転職の悩み

【転職の決め手と最適なタイミングは?】幸せなキャリアを進むために必要な考え方

更新日:

会社に対して

  • 給与やボーナスが望んでいるよりも貰えない/昇給が望めない
  • 人間関係に問題がある
  • 休みの希望が通らない
  • 仕事の内容がつまらない、やりがいを感じない

など人によってさまざまなに不満を抱いている人も多いのではないでしょうか。

だからといってすぐに転職しようと行動に移せる人は少ないのが現状です。急いで結論をだすと、かえって失敗してしまうケースもあるかもしれません。

今の仕事には満足していない…。でも中々転職活動には踏み出せない…。

転職活動の適切な決め手とタイミング、注意点が知りたい…。

この記事では、上記のような悩みや不安を解消するために、転職活動を成功に導き、後悔しないための転職の決め手や進め方、タイミングについて解説していきます。

転職成功の決め手となるのは「仕事の内容」

転職成功の決め手となるのは「仕事の内容」

転職希望者の最近の動向によると、一番の転職活動の決め手とされているのは「仕事の内容」だといいます。

「転職市場の動向について」厚生労働省が出したレポートから引用した下記一文を見ていきます。

  • 大企業から中小企業への転職では、「仕事内容に興味があった」及び「能力・個性・資格 を生かせる」が高い。
  • 中小企業から大企業の転職でも、同じく「仕事内容に興味があった」及び「能力・個性・ 資格を生かせる」において高い。

一番重視するのが「仕事の内容」で、自分の能力や個性、資格を生かせる内容の仕事につきたいと考えていることが読み取れます。

同じ仕事の内容でも感じることは違う

同じ仕事の内容でも感じることは違う

仕事に求める内容にはばらつきがあり、その仕事の内容に「やりがい」を感じるかどうかは個人個人に委ねられます。

あなたが「やりがい」を感じるのはどれ?

  • 成果を出した分だけ報酬がもらえる
  • 報酬関係なく好きな仕事を任せてもらえる
  • 会社ではなく社外でも評価される仕事ができる


このようにやりがいを感じるのには個人差があり、たとえ同じ仕事内容でも感じることはまったく異なるのです。

仕事の内容を求めて転職活動をする場合は、自分自身のやりがいが何なのかをしっかりと考えて定義する必要があります。

この定義さえできてしまえば、転職先の希望条件をおのずと導き出せます。

転職先の見極めに必要なこと

転職先の見極めに必要なこと

転職活動は基本的には、下記のような転職サイトを使う人が多いかと思います。

  • リクナビNEXT
  • doda
  • マイナビ転職
  • ギークス
  • GEEKLY

希望の条件の会社に転職するために、自分に合う求人をしっかりと見極めるコツをご紹介します。

価値観とやりがいをしっかりとチェック

その会社で働いている人の価値観とやりがいをしっかりと確認することが重要です。求人サイトでアピールされていることや複数回出てくるワードなどをしっかりとチェックしましょう。

求人サイトの給与体系や福利厚生のチェックも欠かさずにするようにしましょう!

給与が高かったり、ボーナスの頻度が多かったりする場合は、給与面でのやりがいを感じていると言えます。

福利厚生の場合は、会社の居心地の良さを一番のやりがいにしているかもしれません。

社員の一日のスケジュールを聞いてみる

価値観を知る上で、社員がどう一日を過ごしているのか面接時に聞いてみるとよいでしょう。

時間の使い方は、仕事への意識が浮き出ます。

朝礼があるのかどうかや残業に対する考え方、休憩時間の過ごし方などさまざま情報を得ることができますよ。
会社の価値観を知る上で必要な質問といえるでしょう。

口コミサイトを確認する

求人サイトや面接時は、会社の都合の悪い側面が隠されている可能性があります。そういった時に活用したいのが、口コミサイトです。

口コミサイトを確認することによって、その会社の本音や隠したい側面が判明するかもしれません。

おすすめしたい人気の口コミサイト


全ての情報が正しいかどうかはよく吟味する必要があります。
口コミサイトは個人的な感情や主観的な意見も多い傾向にあるので、鵜吞みにしてはいけませんよ!

客観的な事実や制度についての説明、数値まで具体的に落とし込まれていることは比較的信ぴょう性が高いといえるでしょう。

求人募集が多いところは注意が必要

求人の募集を常に行っている会社・法人は人が慢性的に足りておらず、ブラックが常態化している可能性がある

また、退職率や離職率が高く、退職者が多く出る前提で採用を行っているというケースも少なからずあるので、面接時に社員から聞いてみるとよいかもしれません。

実際に会社の雰囲気に触れてみる

実際に会社の雰囲気を見たり触れたりする機会があるとより良いでしょう。

求人サイトに書いてある情報や面接で出てくる人の情報は、フィルターが掛かっており、会社の空気感をすべて感じとるのは難しいからです。

社員の年齢層、雰囲気、活気や挨拶の有無、業務中の会話の有無を面接時に質問したり、可能なら会社見学をするなど、転職前に調べておくのがベストです。

転職エージェントの活用

転職前に、会社の雰囲気に触れる機会がない場合は、転職エージェントを活用すると良いでしょう。

転職エージェントに登録すると、担当者が案件を紹介してくれるため、客観的に自分に合った求人が手元に来るようになります。

また、その求人の全体的な雰囲気や仕事の内容なども把握していることが多いです。迷った時や困った時に相談することもできるため、転職エージェントに登録することをおすすめします。

2つの転職の決め手とは

2つの転職の決め手とは

今の会社から転職して本当に幸せなんだろうか…。

もっと俺に合う会社があるんじゃないか?

新しいところで、慣れるまで辛くないかな…。

転職が決まった際に、このように不安に思ってしまうこともあるかと思います。

自分の「やりがい」や本当にやりたい仕事が定義できたとしても、100%自分に合った仕事とマッチすることはありません。100%良くなると確信して次の転職先に進む人も多くはないでしょう。

そんなときにどのように決断すればよいのか。

転職を考える人の理由から「逃げの転職」「攻めの転職」の大きく2つに分けて、転職の決め手について考えていきます。

転職の決め手
  • 逃げの転職・・・会社への不満が原動力
  • 攻めの転職・・・自分への不満が原動力

「逃げの転職」の決め手

逃げの転職とは“会社への不満”が原動力になっている転職です。一方、攻めの転職とは“自分への不満”が原動力になっている転職です。

逃げ、攻めどちらの理由に良い悪いはありません。

逃げの転職における決め手となるのは「会社への不満が社内で解決できる問題かどうか」

会社への不満が解決できるかどうか、社内調整してくれそうな問題かどうかを一旦検討し、可能そうであれば改善のために一度動いてみるのがよいでしょう。

それでも難しければ転職のタイミングになります。社内で解決できない問題の場合は、転職に踏み切ってもよいでしょう。

「攻めの転職」の決め手

攻めの転職における決め手となるのは「次の転職先の方向性ややりたいこと、行きたい会社がしっかりと定まった時」

攻めの転職の場合は逃げの転職に比べて、転職先に課す基準やハードルを高く設定する傾向にあります。そのため、転職先がもし自分に合わなかった時に苦労します。

業務時間以外であれば、会社在籍中に転職活動するのは悪いことではありません。転職活動は会社に在籍中に、ある程度のところまで進めておくとよいでしょう。

自分の「やりがい」を明確に定義しよう

自分の「やりがい」を明確に定義しよう

  • 自分が何に不満を感じているのか
  • 仕事において譲ることのできない点
  • 自分が「やりがい」を感じられるポイント

転職を成功させるためには、これらをしっかりと整理しましょう。

自分のやりがいを明確に定義できれば、求人を探す時や面接を受ける時、転職する会社を決断する時など様々な場面で判断する基準ができます。

判断する基準ができると、自分の理想に近い転職をすることが可能になり、成功へと近づきます。

まとめ:転職の決め手と最適なタイミングとは

まとめ:転職の決め手と最適なタイミングとは

  • 後悔しないための転職の決め手
  • 転職先の見極めに必要なこと
  • 転職を成功させるための考え方
この記事では転職活動において上記を詳しく解説してきました。多くの人が転職の決め手として仕事の内容ややりがいを求めています。

ひとそれぞれ、どんな仕事を求めるのか、何にやりがいを感じるかには差異があり、自分なりの価値観をしっかりと整理する必要があります。

また転職の見極めに必要なこととして、以下6点をご紹介しました。

転職の見極めに必要なこと
  1. 求人サイトから価値観とやりがいをしっかりとチェックする
  2. 面接時には社員の一日のスケジュールを聞いてみる
  3. 口コミサイトを確認する
  4. 求人募集が多いところは注意が必要
  5. 実際に会社の雰囲気に触れてみる
  6. 転職エージェントの活用

 

また、攻めの転職か守りの転職にもよって転職の決め手は変わってきます。自分が攻めの転職なのか、守りの転職なのかをしっかりと整理しましょう。

  • 自分が何に不満を感じているのか
  • 仕事において譲ることのできない点
  • 自分が「やりがい」を感じられるポイント
上記の点を定義し、明確な価値観をいつでも伝えられるよう準備しましょう。

転職おすすめエージェント

マイナビエージェント

『マイナビエージェント』は株式会社マイナビの人材紹介サービスです。
人材紹介サービスを利用しての転職は、求人を閲覧できるだけの転職サイトと異なり、業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられるサービスです。

マイナビエージェントの求人の約80%が非公開求人。キャリアアドバイザーが数多くの求人の中から、あなたにぴったりの求人を提案してくれます。

20~30代に転職サポートに強く、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートをしてくれるので、はじめての転職の方でも不安なく転職活動を進められます。
転職エージェントを利用したいと思ったら、まずは『マイナビエージェント』をオススメします。

マイナビジョブ20's

『マイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)』は、20代に特化した20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントです。
20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートしてくれます。

リクルートエージェント

転職支援実績NO.1!転職支援実績は累計41万1,000名以上(2017年3月期時点)『リクルートエージェント』では、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上取り揃えています。

また、実績豊富なアドバイザー、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに沿った求人を一緒に探してくれます。他には、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しています。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.