女性のライフスタイルに合った転職タイミングを決めるポイント3つ

女性のライフスタイルに合った転職タイミングを決めるポイント3つ

この記事で解決できる悩み


  • 転職は若いほど有利?
  • 出産後の転職は難しい?
  • 結婚を視野に入れた時の転職のタイミングっていつだろう?

女性が転職活動するタイミングは、いつがベストか迷ってしまいますよね。

この記事では、働く女性のライフスタイルに合わせた転職のタイミングについて解説します。

『ライフスタイルに合わせた転職のタイミング』を理解すれば、いつ転職するか迷っている人も、自分の中で最良のタイミングを計れます

実際、多くの女性が結婚や出産を経験しても、働きやすい仕事や企業選びに成功しているんです。

それではまず、『女性が抱える「転職」についてのイメージや悩み』について見ていきましょう。

「いますぐ女性におすすめの転職エージェントを知りたい!」という方は、『女性におすすめの転職エージェント2選』をご覧ください!

女性が抱える「転職」についてのイメージや悩み

多くの働く女性が、「転職」についての悩みを持っています。

社会人になってしばらくたった20代後半にさしかかると、まわりの友人や同僚たちから「転職」「結婚」「出産」などの報告を受け、今の仕事を続けるか、転職しようか迷い始める人が多いようです。

女性の転職のイメージのアンケートを見てみると、

マイナビ転職 女性の転職のイメージのアンケート

出産後の転職は難しい:53.1%
女性は不利:43.1%
ライフステージと大きくかかわる:38.5%

引用元:マイナビ転職「20台後半女性の「女性の転職」に対するイメージとは?

と多くの女性が「ライフスタイルの変化が転職に悪い影響を与えるのではないか」と悩んだり、不安を感じていることがわかりました。

このように転職しようと思っても、「ベストなタイミングはいつ?」「キャリアアップするなら今のうちに転職した方がいいのか」など、不安は尽きないようです。

女性のキャリアはライフイベントに左右されやすい

女性のキャリアは、男性に比べてライフイベントに左右されやすい一面があります。

男女共同参画局の調査によると、第1子を出産するタイミングで仕事をやめる女性が、全体の約3分の1いるのが実情です。

さらに第2子、第3子を出産するにつれ、働く女性の割合は右肩下がりで減っていき、第3子を出産して正社員として働く女性は、全体の5.6%となっています。

男女共同参画局「ライフイベントによる女性の就業形態の変化(平成23年)

このように女性の場合は、妊娠や出産を理由に社員として働くことを諦めなければいけないこともあるのです。

そのため何も考えずに会社で自由に働ける時間が、短くなりやすいということを知っておく必要があります。

女性が転職タイミングを計るために気にするポイント3つ

ここからは、女性が転職のタイミングを計るために気にするべきポイントについて見ていきましょう。

ポイントは以下の3つです。

女性が転職タイミングを計るために気にするポイント3つ


  1. 年齢
  2. 転職理由
  3. 転職後の職場条件

ポイント1:年齢

ひとつ目のポイントは、あなたの年齢に応じてタイミングを計ることです。

「30歳になってから転職するのは遅い」などの噂を耳にして、不安に感じてしまう女性もいるかもしれません。

しかし年齢によって企業が求める人材の条件や待遇、転職で新たにチャレンジしやすい仕事の範囲が違うので、「早すぎる」「遅すぎる」ということはないでしょう。

それよりも今の年齢に合わせた求人先や、転職のタイミングを計ることが大切です。

各年代別のベストなタイミングや狙いたい求人についての解説は、「女性の転職は若い方が有利?」の見出しで紹介していますよ。

ポイント2:転職理由

2つ目は、転職理由に応じてタイミングを計ることが大切です。

なぜなら、転職理由によって、転職活動や退職手続きに必要な準備や流れが異なるからです。

たとえば結婚や出産などを経験しても、このまま続けられそうにない仕事内容や人間関係、職場環境にいる女性の場合、産休や育休制度に整った会社に転職を考えるでしょう。

まずは、仕事内容や環境、人間関係、ライフイベント、パワハラ・セクハラなど、あなたが転職する理由を整理してから、転職のタイミングを計ることが大切です。

感情的になったり、勢いだけで計画も立てずに転職するようなことは避けましょう

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

ポイント3:転職後の職場条件

転職後の職場条件も、転職するタイミングで気にしたいポイントとなります。

幸せな人生を送るには、仕事とプライベートのどちらも充実するようなワークライフバランスのとれた職場が理想です。

つまり結婚後の妊娠、出産、育児、子育てとライフスタイルが変化していく中でも、手当がもらえて休暇などを取得でき、周りの理解も得られるような待遇のよい職場を選ぶとよいでしょう。

転職先を探すときは、以下のような条件を満たしているか、などサイトやエージェントを通じて見極めることが重要になります。

転職先の条件として見極めたいポイント

  • 女性特有のライフイベントに対する理解があるか
  • サポート制度の実績のある会社か
  • 出産や育児からの復帰後も時短勤務などを利用しながら居心地よく働ける転職先か

など

採用面接で実際に会社を訪れた際に質問したり、肌で感じるのも有益な情報になるでしょう。

あなたに合った職場条件が求人が見つかるまで、焦らずじっくり転職先を探しましょう

女性の転職は若い方が有利?

ここからは、多くの女性が疑問に感じている「女性の転職は若い方が有利なのか」についてご紹介します。

実は単純な「若さ」「年齢」ではなく、どのような業種で働きたいか、どのような資格を持っているかなどの方が重要です。

30歳を過ぎてからも多くの女性が転職に成功をしているので、必ずしも「若ければよい」というものでもありません

しかも現在は売り手市場なので、選ぶ職種や業界によっては選択肢も十分にあります。

女性の年代別転職タイミング事情

  1. 20代での転職タイミング
  2. 30代ての転職タイミング

20代、30代それぞれの転職タイミングについて詳しくまとめました。

20代での転職タイミング

20代での転職は、「第二新卒」に注目したタイミングがおすすめです。

現在、売り手市場で新卒採用の競争が激化していることを背景に、慢性的な若手不足が続いています。

とくに中小企業では人手不足に陥っている会社も少なくありません。

そのため新卒ほど手取り足取り教育しなくてもよい、学校を卒業してから1〜3年で転職活動をする「第二新卒」を中途採用することに注目している企業が増えています。

キャリアプランが変わったり、30歳以降も今の職場で働き続けることが想像しにくいのであれば、20代の転職はベストなタイミングといえるでしょう。

未経験分野への転職なら3~4年目がベストタイミング!

転職で未経験分野へ挑戦したい人は、社会人3〜4年目がベストタイミングといえます。

長く1つの企業に勤めると、仕事のやり方などが凝り固まりやすいので、企業は社会人経験ができるだけ浅い人を採用したがります。

逆に社会人経験が浅すぎる1〜2年での転職では、転職しても定着しづらいことや忍耐力がないのではと懸念されるため、不利になることもあるでしょう。

そこで社会人経験が丸3年前後になる、大学卒業の場合は25〜26歳ほどの「第二新卒枠」に該当する人が転職のベストタイミングでしょう。

第二新卒:学校を卒業後数年(だいたい1~3年)で離職した後、転職活動をする若手求職者のこと

同業種での転職なら5~6年目がベストタイミング!

同業種で転職を考える人の場合は、社会人5〜6年目がベストタイミングです。

5〜6年目といえば仕事の基礎を覚え、さらに規模の大きな仕事や責任あるポジションを任せられる実力を持つ時期になります。

つまり採用後すぐに即戦力として第一線で活躍できる知識やスキルと、新しい会社の社風や仕事の仕方にも染まれる柔軟性と若さを合わせ持っている年代なのです。

同業への転職をするなら、採用ニーズが高いこの時期が絶好のタイミングだといえるでしょう。

キャリアアップを考えている人にとっては、20代後半の転職はチャンスになります。

30代での転職タイミング

確かに20代での転職はチャンスがありますが、30代になってからでも遅くはありません

実際30歳を過ぎてからも、前職よりもよいポジションや給与の企業に転職を成功させ、キャリアアップしている女性は多くいます。

なぜなら、中途採用は即戦力として活躍できるかが判断基準になるため、年齢ではなくこれまでの社会人としてのキャリアが大切だからです。

20代のうちは経験や知識を身につけるためにあえて転職せず、30代になってからチャレンジする人もいます。

ライフスタイルにあった業界や業種を選ぶ

30代での転職は未経験分野への転職か、経験のある分野への転職かでもベストなタイミングが変わることに加え、結婚しているか、子どもはいるかといったライフスタイルも関わってくることを知っておかなければいけません。

たとえば一般的なオフィスワークの場合は、小さな子どもを保育園に迎えに行くために時短勤務希望など時間の制約が加われば、時間制約がない応募者に比べて不利になる可能性もあるのです。

逆に小売、流通、サービス業界はシフト制の勤務体系を取ることが多いため、家庭の事情に合わせたシフトを組めば働き方への影響はほとんどありません。

選ぶ業界や職種によっては、年齢や家庭環境を理由に不採用になることはほとんどないでしょう。

このように30代での転職は、これまでの経験値やキャリアを高く評価してもらえる一方、業界や希望職種によってはライフイベントが影響することを理解した上で、転職先とタイミングを選ぶことが大切です。

ライフスタイルに合わせた転職の3つのタイミング

女性には、ライフスタイルに合わせた転職のタイミングがあります。

それが以下の3つです。

ライフスタイルに合わせた転職の3つのタイミング


  1. 結婚
  2. 出産
  3. 育児・子育て

結婚は相手があってのことで、自分の希望に関わらず退職や転職を余儀なくされるケースがあります。

妊娠・出産も計画通りに進むことの方が少なく、育児・子育てもそのときの状況によって転職や退職しなければいけないことがあるなど、どれも自分の意思でコントロールするのが難しいでしょう。

これらは多くの女性が抱える悩みや問題ですが、あなたが希望するタイミング通りに行く方が少ないので、正解はそれぞれ違うことを前向きに捉えることが大切です。

それぞれにのタイミングについて、詳しく見ていきましょう。

女性の転職タイミング1:結婚

女性が転職するタイミングとして、結婚は大きな要素の1つです。

結婚前と結婚後に転職する場合は、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

結婚前に転職するメリット・デメリットはこちらになります。

結婚前に転職するメリット


結婚後の生活スタイルに合わせて仕事が選べ、妊娠・出産までに新しい職場での人間関係を築く時間も長くとれるので産休・育休が取りやすくなる

結婚前に転職するデメリット


転職後すぐには休暇を取りづらいため、新婚旅行で長期休暇を取得したり、1年経たずに妊娠して産休を取得するなど、制度を活用すること自体が難しくなる可能性がある

一方、結婚後に転職する場合のメリット・デメリットは、以下のような点が挙げられるでしょう。

結婚後に転職するメリット


家庭と仕事を両立できる仕事選びをしやすくなる

結婚後に転職するデメリット


出産を控えている女性は正社員採用の可能性が低くなる、子育て中の場合は転職活動の時間を取りづらいなど

このようなメリット・デメリットがあるということを念頭に置いて、転職活動のタイミングを見極めるようにしましょう。

女性の転職タイミング2:出産

出産を機に、転職を考える女性も多いです。

「出産前」と「出産後」どちらがよいかは、今後のプランや今の職場環境に合わせて選びましょう

「出産前」に転職した方が良い人


転職先を幅広く選びたい場合や、すぐに出産の予定がない人

出産前」のタイミングがよい人は、転職先を幅広く選びたい場合や、すぐに出産の予定がない場合です。

実際に転職後、妊娠・出産するまでに一通り仕事を覚え、先輩や同僚との信頼関係を築くことができるので、産休や育休・時短制度も活用しやすくなり、復帰してからも長く働きやすくなります。

「出産後」に転職した方が良い人


今の職場が産休・育休制度がしっかりしていて子育てしやすい環境の人

逆に、今の職場が産休・育休制度がしっかりしていて子育てしやすい環境であるなら、「出産後」がベストなタイミングとなるでしょう。

これまでのキャリアを積んできた分、仕事を新しく覚える必要もなく、人間関係も構築されているので産休・育休制度を利用して復職するまでの流れがスムーズです。

復職して数年は今の会社で働くことになるので、転職は先送りになってしまいますが、子供がある程度大きくなってからの転職は、時間や心に余裕ができた状態で始めることができます。

出産の予定や今の職場環境に合わせて選ぶのも一つの方法ですね。

女性の転職タイミング3:育児・子育て

育児や子育ても、女性が転職を考えるタイミングです。

結婚後もバリバリと正社員でキャリアを目指したい人がいる一方、結婚後は家庭との両立を目指し、仕事をペースダウンさせたい人もいるでしょう。

仕事をペースダウンさせたい場合は、今の職場の育休・産休制度を活用しながら仕事を続け、結婚や出産など生活が落ち着いたタイミングで、転職をスタートするのがオススメです。

正社員で働き続けることにこだわりがなければ、パートや派遣など雇用形態から見直すこともできます。

これらの雇用形態はフルタイムの正社員と違って、家庭と両立できる無理のない範囲で働くことが可能です。

再度正社員としての採用が難しくなるリスクがあるので、将来キャリアアップに繋がる業界や職種を選ぶとよいでしょう

1年の中で転職に良いタイミングって?

1年の中で転職に良いタイミングは、一般的に2〜3月と9〜10月になります。

なぜなら、多くの企業にとって3月は年度末、9月は半期末にあたり、採用計画に合わせて多くの求人が出されるからです。

期末は退職者が出やすい上に、3月までに採用すれば4月に入社する新入社員と一緒に研修を行えるので、企業側にとっては期末に採用するのが好都合になります。

逆に新人研修で忙しくなる4〜8月は求人が少なくなり、中途採用は夏以降まで控えめになる企業が多いので、この時期の転職は 希望の条件の求人が見つかりにくく不利になる可能性もあるでしょう。

このように一般的に転職しやすい時期を狙うなら2〜3月と9〜10月が転職によいタイミングです。

女性におすすめの転職エージェント2選

ここからは、女性のオススメの転職エージェントを2つご紹介します。

女性におすすめの転職エージェント2選

それぞれのサービス内容や特徴について、詳しく見ていきましょう。

女性の活躍支援に特化したサービスあり:パソナキャリア


パソナキャリア

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
とくに女性におすすめ
面談が丁寧
サポート力あり

おすすめポイント

  • 独自の条件の良い求人が多数あり
  • 顧客満足度第1位!レベルの高いアドバイザーが揃っている
  • 女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チームがあり、女性に寄り添った提案をしてくれる

質の高い求人数が豊富:doda


doda

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
求人数多い
サポート力あり

おすすめポイント

  • 求人数が業界トップレベル!
  • 担当者と相性が悪い場合は、web上から変更できるなど、使い勝手がいい
  • キャリアアドバイザーと求人提案の担当者が分かれていて、手厚いサポートが受けられる
女性におすすめの転職エージェントを他にも知りたい!という方はこちらの記事も参考になりますよ

女性におすすめの転職エージェントについての記事をチェック

【まとめ】女性の転職タイミング

女性の転職タイミングのまとめ


  • 年齢や結婚、出産等ライフスタイルによって転職のベストなタイミングは変わる
  • 自分がこの先どうなりたいか、どうしていきたいかに合わせてタイミングを選ぶ必要がある
  • 自分に適したワークライフバランスになるように、タイミングや働き方を柔軟に変えていくことが大切
  • 女性におすすめの転職エージェントは、 doda パソナキャリア

いかがでしたか。

ベストな転職タイミングを選ぶときは、上記の4つを考慮して選択しましょう。

これらを意識し実践することで、ワークライフバランスのとれた転職先が見つかり、ライフスタイルに合わせた仕事が続けられるはずです。

あなたらしく幸せに働ける転職ができますように!

退職から内定までサポート おすすめ転職エージェント

国内求人数トップレベル!
doda
2人の担当者があなたをバックアップ!国内求人数トップレベルであなたに合った求人が見つかる。
求人数トップレベル
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
各業界に精通したエージェント!
マイナビエージェント
20代が信頼する転職エージェント1位を獲得!(※楽天リサーチ調べ)各業界に精通したプロがあなたをしっかりサポート!
幅広い業界の求人
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
幅広い年齢層から支持!
リクルートエージェント
豊富な求人数で幅広い年齢層をカバー!転職成功者からの評価の高い転職支援実績NO.1の転職エージェント!
求人数トップレベル
全国展開
支援実績No.1
登録無料

相談する

-役立つ転職知識
-,

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.