転職の悩み

【転職が難しい人はこんな人】転職をうまく進めるポイントと対策を徹底解説

更新日:

終身雇用という概念が薄れて、盛り上がりを見せている転職市場。

自分も転職したいけれども、転職活動がうまくいくか不安…
年齢的に転職するにはぎりぎりでは?
今より環境が良い職場に転職するのは難しいのではないか?

と考えてしまう方も多いかと思います。

確かに、転職が難しい条件の人もいますが、しっかりとポイントを押さえた上で対策すればうまく転職活動を進めやすくなります。

この記事では、転職が難しい人の特徴や、転職が難しい理由、転職活動を上手く進めるコツなどをご紹介します。

転職が難しい人の特徴

どこを見て難しいと判断されるのか?

転職回数が多すぎる

転職回数が多ければ多いほど、転職には不利になります。

1回~2回程度であれば全く問題ないですが、3回目以降になると徐々に影響がでやすいです

採用担当からすると、すぐに辞めてしまう人よりも、安定して会社に勤めてくれる人を採用しようとします

あまりにも転職回数が多い場合、採用担当はすぐに離職してしまうリスクがあるという風に捉えてしまいやすくなります

客観的な自己分析ができていない

転職市場の評価と本人の希望条件に大きなズレがある場合は、転職が難しくなります。

ズレてしまう原因

  • 求める給料が自分の能力とあまりにもかけ離れている
  • 30代で未経験の業界や職種への転職を考えている
  • やりたいこと、仕事内容が市場とマッチしていない

このズレが大きければ大きいほど転職が難しくなります。

自分の貢献できるところスキルこれまで積み上げてきた実績を客観的に分析して臨むのがよいでしょう。

謙虚に振舞えない人

会社で働くということは、チームで働くということです。

いくら能力やスキルがあっても、全員と共同作業やすり合わせができない人は敬遠される傾向にあります。採用担当や面接担当者も人間です。

どんな利益をもたらすかということ以上に、この人と働きたいかという点は重要視されます。

そのひとつとして分かりやすく見えるのが謙虚さです。面接時などに横柄な態度や上から目線の態度をとってしまうとその時点で心象を損ね、転職が難しくなります。

20代・30代・40代それぞれの転職が難しい理由

それぞれの年齢で難しいと思う点を知ろう

転職が難しくなる理由は年代ごとに全く異なります。それぞれまとめていきます。

20代のケース

20代で転職する場合は、経験や能力よりも熱意やモチベーション、素直さなど今後の成長のポテンシャルが重要視されます

20代であれば、未経験の職種や業種でも採用してくれる可能性も高いでしょう。

一方で、上記で紹介した

  • 転職回数が極端に多い
  • 転職市場と本人の希望にずれがある
  • 謙虚さのない人

という条件を満たしてしまうと20代でも転職が難しくなります。

20代だからこそ、自分のビジネス的な立ち位置を客観視できていない人も比較的多い傾向にあります。

だからこそ、客観的に自分を分析することができれば、同年代から一歩抜け出すことができるでしょう。

30代のケース

30代の場合は、これまでの実績や経験、スキルが重要視されます

20代に比べてマネジメントなど組織やチームを率いたり束ねたりする能力が求められる傾向があります。

転職先の会社で、これまでの経験やスキルを活かして、どうやって貢献ができるかをアピールすると良いです。

30代になると、未経験職への転職はやや難しくなるでしょう。すでに前職で積み重ねてきたものは、転職先では評価されない可能性もあります。20代と比べると即戦力性が求められます。

40代のケース

40代での転職は大きく枠が絞られてしまいます。

20代~30代の方が業務の吸収や会社への慣れが早いというイメージがありますので、そういった面で比較されてしまうと年齢だけで、選考から落ちてしまうこともあるでしょう。

しかし40代だからといって、転職が不可能ということは絶対にありません。自分自身のスキルとこれまで積み上げてきたものをしっかりとアピールする必要があります

更に重要になるのが、応募先との相性です。相手が求めているものをしっかりと満たすことできることをアピールすれば、転職成功に近づきます。

40代こそ、転職で大事にしたいことを絞り込み、どの程度の条件なら妥協できるかどうかの基準をしっかりと持つことも重要です

「この人なら採用しても大丈夫」と思われる転職時のコツ

採用担当者が安心する人とは?

転職が難しい人と判断されないためのコツを5点ご紹介します。「この人なら採用しても大丈夫」と思われるように対策をとっていきましょう。

転職したい理由をすぐに言葉で伝えられるようにする

転職理由は簡潔にわかりやすく伝えられるよう、しっかりと整理をしておきましょう。転職したい理由が曖昧だと、自分の頭で考えられない人と印象付けられてしまいます。

そうなると、採用担当もその人がどういった時に退職してしまうリスクがあるのか把握できないため、採用を見送られてしまうこともあるでしょう。

  • 年収を上げたいのか
  • キャリアアップがしたいのか
  • 人間関係を一新したいのか
  • 自分の“やりがい”を感じる価値観はなにか

という理由を考えて

  • 年収をいくらまで上げたいのか
  • 福利厚生はどこまで求めるのか
  • どんな仕事内容だと満足するのか

など、自分なりにどうやったら成功したといえる転職になるのかを数値レベルまで具体化できるとよいでしょう。

客観的に自分を分析して、転職市場とのズレを埋める

転職が失敗してしまう理由の一つとして、「転職市場と本人の希望にズレがある」ことを紹介しました。

  • 求める給料が自分の能力とあまりにもかけ離れている
  • 30代で未経験の業界や職種への転職を考えている
  • やりたいこと、仕事内容が市場とマッチしていない

このズレを無くすためには、自分の貢献できるところやスキル、これまで積み上げてきた実績を客観的に分析する力が求められます。

これらのミスマッチが起こっていないかを確認するためには自己評価だけではなく、他人の意見も聞いてみてください

自己評価と市場での自分の価値をすり合わせることで、会社にとっても、自分にとってもストレスのない幸せな関係性で仕事をできるようにしましょう。

キャリアプランを具体的にイメージする

転職が難しいと判断される人の特徴として、具体的なキャリアをイメージしていない人が挙げられます。

具体的なキャリアをイメージしていないと、長期的に働くモチベーションが生まれにくく、採用担当からすると、短期での離職リスクを懸念します

置き換えて考えてみると分かりやすいかもしれません。

転職希望者

5年後、10年後にどうなっていたいかのビジョンがない会社に入っても将来不安だなぁ…

採用担当者

5年後、10年後のビジョンを持っている人の方の方が安心して採用できるなぁ…

キャリアプランがあることは、転職においてだけではなく、その後の仕事や生活にもプラスとなる指針になるかと思いますので、このタイミングにぜひ考えてみるのはいかがでしょうか。

第三者機関(転職エージェント、コンサルタント)に客観的に評価してもらう

  • なぜ転職したいのか
  • 自己分析
  • キャリアプラン

などしっかりと将来像を設計することが重要であることを解説してきましたが、自分ひとりで考えることは限界があります。

そんなときは、転職エージェントを活用するのが良いです。

転職エージェントには最新の情報が集まっています。その情報をもとに、客観的に自分の市場価値立ち位置、特徴を見てもらい、将来像やおすすめの転職先を一緒に考えてみましょう。

コミュニケーション方法を変えてみる

しっかりとビジョンがある上で、転職活動が上手くいかない場合は、自身のコミュニケーションについて見直す時間を取りましょう

転職が難しい根本的な原因はもしかするとコミュニケーションにある可能性があります。

どこかで相手に対して不快な思いをさせていないか、相手に心地よいと思われるためには何が必要かを客観的に考えて実践することが大切です。

自分が正しく伝わっていると思ったことでも、言い方次第で全く違う風に捉えられるということもあります。

面接での伝え方などは転職エージェントなども相談にのってくれるので、登録して相談してみるのも一つの方法です。

転職が難しい人でも活動を上手く進めるコツのまとめ

転職が難しくても不可能ではありません!少しづつ自分の弱点を直していこう

転職活動が失敗してしまう人の特徴

  • 転職回数が多すぎる
  • 客観的な自己分析が出来ていない
  • 謙虚な振る舞いができていない

の3点のいずれかに当てはまる人ということをご紹介しました。

会社の働くということは基本的にチームプレーです。転職回数が極端に多い場合や謙虚さのない人はチームの輪から外れてしまいやすいと判断されてしまいます。

また転職市場と本人の希望にずれがある場合も難しく、客観的に第三者に評価をしてもらうことが重要です

転職が難しい人と判断されないためのポイント5つ

  • 転職したい理由をすぐに言葉で伝えられるようにする
  • 客観的に自分を分析して、転職市場とのずれを埋める
  • キャリアプランを具体的にイメージする
  • 第三者機関(転職エージェント、コンサルタント)に客観的に評価してもらう
  • コミュニケーション方法を変えてみる

転職おすすめエージェント

マイナビエージェント

『マイナビエージェント』は株式会社マイナビの人材紹介サービスです。
人材紹介サービスを利用しての転職は、求人を閲覧できるだけの転職サイトと異なり、業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられるサービスです。

マイナビエージェントの求人の約80%が非公開求人。キャリアアドバイザーが数多くの求人の中から、あなたにぴったりの求人を提案してくれます。

20~30代に転職サポートに強く、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートをしてくれるので、はじめての転職の方でも不安なく転職活動を進められます。
転職エージェントを利用したいと思ったら、まずは『マイナビエージェント』をオススメします。

マイナビジョブ20's

『マイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)』は、20代に特化した20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントです。
20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートしてくれます。

リクルートエージェント

転職支援実績NO.1!転職支援実績は累計41万1,000名以上(2017年3月期時点)『リクルートエージェント』では、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上取り揃えています。

また、実績豊富なアドバイザー、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに沿った求人を一緒に探してくれます。他には、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しています。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.