役立つ転職知識

【年代ごとの違いとは?】転職成功のポイントについて紐解きます

更新日:

転職を成功させたい人の中には、結婚や老後に備え、より待遇の良い会社へ転職を望んでいる方も多いのではないでしょうか。しかし企業では、年齢によって求める役割や経験も異なり、退職や求職の仕方も今までと同じ形で進むとは限りません。

現状を維持しながら、絶好のタイミングで転職を成功させたい!そんなとき転職活動は、「退職へ向けての計画」と「転職先へ向かう計画」を同時進行していくのが理想的です

転職が成功する人、失敗する人の差を参考にしながら、20代・30代・40代の年齢にあったポイントを押さえておくことが大切です。

転職成功事例をチェック!採用される人はここが違う

採用される人はいったい何が良かったのか?

転職で業界の専門的なキャリアや経歴などに自信があっても、採用に至らず苦戦する方もいるでしょう。どこかミスマッチな点があるのかもしれませんが、なかなか自分では気付けないものです。

転職成功者の事例を見ていくと、いくつかの共通した内定獲得の極意がみえてきます。ここでは転職で採用される秘訣をギュッと凝縮してご紹介しましょう。

転職成功の鍵は「余裕」にある

転職で成功する人は、安易に退職を急がず、働きながら水面下で着実に転職活動をしています

とくに年齢が上がってくるにつれてライフイベント(結婚や出産、家を建てる)も増えていくため、浮足立つ行動を避ける傾向にあります。

転職には計画と勢いも重要ですが、何よりチャンスを逃さない余裕が必要です。金銭面でも時間的にも同じ。現在の仕事が順調でも、すぐに転職先へ橋が架かるわけではありません。

思い立ったら即行動は注意が必要です。結果的に自分を追い詰めることになってしまいます

ぼんやりした転職理由がない

会社の待遇や環境の不満や将来性への不安を感じて働く人はいるものの、決定的な転職活動に至る理由がない人は行動を起こしません。

なんとなく応募先の収入例が良かったから応募した
ここよりもいい会社は山ほどあるはず…

などといった曖昧な理由で転職活動を始めてしまうと、行くことも戻ることもできない状況になってしまうことも考えられます。

また、転職理由が曖昧な人は面接での応答や履歴書の志望動機も曖昧になりがちで、採用担当者にも計画のなさが伝わってしまうでしょう。

自分が求める年収や仕事内容に身を置くために、どんな職場が必要なのかを明確にしておきたいものです。

理想の職場環境がハッキリしている

転職を考えるとき「この条件だけは最低限クリアしていないと」というものがありますか?転職成功者には必ず満たしておきたい条件を明確にしている人が多いです。

例えば生活維持のための最低月収、健康を害さない程度の残業時間、スキルを生かせる職種やサービスなどの条件です。

完璧ばかりを目指してしまうと応募できる企業も絞られてしまいます。ここまでなら妥協できる!という条件も同時に持ち合わせた方がいいでしょう

例えば通勤時間や希望する手当の数、働くポジションなどが該当します。必須条件と希望条件(妥協可)を決めて転職先を探すほうが、理想的な転職が実現しやすくなってきます。

企業へ応募を複数社同時進行している

求人から理想的な企業をみつけられれば、ターゲットを絞って挑戦できるので計画もしやすいでしょう。

しかし、応募求人を1つに絞ってしまうと面接でも一発勝負になってしまい本領発揮ができないことも懸念されます。

転職成功者が複数の会社へ同時に応募するのは、理想的な本命企業での面接を突破するための準備と、本命が外れた場合の受け皿です。

とくに転職したい期間を計画に組み入れている人は、応募先を1つにせず複数に増やした方が成功率もアップします

自分の能力を過信しない

自分が持つスキルや社内での地位は、自信にもつながりますから転職にも生かせると考える人は少なくありません。ただところ変われば仕事の内容や進め方、資格や経験の生かし方も異なることが多く、絶対的な転職の武器になるとも限らないのです。

今の自分ならどこでもやっていける!そういった過信は、万が一失敗したときに自分を責める要因になってしまいます。新しい会社へ応募する際には、常に新入社員の心持ちを忘れずに

転職するメリットやデメリットもチェックしている

転職の失敗例でありがちなのが、メリットばかりに着目していてデメリットを考えていなかったケースです。もっといい環境を求めていたはずなのに転職後苦労してしまう人もいます。

体験談には以下のようなものがあります。

  • 「転職した翌年に早期退職者を募っていて、自分は割増分の退職金をもらい損ねた」
  • 「収入額がいいことで転職活動をはじめ見事成功したが、会社の与信が低く、自動車購入時にローンが通らなかった」
  • 「転職を数回するたびに引っ越し貧乏に…」

人事評価を再構築しなければことや、紹介転職によって働きにくくなったことなども挙げられていました。

ないに越したことはないのが転職です。転職で得られるメリットもありますが、デメリットも想定しておかなければなりません。

求人サイト情報の雇用条件を鵜呑みにしない

転職する際には、求人サイトやハローワークなどのお仕事詳細をチェックします。

このとき雇用条件にある収入や手当などの表示は、あくまでも「例」であると捉えた方が無難です。実際に内定が決まり、手元に届いた内定通知書の給与額が異なっていることや、残業代込みのみなし労働制であるケースもあります。

雰囲気をみながら実残業時間を伺うことや、企業口コミサイトでの調査など、事前に確認できることは抜かりなくチェックしましょう。

普段から第一印象に心掛けている

転職に成功する人は、普段から身だしなみにも気を配っている人が多いです。面接官以外の社員の方々にも、挨拶や笑顔を絶やさないことが当然のようにできます。

面接をする日だけ作ったような身だしなみは、不慣れな印象が伝わってしまいますし、緊張とは違ったわざとらしさも出てしまうでしょう。いつも第一印象を気にかけて挨拶や笑顔が習慣化している方は、自ずとポイントも上がります

自分を客観視することができる

今までの会社で不満だった内容を踏まえて転職先を探す人は多いでしょう。残業が多すぎる、人間関係がツライなど、転職に至った理由はさまざまです。転職のきっかけになったことは、完全に自分に非がなかったか考えたことはあるでしょうか?

転職成功者は「残業を短縮できる方法は他になかったかどうか」「自分の接し方に問題はなかったどうか」など省みることができ、同じ問題で転職を繰り返すことがありません。

言葉づかいや態度・身なりなど、自分の姿を客観的に省みるようにして、新しいスタートの準備ができるかどうかが成功の鍵でもあるのです。

転職を成功させる年齢別必須ポイント

転職を成功させる「鍵」を年齢別に知っておこう

20代の転職必須ポイント

就職と転職の違いを知る

20代で初めての転職になる場合、まずは就職と転職の違いを知る必要があります。就職活動を経験して入社する新卒とは違い、転職は社会人経験のある人が仕事を変えるもの。意気込みだけでまかり通るような甘いものではありません。

転職の面接では、経験内容に加えて若さの利点(覚えの速さ、フットワークの軽さ)や企業への貢献度などを伝えます。嫌なものから逃げるための転職ではないことをアピールして、内定を目指しましょう。

退職に関するマナーを知る

退職を決意したら、まずは直属の上司に報告するのが一般的です。しかし、同期や先輩に「辞めたい」などと退職の相談をしてしまうパターンがあります。

社内規則で決められた退職の決めごとがあるにもかかわらず、自分で勝手に退職日を設定して話し合いにも応じないこともあるようです。最悪のケースでは、辞めようと思い立ってすぐ、無断欠勤や連絡しないまま退職するような人もいます。

まずは上司に相談、社内規則に準じて退職日を決め、業務の引継ぎなどをして退職するのがマナーです。期間にも余裕をもてるように計画しましょう

転職を繰り返さないためのルールを知る

一度転職を経験してしまうと、中には逃げ癖がついてしまう人もいます。転職での企業選びを慎重に行わないと「どこの会社も同じ」「自分に合った仕事はないのかも」といったように後悔や自信喪失を繰り返してしまうことにもなりかねません。

自分が最終的にどんな会社で、どうなりたいのか、しっかりゴールを意識して企業を選びましょう。希望条件や転職先への質問事項なども準備して、長く安定して働ける場所を見定めましょう

30代の転職必須ポイント

引継ぎが終わらない状態での転職は避ける

30代は会社の中堅として期待され、仕事量も内容もすぐに誰かがバトンタッチできるようなものではありません。

退職と転職のタイミングを上手に調整しないと、退職日までに引継ぎや担当業務が終わらず最悪な事態になることもあります。求職時期をずらすといった中長期的な計画を綿密に立てながら進めましょう

慰留されて揺らぐようなら転職はしない

社内の中核が抜ければ、会社でも大きな負担になるところもあるでしょう。会社から慰留されて「やっぱり辞められない…」と気持ちが揺らぐようなら、転職はやめた方がいいでしょう。

迷いがある中で決定してしまえば後戻りもできず、転職先で後悔することもあります。明確な転職したい理由をゴールにして転職活動を行わなければなりません

私生活からムリのない範囲で転職先を探す

収入や福利厚生などの手厚さが魅力でも、私生活にムリが出てしまいそうな業務内容は避けた方がいいでしょう。

現在独身で残業にも対応できることがあっても、家庭を持ったときや自身の健康に不具合が起きた場合には、犠牲にするものが大きくなってしまいます。

通勤距離や手当の有無などもチェックして、いつ自分のライフスタイルに変化が起きてもいいような転職先をみることが大切です。

40代の転職必須ポイント

家族に反対されないために相談が不可欠

中高大と大きく成長する子供を持つ世代の40代。お金もかかる世代です。転職が成功しなければ収入が途絶える期間ができる可能性は大きく、失敗が許されない年代といっても過言ではありません。

家族の相談なしに転職活動を進めて、内定後に反対されてしまうこともあります。転居を要することになれば子供たちの生活も一変しますから、自分ひとりで転職活動を進めるのは無謀です。

転職したい気持ちやその理由など、普段から会話を増やして話し合える家庭環境を整えておくことも重要になります

普段の仕事は支援型で部下を育てておく

仕事でも部下を持つ人は多くなります。40代は上司が支配型のリーダーだったため、同じように仕事を自分で忙しく回すような人も多いです。

普段から部下を主軸に仕事をどんどん振って、支援型といわれるサーバントリーダーとして働いておくことで転職の際にもスムーズに仕事の引継ぎができます

転職成功率アップ!おすすめ転職サイト&エージェント

転職サイトとエージェントを駆使して良い求人を探そう!

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最多の求人数を誇る大手転職エージェントです。

なんと転職者の8割以上が登録(リクルートエージェント調べ)し、幅広い業界や職種から自分にあった勤務先を探すことが可能です。同時に複数社の応募を検討している人におすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代を中心にした求人情報が満載の転職エージェントです。

第二新卒者も手厚いサポートが受けられると評判です。キャリアアドバイザーが希望条件を加味してマッチングをサポート。未経験の業界や職種にチャレンジしたい人にもおすすめです。

doda(デューダ)

dodaは業界最大手で、リクルートエージェントと肩を並べる規模の転職エージェントです。

転職コンサルタントから厳選された企業の紹介を受けられる他、キャリアアドバイザーからのマッチングは的をえたものが多く、忙しい人でも希望の企業が見つけやすいのが特徴です。

まとめ

転職を成功させて人生を変えよう!

今回のまとめ

  • 期間、金銭面、精神面に余裕を持って転職活動をしよう
  • 転職の理由を明確にし、客観視で自分のスキルや評価を見直してみよう
  • 年齢に応じて転職のポイントが大きく変わるので、注意しておこう

転職は人生を変える、というと大げさに聞こえるかもしれません。

しかし、今までの経験やスキルを土台にしながら新しい働き方ができる転職は、まさに自分で人生の方向転換を決断する大仕事です。

転職を成功させている人の転職活動の心得をベースに、退職と転職のバランスを取りながら自分に最適な環境を掴んでください。

一気に実践するのが難しい場合には、一つずつ転職活動に導入してみてください。

転職おすすめサイト

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』は圧倒的な求人数で、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
転職した人の約8割が利用していたという公式発表も!(※公式発表)
リクナビNEXTにしかない求人もあり、他の転職サイトの併用もできるため、まず転職サイトに登録したい!と思ったらリクナビNEXTをオススメします。

MIIDAS

『MIIDAS』は、インテリジェンスが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトです。
他の転職サイトとの大きな違いは、「自分と類似した人材(学歴、年齢、経験スキル等)の転職実績」「自分が興味のある業界、職種には、どんな人材(学歴、年齢、経験スキル等)がどれくらいの年収で転職できたのか」を検索、閲覧できる点です。

また、MIIDASのオファーは「面接確約」ということも強みです。(一部例外あり)
必要な項目を入力すると適正年収を算出して条件に合致した求人がマッチングされたり、求人企業からのオファーを受けることができます。

キャリコネ

『キャリコネ』は年収・企業口コミサイトとして、多くのビジネスパーソンから支持を得ているサイトです。
「報酬」「働く環境」「やりがい」「出世」「ライバル企業」「残業・休日出勤」「長所・短所」「退職理由」「転職後のギャップ」「女性のキャリア」「経営者について」に加え、年収・給与明細、転職面接に関わる口コミを企業単体、地域、業界からチェックすることができます。

また、口コミだけではなく、転職サービスもあり、情報を精査しながら、求人を探すこともできます。
60秒ほどの無料簡単登録で企業の口コミ、案件情報をくまなくチェックすることができるので、オススメの転職サービスです。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.