役立つ転職知識

20代で転職するリスクは?事前に知っておきたいポイントや転職活動に必要なこと

更新日:

20代で転職するリスクは?事前に知っておきたいポイントや転職活動に必要な事

この記事では、20代で転職する際に知っておきたいメリットやデメリットをはじめ、転職する前に整理しておきたいポイントなどについて説明していきます。

現在20代の方で転職するかどうか悩んでいる方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

新卒採用での就職活動と20代での転職活動で違うポイント

新卒採用での就職活動と20代での転職活動で違うポイント
この記事をご覧になっている人は、20代でまだ転職活動をしたことがない人がほとんどだと思います。

まずは、新卒での就職活動と中途採用での転職活動との違いについて理解しておきましょう。

職務経験について質問される

新卒の時とは違って、中途採用の転職の場合は、これまでの「職務経験」についても質問されます。

それに伴って提出する書類に関しても、新卒の時は履歴書だけでOKですが、中途採用の場合は履歴書と一緒にこれまでの職歴や仕事内容についてまとめた「職務経歴書」も提出する必要があります。

つまり中途採用の枠で転職する場合、前職でどんな経験やスキルを得たのかがより重要になります。

20代ならポテンシャルで採用してもらえる

とはいえ特にまだ20代前半の人や、入社して1年たらずで転職したいと考えている人は「面接でアピールできるような実績やスキルがない」と感じる人がほとんどだと思います。

しかしありがたいことに、他の年代とは違い、20代の場合は中途採用の転職でもポテンシャル重視で採用してもらうことが可能だったりします。これは他の年代にはないことで、20代ならではのメリットといえます。

特に入社して3年以内の場合であれば「第二新卒」という枠を設けて採用を行っている企業も多いですから、20代の早い段階で転職することは決して珍しいケースではありません。

特にIT企業やWEB関連企業など、変化の早い業界の場合は、入社して1年たらずで違う会社に転職する人も多いようです。

point!

未経験の職種や業界にもよりチャレンジしやすく、今の仕事から方向転換したいと考えている場合は特に、出来るだけ20代のうちに転職するほうが有利といえます。

20代で転職するデメリットは?

一方で20代で転職するデメリットは何かと考えてみると、はっきり言ってデメリットはほぼないと私は考えています。しいてあげれば職歴が一つ増えることくらいでしょうか。

古い体質の会社であれば「忍耐力のない人」とマイナスに評価してしまう可能性が
ありますが、そういった会社は最近減ってきているようです。

過去の失敗から何を学び、それをどう未来に活かそうとしているのか、しっかりと自分の言葉で語ることが出来れば問題はないはずです。

転職ってマイナスイメージだったけど、そんなことないんだ!

少なくとも、第二新卒での採用を行っている、書類が通って面接まで進める会社の場合は、そういった価値観で採用していると思いますよ。

結論:20代前半でも思い切って転職するのはあり。

上で紹介したように、20代に限っていえばデメリットはほぼなく、メリットの方が大きいので、転職しようかどうかで悩んでいるなら、すぐに動くほうがいいでしょう。

自分の希望する会社に応募する資格があるか、第二新卒の枠があるかをまずは調べて、リストアップするところから始めてみましょう。

調査してみて、もし転職できる可能性がありそうなら、実際にそのまま応募してみると良いでしょう。

逆にもう少しスキルが必要そうな場合は、今の会社でもう少し経験を積むか、より早く成長できる環境に移って経験を積むなど、次につながる判断をすればよいだけです。

自分が次に進むために必要な事が整理できれば、今のまま働くにせよ実際に転職活動するにせよ、迷いがなくなるので、より行動しやすくなります。

繰り返しますが、20代の場合は他の年代よりも有利な年代なので、迷っているならまずは行動して判断するほうが時間を無駄にしなくて済みます。なおかつ、今の会社を辞めずに行動すればリスクも最小限に抑えることが出来ます。

そうは言っても簡単に決められない

そうは言っても簡単に決められない

とはいえ、自分の事になるとより判断が慎重になってしまうのが人ですし、転職が初めての場合は特にその傾向が強くなると思います。

というわけで、他にも、20代で転職することにリスクがないと考える理由や、20代で転職する方がいい理由などをいくつか紹介していきます。

会社の採用基準が変化してきている

先ほど上でも簡単に紹介したように、IT企業や外資系企業の場合は、昔からある程度転職に対して寛容的で、会社によっては転職回数が少ないと逆に心配される場合もあるようです。

一方で日系企業の大手の場合は逆に保守的で、3年未満の転職をあまりプラスに評価しない会社が多いとされてきました。

しかし最近は、特にIT人材に関しての考え方は大きく変化してきているようで、「転職回数は1回まで」などのこれまでの条件を外して、スキルや経験重視で採用する例も多くなってきているそうです。

参考記事

BUSINESS INSIDER JAPAN(ビジネス インサイダー ジャパン)の記事をご紹介します。
増加する20代の“1、2年転職”の評価は?会社を辞めたい時知っておくべき7法則

30代は結果や実力重視

20代は未経験でもポテンシャルで採用してもらえると説明しましたが、30代になるとこういった優遇はほぼなくなり、転職する際はそれまでの仕事の実績や得たスキルが、交渉のベースになります。

30代や40代になって「やりたい事が他にあって転職したいけれど、ほとんどスキルが身についていない」となれば、身動きが取れないまま我慢して働くことになります。

それだとそのまま消耗してしまう可能性が高いので、20代の段階で何かしら不満や不安を抱えている人は、我慢して働くのではなく、何かしら次につながる行動を起こすほうが後々プラスになることが多いはずです。

30代になって、何もスキルが身についていない状態の方が、結果的にリスクも高くなるので注意しましょう。

20代後半なら転職できるだけのスキルや経験がしっかりある

特に20代後半なら、仕事をして3年〜5年くらい経っているので、様々なことを経験してある程度スキルも身についている可能性が高く、より転職もしやすくなるでしょう。

あなたがもしもこのような場合で、他の会社に興味があるなら、悩まずに行動してみることをオススメします。

実際に転職の決断をする前に整理したいこと

実際に転職の決断をする前に整理したいこと

会社や職種についての情報収集と並行して、実際に本格的に転職活動を始める前に、以下のようなポイントを整理してみましょう。

20代で転職する事そのものにほとんどリスクはありませんが、しっかりと入念に準備した上で転職活動をしないと、ブラック企業に転職してしまって、転職した意味がなくなってしまう可能性もあります。

そうなると、ただ時間だけを無駄にしてしまうので、本当にもったいないです。

自分は何に対して不満を感じているのか

自分が何に対して不満を感じているのか、まずはしっかりと整理することが大切です。最低限これが整理できていないと、確実に転職は失敗します。

  • 仕事内容
  • 労働環境
  • 残業が多い

など、色々な理由があると思いますが、それぞれの理由に優先順位をつけて、自分が一番ストレスに感じていることを明確にすることが大切です。

転職先を選ぶ際は、まずはこの不満をしっかり解決できるかどうかを基準に選びましょう。

ちなみに転職サービスを提供するDODAの調査によれば、20代の転職理由で一番多いのは「ほかにやりたい仕事がある」という理由です。

2010年度から7年連続で「ほかにやりたい仕事がある」という理由がトップになっています。


参考記事

求人情報・転職サイトdoda(デューダ)で転職理由がランキング別で見ることができます。
転職理由ランキング2018年代別

その不満は転職でしか解決できないのか、また転職することが本当にベストなのか。

会社に対して感じている不満が整理できたら、今度はそれが本当に転職することでしか解決できない事なのか整理してみましょう。

例えば上で紹介したような「ほかにやりたい仕事がある」という理由の場合、この不満を解決する方法は、必ずしも転職することだけではありません。

副業が許可されている会社であれば、転職せずにやりたい仕事を経験してみる事も可能ですし、「Wantedly」という求人サービスを使って、まずは社会人インターンでその仕事を経験してみるのもひとつです。

そういった方法で実態に体験してみて自分に合うようであれば、そのまま転職活動をする際のアピールにも出来ますし、仮に合わなくても、実際に体験して納得できるので、次に進むことが出来ます。

自分の不満を解決する方法は、転職だけではないことを知っておくと、より可能性が広がりますし、実際に転職する場合も迷いがなくなります。

他の会社に行っても活かせるスキルや経験がしっかりあるか

20代の場合は、ポテンシャル重視で採用してもらえるとはいえ、人気の職種になればなるほど、活かせるスキルや経験を持っている方が当然有利になります。

20代で転職する場合、他の人よりも経験年数は短いですが、それでも実際に仕事は経験しているので、応募する職種の仕事に活かせる部分や共通のポイントを見つけて、それをアピールすることが大切です。

応募する職種の仕事内容や必要なスキルを、まずはしっかりと理解することが大切です。

20代で転職して失敗した人の例にも目を通しておく

念の為、20代で転職して成功した人だけではなく、失敗した人の例にも目を通しておくようにしましょう。失敗した人はなぜ失敗したのか、それぞれの例に共通するポイントなどを整理してみましょう。

実際に転職活動をする場合に必要なこと

実際に転職活動をする場合に必要なこと

実際に転職活動をする決心がついた際にやるべきことを、整理してみました。

転職活動をより有利に進めていくために有効な転職エージェントについても紹介していますので、参考にしてみてください。

自己分析

まずは新卒の就活と同じように自己分析をしましょう。学生の時と違うのは、整理する素材が会社での経験になることです。

どんな仕事を担当していて、チームメンバー内での役職は何だったのか、そして仕事をする上での自分の強みは何かなど、色々な視点で仕事内容を整理していきましょう。

ここでいかにしっかりと整理できるかが、その後の応募書類の作成や面接での発言にもつながっていきます。転職活動を進めていく上でのベースになることなので、しっかりと時間をかけて行いましょう。


ちなみに自分の仕事内容についてだけではなく、1年後・3年後・5年後のキャリアプランなどについても、一緒にここで整理しておきましょう。

会社研究

自己分析と並行して、会社研究も一緒に進めていきましょう。

自分の希望する事や不満がしっかりと解決できる会社なのかどうかや、内定するために必要なスキルやその会社ならではの特徴などを整理して、実際に応募するかどうか判断しましょう。

point!

もちろんWebの情報だけでは判断できない事もありますが、ネットを駆使するだけでも様々な情報が得られますし、その会社についての情報が増えれば、面接で質問したい事も出てくるはずです。

履歴書や職務経歴書の作成

自己分析と会社研究をして応募する会社を決めたら、実際に会社に提出する応募書類を作成していきます。

履歴書は新卒の時とほぼ同じなのである程度大丈夫だと思いますが、職務経歴書は転職で初めて作成するものになるので、事前にしっかりと調査してみてください。

履歴書のように決まったフォーマットはなく、自分で自由に内容を記入することが可能です。

面接官に「自分の前職での仕事内容について詳しく理解してもらい、転職先の会社でもこれまで同様に活躍できると納得してもらうこと」が職務経歴書を作成する目的です。

面接官に自分の良さをアピールできるように頑張るぞ!

作成する際は、このポイントをに沿って作成するようにしましょう。
  • 職務経歴書 書き方
  • 職務経歴書 テンプレート

と検索してみて、自分が一番使いやすいものを利用して作成してみてください。

転職サイトへの登録

リクナビネクストやDODAなどの転職サイトにも登録しましょう。

転職活動をするかどうか判断する段階で登録する人も多いと思いますが、「Wantedly」や「MIidas」など他の転職情報サイトとは少し特徴が違うサイトや、20代専門の「Re就活」という転職サイトなど出来るだけ複数のサイトに登録することが大切です。

転職エージェントへの登録

転職サイトと一緒に、転職エージェントにも登録しましょう。

転職エージェントは、転職サイトとは違って、求人を探すだけではなく、エージェントの担当者に非公開案件を紹介してもらえたり、応募書類の添削がしてもらえるのはもちろん、内定した際は、自分の代わりに給料の交渉もしてくれたりとメリットがたくさんあります。

ちなみにそういったサービスは、全て無料で受けることが出来ます。

また転職エージェントを利用すると面接日程の調整も担当者の人が自分の代わりにしてくれます。地方から上京して転職することを考えている人も、転職エージェントを利用すると、より転職活動が進めやすくなるので覚えておきましょう。

転職エージェントを利用する際に注意したい事

なお、転職エージェントを利用する際は、複数のエージェントを利用することが大切です。

一つだけ利用するよりも、複数利用する方がエージェントの担当者に自分の優先度をあげてもらうことが出来るからです。

もしエージェントの担当者に他のサービスも利用しているかどうか聞かれた際は、迷わずに利用していると回答して大丈夫です。


「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」などの有名なエージェントをはじめ、第二新卒や既卒などに特化した「ハタラクティブ」や、約20社を書類選考なしで受けられる「JAIC」など様々な種類のエージェントがあるのでチェックしてみてください。







最後に

最後に

20代で転職することにリスクはあまりなく、どちらかというと不満を抱えたまま働いて、結果何もスキルが身に付いていなかった、となってしまう方が危険だったりします。

特にストレスを抱えたまま働き続けると健康にもよくないので、迷っている場合は出来るだけ会社は辞めずに、まずは転職サイトに登録してみるなど、何らかのアクションを起こしてみてください。

転職おすすめサイト

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』は圧倒的な求人数で、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
転職した人の約8割が利用していたという公式発表も!(※公式発表)
リクナビNEXTにしかない求人もあり、他の転職サイトの併用もできるため、まず転職サイトに登録したい!と思ったらリクナビNEXTをオススメします。

MIIDAS

『MIIDAS』は、インテリジェンスが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトです。
他の転職サイトとの大きな違いは、「自分と類似した人材(学歴、年齢、経験スキル等)の転職実績」「自分が興味のある業界、職種には、どんな人材(学歴、年齢、経験スキル等)がどれくらいの年収で転職できたのか」を検索、閲覧できる点です。

また、MIIDASのオファーは「面接確約」ということも強みです。(一部例外あり)
必要な項目を入力すると適正年収を算出して条件に合致した求人がマッチングされたり、求人企業からのオファーを受けることができます。

キャリコネ

『キャリコネ』は年収・企業口コミサイトとして、多くのビジネスパーソンから支持を得ているサイトです。
「報酬」「働く環境」「やりがい」「出世」「ライバル企業」「残業・休日出勤」「長所・短所」「退職理由」「転職後のギャップ」「女性のキャリア」「経営者について」に加え、年収・給与明細、転職面接に関わる口コミを企業単体、地域、業界からチェックすることができます。

また、口コミだけではなく、転職サービスもあり、情報を精査しながら、求人を探すこともできます。
60秒ほどの無料簡単登録で企業の口コミ、案件情報をくまなくチェックすることができるので、オススメの転職サービスです。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.