基礎知識

【有効活用!】転職活動でスカウトメールを受けとるメリットは?

更新日:

この記事では、転職活動を進めるとよく目にすることになる「スカウト」や「オファー」の特徴などについて説明していきます。

転職サイトそれぞれで異なるスカウトの特徴も紹介していますので、登録する転職サイト選びの参考にして頂けると嬉しいです。

スカウトの中には書類選考や1次面接が免除になるなど、特典付きのオファーもありますが、だからといって必ず内定が保証されるわけではありません。

あくまでも、転職活動を有利に進めるためのオプションのひとつでしかないと理解しておくことが大切です。

スカウトとは

スカウトとは?

スカウトは転職サイトの機能の一つ

簡単にいうと、「あなたに興味があります」ということを企業が応募者に伝えるためのものです。サイトによってはスカウトではなくオファーという名称で呼ばれたりもします。

基本的にスカウトやオファーのメールが届くと自分が評価された気分になって、とてもうれしいのですが、スカウトが届いたからといって必ず採用されるというわけではありません。

スカウトにも色々と種類があって、全部に対応していると時間を無駄にしてしまうことになりかねないので、注意する必要があります。

スカウトやオファーの種類

スカウトは大きく2つに分けられます。

  • 企業の採用担当者から直接送信されるスカウトメール
  • 転職エージェントから届くスカウトメール
転職活動をしているとたくさんのスカウトメールが届きますが、さきほどもいいましたが、全てに対応していると時間の無駄です。

書類選考が免除されるなどの特典が付いているかどうかをひとつの基準に、対応するかどうか判断してみてください。

企業からのスカウトメール

1つ目は企業の採用担当者から直接送信されるスカウトメールです。

こちらのスカウトメールは多くもらえると、有利に転職活動を進められる可能性がアップします。

ざっくりいうと「あなたに対して興味があるのでぜひ選考に応募してほしい」という内容のものです。


これにも「面接の確約や一次面接の免除」を約束するものと「特に優遇はないが、求めているスキルや経験が近いので応募してほしい」という2種類に分かれます。

前者の場合は具体的な特典があるので、もし興味のある会社であればすぐに連絡をするべきですが、後者のメールの場合は、自分だけではなく他の複数の応募者に一斉送信していることもあるので、しっかりと内容を見極める必要があります。

一斉送信の場合、あなたが転職サイトに入力した年齢や希望職種などから判断して自動的に送られていることがほとんどなので、このようなスカウトメールはマッチングし辛い

転職エージェントからのスカウト

2つ目は転職エージェントから届くスカウトです。

こちらは選考を受けるにあたってなにか特別な優遇を約束するものではなく、複数の応募者に転職エージェントへの登録を一斉送信で勧めているメールになります。
自分がまだ登録していないエージェントからのメールで、もしも興味があれば登録してもいいですが、もしも既に登録しているエージェントだったり、特に興味がない場合はスルーしても問題ありません。

スカウトサービスのメリットとデメリット

スカウトやオファーメールがなんとなくどんなものか掴めてきたと思いますので、ここで一度メリット・デメリットを整理してみます。

スカウトやオファーメールのメリット

スカウトやオファーをもらうメリットは以下の3つです。

メリット


  • 面接確約、1次面接の免除など、選考を受けるにあたって他の応募者よりも優遇される可能性がある
  • スカウト限定の非公開案件などにも応募できる
  • 自分の市場価値や、キャリアにどれくらいの需要があるのかを把握することができる

スカウトやオファーメールのデメリット

一方のデメリットは以下の2つです。

デメリット


  • 自分のスキルや希望とマッチしていない企業からもメールが届く
  • 転職エージェントからもメールが届く

特典付きのスカウトメールを受け取るために大切なこと

面接確約や1次面接の免除など、何かしらの優遇が受けられるスカウトメールをたくさん受け取るために大切なことは以下になります。

  • 転職サイトに記載する内容を充実させる
  • 内容を定期的にアップデートする

担当者は転職サイトに登録している情報や職務経歴書(スカウトレジュメ)の内容を見てスカウトメールを送っています。

採用担当者の知りたいポイントをしっかりとふまえた上で、具体的なエピソードや数字を使い出来るだけ分かりやすく記載する事が大切です。

定期的にアップデートすることが大事な理由

転職サイトに登録する内容を、定期的にアップデートしないとなぜダメなんですか?
自分の情報がどんどん埋もれていってしまって、発見されにくくなってしまうんだ。
転職サイトにはすでに転職活動を終えている人の情報も登録されているので、サイト側の表示ロジックのひとつとして、アクティブ率も考慮するようにしないと、より有意義なマッチングにつながっていきません。

そこまで頻繁にアップデートする必要はありませんが、長期間にわたって転職活動をする場合は注意するようにしましょう。

スカウトメールが前よりも届きにくくなったと感じたら、情報を追記したり微調整をしてみよう

出来るだけ複数の転職サイトに登録しよう

ひとつのサイトだけではなく、複数の転職サイトに登録するほうが、当然ですがより多くのスカウトメールをもらうことが出来ますし、各サイト独占の求人が見つかったりもします。
その分不要なメールも増えますが、サイトによってはスカウトやオファーメールのうち、転職エージェントからのオファーをOFFにしたりすることも可能なので、あまりにも数が多い場合は、こういった機能も有効活用していきましょう。

転職サイトそれぞれのスカウトサービスの特徴について

転職サイトそれぞれのスカウトサービスの特徴について
ここでは、転職サイトそれぞれのスカウトサービスの特徴について紹介していきます。全部のサイトに登録する必要はありませんが、自分がまだ知らないサイトや興味があるサイトがあればチェックしてみてください。

リクナビネクスト

リクナビネクストのスカウトの種類は以下の3つです。

  1. プライベートオファー
  2. オープンオファー
  3. 興味通知オファー

一番面接に近く、信憑性のあるスカウトが「プライベートオファー」

書類選考免除や一次面接の免除などの優遇はこのプライベートオファーという形で通知されるので、しっかりとチェックするようにしましょう。
他の2つのオープンオファーと興味通知オファーは「求人を見てみてください!」という案内や「あなたの経歴やスキルに興味があります!」という内容のスカウトで、プライベートオファーほど高い温度感ではありません。

ただし興味通知オファーは面接につながる可能性もあるので、出来るだけチェックするほうがいいです。

マイナビ転職

マイナビ転職のスカウトの種類は以下の3つです。

  1. プレミアムスカウト
  2. スカウト
  3. スカウト限定求人

マイナビ転職のスカウトはどの種類にも特典がある

プレミアムスカウト」や「スカウト」は採用担当者がWEB履歴書をチェックして応募して欲しい人に送信しているスカウトメールなので本気度が高く、中には年収保証などの特典もあるそうです。

ちなみに「スカウト限定求人」は、スカウトを受け取った人だけが応募できる非公開の求人になります。

doda

dodaのスカウトサービスの種類は以下の3つです。

  1. 面接確約オファー(書類選考なし)
  2. 登録者限定のオファー
  3. 求人オファー

一番企業の本気度が高いオファーは「面接確約オファー」

応募すれば書類選考をスキップして、すぐに面接に進むことができます。

なお非公開の限定求人は「登録者限定のオファー」として通知されます。

もう一つの求人オファーには特典はありませんが、求人企業がDODAに登録した情報を見て送信するオファーになります。

ビズリーチ

ビズリーチのスカウトサービスの種類は以下の2つです。

  1. プラチナスカウト
  2. スカウト

高年収のハイクラスな求人に特化したサービス


企業から直接届く面接確約のスカウトが「プラチナスカウト」です。

それに対してもう一方の「スカウト」は、ヘッドハンター(転職エージェント)から届くものです。

「スカウト」は有料プランにアップグレードしないと内容に返信できない仕様になっています。

ミイダス(MIIDAS)

最後に ミイダス を紹介しましょう。

書類選考合格済みの、面接が確約されたオファーだけが届くサービス


登録するときに文章の入力は不要で、項目を選択していけば登録が完了し、それだけでスカウトのサービスが受けられるようになります。
すでに転職エージェントを利用していて、転職エージェントからのスカウトメールはあまり必要ないという人には、特にうれしいサービスですね。
同じように出来るだけ受け身でスカウトを待ちたい場合は、FACEBOOKを使って登録する「Switch」というサービスもチェックしてみてください。

スカウトがもらえれば必ず採用されるわけではない

スカウトがもらえれば必ず採用されるわけではない
ここまでスカウトサービスのメリットや転職サイトそれぞれのスカウトの特徴などについて説明してきました。

面接確約や年収保証などの優遇オファーをもらっても、必ず採用されるというわけではないので注意が必要


あくまでもスカウトやオファーは補助的な役割でしかなく、結局は面接でのやり取りを通して採用が決まります。

特別なスカウトが届いても慢心せずに、内定に向けてしっかりと準備することが大切です。

転職エージェントを利用するほうがメリットが大きい場合も

転職サイトを利用してスカウトやオファーを受けるメリットは、非公開の案件を紹介してもらえたり、自分の市場価値を把握したり、面接確約などの優遇を受けられることです。

こういったメリットは、実は転職エージェントを利用することでも受けられます

転職エージェントを利用するメリットはたくさんあります。

そして転職サイトのスカウトで受けられるメリットはほぼ全てカバーしていますし、それ以外のメリットもたくさんあるので、転職活動する際は利用を検討してみてください。利用する際の料金は全て無料です。

転職エージェントを利用するときは、複数のエージェントを利用するようにしましょう

転職活動を進めていくにあたってエージェントの担当者との相性が大切という理由もありますし、複数利用することで、エージェントの担当者に自分を対応する優先度をあげてもらうことができます。

転職エージェントについては、メリット・デメリットも含めこちらの記事でも説明していますので、参考にしてみてください。
【選び方を間違えないために】失敗しない転職エージェントの選び方

5つの転職エージェント

最後に有名な5つの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最大級の実績と求人数をもつエージェントと言われています。

ひとつの業界だけではなく幅広い業界の求人を紹介しているので、未経験の職種に転職するなど、キャリアチェンジしたい人にも向いています。とりあえず登録しておいて損はないエージェントのひとつです。

doda

dodaも最大級の求人数をもつエージェントのひとつです。

リクルートエージェントと同じように幅広い業界の案件に対応していて、サイト上での情報発信が盛んなことも特徴のひとつです。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系の求人やハイクラスの高年収の求人に特に強いエージェントです。年齢的には30代以上の人が多く利用しているそうです。

ハタラクティブ

ハタラクティブ は、第二新卒、既卒、フリーターなど、20代の人に特化してサービスを提供する転職エージェントです。

職歴がない人や、正社員での就業経験がない人はチェックしてみてください。

WORKPORT(ワークポート)

WORKPORT は特にIT・WEB・ゲーム業界の案件に強いエージェントです。東京や大阪はもちろんですが、神戸、名古屋、仙台、福岡にも拠点を構えています。

レバテックキャリア

レバテックキャリア は、エンジニアやクリエイターの案件紹介に特化した転職エージェントです。

レバテックエキスパートという年収800万円以上のハイクラスな案件に特化したエージェントも一緒に利用できます。

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.