やりがいある仕事に挑戦したい!スタートアップ転職に必要な覚悟4つ

この記事で解決できる悩み

  • スタートアップへ転職する方法を教えて!
  • スタートアップへの転職で注意することってある?
  • スタートアップへの転職でよくある失敗が知りたい

この記事では、スタートアップに挑戦したい方の、このような悩みを解決します。

『スタートアップで働く上で覚悟すべき4つのこと』を理解し、『スタートアップへの転職で失敗しがちな6つのこと』から学べば、慣習やしがらみから解放され、自分に合ったスタートアップ企業を探せますよ。

スタートアップはイノベーションを通じた社会貢献を目的に多様化しており、その数も増加傾向にあります。

それではまず、『スタートアップとは』から見ていきましょう。

スタートアップとは

スタートアップとは、新たな価値を生み出すイノベーションによって大きく成長する企業のことで、個人投資家やベンチャーキャピタルの積極的な投資により注目されています。

そのスタートアップと混同されやすい言葉にベンチャーがあり、2つを明確に分ける定義はありません。

しかし、その目的は以下のように異なるといわれています。

スタートアップとベンチャーの目的の違い


  • スタートアップ:新しいビジネスモデルの開発で急成長を目指す
  • ベンチャー:安定した収益と長期的な成長を目指す

ベンチャーは中小企業のような小規模運営で安定した収入を得ながら長期的な成長を目指しますが、スタートアップはごく短期間のうちに急激な成長と投資資金の回収(イグジット)を行います。

スタートアップへの転職は、技術革新やサービスの立ち上げに携わりたい、やりがいのある仕事がしたい、という大手企業では得られない経験ができるのが魅力です。

そして、GoogleやFacebookに見られるように、スタートアップで大きなリターンを達成する可能性もあります。

一ノ瀬セナ
もちろん失敗のリスクもありますが、行動に移さなければ成果は得られないので、スタートアップへの転職はチャレンジ精神が大切になってきますよ。

スタートアップに転職するメリット4つ

ここではスタートアップに転職するメリットを4つ紹介します。

あなたがスタートアップに求めるものとマッチするか、ひとつずつ確認しましょう。

スタートアップに転職する4つのメリット


  • 仕事へのやりがい
  • 昇進が早い
  • 中身で勝負できる
  • キャリアの成長

メリット1:仕事へのやりがい

ひとつ目のメリットは、任される仕事が多岐にわたるため、仕事にやりがいが持てることです。

なぜなら、スタートアップは大手企業のようにそれぞれの部署に的確な人員配置がないことが多く、ひとりで複数の役割を担うことがよくあるからです。

そのため、仕事ができればできるほど担う範囲が広り、知識やスキルが向上します。

もちろん責任も伴うため、負担や重荷と感じることがあるかもしれません。

プレッシャーは自分がその仕事に対し真剣である証拠でもあるので、あきらめず乗り越えれば、さらにやりがいも増すでしょう。

メリット2:昇進が早い

2つ目のメリットは、結果を出せば昇進が早いことです。

スタートアップは個人の裁量が大きいため、新卒中途関係なく結果に応じて昇進できるからです。

こういった実力主義の環境なら、あなた次第で希望のポジションを最速で得られる可能性がありますよ。

メリット3:中身で勝負できる

メリット3つ目は、中身で勝負できることです。

スタートアップに転職すればすぐに、大手企業の会社の看板の威力に気づくでしょう。

知名度が低いスタートアップの社名では相手にされず、門前払いを食らうことも多々あるため、そのときこそあなたの実力が試されるからです。

そんなときに社名といったブランドではなく、あなた自身の能力で打開できれば、そこで得た経験が成長の糧になります。

一ノ瀬セナ
中身で勝負を重ねて実力アップすることによって、自信がつき、仕事へのモチベーションの高まりも期待できますよ。

メリット4:スピード感のある成長

最後のメリットは、スピード感のある成長が叶うことです。

スタートアップでは、新しいことに挑戦したり会社の成長にスピードを求めるからこそ、困難も多く、また次から次へと難問に直面するでしょう。

しかし、その困難にあきらめず対処することでハングリー精神が備わり、解決するプロセスの中で経験値がプラスされていきます。

結果、スタートアップへの転職を決意したときには想像できなかったキャリアの成長や成功を感じられるでしょう。

スタートアップに向いている人の特徴7つ

ここではスタートアップに向いてる人にはどんな特徴があるのか紹介します。

もちろん、ここでお伝えするすべての特徴が当てはまる人は稀で、スタートアップに転職してから備わる可能性も十分ありますよ。

スタートアップで活躍する人の特徴を知り、自分がスタートアップに向いているか判断してみましょう。

スタートアップに向いている人の7つの特徴


  • ポジティブで精神的に強い
  • 好奇心が強く、アイデアを生み出せる
  • スピード感を持って実行できる
  • 変化に適応できる
  • あきらめず、積極的に原因解決に立ち向かう
  • 型にはまらない見方や発想の転換ができる
  • 全体が見渡せる

特徴1:ポジティブで精神的に強い

まずポジティブ思考で精神的に強い人は、スタートアップに向いています。

なぜなら、失敗の度に落ち込んだり、何が起こるかわからない状況を不安に思ってばかりいては、新しいプロジェクトどころか、なかなか前に進めないからです。

予想がつかない領域へ躊躇なく足を踏み入れられ、自分の力でなんとかしてやろうという気持ちが、スタートアップを成長させる力になります。

たとえ何度つまづいても、トライアル・アンド・エラーを繰り返しながらゴールに向かう過程も楽しめるかどうかが大きなポイントとなるでしょう。

特徴2:好奇心が強く、アイデアを生み出せる

向いている人の特徴2つ目は、好奇心旺盛でアイデアを生み出せることです。

好奇心が強いと常に新しいものに敏感になれますよね。

そして、さまざまな可能性を発見でき、より広い視野でものごとを考えることができるからです。

さらに好奇心から生まれたアイデアを形にする力があれば、より活躍が期待できます。

形にする力が備わっていない場合でも、仲間とともにアイデアからものを作り上げていくことで実現する道もありますし、後から習得することも可能ですよ。

特徴3:スピード感を持って実行できる

3つ目は、スピード感を意識して行動に移せることです。

スタートアップは新たな価値を生み出すことを目指しているため、先駆者になろうという気持ちが強く、仕事ではスピード感が重要です。

完璧にしようと思うとタイミングを逃がすおそれがあるため、とにかくやってみることが大切になります。

一ノ瀬セナ
しかし、何が何でもスピードを第一に考えて仕上がりやプランを軽んじて、失敗しては意味がないので、その点には注意してくださいね。
度を越した行いはダメってことだね。
はじめ君

特徴4:変化に適応できる

変化に適応できることが4つ目の特徴になります。

スタートアップで重要なポジションに居続けるために、周りの変化に応じて、自分も変わり続けていく必要があるからです。

ひとつ成功したからといって、同じやり方が何度も通用するとは限りません。平凡でありきたりなものにならないためにも、適応能力を高めたいですね。

特徴5:あきらめず、積極的に原因解決に立ち向かう

特徴5つ目は、あきらめずに原因解決に立ち向かえる強さを持つことです。

スタートアップでは新しいビジネスを成功させることを目的としているので、その挑戦の過程で失敗はつきものだからです。

なにが失敗だったかを振り返り、あきらめずに修正を重ねてゴールに向かう強さが成功への秘訣といえるでしょう。

そしてその作業をマイナスに捉えず、プラスとして積極的に楽しめる人こそ、よりスタートアップに向いています。

特徴6:型にはまらない見方や発想の転換ができる

型にはまらないものの見方や発想の転換ができる、これが6つ目の特徴です。

というのも困難な問題に直面したときこそ、想像の枠を超えて考えることが重要で、そこに解決の可能性や大きなチャンスが潜んでいることがあるからです。

常に同じ方向からものごとを考えずに、時には違う角度から攻めてみましょう。

そうだと思っていたものがそうでなかったり、新しい発見があるかも知れません。

もしかしたら〇〇かも知れない、〇〇だったらどうだろう、という小さな疑問が糸口になって解き明かされるゴールもありますよ。

特徴7:全体が見渡せる

最後に紹介する特徴は、自分のことだけではなく、全体が見渡せることです。

全体を見れる人は、いま何が必要で何が足りていないかを把握でき、そのためにすべき行動がわかるからです。

全体の流れを掴み取ることで自分のすべき仕事が明確になるため、専門性や強みが発揮できますよ。

スタートアップで働く上で覚悟すべき4つのこと

スタートアップで働くには強い志と覚悟が必要です。

ここではその覚悟があるのか自分に問いかけてみましょう。

覚悟すべき4つのこと


  • 年収ダウン
  • 変化が多く不安定になるリスク
  • 大手とのギャップ
  • 仕事に対する意識の違い

覚悟1:年収ダウン

まず初めに覚悟すべきは、年収が下がることです。

特に大手企業からスタートアップに転職の場合、いくらスキルや実績があっても年収は下がる場合も多く、今まで通りの生活を維持できないことも踏まえて覚悟しなければなりません。

大手では定例昇給などで上がっていく年収も、実力主義のスタートアップでは自分次第です。

スタートアップではスピード感を持ってさまざまな仕事をこなし、次々にアイデアを形にしていかなければなりません。

仕事量と年収を比較して割に合わないと感じブラック企業と思うのか、数年先のリターンを信じてがむしゃらに頑張って会社を良くしていこうと思う気持ちがあるか、自問自答してみましょう。

一ノ瀬セナ
年収を下げてでも得たい経験がスタートアップにあるか、考えてみるといいですよ。
年収が下がって今後の生活に支障がないか考えた上で転職しよう。
はじめ君

覚悟2:変化が多く不安定になるリスク

次に、変化が多く安定性に欠けるスタートアップで食らいついていく覚悟です。

スタートアップでは大手企業のように決められた仕事を繰り返し行うということがなく、常に変化にあふれています。

そして、変化が多く不安定な中で求められる成果や成長にはリスクが伴い、リスクを負わなければリターンはないため、食らいついていく覚悟が必要なのです。

今日任された仕事が明日には必要とされなくても、不満や文句をいう暇があれば、次の作業に目を向けましょう。

変化を喜びだと感じられるようになると、自然と成果や成長が見えてきますよ。

覚悟3:大手とのギャップ

3つ目の覚悟は、大手企業とスタートアップのギャップに固執しないことです。

なぜなら、そもそも大手とスタートアップではルールが違いすぎて比較にならないからです。

業務においても大手企業では細分化されていて担当領域は限定的ですが、スタートアップでは体制が整っていないため暇なくやることも多いです。

こういった大手企業とのギャップがあるのは当たり前だと割り切りましょう。

ギャップこそスタートアップの醍醐味かもしれませんよ。

覚悟4:仕事に対する意識の違い

一緒に働く仲間の仕事に対する意識の違いもスタートアップでは覚悟すべきことに挙げられます。

なぜなら、スタートアップは平均年齢が低くキャリアが浅いメンバーも多いため、キャリアを積んでバリバリと働いてきた人からすると、同じ目線で働けずに物足りなさを感じるからです。

過度な期待をしなければ、仕事仲間への不満や後悔、考え方を嘆くことはないでしょう。

そして自分自身が仲間や会社のレベルを上げる努力をし、さらによい人材が集まるようにすることが重要です。

スタートアップへの転職でありがちな失敗5つ

ここでは、スタートアップへの転職でありがちな失敗を5つ紹介します。

失敗から学び、実力主義の世界で成功を収めましょう。

スタートアップへの転職でありがちな失敗5つ


  • 経歴や実績の過信
  • 仕事内容の勘違い
  • コスト意識が低い
  • 資金調達額だけで選ぶ
  • ストックオプションへの過度な期待

失敗1:経歴や実績の過信

まず、経歴や実績の過信が原因で起こる失敗があります。

というのも、これまで築き上げた経歴や実績は、在籍していた会社のブランドや評価により得たものも含まれている場合があるからです。

すべてが自分の力によって得られたものだと勘違いしたまま、スタートアップに転職するとミスマッチが起こりやすくなります。

スタートアップへ転職したら一旦過去の実績はリセットして、新しい環境に謙虚な気持ちをもって適応する努力を怠らないようにしましょう。

「大手ではこうしていた」と押し通すやり方は、禍のもとですよ。

ただし、大手で培ったスキルが全く無駄というわけではなく、スタートアップで求められるスキルとの違いを把握したうえで対策すれば活かすことも可能です。

失敗2:仕事内容の勘違い

2つ目は、仕事の内容や範囲を勘違いして後悔する失敗です。

大手企業ではそれぞれのポジションの仕事をルールに則って行うのに対し、スタートアップではひとりで何役もこなさなければならないからです。

幅広い仕事を任されるため、その状況を楽しんでやれる人でないと後悔しますよ。

そしてこの勘違いは経営幹部のポジションに就く人にもよく起こります。

大手企業の経営幹部の場合、細々とした業務は秘書やアシスタントに任せてマネジメント業務のみに集中できましたが、スタートアップではそうはいきません。

一ノ瀬セナ
スタートアップではどのポジションでも率先して動きながら、仲間の信頼の獲得に努め、結果を出すことが求められます。

失敗3:コスト意識が低い

3つ目は、コスト意識が低いことによる失敗です。

その理由は、スタートアップでは経費として使えるお金が少ないのに、大手企業での金銭感覚で使用することにあります。

接待ばかりに経費を注ぎ込むなど、旧態依然としたお金の使い方はスタートアップでは歓迎されませんよ。

失敗4:資金調達額だけで選ぶ

4つ目の失敗は、資金調達額だけでスタートアップを選んでしまうことです。

資金の使い方によってはリストラされるリスクがあり、調達額が大きいからといって良い転職先といえないからです。

たとえば、調達した資金を採用に充てるスタートアップは少なくありません。

しかし、想定通りに利益が出せなかった場合、人員削減につながってしまうのです。

経営状況から採用計画が妥当なものか認識しておかないと、転職は失敗に終わります。

資金調達を抑えて黒字経営のスタートアップもなかには存在するため、資金調達額だけで判断できないことを知っておいてください。

失敗5:ストックオプションへの過度な期待

5つ目は、ストックオプションへの過度な期待を寄せる失敗です。

そもそも非上場の株式を買いたいという人はいないため、株式を売却して利益を得るためには上場を目指す会社でないと意味がないからです。

そのため、ストックオプションの付与を当てにした転職先を選びはおすすめできません。

そしてストックオプションが入社時に付与されるのは、たいていの場合は要職を務めた経験がある人に限られ、自社の株式を取得するには購入資金が必要になります。

ストックオプション制度は、企業の業績が上がれば株価も上昇するため、権利を付与された役員や従業員は利益を得ようと熱心に仕事へ取り組ませることに一役買っています。

一ノ瀬セナ
しかし、業績以外の要因で株価が下がれば、損失を被ることはありませんが、モチベーションを下げるリスクも含んでいますよ。

あなたに合ったスタートアップを探す方法

ここでは自分に合ったスタートアップはどうやって探せばいいのかを見ていきましょう。

スタートアップにコアメンバーとして参画するための転職サイト「アマテラス」によると、企業フェーズを探してから個別企業を探すことをおすすめしています。

あなたに合ったスタートアップを探す方法

出典:アマテラス

スタートアップに転職する理由を明確にする

まずは、スタートアップに転職する目的を明確にしましょう。

なぜなら目的を明確にすることで希望するスタートアップの概要が掴めるからです。

自分がスタートアップに求める譲れない条件や、妥協できるポイントやリスクについて自問自答を重ねていくと目的がより明確になります。

自分に合ったスタートアップ企業を絞り込む

次に自分に合ったスタート企業を絞り込んでいきます。

具体的に絞り込むために、希望する分野の特定とターゲットにする企業リストを作成しましょう。

希望する分野の特定

まず希望する分野を特定していきましょう。

最終的に分野を3つくらいまで絞り込んでいくことで、具体的な個人企業へたどり着きやすくなるからです。

いくつか可能性のある分野で悩んでいるあなたは、分野を比較したり、働く目的や理由を探っていくことが有効ですよ。

ターゲットにする企業リストの作成

次にターゲットにする企業リストの作成に移ります。

さきほど絞り込んだ分野毎に希望する3から5社のリストを記入していきましょう。

該当する分野でトップの企業も参考に調べておくといいですよ。

また、有望なスタートアップ企業がわからないという方は、転職サービスの力を借りることもひとつです。

はじめ君
転職サービスはキャリア相談も無料で行っているから心強いよ!

転職サービスについては次の見出しで紹介しますね。

スタートアップに強いおすすめ転職サービス3選

多くのスタートアップ企業の求人から自分で決めたいという方におすすめの転職サービスを3社を紹介します。

Goodfindとプロコミットは転職エージェントなので、無料相談などサポートも充実していますよ。

スタートアップに強いおすすめ転職サービス3選


  • スタートアップにコアメンバーとして参画するなら:アマテラス
  • 厳選した優良スタートアップ求人とキャリア面談が魅力!:Goodfind
  • 高いコンサルティング力で転職をサポート:プロコミット

スタートアップにコアメンバーとして参画するなら:アマテラス

アマテラス

おすすめポイント


  • 厳選された優良企業
  • 社会貢献できる求人が多い
  • CEOを直接紹介してくれる

アマテラスは、人の役に立てる仕事に携わりたい人におすすめです。

他の企業にはない新規性、人の生活に役立つ社会貢献をしているか、経営者に強い志があるか、などのアマテラス独自の審査を通過した企業しか紹介していないので、優良なベンチャー企業に出会えますよ。

また、求人企業のCEOを直接紹介してもらえるサービスがあるので、社風が自分に合っているか採用前に分かります。

厳選した優良スタートアップ求人とキャリア面談が魅力!:Goodfind

Goodfind
出典:Goodfind

おすすめポイント


  • ハイレベルなセミナーで学べる
  • 独自の基準で厳選された企業を紹介
  • 特別採用枠&短縮選考ルートがある

ハイレベルなセミナーで学びつつ優良企業に出会いたい人におすすめするのが、Goodfindです。

スタートアップ、ベンチャーだけでなく、グローバルカンパニー、プロフェッショナルファームの中でも成長性や優秀な人材を求める姿勢など、独自の基準で厳選された企業を紹介しています。

特別採用枠&短縮選考ルートで優良企業を紹介してくれる可能性もあるので、効率よく就職を目指したい人にもおすすめです。

高いコンサルティング力で転職をサポート:プロコミット

プロコミット

おすすめポイント


  • 成長できる求人を紹介
  • ミスマッチしづらい
  • ITやWEB系の取り扱いがある

プロコミットは、ベンチャー企業に就職してキャリアアップを目指したい人におすすめです。

転職支援のプロとして、履歴書・職務経歴書の情報だけで判断せず企業と転職希望者がお互いに成長し合えるかまで考えたうえで最適な求人を提案してくれます。

数多くのエンジニアの転職を支援してきた実績から専門スキルへの理解力が高く、ITやWEB系のベンチャー企業に転職したい方にも向いていますよ。

おすすめ転職エージェント3選

ここではスタートアップ転職に主力をおいていないものの、スタートアップの求人も網羅しているおすすめの転職エージェントを3社紹介します。

大手企業に長くお勤めで、人脈を当てにした転職が難しい方にもおすすめですよ。

おすすめ転職エージェント3選


圧倒的求人数の大手企業をなら:リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント


  • 豊富な求人数
  • 有名企業の求人や新規事業の優良求人が多い
  • 転職サポートの質が高い

リクルートエージェント は、大手ならではの豊富な求人数で自分のやりたい仕事を見つけたい人におすすめです。

非公開求人を10万件以上抱えており、その中には有名企業の求人や新規事業の優良求人が含まれています。

また、転職サポートの質が高く、専門コンサルタントが年収交渉や面接対策など、あらゆる面でフルサポートしてくれますよ。

実力がある人のためのハイクラス求人なら:ビズリーチ

bizreach
出典: ビズリーチ

おすすめポイント


  • ハイクラス専門
  • スカウトで市場価値が分かる
  • 高収入な求人が多い

自分のキャリアに自信がある人におすすめなのが、ハイクラス専門の ビズリーチ です。

国内外の優良企業と一流のヘッドハンターが直接スカウトしてくれるので、自分の市場価値を測れます。

ハイクラスならではの高収入な待遇や役職、他では出回っていないココだけの質の高い求人に出会えます。

IT・Web・ゲーム業界に転職したいなら:Geekly

Geekly
出典: Geekly

おすすめポイント


  • IT、WEB,ゲーム特化
  • IT関連の求人が業界トップクラス
  • 効率の良く転職できる

Geekly は、エンジニアの仕事を探している人におすすめの転職エージェントです。

IT、WEB,ゲーム業界に特化しており、エンジニア関連の求人数は業界トップクラスを誇っています。

精度の高いマッチングで、他社と比べて登録から内定までわずか1ヵ月という早さで効率よく転職することが可能です。

スタートアップ転職のまとめ

スタートアップ転職のまとめ


  • 年収を下げてでも得たい経験があったり、変化が多く不安定な中での成長に喜びを感じられるなら、スタートアップへの転職がおすすめ
  • スタートアップ転職にありがちな失敗から実力主義の世界で成功する術を学び取ろう
  • あなたに合ったスタートアップを探すには、理由や目的を明確にすることが大切

いかかでしたか。

スタートアップ転職に挑戦したい方に向けて、必要な覚悟やメリットについ紹介してきました。

大手企業では得られない経験がスタートアップにはあり、やりがいのある仕事や実力で勝負したい方には向いているといえます。

ただし、強い志と覚悟をもって挑まなければ、後悔することになるので注意しましょう。

スタートアップへ転職したい目的を明確にして自分自身としっかり向き合い、実力主義の世界で活躍することを期待しています。

スタートアップに強いおすすめ転職サービス3選


  • スタートアップにコアメンバーとして参画するなら:アマテラス
  • 厳選した優良スタートアップ求人とキャリア面談が魅力!:Goodfind
  • 高いコンサルティング力で転職をサポート:プロコミット

おすすめ転職エージェント3選


-役立つ転職知識
-,

© 2020 転職index