役立つ転職知識

【転職面接で不安な人必読】面接のコツ3つと緊張しないための考え方

更新日:

転職 面接 コツ

この記事で解決できる悩み


  • 転職面接ってどんな質問が重要視されるの?
  • 面接でやってはいけない行動を知りたい
  • 面接本番で緊張して固まらないようにしたい!

転職面接でどんなポイントが重要になるのか、不安に感じてしまいますよね。

この記事では転職面接のコツについて解説します。

転職面接で重要な6つのコツ」を理解すれば、はじめての転職でも、採用面接時にリラックスして、面接官によい印象を与えることが可能です。

実際多くの求人転職サイトでも、これらのポイントは必ずと言っていいほど紹介されており、その重要度がわかります。

それではまず「転職面接で企業は応募者の何を確認しているか」について見ていきましょう。

【はじめに】転職面接は会社に貢献する人材かを見ている

一般的に転職面接では、履歴書の情報だけが見られているわけではありません

人柄やコミュニケーションの取り方を見たり、入社後にチームのメンバーとして一緒に働きたいかどうかを確認するための場です。

そのため、いくらあなたの職務経験がすばらしくても、面接での受け答えや態度が良くないと、いっしょに仕事をする仲間にしたいと思ってもらえず、良い評価をされないと知っておきましょう。

転職面接は新卒の面接と別物

転職面接の場合は社会人であることが前提なので、ビジネスマナーはできて当たり前の世界です。

新卒の面接ではマナーで至らない点があっても大目に見てもらえることもありますが、転職面接ではマナーを守れない立ち居振る舞いは、悪い印象を与えかねません

ビジネスマナーに自信がない方は練習しておくことも大切です。

転職面接で重要な6つのコツ

ここからは、転職面接で重要な6つのコツについてご紹介します。

転職面接で重要な6つのコツ


コツ1:相手の質問の意図を読み取ろう
コツ2:職務経歴は具体的に話そう
コツ3:自分がなぜ入社したいのかを明確に伝えよう
コツ4:挨拶を忘れずにすること
コツ5:相手面接官に聞こえる声でハッキリと話そう
コツ6:必ず目を見て視線を合わせよう

それぞれのコツについて、詳しく見ていきましょう。

コツ1:面接官の質問の意図を読み取ろう

転職面接で残念ながら不合格になってしまう人に多い傾向が、面接官の質問の意図とは違う回答をする人です。

質問の意図と違った自己アピールをすると、相手の話を聞かずにコミュニケーション能力が欠如していると思われ、採用の合否に大きく関わります。

また面接官が話をしているときに遮ることもマイナスポイントになるので、相手が話し終わるまで待ち、質問の意図に従った回答をしましょう。

コツ2:職務経歴は具体的に話そう

転職面接では、企業にどのくらい貢献し利益をもたらす人材なのかを見極められているため、具体的な職務経歴を話すことが大切なポイントです。

どのような仕事をしてきたかを曖昧に伝えてしまうと、会社に貢献できる人物かどうかを判断しにくいので、わかりやすく実績や経験を伝えましょう

数字を交えて説明するとイメージしやすくなるので、「売り上げ前年対比120%」「社内No.1」などは積極的に取り入れることをオススメします。

情報漏洩にならないように、どこまで話すかは注意することが大切です。

コツ3:その企業の特徴をしっかり把握しよう

面接ではその企業の製品やサービス、業務内容、職場環境など、その企業の特徴をしっかり把握して、「なぜこの会社に入りたいのか」を明確にしておくことが大切です。

とくに志望動機で「当社を選んだ理由をお聞かせください」と質問をされたとき、対策不足では回答に矛盾が起きやすく、「他社で働いても良いのでは?」という印象を与えかねません。

受ける企業のよさを明確に話せるように準備しておくと、どんな質問にもブレずに答えられるでしょう。

コツ4:挨拶を忘れずにすること

挨拶を忘れると社会人のマナーが守れていないという印象につながってしまうので、忘れずにすることが大切です

転職面接で忘れやすい挨拶


  • 面接終了時
  • 面接までの待機時
  • エレベーターの中で社員とすれ違ったとき


「正しい挨拶」が即採用につながることはないものの、転職者で挨拶ができないことが不採用につながることは十分にありえます。

面接終了時は「ありがとうございました。失礼します。」としっかりお礼を伝え、社員とすれ違うときは「こんにちは」と軽く会釈するのが一般的です。

自分から挨拶することを心がけましょう。

コツ5:相手面接官に聞こえる声でハッキリと話そう

面接官にはっきりと聞こえる声で話すことも大切なポイントです。

小さい声で話すと、せっかくのアピールポイントも聞き取りにくく、相手に届かなくなってしまいます。

それどころか元気がなく、仕事に積極的に取り組めない人という印象を与えかねません。

入室時の挨拶から相手に届く声量で、明るくハキハキと受け答えをするように心がけましょう。

コツ6:必ず目を見て視線を合わよう

面接では、必ず面接官と視線を合わせることを意識します。

なぜなら目を見て話すと、熱意や話の内容に信頼性が増し、思いが伝わりやすくなるからです。

逆に視線を合わせず話すとそっけなく、コミュニケーションが取りづらいなどの悪い印象を与えることがあるので注意します。

視線を合わせるのか…緊張しそう…
面接で緊張してしまうのは問題ないので、目を見て話し、笑顔を意識することで印象アップを狙いましょう。

その他の転職面接のコツ

他にも面接のコツを紹介した記事がありますので、ぜひ読んでみてくださいね

面接の服装についての記事をチェック

面接でよく聞かれる質問についての記事をチェック


面接の化粧についての記事をチェック

これはダメ!転職面接時のNG行動2つと解決方法

転職面接時に以下の2つの行動をとると、面接官に悪い印象を与え、 採用結果にも関わるため注意が必要です。

転職面接時のNG行動2つ


NG行動1:転職の動機がネガティブのみを話す
NG行動2:面接先の会社のことをまったく調べていない 


解決方法とあわせて、詳しく見ていきましょう。

NG行動1:転職の動機がネガティブのみを話す

転職理由が「人間関係に問題があった」「今の仕事が好きになれない」「残業が多い」などネガティブなことばかり話すのは、NG行動の1つです。

中途採用は長く働き続けてくれる人材を探しているので、たとえ待遇や人間関係の不満が転職する理由だとしても、そのまま伝えると「採用しても同じ不満が出たらやめてしまうのではないか」と採用担当に不安を与えてしまいます。

採用を見送る原因にもつながるので、ネガティブな動機ばかり話すことは避けましょう。

解決方法:ポジティブな動機に変えよう

たとえ転職動機がネガティブでも、ポジティブな動機に変換すれば問題ありません!

以下の3つの理由を明確にすることで、ポジティブな動機に変えることができます。

転職面接までに明確にしておくべき理由3つ


  1. なぜ今の仕事をやめたのか(退職理由)
  2. なぜ辞めてでも再就職したかったのか(転職理由)
  3. なぜこの会社に入りたいのか(志望動機)

たとえば転職動機が「給料に不満を感じている」場合、

面接で転職理由を伝えるときの例文


前職では、営業の売り上げ成績がトップでも成果が評価につながらず(①退職理由)、実績を評価してもらえる場で仕事に邁進したいと思い、転職を決意しました(②転職理由)。
御社の評価制度や社風に魅力を感じ、志望いたしました(③志望動機)。

と伝えるとネガティブな動機を、ポジティブに変換したうえで意欲ややる気を伝えることが可能です。

NG行動2:面接先の会社のことをまったく調べていない

面接先の会社のことをまったく調べていないのも、NG行動になります

事業内容や製品、サービスなどの情報を調べて面接を受けるのは、最低限のマナーです。

「なぜ何も知らないのに入社を希望するのか?」と面接官も困ってしまううえに、熱意や誠意が伝わらず、不採用につながる可能性が高いでしょう。

解決方法:会社のことを調べておこう

面接前には会社のことを少しでも知るために、最低限会社のホームページを見ておくことが大切です。

経営理念や事業内容を調査することで、会社への理解が深まります。

さらにプラスして行うとよいのは、製品やサービスを利用してみて魅力に感じた点や、競合他社と比較した改善点など、自分なりの意見を持つことです。

会社への熱意や愛情を伝えることができるので、面接でのアピールポイントになるでしょう。

本番で緊張しないための考え方のコツ2つ

面接は少なからず緊張してしまうものですが、本番であがらないためのコツが2つあります。

本番で緊張しないための考え方のコツ2つ

考え方のコツ1:「絶対にミスをしてはいけない」と考えない
考え方のコツ2:一語一句正確に言おうとしない

ほどよい緊張感を持つことは望ましいですが、緊張しすぎると挙動不審になったり、言いたかったことが思い出せず、力を最大限発揮できずもったいないですよね。

ここからは、緊張しすぎないためのコツを詳しく見ていきましょう。

考え方のコツ1:「絶対にミスをしてはいけない」と考えない

うう…やっぱり緊張しそう。ミスしたらどうしよう…
「絶対にミスをしてはいけない」と考えないことが大切です!

うまくよいことを話そうとするよりも、落ち着いて自分の言葉で話すことを意識しましょう。

緊張しすぎて頭が真っ白になったり、固まりそうになる場合は、正直に緊張していることを相手に伝えるのもひとつの手です。

面接官の不信感を解きつつ、自分の緊張もリセットして心を落ち着かせることができます。

考え方のコツ2:一語一句正確に言おうとしない

経歴書や職務経歴書の内容を、一語一句正確に言おうとしないのも大切なポイントです。

「間違えられない」と考えるとプレッシャーになるので、言いたいことは要点を押さえて覚えることをオススメします。

志望動機や自己PRなど絶対に聞かれる質問は、最低限伝えておきたいポイントだけを覚えて話せるように練習しておくと安心です。

緊張して内容が飛んでしまっても、ポイントだけ押さえて言えるようになっていれば、その場でアレンジしながら話すことができるでしょう。

【転職面接のコツ】まとめ

【転職面接のコツ】まとめ


  • 相手とコミュニケーションしていることを必ず意識しよう
  • 面接時に質問にだけ意識を向けるのでは無く、好印象をもたれる姿勢を見せよう
  • 完璧に伝えようとすると緊張に繋がるので言いたいことをまとめておく

いかがでしたか。

転職面接を受けるときは、上記のコツを必ず実践しましょう。

面接は少なからず緊張するものですが、なるべくリラックス状態を作り、相手とのコミュニケーションを意識すれば、あなたらしく熱意を伝えることができます

正しいマナーを身につけ、企業研究などの事前準備をしっかり行って、好印象を残せる転職面接にしていきましょう。

退職から内定までサポート おすすめ転職エージェント

国内求人数トップレベル!
doda
2人の担当者があなたをバックアップ!国内求人数トップレベルであなたに合った求人が見つかる。
求人数トップレベル
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
各業界に精通したエージェント!
マイナビエージェント
20代が信頼する転職エージェント1位を獲得!(※楽天リサーチ調べ)各業界に精通したプロがあなたをしっかりサポート!
幅広い業界の求人
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
幅広い年齢層から支持!
リクルートエージェント
豊富な求人数で幅広い年齢層をカバー!転職成功者からの評価の高い転職支援実績NO.1の転職エージェント!
求人数トップレベル
全国展開
支援実績No.1
登録無料

相談する

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.