転職での失敗を避けるために絶対に押さえるべき11個の注意点

この記事で解決できる悩み

  • 転職活動の注意点ってどんなこと?
  • 転職で失敗しないためにするべきことは?

転職活動を成功させるために、気をつけるべきことや注意点について知りたいと悩んでいる方に向けて、この記事では以下の解説をします。

この記事の主な内容


  • 転職活動の注意点
  • 転職活動で失敗を避けるためのポイント

転職での失敗を避けるための11個の注意点』を理解して行動すれば、はじめての転職でも気をつけるべきポイントがわかるので、転職の成功率を上げられますよ。

それではひとつずつ見ていきましょう。

転職での失敗を避けるための11個の注意点

転職の失敗を避けるために、以下の11個の注意点について解説します。

転職での失敗を避けるための11個の注意点


中には注意することで、結果的に企業側に良い印象を与えられることや、転職してから後悔しないために気をつけるべき内容があります。

悔いの残る転職にしないよう、しっかりとチェックしましょう。

注意点1:できるだけ在職中に転職活動をする

注意点のひとつ目は、できるだけ在職中に転職活動をすることです。

退職後から転職活動をすると、転職が決まるまで転職活動費や生活費を貯蓄から捻出しなければなりません

すぐに転職先が決まればいいですが、ブランク期間が空いてしまった場合にもっとも負担がかかるのが金銭面です。

できるだけ、金銭的な不安がない状態で転職を進めましょう。

注意点2:転職活動をしていることを職場では言わない

転職活動をしていることを、職場では言わないほうが良いでしょう。

信頼のできる人だけに伝えたつもりでもどこからか情報が漏れてしまい、会社に居づらくなる可能性があります。

伝えていないのに上司から先回りして引き止められたり、同僚に不信感を与えてしまって職場の空気が悪くなるおそれがあります。

一ノ瀬セナ
実は…会社を辞めようと思ってるんですよね…
えぇっ、やっぱりこの会社やばいのかな?僕も辞めたほうがいいのかも…?
はじめ君

職場に伝えるのは、内定が決まるなど退職を決意したタイミングにしましょう。

注意点3:あいまいな理由で転職をしない

次の注意点は、あいまいな理由で転職をしないことです。

どこでもいいから転職したい、と適当に求人を探すと条件や待遇面で妥協してしまう可能性があります。

面接までたどり着いても、なぜ前の会社を退職したのか、希望する企業に入りたいのかをうまく説明できず、面接で落とされることになりかねません。

また、転職しても思い描いていたものと違うと感じて、その後転職を繰り返してしまう場合もあります。

あいまいな理由で転職するのはデメリットしかありませんので、明確な目的を持ちましょう

注意点4:転職先の企業を十分に調査する

4つ目は転職先の企業は十分に調査することです。

十分に調査せずに転職すると、実際入ってみたら思っていたのと違うという状況が起こります。

転職先の企業を調査するには転職エージェントを利用したり、口コミサイトをチェックするのがおすすめですよ。

未経験可の求人への応募は気をつける

未経験可の求人への応募は気をつけましょう。

なぜなら、待遇や職場環境が悪く離職率が高い会社だったり、不祥事を起こした会社だったりと、人員の確保がなかなかできないために採用条件を下げている場合があるからです。

このような状況では、たとえ未経験でも即戦力として採用されるケースがありますので、事前にしっかり企業調査をしましょう。

注意点5:ひとりで転職活動をしない

ひとりで転職活動をしないことも大事です。

自分のことを自分で客観的に見直す、というのは難しいものです。

自己分析や企業調査は、転職エージェントのキャリアアドバイザーなど第三者に協力してもらったほうが、より客観的に情報を精査できますよ。

おすすめ転職エージェント


注意点6:自分の市場価値を正しく把握する

6つ目の注意点は自分の市場価値を正しく把握することです。

実力以上の目標を持って転職活動をすすめると失敗する可能性が高くなるからです。

たとえ大企業で働いていたとしても、実際にそれ相応のスキルがあるとは限りませんし、逆に、自分なんかと卑屈になりすぎるのもよくありません。

一ノ瀬セナ
自分で判断できない場合は、転職エージェントなどのプロの意見を取り入れましょう!

注意点7:転職しない選択肢も持っておく

転職しない選択肢も持っておきましょう

転職活動を進めていると、知らなかった今の環境の良さに気付くことがあるからです。

転職活動をしているからといって、必ず転職しなければいけないわけではありません

注意点8:内定後の対応は早々に行う

内定後の対応は早々に行いましょう

先伸ばしてしまうと企業に不信感を与えかねません。

お互いに良い印象を抱いた状態で仕事をスタートできるように心がけましょう。

書類の内容は隅々まで確認して、疑問点はわからないままにせず電話やメールで問い合わせましょう。

一ノ瀬セナ
辞退する場合も迅速に行動するのがマナーですよ

注意点9:面接は充分な準備をしてのぞむ

注意点の9つ目、面接は充分な準備をしてのぞみましょう

行き当たりばったりの対応では面接を突破できません。

事前に入念な準備をすることが大切です。

面接の準備には質問の回答だけではなく、実際に企業を訪問する際に遅刻しないための準備も含まれます。

必要な準備


  • 面接の回答
    …これまでのキャリアや、スキルを転職先の企業でどう活かすか
    …逆質問になんと答えるか
  • 面接会場への移動の準備
    …複数の移動手段を想定しておく
    …時間に余裕をもって移動する

面接の詳細な準備は以下の記事で詳しく解説していますよ。

注意点10:退職時のマナーに気をつける

注意点の10個目は、退職時のマナーに気をつけることです。

退職時のマナー


  • 退職希望日の1~2か月以上前には伝える
  • 必ず直属の上司に伝える

この2点はとくに注意しましょう。

対応を間違えるとトラブルになることもありますので、事前に就業規則の確認をおすすめします。

あとは引継ぎなどをしっかり行い、良い人間関係を保ったまま退職できると良いですね。

注意点11:年金や健康保険の手続きに気をつける

最後の注意点は、年金や健康保険の手続きについてです。

退職して翌日から次の会社に勤務、つまりブランク期間がゼロの場合はこの手続きは不要です。

しかし、1日でもブランク期間がある場合、「年金」「健康保険」の手続きが必要になります。

退職してブランクがある場合


  • 国民年金への加入
  • 健康保険の切り替え

以上の2つの手続きは退職してから14日以内に必要なので、なるべく早くにすませておきましょう。

手続きに対して不安があったり、退職日に悩む場合は入社日の前日を退職日にするのがおすすめです。

【転職の注意点】まとめ

【転職の注意点】まとめ


  • 注意点を理解して行動することで転職成功率は上がる
  • 明確な理由があって転職を決意したら、なるべく在職中に活動を開始する
  • やらねばならないことは迅速に対応する

いかがでしたか。

11個すべての注意点をすべてきっちり守ろうとすると意識しすぎて辛くなってしまうかもしれません。

そういう場合は、一つひとつで大丈夫なので、チェックしながら転職活動を進めていきましょう

基本的な内容ですが大切なことばかりなので、必ずあなたの助けになるはずです。

あなたが満足できる転職ができますように。

この記事を読んでいただきありがとうございました。

-役立つ転職知識
-

Copyright© 転職index , 2020 All Rights Reserved.