年齢だけじゃない!転職が難しい理由7つとその解消に有効な方法7つ

この記事で解決できる悩み

  • 今より良い職場に転職したいけど、転職活動が上手くいくか不安…
  • 転職が難しいと言われる具体的な理由が知りたい
  • 転職の時は年齢がハードルになるって本当?

「今より良い環境で働きたい」「キャリア形成を考えた時、今の仕事をこのまま続けてよいのだろうか」といった理由から、転職を考える人は多いのではないでしょうか。

しかし「転職」と聞くと、漠然とした「難しさ」を感じて躊躇してしまう人が多いのも事実です。

どうして転職は難しいと言われるのか、具体的な理由や解決策をご紹介していきます。

自分の状況と照らし合わせて、最適な選択ができるようになりましょう。

転職が難しい人の特徴3つ

はじめに、そもそも転職が難しい人がどういう人なのか、3つの特徴をあげてご紹介します。

転職が難しい理由については後で詳しく紹介しますが、まずここで、自分に当てはまる部分があるか確認していきましょう。

転職が難しい人の特徴3つ


  • 転職回数が多い
  • 客観的な自己分析ができない
  • 謙虚にふるまえない

特徴1:転職回数が多い

ひとつ目の特徴は、転職回数が多いことです。

なぜなら、転職回数が多いと、採用担当者は「すぐに退職する人だ」と捉えてしまう傾向があり、転職で不利になるからです。

一ノ瀬セナ
転職回数が多いというだけで、「嫌なことがあったらすぐ辞めてしまう」「腰を据えて長く働いてはくれないだろう」という印象を持たれがちなのです。
やむを得ない事情があっても、悪い印象を持たれてしまうんだね。
はじめ君

20代の場合、1回~2回程度であれば、問題はありませんが、3回以降になると徐々に影響が出るようになりますよ。

30代の場合は、転職回数が5回以上になると「転職回数が多い」と感じられるのでひとつの目安にするとよいでしょう。

とはいえ、その企業に求められるスキルを持っている場合や、転職によってスキルアップができている場合は、転職回数に関係なく採用されるケースもありますので、単純な回数だけでなく転職の軸がぶれていないかどうかも重要ですよ。

特徴2:客観的な自己分析ができない

2つ目の特徴は、客観的な自己分析ができないことです。

本人が希望している条件と、転職市場における実際の評価に大きなズレがあると転職は難しくなります。

客観的な自己分析ができていないと、以下のような「ズレ」が生じやすいですよ。

客観的な自己分析ができない3つ


  • 求めている給料や待遇と、自分の能力に大きな乖離がある
  • 30代で未経験の業界や職種への転職を希望している
  • 自分が本当にやりたいことと、応募している業種や職種がマッチしていない

こういったズレが生じるほど、転職活動は難航しやすくなるので、自己分析はしっかりと行う必要がありますね。

そのうえで、自分の活かせるスキルや、これまでの経歴から、どういった企業にアプローチしていくのかを判断するのが大切です。

特徴3:謙虚にふるまえない

3つ目の特徴は、謙虚にふるまえないことです。

なぜなら、会社はチームで働く場所だからです。

"いくら能力やスキルが高いとしても、協調性や謙虚さが著しく低い人は、入社後のコミュニケーション面を考慮して嫌厭される傾向にあるのです。

自分に自信を持つのは大切なことですが、面接時などに横柄な態度を取ってしまったり、上から目線での発言をしてしまうと心象を損ねてしまいますよ。

転職が難しいのには7つの理由があった!

転職が難しい人の特徴をご紹介しましたが、ここではそれを踏まえて、転職が難しくなる理由を具体的にご紹介します。

自分にあてはまるケースがないか、今の自分と比較してチェックしてみてくださいね。

転職が難しい7つの理由


  • 30代以上でスキルや経験が少ない
  • 未経験分野へ転職しようとしている
  • 転職の目的が年収アップ
  • 中途で入社するのが難しいトップ企業への転職
  • 満足のいく仕事を見つけにくい地方への転職を希望している
  • 女性はライフイベントに影響されやすいと転職で判断される
  • 家族のいる状態で転職をしようとしている

理由1:30代以上でスキルや経験が少ない

ひとつ目の理由は、30代以上でスキルや経験が少ないことです。

なぜなら、30代以上になると、即戦力やマネジメント経験が重視されるようになるからです。

経験やスキルが足りないと、それに伴って採用ニーズも減ってしまうのですね。

また、キャリアや経験に一貫性がない場合も、同じ理由から転職が難しくなりますので、対策が必要になりますよ。

一ノ瀬セナ
40代での転職活動では、さらに時間がかかるようになり、成功率・求人数ともにぐっと低くなります。

最近では、40代が早期退職の対象になることも珍しくなくなってきていますが、このまま40代の早期退職者が増えれば、転職市場に40代が増え、同年代のライバルが増えることになります。

年齢だけでなく、採用枠やライバルの増加など、転職の壁が数多く待ち受けることになるので、難易度は跳ね上がってしまうのです。

20代でも状況によって難しい場合がある

20代の場合は、ポテンシャルが重視される傾向になるので、採用される可能性は高いといえます。

しかし、同年代の間で採用を勝ち取るためには、転職回数が極端に多かったり、客観的な自己分析ができていない場合は不利になってしまうので注意が必要ですよ。

理由2:未経験分野へ転職しようとしている

2つ目の理由は、未経験分野へ転職しようとしていることです。

経験や知識のない未経験の分野への転職は、合理的な理由や活かせるスキルなどをしっかり準備しておかないと、特に難しいといえます。

一般的に、職種を変えるハードルが最も高く、業種を変えるのは比較的ハードルが低いと言われています。

また、業界によっても異業種転職の難易度は変わってきます。

例えば、IT系は転職市場が拡大し続けており、人材の需要も非常に高いため、未経験でも比較的受け入れられやすい傾向にありますし、新卒採用の文化が根強い総合商社などでは難易度は高くなります。

業種は変えるが職種は変えない、比較的異業種転職が許容されやすい業界を狙うなどの対策が必要ですね。

理由3:転職の目的が年収アップ

3つ目の理由は、転職の目的が年収アップであることです。

面接の場で、自分の活かせるスキルや能力を相手に伝える前から、給与に関わる質疑応答をはじめてしまうと、採用担当者には「思慮が浅い」、「お金のことしか考えていない」などネガティブな印象を与えてしまいます。

一般的に、転職で年収は上がらないことが多いですが、元々の年収が低かったり、ステップアップの転職では年収アップの可能性があるのは事実です。

とはいえ、それだけを理由として前面に強く押し出してしまうと、その分あなたに要求される能力や転職のハードルも高くなるので注意が必要ですよ。

理由4:中途で入社するのが難しいトップ企業への転職

4つ目の理由は、中途で入社するのが難しいトップ企業への転職です。

日系の大手のトップ企業は基本的に、新卒採用で若手を確保し長期的に育てる方針を取るのが一般的なため、中途採用は非常に難しいのです。

中途採用に対しては、求めるポジションにおけるスペシャリストを欲しがるので、採用枠が少なく、しかし安定している日系企業の待遇を魅力に感じ応募者が殺到するので、転職活動は非常に難しいものとなりますよ。

理由5:満足のいく仕事を見つけにくい地方への転職を希望している

5つ目の理由は、満足のいく仕事を見つけにくい地方への転職を希望していることです。

地方の場合、都心に比べて求人数が少ないので、満足できる転職先を見つけるのが難しい面があります。

希望する職種や条件での仕事がなかなか見つからず、転職活動が長期化するケースが多く、特にマイナーな職種の場合、候補求人を見つけるだけでも半年以上かかることもあるので注意が必要です。

一ノ瀬セナ
また、地方への移住を伴う転職の場合、仕事だけでなく住む環境や生活スタイルなど、大きな変化が起こります。
時間がかかっても、生活スタイルが変わっても地方で働きたいかよく考えよう。
はじめ君

キャリア形成にも少なからず影響が出ますので、それを踏まえた行動が必要になってきますよ。

理由6:女性はライフイベントに影響されやすいと転職で判断される

6つ目の理由は、女性はライフイベントに影響されやすいと転職で判断されることです。

結婚や出産、育児などのライフイベントが発生した場合、日本では女性がキャリアを見直す必要に迫られるケースが非常に多く、それに不安を感じる企業は少なくありません。

「入社後すぐに結婚して辞めてしまうのではないか」、「入社してすぐ、出産によって長期休暇に入ったり、子供の発熱や対応で頻繁に休まないだろうか」という懸念から、採用に消極的になってしまうのです。

また、それらのライフイベントによって、ブランクが生じた場合も、転職が難しくなりやすいので注意が必要です。

ブランクによって、採用ハードルが上がっていますので、待遇や条件の見直しが必要になる場合がありますよ。

理由7:家族のいる状態で転職をしようとしている

7つ目の理由は、家族のいる状態で転職をしようとしていることです。

収入面や引っ越しなどを理由に家族に転職を反対されてしまうケースがあるのです。

特に引っ越しを伴う転職の場合、配偶者も転職が必要になったり、子供が転校しなければいけないなどの影響がでるので難易度もその分あがります。

また、勤続年数が途切れると、退職金や企業年金のカウントがリセットされてしまう、社会的信用が低下しローンの審査が通りにくくなるなどのリスクも生じます。

家族への影響の有無、マイホームやマイカー購入などの計画も踏まえた判断が必要になりますよ。

難しい転職にどう立ち向かう?有効な方法7つ

さて、転職が難しい理由をご紹介してきましたが、「結構当てはまっているから自分には転職は無理だ…」「やっぱり転職って難しいんだな」と感じる人も多いのではないでしょうか。

たしかに転職は簡単なものではありません。

しかし、ポイントを押さえて対処すれば、決して不可能なものではありません

先ほどご紹介した転職が難しい7つの理由それぞれに対応した解消法をご紹介します。

難しい転職に立ち向かう方法7つ


  • 若ければよいのではなく年代に合った転職活動をする
  • 未経験分野への転職ならスキルが活かせそうな職種を選ぶ
  • 中長期的に年収を引き上げる計画を立てる
  • トップ企業なら外資系を狙う
  • 自然豊かな地方でストレスのない働き方を優先する
  • ライフスタイルに合った女性の転職のタイミングを計る
  • 家族に転職の悩みや不安を相談する

不採用になってしまう理由に手を打ち対策することで、希望する企業への内定確度を高めていきましょう!

方法1:若ければよいのではなく年代に合った転職活動をする

ひとつ目の方法は、若ければよいのではなく年代に合った転職活動をすることです。

単純に年齢だけで難易度を決めつけるのではなく、それぞれの年代に合わせた転職活動をするように心がけましょう。

年代に合った転職活動


  • 20代は客観的な自己分析が大切
  • 30代はキャリアや経歴に一貫性のあるアピールが重要
  • 40代は市場価値を把握し長期化する転職活動への備えが必要

20代は客観的な自己分析が大切

20代は熱意や意欲、今度ののびしろなどのポテンシャルを重視しての採用が期待できます。

まずは仕事内容や残業の量など「転職したい理由」を明確にし、転職先ではその理由をしっかり解決できるかどうかを基準に企業を選ぶことが大切です。

客観的に自分を分析することができれば、同年代のライバルから一歩リードした状態で転職活動を進められますよ。

20代での転職の際、事前に知っておきたいポイントや必要なことについては、以下の記事でも詳しく紹介していますので、参考にしてくださいね。

30代はキャリアや経歴に一貫性のあるアピールが重要

30代はポテンシャルよりも、これまでのスキルや即戦力かどうかが重要視されます。

特にマネジメントスキルが期待されるので、これまでの経験やスキルを活かして、どのように貢献できるかをアピールするように心がけましょう。

20代に比べて転職の難易度は上がりますので、転職するうえで譲れない条件を絞っておき、妥協できるラインを見定めておくことが重要です。

一ノ瀬セナ
また、転職活動が長期化することも見据えて、在職中に転職活動をするようにしましょう。

自分のキャリアや経歴を振り返って共通点や活かせるスキルを探し、一貫性のあるアピールができれば、採用担当者にも好印象を与えられますよ。

30代が転職を成功させるためのポイントについては、以下の記事でも詳しく紹介していますので、参考にしてくださいね。

40代は市場価値を把握し長期化する転職活動への備えが必要

40代の場合は、募集枠がかなり絞られますので転職活動が長期化することを前提とした準備が必要です。

こだわりを捨てて、求人募集を広い視点で検討してみる、転職活動が長期化することを想定して在職中に転職活動をはじめる、自己分析やスキルの棚卸を入念に行っておくなどの備えをしておきましょう。

自分の活かせるスキルや、これまでの経験など、採用側が求めるものをしっかりと満たすアピールができれば、転職成功への道が見えてきますよ。

40代での転職を成功させるコツについては、以下の記事でも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

方法2:未経験分野への転職ならスキルが活かせそうな職種を選ぶ

2つ目の方法は、未経験分野への転職ならスキルが活かせそうな職種を選ぶことです。

未経験分野への転職が難しいといっても、異業種への転職というのは珍しいものではありません。

業界が違っても職種が同じであれば、活かせるスキルも多く転職も成功しやすいといえますよ。

募集職種にマッチした経験や知識、資格などがあれば業界自体は未経験でも許容される場合があるのです。

未経験分野へチャレンジしたい場合は、自分に足りないスキルや経験の分析を行い、それを埋めるための学習や資格の取得が不可欠といえますね。

方法3:中長期的に年収を引き上げる計画を立てる

3つ目の方法は、中長期的に年収を引き上げる計画を立てることです。

転職によって年収アップを達成しようとした場合、基本的に現職よりもハードルの高い企業に応募することになり、求められるスキルや経歴も比例して高くなりがちですよね。

希望条件と現在のスキルがミスマッチしていると転職活動は上手くいきません。

すぐに年収アップを求めるのではなく、例えば入社後にスキルアップを重ね昇進するなど、中長期的に年収を引き上げるプランを考えてみましょう。

一ノ瀬セナ
そして、昇給が期待できるなど、プランが叶えられそうな企業を視野に入れて探すのをおすすめします。
無理な近道をせず、コツコツ計画を立てて年収アップを目指すと良いんだね。
はじめ君

方法4:トップ企業なら外資系を狙う

4つ目の方法は、トップ企業なら外資系を狙うことです。

なぜなら、成果主義の外資系のトップ企業であれば、即戦力の中途採用が期待できるからです。

日系トップ企業が、会社に根づく人を新卒でとり育てていくスタンスであるのに対し、外資系トップ企業は、基本的に成果主義で、会社に長年務めることを求めていないため人材育成に対する意識も低めなのです。

その分、業績拡大や優秀な新卒のサポートなどで、即戦力の中途採用が期待できますよ。

とはいえ、スキルや経験、短期間で成果を出すことが求められますので、しっかりとした経験の積み重ねが必要になってきます。

方法5:地方の雇用促進情報をチェックする

5つ目の方法は、地方の雇用促進情報をチェックすることです。

U・I・Jターンなど、地方への転職を検討している場合は、事前に地方の雇用を促進する自治体の制度や、転職サポートにどんなものがあるか、情報収集をしっかりするようにしましょう。

たとえば、転職サービス「マイナビ」では、UIJターンを歓迎している企業を検索して求人情報を閲覧することができます。

ほかにも、自治体が募集している仕事や、その土地ならではの仕事など、選択肢を広げてみるのもおすすめですよ。

地方での転職活動の場合は、大手の転職エージェントだけではカバーできない部分もあるので、地域密着型のエージェントと併用するのがおすすめですよ。

U・I・Jターンについて


  • Uターンとは
  • 地方で生まれ育った人が、都心の大学や専門学校などに進学し、卒業後に故郷に戻って就職すること

  • Iターンとは
  • 都会に生まれ育ち、就職もしたが、その後地方に移住し働くこと

  • Jターンとは
  • 地方で生まれ育った人が、都心に就職し、その後、故郷とは別の地方に移住し働くこと

方法6:ライフスタイルに合った女性の転職のタイミングを計る

6つ目の方法は、ライフスタイルに合った女性の転職のタイミングを計ることです。

結婚や出産、育児などのライフイベントは、仕事と同じく大切なものです。

いずれかを妥協して諦めるのではなく、結婚や出産などのイベントを踏まえて具体的なキャリアのイメージを作り、最適な転職のタイミングを計ることが重要になります。

ほかにも、自分だけでなんとかするのではなく、家族のサポートを得られるように話し合ってみるのも大切ですね。

転職の際は、女性向けのサポートが充実した転職エージェントを利用したり、面接の場で直接、下記の条件に当てはまる転職先かを見極めるのがおすすめですよ。

女性向けのサポート3つ


  • 女性特有のライフイベントへの理解があるか
  • 産休や育休など、制度だけでなく実績がある会社か
  • 出産や育児などによる休暇からの復帰後も、時短などを利用して居心地よく働けそうか

女性のライフスタイルに合った転職のタイミングについては、以下の記事でも詳しく紹介していますので、参考にしてくださいね。

方法7:家族に転職の悩みや不安を相談する

7つ目の方法は、家族に転職の悩みや不安を相談することです。

転職を決めたら、その旨を必ず家族と共有しましょう。

一ノ瀬セナ
転職するとなった場合、金銭面や生活スタイルなど、家族への影響は少なからず発生します。

自分だけの問題ではありませんので、「転職したい理由」「今の仕事をいつ辞めるのか」「引っ越しは発生するのか」「転職活動の進捗状況」などは必ず報告・相談し、状況を共有しながら進めるようにしてくださいね。

また、収入源がなくなると不安や焦りで判断ミスを起こしたり、妥協で転職先を決めてしまうおそれがありますので、在職のまま転職活動を進めるようにしましょう。

家族に仕事の悩みや不安を相談できたり、家族目線でのアドバイスがもらえたり、共働きの場合は配偶者と家計を支えあえるなど、家族がいるからこそのメリットもたくさんありますよね。

それらを上手く活用していくことが大切ですよ。

難しい転職の目的別おすすめの転職エージェント6選

「自分は当てはまることが多かったから転職が難しいかもしれない」「状況的に不利なのでひとりでは上手くいかないかもしれない」とお悩みの方には、転職エージェントの利用がおすすめです。

目的に合わせてピッタリの転職エージェントをご紹介しますので、自分の課題点や重視したいポイントをもとに転職エージェントを選んでみましょう。

難しい転職の目的別おすすめの転職エージェント6選


すべての20代向けおすすめ転職エージェント:マイナビエージェント



対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
男性
女性
業界全般
職種全般
とくに20代におすすめ
IT業界が得意
サポート力あり

おすすめポイント

  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
  • 幅広い業界の質の良い求人を取り扱っており、その中でもIT業界が得意
  • サポートが手厚く、面接・書類対策や面談をしっかりと行ってくれる

30代におすすめ!転職支援実績ナンバー1:リクルートエージェント


リクルートエージェント

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
求人数多い
交渉が得意

おすすめポイント

  • 転職支援実績ナンバー1!
  • 求人の80%が非公開求人で20万件以上の取り扱いがあり業界最大級
  • 業界に精通したアドバイザーが強みや適性を把握しキャリアプランを提示してくれる

年収アップしたいと考えている40代におすすめ:JACリクルートメント

jac recruitment

おすすめポイント


  • 管理職・エグゼクティブ・専門職への転職に特化
  • 海外関連の求人も多い
  • ハイクラス向けで年収アップ

JACリクルートメント は、管理職・エグゼクティブ・専門職への転職に特化した転職エージェントです。

海外関連の求人も多く取り扱っているので、年収アップの他にグローバルに活躍したい人にも向いています!

企業と転職希望者のニーズを深く理解したうえで求人の紹介を行ってくれるので、満足後の高い転職が可能です。

JACリクルートメントに無料で相談してみる

女性向けサポートが充実:パソナキャリア


パソナキャリア

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
とくに女性におすすめ
面談が丁寧
サポート力あり

おすすめポイント

  • 独自の条件の良い求人が多数あり
  • 顧客満足度第1位!レベルの高いアドバイザーが揃っている
  • 女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チームがあり、女性に寄り添った提案をしてくれる

20代向け!未経験OKの求人を多く取り扱う:ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント


  • 社会人経験がない人20代に特化
  • フリーターや未経験から正社員を目指せる
  • 経歴より人柄を重視する求人が多い

フリーターや未経験から正社員を目指したい20代におすすめの転職エージェントハタラクティブ です。

20代の若年層に特化しており社会人経験がない人の就職活動をキャリアアドバイザーがきめ細かくサポートします。

ハタラクティブの求人は経歴よりも人柄を重視する企業が多く、求人の詳細情報はもちろん職場の雰囲気、取材で得た情報を元にあなたに合った求人を紹介してくれるので自分に合った仕事が見つかります!

ハタラクティブに無料で相談してみる

地方での転職に強い大手おすすめ転職エージェント:doda


doda

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
求人数多い
サポート力あり

おすすめポイント

  • 求人数が業界トップレベル!
  • 担当者と相性が悪い場合は、web上から変更できるなど、使い勝手がいい
  • キャリアアドバイザーと求人提案の担当者が分かれていて、手厚いサポートが受けられる

転職が難しい まとめ

転職が難しい まとめ


  • 若いほど転職には有利ではあるものの、年代毎に求められるものを満たすことができれば30代や40代での転職も可能
  • 転職が難しいと言われるのにはいくつか理由があるが、具体的な理由と対処法を知ることで解消できる
  • 自分の目的にあった転職エージェントを利用することで、転職活動はスムーズに進められる。

いかがでしたか?

漠然と「難しい」というイメージが強い転職活動ですが、年代に応じて適切な対応をすることで、可能性は広がります。

また、今回ご紹介した転職が難しいポイントのどこに自分が当てはまるか確認し、問題点を明確にしてみましょう。

それに対応する対処法をとることで、転職活動は効率的に進められますよ。

また、それぞれの状況や目的に合わせた転職エージェントの活用もおすすめです。

転職活動が難しくなってしまう原因を明確にし、解決策を実践したり、転職エージェントを上手く活用すれば、転職活動の成功率はグンと上がりますよ。

-転職の悩み
-

© 2021 転職index