30代のエンジニア転職はプログラミングスクール経由がいい理由4つ

この記事で解決できる悩み


  • 30代におすすめのプログラミングスクールが知りたい!
  • 30代でエンジニア転職ってできるの?
  • 30代でプログラミングを習得してその後に活かせる?

この記事では、30代におすすめのプログラミングスクールを紹介しています。

具体的なスクール名と特徴、スクール選びのコツなどを詳しく解説していますよ。

30代でプログラミングを習得すべき理由や自分に合ったスクールの選び方がわかるようになり、エンジニア転職を目指したスクールへの受講が検討できるようになります。

30代におすすめのプログラミングスクール一覧

スクール名料金受講期間受講形式転職
支援
転職保証
30代
テックキャンプ エンジニア転職 短期集中スタイル
月々35,000 円(税込)
月額制教室
オンライン
あり
TechAcademy Pro 12週間プラン
¥298,000(税別)
12週間オンライン完結あり
(受講開始時点で
32歳以下が対象)
DMM WEBCAMP 3ヵ月コース
628,000円(税別)
3ヵ月~5ヵ月教室
オンライン
あり
(30歳以上は
要相談)
ポテパンキャンプ キャリアコース
250,000円(税抜)
3ヵ月~4ヵ月オンライン完結あり

30代で未経験からでもエンジニア転職はできる!

一般的に30代になると、未経験分野への転職は難しくなると言われています。

未経験からエンジニア転職を希望している人の中にも「30代だから…」と、なかなか一歩を踏み出せない人もいるのではないでしょうか。

しかし、現在の転職事情やポイントを押さえれば、30代で未経験からでも充分エンジニア転職は可能です。

一ノ瀬セナ
まずはエンジニア求人の現状や、未経験からの転職を成功させるコツをしっかりと掴みましょう。

IT人材の需要は増えている

経済産業省の調査によると、IT人材の不足を感じるIT企業は年々増加しており、多くの企業がIT人材の確保を課題点として抱えています。

IT人材の需要は増えている

出典:「IT人材白書2019」概要

また、近年はAI技術の導入やIoT技術の進化、ビッグデータの活用など、さまざまな業界や分野でIT化が進んでおり、これまで以上にエンジニアの需要が高まっています。

IT人材の不足に反して、各業界ではIT化が進んでいるので、今後もIT人材不足の深刻化と需要がますます拡大していくと考えられるでしょう。

こうした背景から、20代だけでは人材不足を解消できないのが現状です。

そのため、採用枠を30代まで広げてIT人材を確保しようとする企業が増えてきているのです。

30代でも活躍できる


  • 実際、30代で未経験からエンジニア転職や独立に成功している人がたくさんいますし、最近だと40代や50代からプログラミングを学びはじめる人もいます。

IT人材の不足と高い需要から、他の業種に比べて、かなり幅広い年齢層での未経験転職が成功しやすいことがわかりますね。

プログラミングスクールを活用すべき!

30代でもエンジニア転職ができるとお話ししましたが、とはいえ30代での転職は易々とできるものではありません。

一ノ瀬セナ
エンジニアの職種に限らず、20代よりも求人数は少ないのが現状です。

また、「未経験者歓迎」などのキーワードで求人を行っている企業は、実務経験を問わないというだけで、プログラミングができることが前提となっています。

独学でのプログラミング学習は、知識の習得が非常に難しく、挫折率も高いです。

独学での知識取得の難しさ、20代と比較した時の求人のハードルの高さなどを事前にきちんと認識しましょう。

30代未経験からの転職を成功させるためには、戦略性やサポートが必要不可欠です。

質問できる環境や質のよい授業、手厚い転職支援を受けられるプログラミングスクールの活用は必須といえますね。

30代がプログラミングをスクールで習得すべき理由4つ

30代がプログラミングをスクールで習得すべき理由を4つご紹介します。

30代がプログラミングをスクールで習得すべき理由4つ


  • 効率的に開発現場で通用するスキルを習得できる
  • メンターが学習状況をチェックしてくれて挫折を防げる
  • 転職支援が受けられる
  • 転職活動に有利な実績となる

順番にみていきましょう。

理由1:効率的に開発現場で通用するスキルを習得できる

ひとつ目の理由は、効率的に開発現場で通用するスキルを習得できるからです。

プログラミングスクールでの学習期間は、コースにもよりますが3ヶ月~半年が一般的です。

一方、独学でのプログラミング学習は半年~1年ほどかかるだけでなく、90%近い人は途中で挫折してしまうといわれています。

プログラミングスクールは、これまでの学習プランやカリキュラムのノウハウ、未経験者がつまづきやすいポイントなどの知見を多く保有しています。

一ノ瀬セナ
それらを活かして、効率的に学習プランを組んだり、テキストを更新したり、疑問点へのサポートをしてくれますよ。

プログラミングスクールで学習をする方が、圧倒的に早く、確実に知識を身につけられるんだね。
はじめ君

また、プログラミングスクールでは、現役のエンジニアが講師として授業を行ったり、質問に答えてくれることもあります。

実際の開発現場で通用する知識やスキルを習得できるのも大きな魅力ですよ。

理由2:メンターが学習状況をチェックしてくれて挫折を防げる

次の理由は、メンターが学習状況をチェックしてくれて挫折を防げるからです。

プログラミングを独学で勉強する人のうち、90%は挫折してしまうと言われています。

なぜなら、独学だと分からない所を質問できる人がいなかったり、エラーが出ても自力で解決できず、先の学習へ進めなくなるからです。

プログラミングスクールでは、そういった挫折を防ぐために「メンター」を用意しています。

メンターとは


  • プログラミング学習やキャリアプランで悩んだ時に、相談にのったり、アドバイスをくれる存在のことです。

メンターが居ることで、学習の進め方のコツやエラーの解決方法を提示してもらえたり、習得状況をチェックして学習の道筋を提示してもらえたりします。

それ以外にも、キャリアプランに対する不安を相談できる、といったさまざまなメリットがあり、挫折しにくい環境を得られますよ。

また、とくに30代の転職においては「客観的にみて、転職を成功させるために、何が足りていないか教えてくれる」ことも大きなメリットです。

理由3:転職支援が受けられる

3つ目の理由は、転職支援が受けられるからです。

最近のプログラミングスクールでは、ただプログラミングを教えるだけでなく、転職成功のためにさまざまな支援を行っています。

プログラミングスクールは、受講生だけでなく、IT企業の社長や人事担当者と関わりを持っており、IT企業との強いつながりを持っているケースが多いです。

ですので、プログラミングスクールを利用することで、そのスクールの取引先企業やコネクションのある企業への転職支援や紹介を受けられるのです。

転職支援について


  • 面接対策や履歴書の添削、返金保証など、さまざまなサポートを行っているスクールがあり、自力での転職活動に比べて多くの支援を受けられます。

理由4:転職活動に有利な実績となる

4つ目の理由は、転職活動に有利な実績となるからです。

同じ未経験者の面接をすると仮定した場合、「独学でプログラミングを学びました」という人に比べて「プログラミングスクールでプログラミングを学びました」という人の方が圧倒的に有利になります。

なぜなら、独学では何をどこまで、どう学んだのかが伝わりにくいのに対して、スクールで定義されたカリキュラムを修了したということが、一定ラインの知識やスキルを身につけているということの証明になるからです。

一ノ瀬セナ
学習カリキュラムの中で、オリジナルサービスの開発などを行っていた場合、それらはポートフォリオとして企業に見せることができますよ。

実績を証明する強いアピールになるね。
はじめ君

30代がプログラミングスクールで学ぶときの注意点3つ

30代がプログラミングスクールで学ぶときの注意点を3つ紹介します。

30代がプログラミングスクールで学ぶときの注意点3つ


  • 金銭面や生活への負担を考慮する
  • 利用できないコースやサービスがある
  • 独学や無料のスクールは避ける

ひとつずつ説明していきますね。

注意点1:金銭面や生活への負担を考慮する

ひとつ目の注意点は、金銭面や生活への負担を考慮することです。

プログラミングスクールの受講費用は決して安価ではありません

生活費を差し引いたうえで使えるお金が必要ですし、結婚や子供の有無によっては、家族の理解を得る必要がありますよ。

また、現在仕事をしていて、その中で受講をする場合、平日の仕事の後や休日に学習することになり、時間の面でも負担はかかります。

金銭面や生活への負担のポイント


  • 自分の収入や貯金、自由に使える時間を事前に把握し、バランスを取りながら学習できるか、よく検討することが重要です。

また、仕事を辞めて集中的に学習をしようと検討している場合でも、その間は収入がなくなりますので、金銭面で支障が出ないかよく考えるようにしましょう。

注意点2:利用できないコースやサービスがある

2つ目の注意点は、利用できないコースやサービスがあることです。

スクールによっては、20代までの年齢制限を設けており、30代では利用できないコースやサービスが存在します。

とくに転職保証(転職できなかった時の返金保証)は、導入しているスクールが少ないうえに、20代に比べて転職の難易度が高く、リスクを伴うことから、30代は対象から外れるケースが多いので注意が必要です。

一ノ瀬セナ
受講そのものや、返金以外の支援を受けられることは多いので、事前に利用できるコースやサービスの範囲を調べておくといいですね。

注意点3:独学や無料のスクールは避ける

次の注意点は、独学や無料のスクールは避けることです。

先述しましたが、独学でのプログラミングスキルの習得は非常に困難で、途中で挫折してしまう可能性が高いからです。

また、スクールでの学習に比べて効率が悪く、転職時にも実績のアピールがしにくい面があります。

プログラミングスクールのなかには、受講料が無料のものもありますが、こちらも避けるようにしましょう。

無料のスクールの注意点


  • 学習内容そのものやサポートの質が悪かったり、卒業後の転職先が限られていて、自由に選べないなどのデメリットがあるからです。

30代は20代に比べてやり直しがききにくく、時間や費用に対しての効率が非常に重要になってきます。

せっかく使った時間を無駄にすることのないよう、独学や無料のスクールを受講するのは避けるようにしましょう。

30代がスクール選びで失敗しないためのポイント5つ

30代がスクール選びで失敗しないためのポイントは以下の5つです。

30代がスクール選びで失敗しないためのポイント5つ


  • 目的や目指すキャリアを明確にする
  • 受講形式で選ぶ
  • 学習内容や講師の質で選ぶ
  • 転職支援・転職保証の内容で選ぶ
  • オリジナル作品の開発で実績をつくれるかチェックする

ひとつずつ見ていきましょう。

ポイント1:目的や目指すキャリアを明確にする

ひとつ目のポイントは、目的やキャリアを明確にすることです。

プログラミングスクールの受講を検討する前に以下のようなことを明確にしておきましょう。

目的やキャリアを明確にする


  • 企業への転職を目指すのか、フリーランスを目指すのか
  • 今後、どのような分野で働きたいのか
  • 具体的にどのプログラミング言語を学びたいのか

これらをはっきりさせておかないと、スクールに通いだしてから「思っていたのと違った…」「やっぱり他の言語を学べば良かったかも」などと後悔してしまうおそれがあります。

たとえば、プログラミングスクールは企業への転職を支援している所が多いので、フリーランスを目指している場合は、事前にフリーランス支援をしてくれるスクールを探しましょう

一ノ瀬セナ
あわせてサポート内容もよく検討しておかないと、希望とは違った転職紹介やサポートしか受けられない事態に陥ってしまいますので注意が必要ですよ。

IT技術の進化によって、プログラミングを学んだあとのキャリアプランの可能性はどんどん幅広くなっています。

ただ「プログラミングを身につけて仕事にしたい」「エンジニアになりたい」だけではなく、どのような職種や分野で働きたいのか具体的にイメージしてみましょう。

それらに強いスクールを受講することで、ミスマッチを防ぐことができます。

ポイント2:受講形式で選ぶ

次のポイントは、受講形式で選ぶことです。

プログラミングスクールは大きくわけて「オンライン型」と「通学型」の受講形式があります。

それぞれにメリット、デメリットがありますが、大切なのは「自分に合ったスタイルを選ぶ」ことです。

オンライン型と通学型のメリット


  • オンライン型のメリット
  • 場所や時間を選ばず受講ができるので在職中で自由な時間が少ない人や地方に住んでいる人に向いています。

  • 通学型のメリット
  • 受講生仲間とコミュニケーションを取りながら対面での授業を行うことができますので、モチベーションを高く維持できるメリットがあります。


オンライン型と通学型のデメリット


  • オンライン型のデメリット
  • やり取りがオンラインのみになるため、受け身授業になりやすいデメリットがあったり、ビデオ通話やチャットでのコミュニケーションが苦手な人には不向きです。

  • 通学型のデメリット
  • 通学のための時間や交通費がある程度必要になりますし、受講料も比較的高額な傾向があります。

ほかにも、マンツーマンでの授業を行ってくれるかどうか、講師を毎回指名できるか、チーム開発の有無や学習期間、必要な学習量など、スクールによってさまざまな受講形式がありますよ。

自分が、プログラミングを学ぶうえで重要視していること、優先順位などを明確にし、それに合ったスクールを選ぶようにしましょう。

ポイント3:学習内容や講師の質で選ぶ

3つ目のポイントは、学習内容や講師の質で選ぶことです。

学習内容が自分の希望と合っているか、質の高い授業が受けられるか、質の良い講師が在籍しているかなどは、スクールを選ぶうえで非常に重要です。

一ノ瀬セナ
学習内容や、教材のわかりやすさ、授業の質は、エンジニアとしての力を身につけられるかに直結します。

どのような教材を使っているか、内容の更新がされているか、実践的な技術が身に付くかを事前に比較検討してみましょう。

また、講師の質にも着目してみてください。

講師の質は大事


  • 実際の現場で開発を行っている現役のエンジニアに教えてもらえたり、技術力のたしかな、優秀な講師から授業を受けたり質問ができれば、実際の現場でも活かせる知識やスキルが習得できる可能性は高いです。

また、メンターのフォローが丁寧だったり、学習進捗を把握してサポートをしてくれるスクールであれば、挫折しにくく、意欲的に学習、転職活動を行うことができます

キャリアプランの立て直しが困難になる30代の場合、これらの質が良いスクールを選ぶことが大切です。

ポイント4:転職支援・転職保証の内容で選ぶ

4つ目のポイントは、転職支援・転職保証の内容で選ぶことです。

先述のとおり、30代の場合、年齢制限により転職保証を受けられない場合が多いです。

その分、それ以外の部分でどういった支援を受けられるのかをしっかりとチェックするようにしましょう。

転職支援といっても内容はスクールによってさまざまです。

相談に乗ってくれるだけのところや、コンサルタントがつき面接対策などをしてくれるところ、実際に企業を紹介してくれるところもあります。

どんな企業への転職の可能性があるのか、30代での転職成功実績はあるのか、最高何歳での転職実績があるがなどを調べてみるといいですよ。

こういった情報は公式サイトにも載ってない場合があるので、無料体験などに積極的に参加して質問してみましょう。

なお、「 テックキャンプ エンジニア転職 」では30代以上でも転職保証が受けられますよ。

ポイント5:オリジナル作品の開発で実績をつくれるかチェックする

最後のポイントは、オリジナル作品の開発で実績をつくれるかチェックすることです。

未経験者がエンジニアとして転職や仕事を得るためには、「技術力の証明」が必要です。

一ノ瀬セナ
一般的に転職面接などでは、技術力を証明するために、実務経験を求められますが、未経験者にはそれがありませんよね。

「これだけのものが作れるスキルを持っている」と、証明するためにはオリジナルサービスを開発してポートフォリオとしてアピールする必要があるんだね。
はじめ君

卒業後、スムーズに転職活動に入るためには、在学中にオリジナルサービスを開発するカリキュラムや環境があるかがとても重要になってきます。

スクールを選ぶ際は、オリジナルサービスの開発ができるかどうかもチェックしてみてくださいね。

ポートフォリオについて詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

30代のプログラミングスクールのはじめ方4ステップ

プログラミングスクールを選んで受講を開始するまでの大まかな流れを4ステップに分けてご紹介します。

30代のプログラミングスクールのはじめ方4ステップ


  • ステップ1:学習スタイルのあうスクールを選ぶ
  • ステップ2:無料体験・カウンセリングを受ける
  • ステップ3:学習の内容や期間を決める
  • ステップ4:申し込みと支払いをして受講を開始する

一連の流れを読んで、流れを把握しておくことで、実際の受講もスムーズに行えますよ。

ステップ1:学習スタイルのあうスクールを選ぶ

まずは、学習スタイルのあうスクールを選びましょう

スクール選びのポイント2でもご紹介しましたが、自分に合うスクールを選ぶことは非常に重要です。

スクールの場所や学習形式、サポートの対応時間などを調べて、自分の希望とマッチするスクールを選んでくださいね。

たとえば、以下のように自分のスタイルとスクールの条件を搾っていくと良いですよ。

自分のスタイルとスクールの条件


  • 近くに通える教室がない
  • オンライン完結型のスクールを検討する

  • 家庭教師のようにしっかりと付き添って教えてほしい
  • マンツーマンレッスン形式のスクールを探す

  • 在職中で夜にしか時間がとれない
  • 夜遅くまでサポート対応をしているスクールを選ぶ

  • チャットやビデオ通話でのコミュニケーションが苦手
  • 通学型のスクールを検討する

ステップ2:無料体験・カウンセリングを受ける

気になるスクールをある程度ピックアップできたら、次は無料体験やカウンセリングを受けてみましょう

なぜなら、スクールの授業の進め方や雰囲気が本当に自分に合っているかは、実際に体験してみないとわからないからです。

また、いくつかのコースで迷っている場合や、具体的なカリキュラムの内容、転職支援の詳細など、気になっていることはここでどんどん質問したり相談しましょう。

安心して受講を決めることができますし、受講後のミスマッチを防ぐことができますよ。

ステップ3:学習の内容や期間を決める

具体的な内容や期間を決めていきましょう

コースやプランによって、学べる言語や期間はそれぞれ違いますので、自分の希望に合った言語のコースや学習期間を選ぶことが大切です。

「自分ひとりでは決めきれない」「プロの意見も聞いてみたい」という人は無料カウンセリングで相談してみるのがおすすめです。

一ノ瀬セナ
あなたの希望やキャリアプランをきいて、最適なコースを提案してくれますよ!

ステップ4:申し込みと支払いをして受講を開始する

学ぶ言語やカリキュラムが決まったら、入校の申込と入金をして、あとは受講を開始するだけです。

受講料金や支払条件は各スクールによって違うので、事前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

具体的には、以下の4点をしっかり確認しておきましょう。

受講料金や支払条件


  • 受講料とは別に入会金がかかるかどうか
  • 支払いは分割できるかどうか
  • クレジットカードでの支払いが可能かどうか
  • 途中解約した場合、返金対応があるかどうか

手続きが完了したあと、多くのスクールでは受講開始前や受講初日にオリエンテーションがあります。

カリキュラムの進め方や講義の日程を把握すると同時に、わからない事はすぐに質問して解消しておきましょう。

後々にトラブルになってしまうのを防げますよ。

30代からエンジニアを目指す人におすすめプログラミングスクール4選

30代からエンジニアを目指す人におすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

転職保証があったり、30代での転職成功率が高かったりと、未経験のエンジニア転職をバックアップしてくれる手厚いサポートがありますので、参考にしてみてくださいね。

30代からエンジニアを目指す人におすすめプログラミングスクール4選


30代でエンジニアに転職したいならTECH CAMPエンジニア転職

テックキャンプ エンジニア転職 0708

テックキャンプ エンジニア転職 30代でエンジニア転職を目指したい人におすすめです。

他のスクールでは条件から除外されがちな30代以上でも転職保証を受けられます。

受講生の3人に1人は30代で、転職成功実績も多数あるので年齢を理由に諦めていた未経験の人にもおすすめですよ。

自分のライフスタイルに合わせて平日の短期集中か夜間・休日かスタイルを選べて、最短10週間でエンジニアスキルを身につけられます。

未経験からエンジニア転職したいならTechAcademy Pro(エンジニア転職保証コース)

TechAcademy Pro0708

TechAcademy Pro 未経験からエンジニア転職したい人におすすめです。

授業は自習形式のオンライン完結型で、ネット環境があればいつでも学習できるので自分のペースで納得いくまで勉強できます。

学習につまづいても、現役エンジニアのメンターがサポートしてくれます。週2回のマンツーマンメンタリングがあるのでオンライン学習でもモチベーションを継続できます。

なお、転職保証は受講開始時点で32歳以下の場合に受けられ、東京の企業への転職が条件となりますよ。

整った学習環境で学びたいならDMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP 0708

DMM WEBCAMP 実務に近い実践的なカリキュラムを教室で学びたい人におすすめです。

基礎はもちろん、エンジニアに欠かせないチーム開発の経験や面接でアピールできるポートフォリオ制作など、エンジニアとして必要なスキルを身につけ確実に転職できるようにサポートしてくれます。

受講開始から教室に通い放題なので、自分に合ったペースで学習を進められます。分からないことがあったら教室にいるメンターにすぐに質問できるので勉強が捗りますよ。

転職保証は基本的に20代が対象で、30歳以上の場合は要相談になりますので、注意しましょう。

レベルの高い勉強をしたいならポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ 0708

ポテパンキャンプ レベルの高いエンジニアスキルを学んでwebエンジニアに転職したい人におすすめです。

あらかじめエンジニア知識がある前提のカリキュラムなので未経験者には向きませんが、Rubyについて深く勉強することができ、最終的にRails製のOSSを用いてECサイトを開発するので実践的なスキルが身につきます。

POTEPAN CAMP経由で仕事を決めると受講料が全額キャッシュバックされますよ。

ポテパンキャンプで学ぶ

【30代におすすめのプログラミングスクール】まとめ

【30代におすすめのプログラミングスクール】まとめ


  • IT人材不足により、30代未経験からでも、エンジニア転職成功の可能性がある
  • 不利な状態での転職活動を有利に進めるために、プログラミングスクールの利用は必須
  • 学習内容はもちろん、転職支援の手厚いスクールを選ぶことが転職成功のカギ

30代でエンジニア転職を目指す人におすすめのスクール4選


いかがでしたか?

年々、IT人材不足は深刻化しており、30代まで採用の枠を広げて募集を行う企業が増えてきています

しかし、20代に比べれば転職の難易度は高いといえるので、その状態から効率的な学習や転職活動を有利に進めていくためには、プログラミングスクールの利用は必須といえます。

独学や無料スクールでの学習は、効率が悪いだけでなく挫折する可能性が非常に高いのでおすすめできません。

自分に合った学習スタイルのスクールを選ぶことはもちろんですが、転職支援の面でも手厚いサポートをしてくれるスクールを選ぶことで、30代未経験からの転職活動を成功させる可能性は大幅にあがります!

まずは自分の希望を明確にして、自分に合うスクール選びをしてみてくださいね。

-プログラミングスクール
-,

Copyright© 転職index , 2020 All Rights Reserved.