30代でIT企業へ転職が成功する人の特徴6つと失敗する理由4つ

この記事で解決できる悩み

  • IT業界って具体的にどんな業界なの?
  • 30代でIT業界に転職するにはどうすればいいのか知りたい
  • 企業選びのコツを教えて!

IT業界への転職に興味があるものの、難しそうだしなんだか不安という人は多いのではないでしょうか?

とくに30代や異業種からの転職となると、ハードルは必然的に高くなり、いかにコツやポイントを押さえた転職活動ができるかが重要になってきます。

この記事では、30代でIT業界への転職を検討している人に、転職が成功しやすい人の特徴や注意点、コツなどをご紹介していきます。

まずは、IT業界の定義からしっかり学んでいきましょう。

IT業界とは?

そもそもIT業界とはどのような商品やサービスを取り扱っている業界なのでしょうか?

たとえば、サービス業界なら「ブライダル」や「介護」、飲食業界なら「カフェ」や「居酒屋」、金融業界なら「銀行」や「証券会社」などの対応する事業が思い浮かびやすいですよね。

では、IT業界の場合はどうでしょうか。

おおまかにいうと、コンピュータやインターネットでの情報技術のことをIT(Information Technology)といい、そのITを使って商品やサービスを提供するのがIT業界です。

IT業界は、他の業界に比べて「私服での勤務が可能」「テレワーク勤務対応」「若くして起業や独立ができる」など、他の業界に比べて仕事の自由度が高い傾向にあります。

また、会社をしっかりと選べば、エンジニアなどは他の業界の同年代よりも給与水準も高くなることが多いですよ。

専門職なので、技術さえあれば独立や高収入などの可能性が広がる半面、残業時間が多い、変化が多い業界なので常に新しい知識を身につけることが求められます。

一ノ瀬セナ
とはいえ、時代が進むにつれ、IT業界は今後も成長していくと考えられおり、将来性のある業界といえますね。

IT企業の種類

IT業界といっても業務内容は幅広く、主に以下の5つに分かれています。

まずは、それぞれの業界の業務内容や特徴を見ていきましょう。

IT企業の種類


  • インターネット・Web業界
  • 通信業界
  • ソフトウェア業界
  • ハードウェア業界
  • 情報処理サービス業界

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界は、インターネットを活用して、さまざまなサービス、ソリューションを提供する業界です。

企業向けにサービスを提供する「BtoB」企業と、個人消費者向けにサービスを提供する「BtoC」企業に大きく分かれます。

たとえば、以下のようなサービスがあります。

インターネット・Web業界


  • amazonや楽天などのECサイト
  • 企業のコーポレートサイトなどの、Webサイト制作
  • FacebookやTwitterなどのSNSサービス
  • 金融とITを連携するフィンテックサービス
  • リスティング広告やディスプレイ広告などのインターネット広告

インターネット・Web業界の特徴は、ひとつのサービスのみを重点的に提供するのではなく、複数の分野にまたがって事業を展開し、いくつものサービスを提供していることです。

たとえば、Googleは検索エンジンのサービスが非常に有名ですが、それ以外にもメールツールや(Gmail)、音声会議ツール(GoogleMeet)、文章作成ツール(Googleドキュメント)など、さまざまなサービスを展開していますよ。

一ノ瀬セナ
この業界の代表的な企業には「amazon」、「Yahoo」、「DeNA」、「Facebook」などが挙げられます。

通信業界

通信業界は、インターネット回線や電話回線などの通信インフラを提供しています。

これらを大きくわけると、インターネットサービスを提供するインターネットプロパイダ、固定電話を取り扱う企業、スマホやタブレットなどの移動体通信を取り扱う企業の3つに分かれます。

通信業界の特徴は、インターネット社会、IT業界を根底から支える役割を担っており、IT業界にとって必要不可欠であることです。

近年のインターネットサービスの急成長は、通信業界によるスマートフォンの普及や高速インターネット回線の提供によって実現したといえますね。

一ノ瀬セナ
この業界の代表的な企業には「NTTドコモ」「Softbank」「KDDI」などがありますよ。
馴染みがある大企業!
はじめ君

ソフトウェア業界

ソフトウェア業界は、WindowsやMac、スマホなどで使えるアプリケーションの設計・開発を行います。

そこからさらに、顧客管理ソフトや勤怠管理ソフト、経理ソフトなど、企業が持つ課題やニーズを解決するためのシステム(ソフトウェア)を開発する「BtoB」企業と、スマホアプリやゲームなど個人に提供することで

利益を得る「BtoC」企業にわかれます。

ソフトウェア業界においては、企業の課題や要望を聞き、それを1から開発していく「受託ソフトウェア」と、まず最初にソフトウェアを開発し、それを必要とする相手に売り込む「システムプロダクト(自社開発)」という2つのビジネスモデルがありますよ。

この業界で有名な企業には、「Microsoft」などがあげられます。

ハードウェア業界

ハードウェア業界は、パソコンやマウス、スマホ、ゲーム機などのハード製品を企画から開発まで、一貫して携わります。

近年、IoTというハードウェアをインターネットに繋げる概念が登場し、ハードウェア業界もインターネット業界と密接に関係するようになっていますよ。

ハードウェア業界では開発したハードウェアを制御するシステムを開発する「組み込みエンジニア」と呼ばれる職種があるのが特徴ですね。

この業界で代表的な企業は「富士通」や「NEC」などです。

情報処理サービス業界

情報処理サービス業界では、企業が抱える課題を解決する独自のシステムを企画から運用まで一貫して請け負います。

BtoB向けの企業が多く、システムインテグレーション、ITコンサルティングなどを行うのが特徴的です。

この業界で代表的な企業には「NTTデータ」、「アクセンチュア」「日本IBM」などがありますよ。

IT業界の職種

IT業界では、さまざまな職種の人が働いていますが代表的な職種をいくつかご紹介します。

IT業界の職種


  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • ITコンサルタント
  • 営業

この4つはIT業界全般で活躍しているので、選択肢が広がりますよ。

システムエンジニア

システムエンジニアは、システム設計から開発、テスト、保守運用まで、システム運用の一連の業務に幅広く携わります。

設計書通りのプログラミングをすれば良いというわけではなく、クライアントの課題点や要望を的確にヒアリングし、それを正しく社内のメンバーに伝えることも業務内容に含まれます。

そのため、プログラミングスキル以外にも、コミュニケーション能力や、論理的な思考などの幅広い能力が求められる職種です。

プログラマー

プログラマーは、システムエンジニアが手がけた設計書をもとに、実際にプログラミングをする職種です。

プログラム作成に必要なプログラミング言語にはさまざまな種類があり、有名なものだと「JAVA」「Ruby」「Python」「JavaScript」「PHP」などがあります。

一ノ瀬セナ
携わる分野や業界によって必要とされる言語は異なるんですよ。

プログラマーの役割は、プログラムを書くことですが、ただ指示された内容を打ち込むだけでなく、効率的なコードを書くスキルや、バグを見つけ出し仕様書通りにシステムが稼働するようデバッグを行う能力も必要とされますよ。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、顧客の業界や経営状況、ヒアリング内容をもとに問題を特定し解決に導きます。

ITコンサルタントは、クライアントの問題を解決することが求められるので、クライアントとより深くかかわり、本質的な問題点を見つけだし、適切な解決策を提示する力が必要です。

システムエンジニア以上に深い知識や問題解決能力、コミュニケーション能力が必要なため、年収もエンジニア職よりも高い傾向にあります。

営業

IT営業は、パッケージソフトやシステム開発などITに関わるサービスを営業し販売する仕事です。

技術的な実務経験は必要とされませんが、自社の製品やサービスに関する知識は当然求められます。

IT営業の場合、クライアントから不可能な提案や曖昧な提案をされた時に、論理的かつ明解な説明ができるよう、表面的なシステムの話だけでなく、システムの背景や活用法などの深い知識が必要になりますよ。

30代未経験からIT業界への転職は難しいが可能性はある

結論からいうと、30代未経験からIT業界への転職は可能です。

ただし、努力と事前の対策は必須なので注意してくださいね。

ITに関する基本的な知識や、業界知識を身につけておく必要がありますし、面接対策などはしっかり行いましょう。

同じ業界での転職の場合、これまでの経験や成果が最大のアピールポイントになりますが、異なる業界からの転職の場合、これまでの実績などに加えて学ぶ姿勢や積極性も求められます。

一ノ瀬セナ
転職市場においては、20代と比較したとき、30代での未経験業界への転職は不利なのが実際です。

転職が成功しやすい人の特徴や、持っておきたいスキルを参考に、事前にきちんと対策しておきましょう。

30代でIT企業への転職が成功しやすい人の特徴6つ

30代でIT企業への転職が成功しやすい人の特徴を6つご紹介します。

30代でIT企業への転職が成功しやすい人の特徴6つ


  • 感度が高く好奇心が強い
  • キャリアの棚卸ができている
  • 自分のスキルレベルを把握している
  • 転職理由が明確
  • 前職に絡めた職種へ転職する
  • 技術開発職にこだわらない

特徴1:感度が高く好奇心が強い

ひとつ目の特徴は、感度が高く好奇心が強いことです。

なぜなら、転職活動は受動的でいては何も決まらず、自分で積極的に行動していく必要があるからです。

とくにIT業界は成長が早く、技術の移り変わりも非常に速い業界です。

エンジニアの場合、常に新しい技術や知識を吸収する意欲や好奇心を持った人ほど能力が高い傾向にありますし、評価も高くなります。

30代は20代に比べて、働くことや仕事にもなれている分、素直さを失ってしまったり、新しいやり方を避ける傾向があります。

柔軟性や吸収力を持っていることがアピールできれば、企業にも高く評価されますよ。

特徴2:キャリアの棚卸ができている

2つ目の特徴は、キャリアの棚卸ができていることです。

なぜなら、転職活動では自分がその企業にはいったらどのような活躍ができるかを的確にアピールする必要があるからです。

自分にはどんなスキルや経験があるのか、どんなことが得意なのかなど、書類や面接で的確に伝えることが重要です。

たとえば数字を使った具体的な実績説明や、関わったプロジェクトの詳細など、キャリアの棚卸ができていると、自分の市場価値がわかり、アピールポイントがずれることがないので、自分を効果的にアピールできますよ。

特徴3:自分のスキルレベルを把握している

3つ目の特徴は、自分のスキルレベルを把握していることです。

未経験からの転職を目指す場合は、プログラミングスクールなどでスキルを磨くのが一般的な流れですが、それが転職市場でどれくらいの価値になるのかを把握しておくことは大切です。

たとえば、エンジニアとして働く20代後半の人と、自分のスキルレベルがどう違うのか、同じ年代や同じ条件の人のレベル感を知っておきましょう。

そうすることで、自分が希望している企業と、企業側が求めているエンジニアのスキルのレベル感に差がないかなどをしっかりと見極めアプローチできるようになりますよ。

一ノ瀬セナ
「自分のスキルレベルがわからない」という場合は、転職エージェントを利用しキャリアの棚卸や自分の市場価値を相談し、客観的なアドバイスをもらうのがおすすめです。

特徴4:転職理由が明確

4つ目の特徴は、転職理由が明確なことです。

なぜなら、転職活動の場において「転職理由」は必ず質問されるからです。

とくに30代の場合、「なぜ若い20代の時ではなく今転職したいのか」と言ったことを聞く企業は多いものです。

自分がなぜ転職したいのか、なぜ今なのかを明確にできるのはキャリアプランがしっかりしているということでもあります。

キャリアプランを明確にしている人ほど、目的に対するブレが少なくなり、転職が成功しやすくなるといえますよ。

特徴5:前職に絡めた職種へ転職する

5つ目の特徴は、前職に絡めた職種へ転職することです。

たとえば、営業職の場合、業界が変わっても培っていたスキルを活かせるので比較的転職成功率は高いですし、デザイン関連の仕事をしてきた人であればWebデザイナーなどへの転職も可能性が高くなります。

業界も職種も違う分野へ転職した場合は、それがIT業界かどうかに関わらず、希望職種で活かせる資格を取得したり、これまでの経験をどう活かせるか明確にできる人が転職を叶えやすいですよ。

特徴6:技術開発職にこだわらない

6つ目の特徴は、技術開発職にこだわらないことです。

既に希望の職種がある場合は別ですが、そうでない場合は技術開発職以外の職種も視野に入れると可能性は広がります。

エンジニアやプログラマなど技術的なポジションの場合、高いプログラミングスキルが要求されますが、営業やコンサルタントの場合、基礎知識は必要ですが、交渉力やコミュニケーション能力をより評価されます。

ですから、それらを選択肢に入れていると、たとえ業界が違ってもスキルを活かせるので成功しやすくなるのです。

30代のIT企業に転職失敗しやすい理由4つ

では、逆に30代のIT企業への転職が失敗しやすい要因は何でしょうか。

ここでは、具体的に4つご紹介します。

30代のIT企業に転職失敗しやすい理由4つ


    • 自分の市場価値を知らない
    • 自分のスキルを把握していない
    • キャリアプランが不明確
    • 積極性がなく受け身でいる

理由1:自分の市場価値を知らない

ひとつ目の理由は、自分の市場価値を知らないことです。

社内評価しか把握していないため、自己評価と応募先の企業からの評価が合わず、転職活動がうまくいかないケースは非常に多いです。

また、20代の時の転職活動でうまくいったやり方がアップデートされていない場合も注意が必要ですよ。

20代と30代では求められる要素やハードルの高さも違うので、現在の自分の市場価値を客観的に把握できていないと、転職活動は難航してしまいます。

理由2:自分のスキルを把握していない

2つ目の理由は、自分のスキルを把握していないことです。

転職活動では、自分の持っているスキル、強みをアピールする必要がありますが、キャリアの棚卸ができていないとうまくまとめられなかったり、的外れなアピールになってしまうので注意してくださいね。

転職活動をはじめるにあたって、まずは自分のスキルの棚卸をしましょう。

自分はどんなスキルを持っていて、どういう部分で優れているのか、その能力で会社にどう貢献できるのか、などを明確にしておかないと効果的なアピールはできませんよ。

理由3:キャリアプランが不明確

3つ目の理由は、キャリアプランが不明確なことです。

なぜなら、30代でとくに業界転向をともなう転職活動では、しっかりとした軸となるプランが大事だからです。

面接の時にも、なぜ30代で転職を考えているのか、なぜ業界転向をしたいと考えているのかといった質問はよくされます。

キャリアプランがしっかりしていないと、動機の説明が不明瞭だったり、先を考えていないと受け取られる内容しか答えらえなくなります。

一ノ瀬セナ
また、転職活動を続けていくうちに目標がブレてしまい、転職したものの希望とは違う結果に終わってしまうというケースもあり得るでしょう。

自分のキャリアプランをしっかりと考え、自分の軸や考えを確立できていないと失敗の要因になりやすいので注意してくださいね。

理由4:受け身でいる

4つ目の理由は、受け身でいることです。

転職するだけでも熱意や労力が必要なものですが、業界転向となればよりいっそう勉強や努力が必要になります。

転職して違う分野で働きたいはずなのに、その分野に対して何も勉強していなかったり、行動している姿勢がみえないと「やる気がない」と判断され、転職はうまくいきません。

とくにIT業界は技術の移り変わりが激しいため、常に新しいものに興味を持ったり知識を取り入れていく必要がありますよね。

新しいものを取り入れる積極性がない人や、勉強しない意欲のない人は採用に至らないのです。

30代がIT企業に転職するなら持っておきたいスキル5つ

30代がIT業界に転職する場合、持っておいた方が良いスキルを5つご紹介します。

今の自分が持っているスキルと合致するか、これからどんなスキルを身に着けていけば良いかの参考にしてみてくださいね。

30代がIT企業に転職するなら持っておきたいスキル5つ


  • IT業界の知識
  • IT技術についての知識
  • コミュニケーションスキル
  • マネジメントスキル
  • 柔軟に対応する能力

スキル1:IT業界の知識

ひとつ目のスキルは、IT業界の知識です。

先述の通り、IT業界といっても職種や業界、取り扱うサービスは多種多様です。

まずは、自分が志望する業界や職種をある程度絞り、その上で必要な知識を身に着けていくのがおすすめですよ。

たとえば、エンジニア志望であれば、主要なプログラミング言語と特徴を勉強したり、どのようなシステムでどの言語がよく使われているかを調べてみましょう。

また、営業志望であれば業界の動向や同業他社にはどんな企業があるか、どのようなサービスを取り扱うのかなど、分野に応じた業界知識やトレンド、専門用語を押さえていくのが良いですよ。

スキル2:IT技術についての知識

2つ目のスキルは、IT技術についての知識です。

実際にコーディングする仕事でなくても、最低限の基礎知識は必要です。

基本情報技術者試験やITパスポートという資格はITに関する基本的な概念や、データベース、ネットワークの構成などが出題範囲となっているので、資格取得を目指して勉強してみると良いですよ。

また、プログラミング学習や、簡単なアプリを開発してみるなど、システムがどう動いているのか勉強してみるのもおすすめです。

スキル3:コミュニケーションスキル

3つ目のスキルは、コミュニケーションスキルです。

ひとりで作業を黙々と行うイメージの強いIT業界ですが、実際はチームで開発を行うことがほとんどです。

また、社内での会議やクライアントとのやり取りも多く発生しますので、コミュニケーション能力は重要視されます。

とくに、仕様を理解し円滑にプロジェクトを進められること、有事の際にきちんと報告や相談できること、これらもコミュニケーション能力に付随するので、重要視されるのです。

スキル4:マネジメントスキル

4つ目のスキルは、マネジメントスキルです。

未経験での転職の場合、いきなり管理職を視野に入れることはあまりないかもしれませんが、30代での転職の場合、企業は即戦力、マネジメントスキルを期待します。

現職で何かのプロジェクトやメンバーをマネジメントした経験があると、高く評価されますよ。

スキル5:柔軟に対応する能力

5つ目のスキルは、柔軟に対応する能力です。

IT業界は移り変わりが激しいので、新しいやり方や知識を柔軟に取り入れていける人は評価が上がっていきます。

一般的に、年齢や経験を積み重ねるほど、柔軟性はなくなりやすいものです。

一ノ瀬セナ
それでも思考を柔らかく、素直に対応できる能力があると、重宝されますよ。

30代でIT企業への転職を成功させる企業選びポイント3つ

30代でIT企業への転職を成功させるためには、企業選びにもコツがあります。

ポイントを3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職を成功させる企業選びポイント3つ


  • その企業がどんなプロジェクトを抱えているかチェックする
  • 中小企業を狙う
  • 年収にこだわりすぎない

ポイント1:その企業がどんなプロジェクトを抱えているかチェックする

ひとつ目のポイントは、その企業がどんなプロジェクトを抱えているかチェックすることです。

一言でIT業界といっても、その業務内容なさまざまですよね。

的を絞りすぎるのは逆効果ですが、ある程度自分が希望する仕事に携われる企業を選びたいものです。

一ノ瀬セナ
たとえば、プログラマー志望の場合は、下流工程の案件を多く手がける企業が良いですし、ITコンサル系を目指しているのであれば逆に上流工程に携わる企業がおすすめですよ。

ポイント2:中小企業を狙う

2つ目のポイントは、中小企業を狙うことです。

安定性の面から大企業は非常に魅力的ですが、30代で業界転向を希望している場合、中小企業を狙うのがおすすめです。

大企業に比べて応募者数が少ないうえ、募集されるスキルや技術も明確なことが多いので対策が立てやすいですよ。

ポイント3:年収にこだわりすぎない

3つ目のポイントは、年収にこだわりすぎないことです。

年収は非常に大切なものではありますが、そこに拘りすぎると可能性を狭めてしまう恐れがあります。

「気になる企業があるけれど年収が希望よりもすこし少ない」という場合は、休日数やその他の待遇、評価制度やその後の昇進・昇格の可能性について面接で確認し、総合的に判断するようにしてくださいね。

30代未経験がIT業界へ転職するならプログラミングスクールを利用する

30代未経験でIT業界への転職を希望する場合、プログラミングスクールを利用することを強くおすすめします。

なぜなら、効率的に知識を学べるだけでなく、転職支援を受けられる場合もあるからです。

30代の場合、仕事をしながらプログラミングの勉強をしなければなりませんし、勉強期間もできるだけ短くしたいですよね。

プログラミングスクールならこれまでのノウハウを活かして効率的にカリキュラムを組んでいるので、独学での勉強よりも遥かにはやく知識や経験を積むことができますよ。

一ノ瀬セナ
スクールによっては転職支援を行っているスクールもありますし、面接対策やキャリア相談などもしてくれますので、心強いですね。
転職って面倒な手続きが多くて労力消費するから相談とかアドバイス受けれるのは嬉しいですよね~。
はじめ君

プログラマー志望でなくても、IT業界ではプログラミングの知識があった方が評価されやすいので、勉強するのがおすすめです。

30代でIT企業へ転職するならおすすめのエージェント3選

30代、未経験からIT業界へ転職したい場合は、自力で探すよりも転職エージェントを利用するのがおすすめです。

仕事をしながら転職先を探すのは時間的にも精神的にもかなりの負荷がかかります。

転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーがあなたに合う企業をピックアップして紹介してくれますし、模擬面接や、履歴書の添削などもしてくれますよ!

ここでは、いくつかおすすめのエージェントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめのエージェント3選


マイナビグループのIT業界特化:マイナビIT AGENT


マイナビIT AGENT

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
男性
女性
IT・WEB業界に特化
エンジニア向け
サポート力あり

おすすめポイント

  • マイナビグループのIT業界特化の転職エージェントで、質のいい求人が揃っている
  • 社内SE案件の取り扱いが多いので、社内SEとして働きたい人におすすめ
  • 面接対策などの内定獲得までのサポートが充実しているので、初めての転職でも心強い

実務経験なしでもスキルに自信があるなら:レバテックキャリア


レバテックキャリア

対象エリア
関東、関西中心、福岡にも拠点あり
主な利用者層・特長
20代
30代
男性
女性
IT・WEB業界に特化
エンジニア向け
提案力がある

おすすめポイント

  • IT、WEBエンジニア業界特化なので求人数は少なめの傾向だが、業界内でもトップクラスに良い求人が揃っている
  • 業界に精通したアドバイザーが揃っている
  • 丁寧な面談で能力や希望条件に合った案件を提案してくれるので、じっくり転職先を決めたいエンジニアにおすすめ

業界最大級の求人数: リクルートエージェント


リクルートエージェント

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
求人数多い
交渉が得意

おすすめポイント

  • 転職支援実績ナンバー1!
  • 求人の80%が非公開求人で20万件以上の取り扱いがあり業界最大級
  • 業界に精通したアドバイザーが強みや適性を把握しキャリアプランを提示してくれる

30代でIT企業への転職を成功する人のまとめ

30代IT企業への転職を成功する人のまとめ


  • IT業界は今後も発展が見込まれていて、将来的な需要も期待できる
  • 30代でIT業界に転職するためには、キャリアやスキルの棚卸を行い、自分の軸を明確にしておくことが重要
  • 30代未経験からの転職を目指す場合は、プログラミングスクールと転職エージェントを活用し、効率的に行動するのがおすすめ。

いかがでしたか。

IT業界は急速な発展を続けていて、今後もその流れは続いていくといわれています。

また、それに伴い人材への需要も非常に高く、30代でも転職を検討する人は多くいます。

ただ、コツやポイントを押さえないまま闇雲に行動していても決してうまくは行きませんので、今回ご紹介した内容を参考に必要なスキルや考え方を身につけていきましょう。

30代の場合、今の仕事と両立しながらの学習や転職活動が必要なので、プログラミングスクールや転職エージェントをうまく活用して、効率的に行動していきましょう。

-エンジニアの転職, 役立つ転職知識
-, , , ,

© 2020 転職index