役立つ転職知識

【転職先だけじゃない!】転職方法5つと転職タイミングを知ろう

更新日:

転職方法のサムネイル

転職を始めてするあなたへ。

「転職する方法」って深く考えたことはありますか?

転職したい仕事先をどのように探そうと考えていましたか?

あなたが就きたい仕事はどのようにしたら見つかるのでしょうか。

ここでは、転職方法から転職するのに良いタイミング、転職までにしておくべきことを紹介します。

どう違う?5つの転職方法とメリット・デメリット

転職の方法には種類があります

1. 転職サイトを利用

転職求人サイトでは、通常の求人だけではなく、非公開求人という一般には公開されていな求人もあり、合計すると求人数は膨大な数になります。

転職求人サイトの種類は豊富で、地域密着型の転職サイトもあります。

メリット

  • 無料で情報がみられる
  • 情報の更新が早い

デメリット

  • 求人数が多いので探すのが大変
  • 応募の電話や、web上からの応募やメールを自分でしなければならない
  • 誰でも情報が見られるので応募数が多くなることがある
  • 求人情報だけでは分からない情報もある

2. 転職サイトのスカウトサービスを利用

転職サイトの中には、スカウトサービスというものがあります。

スカウトサービスとは、経歴やスキルを登録しておくことで気になった企業が求人をメールで届けてくれるサービスです

また、転職サイトによってはスカウトメール以外にも非公開求人のスカウトサービスや、面接を確定でしてくれる会社も存在します。

メリット

  • 仕事を探す時間が省ける
  • 自分のスキルに合った仕事が来やすい

デメリット

  • 希望していない業種や職種からスカウトメールがくる
  • 自動送信でスカウトメールが送られてくることもあり、メールボックスがたまりがちになるので処理に時間がとられることがある

3. 転職エージェントの利用

転職エージェントとは、情報を登録しておくと、担当者があなたに合う職業を探してくれて、面接までの準備や対策、給与の交渉までしてくれます。しかも、多くの転職エージェントが無料で受けられます。

メリット

  • 自分に合った職業が見つけやすい
  • 交渉や面接の準備などをしてくれる

デメリット

  • 電話相談をしながら転職活動するので、時間がかかりやすい
  • 担当してくれるエージェントによって対応が変わることがある

4. 自分で応募する

自分で応募して転職する方法です。これにはさまざまな方法が分かれており、

  • 企業の公式サイトから
  • TwitterやFacebookなどのSNSから
  • 新聞の求人広告から
  • 店頭の張り紙から

転職サイトや転職エージェントなどに関わっていない求人がここに当てはまります。

メリット

  • 就きたい仕事が自分のペースで探せる

デメリット

  • 探せる範囲に限度がある

5.ハローワーク・職業訓練校の紹介で転職

ハローワークや職業訓練校では、地元の中小企業の求人が多くあります。ハローワークで特定の条件を満たしつつ仕事を探すと、失業給与金が付与されることもあります。

職業訓練校では、専門的なスキルを学びながら補助金が貰えることがあります。

最近はネットで事足りることが多いので、あまり使われていないイメージがありますが、地元企業での転職を希望している場合は、その地域のハローワークにしか求人を出していない企業もあります

地元企業で働きたいなら、選択肢のひとつとして考えておくと良いでしょう。

メリット

  • 地元の仕事が探しやすい
  • 特定条件を満たすとお金が貰える

デメリット

  • ハローワークが管轄している地域の求人しか確認できない
  • 公的機関なので好きな時間に行けない

転職に最適な時期とは?

転職に最適な時期を見極めましょう

中途採用の求人が増える時期

一般的に中途採用の求人が増える時期は、3~4月9~10月といわれています。

なぜその時期に求人が増えるのか。その理由は、社内が大きく動く時期だからです

3~4月は会社の決算が終わり、会社の運用が大きく変わる時期です。また、人事異動が行われやすいので人手が足りなくて求人を出すことがよくあります。特に3月は新人研修前に人手を増やしておきたいという会社が求人を多く出すので、注目しておきましょう。

9月も決算時期で人事異動が行われますが、9~10月は夏のボーナスをもらって辞める人が多くなるため、その人材補充のために求人を出すことが多くなります。

職場に迷惑をかけない転職時期とは?

引き継ぎ期間を逆算する

仕事を転職するには、現時点の会社への引き継ぎもしないといけないということを覚えておきましょう。

繁忙期を避ける

会社によって繁忙期は異なりますが、年末や年度末は避けた方が良いでしょう。

仕事のキリが良いタイミング

忙しくて引き継ぎが上手くいかない!なんてことがないように、自分の仕事が落ち着いてから転職した方が良いでしょう。

キャリアアップできる転職をするために必要なこと

キャリアアップのためには積み重ねが大事

キャリアアップは人それぞれ!チャンスを逃すな!

キャリアアップは人によって大きく違う?

何をもって「キャリアアップ」になるのかは人によって大きく違います

例えば今よりも重役に就きたい、給料が高くなりたい、新しい知識やスキルを身につけたい…と変わります。

自分はどんなことをもってキャリアアップしたかというのを考える必要があります。

「会社に残って」キャリアアップもアリ

会社に残ってキャリアアップとはどういうことなのでしょう。会社に残ってのキャリアアップの主な方法は、社内異動です。

社内異動をすることで、今まで働いていたところとは違う環境で働けるので新しいことを学べたり、給料が良くなったりする場合があります。また、社内異動のため、転職をせずに済むので会社に居続けることもできます。

ただ、会社全体の雰囲気がどうしても合わない場合やこれ以上会社にいても成長できないと思ったら素直に転職しましょう

キャリアアップできる転職を目指すときに意識すべき3つのポイント

あなたにとってのキャリアアップとは何か考えよう

何をもってキャリアアップなのかをあなたなりにまとめておきましょう。

今よりも良い給料、落ち着いた仕事環境と理由はさまざまです。その目標に合う仕事探しをするためにも、キャリアアップについてじっくり考えましょう。

キャリアに詳しい人に聞いてみよう

キャリアアップのために、キャリアのことを相談してみるのも良い方法です。

でも社外に行くのに、上司や同僚には相談しにくいなぁ…

そんな時にはキャリアアップ相談キャリアカウンセリングを頼ってみるのもアリです。

相談内容としては、現在の仕事内容や経歴の見直しから、これからの職に関して自分に合うものはあるのかと細かな相談ができます。

質の良い求人をたくさんチェックしよう

転職サイトを見ているとたくさん求人があって、目がくらむと思いますが質の良い求人というのは、非公開の求人に固まっていることがあります

なので、公開されている求人だけではなく、その転職サイト限定の非公開求人も探してみましょう。

知っておきたい「円満に会社を辞める方法」

円満に退職できるコツを知ろう

まず就業規則を確認する

いきなり退職!はできません。まずは、上司に退職願を出さないといけません。

就業規則にある退職するときには何日前に申し出るべきか確認しましょう。

退職までのスケジュールを立てる

在職中の転職活動の場合

在職中の場合、給料と職歴が途切れずに転職できます。ただし、仕事をしながらなので面接までの準備や対策がしにくいです。

また、面接の時間も企業によっては平日の昼間しか空いてないというところもあるので、時間の調整も大変になります。余裕をもって転職活動ができるようにしましょう

退職後の転職活動の場合

退職してから転職活動をしようとしている場合は、面接のスケジュールが取りやすく、仕事探しに関しては余裕がありますが、給料がその間なくなります。

失業手当も自己都合の退職だと遅くなる傾向にあるので、早めに就きたい仕事を見つけましょう

会社への退職の切り出し方について

伝えるタイミングが大事

繁忙期にいきなり辞めますといったら大半の人は「はぁ!?なんで忙しいときに!?」となることが多いです。なるべく繁忙期は避けて落ち着いて話ができる時期を選びましょう

「直接の上司」に話をしよう

あなたの働いているところの一番近い上司に話をしましょう。同僚やその上司よりも上の立場の人に話をしたところでどうにもならないことが多く、相手もどうしたら良いのか分からないこともあります。

あなたの直属の上司に話をするようにしましょう。同僚や直属の上司よりも上の立場の人に一番に話をしてしまうとあなたへのイメージが悪くなったり、余計な火種を作ってしまうかもしれないので注意しましょう。

上司に引き留められない退職理由の考え方

本当の理由は言わなくてもいいの?

本当の理由は言わなくても問題ありません。お世話になった人に嘘をつく罪悪感は湧くかもしれませんが、建前も大事です。

いいにくい退職理由なら、無理をして本当の理由を伝える必要はありませんので相手が納得してくれそうな理由を考えましょう

ただし、同業界の仕事に転職する場合なんらかの関わりで前の職場の人と会う可能性はあります。遠方で働くといった理由を使う場合は気をつけましょう。

ネガティブな退職理由では認めてもらえない

例えば、部署の人間関係に不満があって辞めようとしています。

すみません…どうしても今の部署の人間関係が苦しいので退職したいです
君は会社にとって優秀だから部署異動と給料上げるから残ってくれよなー頼むよー

このことをカウンターオファーといい、退職を申し出たときに上司から引き留めるため交渉を持ちかけてくることがあります。

引き留めに応えるかどうかはあなた次第ですが

  • 提示された条件で仕事ができるのか
  • 「一度退職を申し出た人」だとしても会社に居られるのか
  • その場だけの口約束ではないか

ということを考えてから、カウンターオファーの対処をしましょう。

スムーズに退職をしたい場合は、なるべく会社のネガティブな理由を抑えて、ポジティブな理由を考えておきましょう

退職日までに引き継ぎは完璧に終わらせよう

スケジュールの作成

引き継ぎが万全にできるように日程を考えておきましょう。最低でも1週間は余裕を取っておきたいです

また、有給休暇が残っている場合は、消化することも考えてスケジュールを決めましょう。

資料の作成

引き継ぎの際には業務内容をまとめた資料を作っておきましょう。その際、内容はなるべくわかりやすく書いておきましょう。

後任の人が困り、仕事を辞めたにも関わらず頻繁に連絡が来る、なんてことになりかねません。

連絡先を伝える

引き継ぎ業務に抜け漏れがない、とはいい切れませんので、連絡先は教えておいた方が良いでしょう

こうすることで自分だけではなく、前の会社や後任の人も安心して仕事ができます

まとめ

転職方法のまとめ

  • 転職方法は1つだけじゃない。自分に合った方法を見つけて転職活動をしよう。
  • 自分にとってキャリアアップとはなにか明確化しておこう
  • 会社を辞める前には引き継ぎを忘れない

転職方法に正解なんてありません。あなたのペース、スタイルに合わせた方法で探しましょう

始めての転職で戸惑うこともあるかもしれませんが、転職エージェントやキャリアカウンセリングなど相談できる人がいます。1人で抱え込まずに、頼ってみてください。

あなたがより良い会社に就けることを願います!

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.