:転職面接での退職理由の説明を整理しておく

2つ目のポイントは、転職面接での退職理由の説明を整理することです

退職理由をちゃんと整理しておかないと、自分がなぜ転職したいのか、転職して何をしたいのかをうまく説明できないからです。

できれば、人間関係を原因としていない転職理由・退職理由を準備しておくと良いでしょう。

ポイント3:転職後の職場で人間関係が良好になるような行動をする

3つ目のポイントが、転職後の職場の人間関係が良好になるような行動を心がけることです。

良好な関係を心がけないと、同じ失敗を繰り返す可能性があるからです。

今の職場が嫌だから、転職さえすればすべて解決する、と思っていませんか?

転職した先で馴染む努力ができるかどうかが重要になりますよ。

ポイント4:転職エージェントに相談する

ポイントの4つ目、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントでは求人支援だけでなく、転職の悩みや進め方など転職にかかわる相談も可能だからです。

転職エージェントは転職のプロなので、人間関係が理由の転職も数多くサポートしています。

相談のみもOKなので、途中で悩みが解決すれば、転職エージェントを利用して転職しなくても大丈夫ですよ。

悩みが解決せず転職を決意した場合も、担当者があなたに合った求人を紹介してくれるので、安心して転職活動を進められるでしょう。

ポイント5:円満退職できるよう行動する

最後は、円満退職を目指しましょう

急に会社に行くのを辞めたり、引継ぎをせずに退職するとトラブルになる可能性があります

残された人との人間関係も悪くなりますし、お互いに嫌な思い出として残ります。

できるだけトラブルなどストレスを抱えないで転職したいですよね。

円満転職をするには、段階的に行動することが大事です

詳しく紹介している記事があるのでチェックしてみてください。

【人間関係を理由にした転職】まとめ

【人間関係を理由にした転職】まとめ


  • 転職をする前に他人に相談する
  • 不安の原因に対してポジティブに見方を変えてみる
  • 人間関係を理由に転職するときはポジティブな他の理由を準備する

いかがでしたか。

結論から言うと、人間関係を理由に転職するのはアリです。

人間関係を理由にした転職をするときは、少なくとも上記の3つは必ず実践しましょう。

そうすれば、転職を繰り返すことなく、人間関係で悩まずに働くことができますよ。

あなたが満足できる転職ができますように。

-転職の悩み
-

Copyright© 転職index , 2020 All Rights Reserved.