キャリアアップ転職の失敗しない方法4つと採用されるコツ2つ

キャリアアップ転職の失敗しない方法4つと採用されるコツ2つ

この記事で解決できる悩み

  • 転職してキャリアアップを成功させたい
  • キャリアアップするための方法を知りたい
  • どうなればキャリアアップしたことになるの?

転職をしてキャリアアップしたい思っているけど、どう行動したらいいのかわからない、そんな悩みはありませんか?

この記事では、キャリアアップ転職をしたい人に向けて、次のような内容を解説しています。

この記事の主な内容


  • キャリアアップ転職するためにやるべき4つのポイント
  • キャリアアップ転職を成功させるためのコツ2つ

この2つを理解すればキャリアアップ転職を成功させることができますよ。

それではまず、『【はじめに】キャリアアップとは?』から見ていきましょう。

【はじめに】キャリアアップとは?

一般的にキャリアアップとは、経歴や経験を高めて昇格や昇進をすることで地位や年収が上がったり、派遣社員から正社員に雇用形態が変更になることを指しています。

そして、転職を機会にキャリアアップを成功させることを「キャリアアップ転職」といいます。

キャリアアップに近い意味で使われる言葉にスキルアップがありますが、こちらは経歴や経験ではなく技能や技術を高める場合に使いますよ。

一ノ瀬セナ
例えば、新しく資格を取得したり、TOEICのスコアを伸ばすのはスキルアップといえますよ。

キャリアアップ転職するためにやるべき4つのポイント

転職してキャリアアップしたいけど、具体的にはどうすればいいのかわからない方もいるかと思います。

そんな方のために、この見出しではキャリアアップ転職するためにやるべき4つのポイントを紹介します。

キャリアアップ転職のためのポイント4つ


  • キャリアを振り返って客観的に分析する
  • キャリアプランを立てる
  • キャリアアップを実現できる転職先を探す
  • キャリアに詳しい人に相談する

それではさっそく見ていきましょう。

ポイント1:キャリアを振り返って客観的に分析する

まずは、これまでのキャリアを振り返って、客観的に分析しましょう。

自分が経験したことや、どんな実績を残したのか、どのように仕事に取り組んできたのかなど、具体的に分析するのがポイントです。

キャリアを客観的に分析できれば自分の価値がわかるので、転職活動で効果的にアピールできますよ。

また、どんな仕事にやりがいを感じているのか、どのようなことを重視して働いているのか、など自分の価値観もあわせて確認しましょう。

そうすることで、仕事や会社に何を求めるのか明確になるので転職先を選ぶ参考にできます。

重視するポイントは人によって様々ですが、主に以下のような内容が挙げられますよ。

重視するポイント例5つ


  • 給与や年収のアップ
  • 待遇の向上
  • 大手企業への転職
  • 昇格
  • 仕事内容

ポイント2:キャリアプランを立てる

キャリアを振り返ったら次にキャリアプランを立てましょう。

「最終的にどうなりたいのか」将来の理想像を考え、それを実現するためにどのようにキャリアを積むべきか計画を立てましょう

長期的なビジョン、中期的なビジョンを順番に決め、最後にそれらを達成するための短期的な目標を決めるようにすれば、効果的に計画を立てられますよ。

はじめ君
まずはプラン立てから始めればいいんだね!

キャリアプランが定まれば転職先の企業を選ぶときの軸ができますし、志望動機や自己PRを考えるときにも役立ちます。
一ノ瀬セナ

ポイント3:キャリアアップを実現できる転職先を探す

キャリアの方向性や今後のプランが決まったら、実現できる転職先を探しましょう

例えば、短期間でキャリアアップをしたいのなら、外資系企業などの成果主義を導入している会社がおすすめです。

反対にコツコツとキャリアアップを目指したい人は、独立行政法人や年功序列の大企業などが向いています。

このときミスマッチを防ぐためにも、求人情報に書かれている企業が求めている人材と、自分の求めるキャリアプランの方向性が一致しているか確かめるようにしましょう。

ポイント4:キャリアに詳しい人に相談する

キャリアプランを立てるとき、思うようにいかなかったり、内容が大丈夫か不安になったら、ひとりで決断をせずにキャリアに詳しい人に相談しましょう。

身近にキャリアに詳しい人がいれば別ですが、一番相談しやすいのは転職エージェントなどのキャリアアドバイザーです。

キャリアアドバイザーはあなたの経歴やスキルをヒアリングして、キャリアプランをたてるアドバイスをくれたり、キャリアアップができる求人を提案するなどのサポートをしてくれますよ。

キャリアアップ転職は自分のキャリアプランや今後どのようにキャリアアップしたいのか、明確に言葉にできないとうまくいきません。

キャリアアップ転職を成功させるためにも、キャリアアドバイザーなどキャリアに詳しい人に相談するのが一番ですよ。

相談しやすいおすすめの転職エージェント4選


はじめ君
利用する転職エージェントって1つでいいですか?
アドバイザーの経験やスキルによってサポートの質に差があるので、優秀なアドバイザーと出会うためにも複数の転職エージェントを利用しましょう!
一ノ瀬セナ

キャリアアップ転職を成功させるためのコツ2つ

キャリアアップ転職を成功させるためのコツを2つ紹介します。

キャリアアップ転職を成功させるコツ2つ


  • 応募企業とキャリアアップを結びつける
  • キャリアやスキルを使って応募企業に貢献できることをアピールする

コツを知ることで、希望企業へのアピール方法がわかりますよ。

コツ1:応募企業とキャリアアップを結びつける

ひとつ目のコツは、応募企業と自身のキャリアアップを結び付け、なぜキャリアアップするためにその企業に応募したのかを説明することです。

いま勤めている企業ではキャリアアップできない理由や、他の企業ではなく、応募企業だからこそキャリアアップができる理由をポジティブな形で具体的に伝えましょう。

先ほど説明したように、まずは自分のキャリアを振り返ってからキャリアプランを立て、それをもとに転職先の企業を決めるとスムーズです。

また、これまでの経験をもとにどのようにキャリアアップしたいのかをアピールすれば、より信ぴょう性のある内容として採用担当者に受け止められるでしょう。

コツ2:キャリアやスキルを使って応募企業に貢献できることをアピールする

自分のキャリアやスキルで応募企業のニーズに合った貢献ができることをアピールするのが2つ目のコツです。

企業側はあなたが入社後、どんな貢献をしてくれるのかを知りたいので、ただスキルやキャリアをアピールするだけでは不十分です。

応募先の企業が求める人物像や事業の方向性などを分析し、企業が求めるスキルやキャリアをアピールしましょう。

その際、「なぜ今の会社ではなく、転職してキャリアアップしたいのか」と質問される可能性もあるので答えを用意しておきましょう。

また、スキルやキャリアだけでなく、会社に馴染める柔軟さや適応力も求められていることを忘れてはいけません。

一ノ瀬セナ
採用担当者によってはスキルやキャリアと同様に、やる気や熱意を重視することも少なくないので、入社後にどう成長していきたいかも伝えられるといいでしょう。

キャリアアップ転職をするときの注意点3つ

キャリアアップ転職をしたいと考えたときに、意識しておきたい注意点を3つ紹介します。

キャリアアップ転職をするときの注意点3つ


  • キャリアアップのための行動を遅らせない
  • キャリア以外の転職条件にこだわりすぎない
  • キャリアアップのために転職しない選択肢も考える

注意点1:キャリアアップのための行動を遅らせない

ひとつ目の注意点は、キャリアアップするための行動を遅らせないということです。

いま妥協して行動を遅らせれば遅らせるほど理想のキャリアから遠ざかる可能性が高くなります。

そうならないためにも、今から将来の理想像に向けて少しづつキャリアアップやスキルアップをし、実現できる可能性を高めましょう。

一ノ瀬セナ
転職は簡単なことではありませんが、一度「また今度にしよう」と考えて後回しにしたら、ズルズルと先延ばしにし続けてしまいますよ。

5年後や10年後に思い返して後悔しないように、はやめに決断したほうがいいんだね。
はじめ君
一ノ瀬セナ
そうだね、はじめ君。なるべく早くキャリアを振り返って客観的に分析し、理想の将来像に向けてキャリアアップを目指しましょう。

注意点2:キャリア以外の転職条件にこだわりすぎない

2つ目の注意点は、キャリア以外の転職条件にこだわりすぎてはいけないということです。

キャリアアップを目指して転職する人は、転職後のポジションや給与にこだわることが多いです。

しかし、企業それぞれに事業方針や昇給・昇格のルールがあるので、あらかじめ「絶対に譲れない条件」や「譲歩できる条件とその幅」を決めて譲歩できる部分は譲歩しましょう

例えば、ポジションアップや給与アップが主目的ではない場合、転職後に実績を上げてポジションや給与アップを目指すといったように、転職条件の内容を譲歩しましょう。

注意点3:キャリアアップのために転職しない選択肢も考える

3つ目の注意点は、転職だけがキャリアアップへの道ではないということです。

キャリアの棚卸しをしたり上司に相談することで、転職をしなくてもキャリアアップへの道が開けることがあります。

とくに安定した大手企業に勤めている場合は、転職するより今の職場でキャリアアップの可能性を探す方が、無難な場合もあります。

キャリアアップをするために今の会社に残るのか、それとも転職するのかを真剣に考えることが、あなたのキャリアアップへの第一歩といえるでしょう。

キャリアアップ転職に関するQ&A

最後に、キャリアアップ転職に関するよくある質問を紹介します。

キャリアアップ転職Q&A2つ


  • Q1:キャリアアップに資格は必要か?
  • Q2:転職回数が多いとキャリアアップに不利なの?

Q1:キャリアアップに資格は必要か?

キャリアアップに資格が必要かどうかは、転職する業界や職種によって変わります

また、30代以上の場合は経験が重視されるので、資格を持っていても経験がないとNGだというケースも十分にあります。

一ノ瀬セナ
どんなに資格を持っていても、業務に直結するものでなければ評価されないので注意しましょう。

やみくもに資格を取る必要はないってことだね!
はじめ君

Q2:転職回数が多いとキャリアアップに不利なの?

転職回数がキャリアアップに不利に働くかどうかは、人によります。

例えば、エンジニアやWebマーケティングなどの、専門性の高いスキルを持っている人なら、転職回数が多くても転職に成功しやすいです。

一方、職歴に一貫性がない上で転職回数が多い人は、なかなか転職できない傾向にあります。

そのような状況の人は、一貫した軸があって転職していることや、自分の方向性がぶれていないことをアピールしましょう。

キャリアアップ転職のまとめ

将来的にキャリアアップをしたいなら、すぐに行動を開始することが大切です。

キャリアアップ転職するためにやるべきことをもう一度確認しましょう。

キャリアアップ転職のまとめ


  • キャリアを振り返って客観的に分析する
  • キャリアプランを立てる
  • キャリアアップを実現できる転職先を探す
  • キャリアに詳しい人に相談する

相談しやすいおすすめの転職エージェント4選


自己分析だけでなく企業分析も行い、企業が求める人物像にあったアピールをすることが大切ですよ。

あなたが満足できる転職ができますように。

-役立つ転職知識
-

Copyright© 転職index , 2020 All Rights Reserved.