稼げるフリーランスになるために実践すべき5つと仕事を探す方法6つ

この記事で解決できる悩み

  • フリーランスに転向したいので仕事探しの方法を教えてほしい
  • フリーランスが仕事を探すコツってあるの?
  • 報酬の高い案件を獲得して、フリーランスとして成功する秘訣が知りたい!

働き方改革により、生活スタイルや希望に応じてさまざまな働き方が認められる時代になりました。

そんななかで、フリーランスという働き方を検討する人、選択する人も増えてきています。

しかし、「実際にフリーランスになってみて、継続的に仕事が獲得できなかったらどうしよう」と不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、フリーランスとして成功するために大切なポイントや仕事探しのコツをご紹介します。

フリーランスと正規雇用はどう違う?

まず、フリーランスと正規雇用の違いについて理解しておきましょう。

一番の違いは、正規雇用は、会社という組織に属して仕事をするのに対して、フリーランスは個人で仕事をします。

これだけで比較すると、フリーランスは何にも縛られない自由なイメージを持つかもしれません。

しかし、実際には以下のような特徴、違いがありますので、それぞれのメリット、デメリットを事前に把握しておきましょう。

正社員の特徴


  • 会社・企業に属して働くので、社内のメンバーや仕事相手とのコミュニケーション、チームワークが重要。
  • クリエイティブに仕事そのものを生み出すというよりも、与えられた課題に対して仕事をこなしていくことが多い。そのため自由度は低い。
  • 上司や同僚といった存在が身近にいるので、相談相手がいる環境。
  • 所属している企業から毎月給与がもらえる。また労働法が適用されるので、法的にも守られている。

フリーランスの特徴


  • 働き方によっては会社に勤めるよりも高収入が得られる。
  • 責任が伴う分、利益も全て自分が受け取れる。
  • 就業時間などの決まりがないので、仕事に費やす時間を自由に調整できる。
  • 組織的な動きを全て自分で行うので、営業や経理などの業務もこなす必要がある。
  • 個人の意見・考えで動くのでその分責任が伴うが、自由に働ける。
  • 労働法が適用されないので、特に収入面での不安を抱え続ける傾向がある。

フリーランスについては以下の記事でも詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

フリーランスになったけど仕事がない原因3つ

フリーランスを検討するうえで「仕事がなくなったら」「まとまった収入を得られなかったら」というのは最も不安に感じることですよね。

フリーランスになったけど仕事がない原因には主に以下の3つがあります。

フリーランスになったけど仕事がない原因3つ


  • スキル不足
  • 人脈がない
  • 実績が少ない

原因をしっかりと把握して対策手段を考えておきましょう。

原因1:スキル不足

ひとつ目の原因は、スキル不足です。

仕事として認められるレベルのスキルや実力がないと仕事につながりません。

なぜなら、コミュニケーション能力や交渉力があり仕事を紹介されたとしても、肝心のスキルが足りていないと継続的に仕事を得る事が難しくなるからです。

安心して仕事を得るためには、高いスキルや能力が必要になりますよ。

原因2:人脈がない

ふたつ目の原因は、人脈がないことです。

フリーランスとして働く場合、ほかの人からの紹介を受けて仕事を得るケースがあります。

そこで良い成果を残すことで、更に人づてに紹介される案件も増えていきます。

一ノ瀬セナ
知り合いが多く、人脈が広い人ほど、このチャンスを多く獲得できるので仕事が得られる可能性が上がりますし、逆に人脈が狭い人は仕事の量を増やすのに苦労する場合が多いのです。

原因3:実績が少ない

3つ目の原因は、実績が少ないことです。

フリーランスの場合、実績が少ない人より、実績の多い人が求められる傾向になります。

なぜなら、クライアントが求めるスキルを持った人が複数いた場合、より実績の多い人に仕事を任せるのがほとんどだからです。

高いスキルを持っているだけでなく、数字で示せる実績を多く持っているほど、案件を受注できる可能性は上がりますよ。

フリーランスが成功するうえで大切なこと4つ

フリーランスとして成功するためには、ただ闇雲に行動すればいいわけではなく、いくつかのポイントを押さえるのが大切です。

フリーランスが成功するうえで大切なことを4つご紹介しますので、意識するポイントや考え方のコツを身につけていきましょう。

フリーランスが成功するうえで大切なこと4つ


  • スキルアップに繋がる仕事を探す
  • 人脈や業界が広がる仕事を探す
  • ときには仕事を断ることも大切
  • 信用が大切

1:スキルアップに繋がる仕事を探す

スキルアップに繋がる仕事・次に繋がる仕事を探すのはフリーランスにとってとても重要なことです。

なぜなら、目先の高単価の案件や、スキルの必要のない案件ばかりに飛びついていると、その間に他のライバルがスキルを高めていき、将来的に仕事を失うおそれがあるからです。

もちろん、単価の高い案件や、新しいスキルを必要としない案件も悪くはありません。

ただし、継続的に仕事を獲得していくためには、ただ数をこなすだけではなく、他のフリーランスに勝てるように、自分にしかない技やスキル、経験を身につけていく姿勢を意識していきましょう。

2:人脈や業界が広がる仕事を探す

オンラインサロンや地域の起業塾などに参加し、人脈を広げる活動もフリーランスにとっては大切です。

オンラインサロンとは、月額会費制の、Web上で展開されるコミュニティのことで、作家やアスリート、実業家など同じ目的意識を持った人同士が交流をはかる場所です。

一ノ瀬セナ
同業種の人とつながりを持っておくことで、人脈が広がり、そこから仕事に繋がることもありますよ。

先述の通り、フリーランスにとって人脈の広さはそのまま案件獲得の可能性に直結しやすい面がありますので、積極的に人脈や交流の幅を広げましょう。

3:ときには仕事を断ることも大切

世の中にはさまざまなクライアントがおり、なかには仕事を請けない方がよいクライアントも存在します。

しかし、仕事を始めたばかりの状態では、クライアントの見分け方がわからず、うっかり仕事を請けてしまい苦労するケースもあります。

そこで、仕事を請けない方が良いクライアントの特徴をいくつかご紹介します。

以下に当てはまるクライアントの場合、勇気を持って断るようにしましょう。

断るべきクライアントの特徴


  • 成果物・完成品に対する明確なイメージを持っていない
  • 案件の難易度を理解していない
  • クレームが多い
  • 納期や仕事の質に対して、無理な要求をしてくる

一ノ瀬セナ
特に、クライアント側が依頼内容に対して具体的なイメージを持てていない場合は注意が必要で、明確な方針がないため指示や依頼が明瞭でなかったり、途中で方針が変わって何度も手直ししなければならなくなる危険性が高いのです。
そんなことあるんですか!初心者だからってなんでもかんでも仕事引き受けてはダメですね…。
はじめ君

明確な指示書や仕様書をもらう、モックを作成して認識のすり合わせを行うなどの対策をとり、お互いの中でゴールに対するイメージを明確にしておくようにしましょう。

4:信用が大切

フリーランスで働く場合、企業で仕事をする時のような肩書や役職、会社に対する評判などがありませんよね。

「自分」という人物をどれだけ信用してもらえるかが、仕事の得やすさに直結するので、新規・継続ともに、案件獲得のためには信頼を得る事が最も重要といえます。

信頼を勝ち取るために、以下のことに気をつけるようにしましょう。

納期は必ず守る

仕事を依頼するということは、業務を信用して相手に任せるということです。

期限までに確実に納品することは勿論ですが、自分の評判を自ら落とすようないい加減な納品物や仕事の仕方は絶対にしないようにしましょう。

また、経過報告や連絡などのやり取りをこまめに、迅速に行って依頼に対する真摯な態度を示すのも大切ですね。

アウトプットの質を高める

フリーランスの場合、ごまかしが一切ききませんので、自分の仕事がそのまま自分への評価として返ってきます。

納期の問題や求められるスキルにもよりますが、手を抜いて仕事をすれば、それがそのままあなたの評価に繋がるのです。

クオリティが低いと信用は得られませんし、次の仕事にもなかなか繋がりません。

一ノ瀬セナ
さらに、高単価案件などの条件が良い依頼を獲得できる可能性も低くなってしまうので注意が必要ですよ。

高い完成度で納品する

ただ闇雲に仕事を探し、手当り次第に仕事をとにかくこなすのはおすすめしません。

なぜなら、複数の仕事に追われることで力が分散してしまい、結果的に全てが中途半端な仕事になってしまうからです。

フリーランスの場合、仕事の量や実績の多さは常に気になるものですが、急いで実績を増やそうとしたり、無理のある案件数をこなそうとすると、「次に繋がる仕事」からは遠のいてしまいます。

あせらず、ひとつの案件の完成度をしっかりと高めて納品することが、信頼の獲得に繋がりますよ。

フリーランスが仕事を探す方法6つ

フリーランスとして活動していく場合、仕事の探し方は非常に重要です。

安定した収入が得られるかどうかにダイレクトに影響することなので、自分に合ったやり方を見つけておくようにしましょう。

また、できるだけ多くの方法を知っておくことで、バリエーションが増えて可能性も広がりますよ。

具体的に、6つの方法をご紹介します。

フリーランスが仕事を探す方法6つ


  • クラウドソーシングを活用する
  • フリーランス向けの転職エージェントを利用する
  • サイトで自分のスキルを販売する
  • Webサイトを作る
  • 人脈やSNSで自分を売り込む
  • 名刺を準備する

方法1:クラウドソーシングを活用する

ひとつ目の方法は、クラウドソーシングを活用することです。

最近では、「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサービスを活用して仕事を探すのも一般的になってきました。

どちらも有名で人気のあるサービスのため、「ライバルが多い」「受注単価が低い案件も多い」といった注意点はありますが、一方で、募集されている案件の数も圧倒的に多いのが特徴です。

一ノ瀬セナ
また、クラウドソーシングサービスの利用の際には、仲介手数料が発生するため、その分受け取る報酬額が少なくなるので注意が必要してください。
仲介手数料がかかるとしても僕は人脈もないからなぁ。最初はクラウドソーシングサービスで仕事受けたいと思ってます。
はじめ君

クラウドソーシングについては、のちほど詳しく説明しますね。

方法2:フリーランス向けのエージェントを利用する

フリーランス向けのエージェントを利用するのも、仕事探しには有効です。

たとえば「レバテックフリーランス」や「ギークスジョブ」、「ミッドワークス」などを利用することで、自分ひとりで探すだけでは見つけられないような案件の紹介や、案件獲得のためのサポートを受けることができ
ますよ!

フリーランス向けのエージェントについては、のちほど詳しく説明しますね。

方法3:サイトで自分のスキルを販売する

これは、自分のスキルや経歴をWeb上で公開・販売し、クライアントに購入してもらうことで仕事を獲得する、所謂スカウトスタイルのことです。

クラウドソーシングはまず仕事の募集があって、そこにフリーランスが提案を行うのに対して、スキルがまず先にあって、それをクライアントが買うという、全く真逆のアプローチ方法になります。

どちらの方法が優れているということはありませんが、この方法の場合、スキルをアピールできるだけの豊富な実績やポートフォリオが必要となるので、フリーランスを始めたばかりの人にとっては効果が出にくい方法といえます。

方法4:Webサイトを作る

自分をアピールするためのWebサイトを作るのは、集客の可能性を広げるだけでなく、ブランディングの意味でもおすすめです。

最近では、無料で自分専用のホームページを作成できるサービスもたくさんありますよね。

それらを活用することで、ライターやブロガーの方でも初期費用を抑えて簡単に始めることができますよ。

特に、Webデザイナーとして活動する場合などは、実際にサイトを作るようにしてみましょう。

自分のスキルを活かしてWebサイトを作ることで、それをそのままポートフォリオとして使うことができるのです。

方法5:人脈やSNSで自分を売り込む

フリーランスの場合、ただ待っているだけではなかなか仕事を得ることはできません。

特に駆け出しの時は自分から積極的に自分を売り込んでいく姿勢が大切です。

たとえば、友人や知人、これまでの仕事での知り合いなどに声をかける方法は昔からよく使われています。

地道なやり方ではあるものの、既に信頼関係の構築ができている人が相手なので、一度仕事に繋がれば継続案件になりやすいのが特徴です。

また、最近ではFacebookやTwitterなどのSNSを利用して自分のブランディングを行いスカウトに繋げたり、積極的に自分を売り込み、案件獲得につなげるやり方もあります。

特にFacebookはSNSの中でもビジネスに向いているとされており、直接経営者に営業をかけることもありますよ。

一ノ瀬セナ
この場合、いきなりDMを送りつけるのではなく、きちんと許可を得て友達関係になってから提案を行うなど、最低限のマナーをわきまえた行動を心がけましょう。

方法6:名刺を準備する

名刺は、フリーランスとして活動する際に、はじめに作っておくとよいでしょう。

名刺があればセミナーなどに参加したときに交流が取りやすいですし、相手の手元に残るのもメリットです。

最近では、「Eight」や「WantedlyPeople」など、名刺を軸にした交流ツールやサービスもありますので、名刺から広げられる世界も広がっていますよ。

稼げるフリーランスになるために実践したいこと5つ

仕事が継続的に得られる点だけでなく、安定した収入を得られること、しっかりと稼げることもフリーランスで目指したい人は多いですよね。

そのために実践したいことを5つご紹介します。

稼げるフリーランスになるために実践したいこと5つ


  • 人脈を広げる
  • 経験や実績をまとめて振り返っておく
  • 講座や勉強会でスキルアップを行う
  • 報酬単価は安易に下げない
  • 契約内容をしっかり確認する

きちんと事業を成功させるために、ひとつずつ実践していきましょう!

実践1:人脈を広げる

先述の通り、フリーランスで活動していくうえで、人脈の広さは非常に重要です。

なぜなら、人脈の数が多いほど、チャンスの数も比例して増えるからです。

仕事に関係する勉強会や講演会はもちろんですが、一見仕事とは関係なさそうな趣味のあつまりやイベントなど、思わぬところからチャンスが巡ってきます。

今現在人脈があまりないという人でも、人との交流や繋がりを大切にし、少しずつでも人脈を広げる努力を続けることで、将来的には結果が大きく変わってきますよ。

実践2:経験や実績をまとめて振り返っておく

自分を効果的に売り込み仕事を得るためには、定期的にスキルの棚卸を行い、経験や実績をきちんと把握しておくことが必要です。

自分の強みや魅力、アピールできるスキルや経験をしっかりと意識しておきましょう。

その手段として、ポートフォリオの作成がおすすめです。

ポートフォリオとは、自分のこれまでの作品集のことで、これを見てもらうことで、これまでの経験や持っているスキルや実績をクライアントに把握してもらえますよ。

実績が増えてきた、あるいは既に十分な実績があるという人は、ポートフォリオを作成して更なるアピールのための武器として活用しましょう。

一ノ瀬セナ
特にデザイナー職の人はポートフォリオを求められる機会が多いので、事前に用意しておくといいですよ。

実践3:講座や勉強会でスキルアップを行う

フリーランスとして活躍するためには、高いスキルを持つことも大切ですよね。

講演会や勉強会、最近ではコロナの影響もありオンラインで受講できる講座もたくさんあります。

それらに積極的に参加し、常にスキルアップするための努力をしていきましょう。

また、フリーランスの場合、営業のような立ち回りも自分で行う必要があるので、専門的なスキルだけでなく、ビジネスマナーやコミュニケーション能力などのビジネススキルも磨いておくといいですよ。

実践4:報酬単価は安易に下げない

「なかなか仕事がもらえない」「継続的な案件がなく不安だ」という時、報酬単価を下げることを検討する人は多いと思いますが、これには注意が必要です。

なぜなら、依頼を受けやすくなるというメリットだけでなく、デメリットが存在するからです。

一度単価を下げてしまうと、次回以降もその金額で仕事を請け負わなくてはなりません。

クライアントにとっては安い金額で仕事をしてくれる方が得ですし、一度値段を下げてくれたのだから、次もその金額で受けてくれるだろうという前提で依頼をするようになるのです。

もちろん、相場や実力とかけ離れた単価設定をしているなら見直しが必要ですが、一度下げた報酬単価を戻すのは難しいことを念頭に置いておきましょう。

実践5:契約内容をしっかり確認する

仕事を請ける時には、事前に契約内容をしっかり確認し、内容に同意してから請け負うようにしましょう。

なぜなら、契約内容によって、自分が負う責任の範疇が変わってくるからです。

たとえば、「請負契約」の場合、成果物の完成義務が生じるので、受けた依頼はきっちりと完成させ、その確認がされてから報酬が支払われることになります。

一方、「準委任契約」の場合、完成義務は生じませんが、勤務時間に対する義務が発生するので、契約時に定義された時間はきっちりと依頼の作業にあてる必要が発生します。

あとでトラブルの元にならないよう、事前にしっかりと契約内容、責任の範囲は把握しておくようにしてくださいね。

フリーランスに人脈が大切な理由3つ

これまで、フリーランスにとって人脈が大切である旨をお話してきましたが、具体的な理由を3つご紹介します。

フリーランスに人脈が大切な理由3つ


  • さまざまな業種とつながれる
  • 情報を効率的に収集できる
  • 将来的な仕事やパートナーに出会う可能性大

フリーランスとして成功するために、なぜ人脈の広さが必要なのか、詳しくみていきましょう。

理由1:さまざまな業種とつながれる

フリーランスは会社勤めと違い、個人で活動を行うので、孤独を感じやすい面があります。

同業種や異業種とのつながりを積極的に持つことで、孤独感を感じにくくなりますし、他社とのコミュニケーションが刺激となり、モチベーションも上がっていくことが多いですよ。

理由2:情報を効率的に収集できる

特にIT業界など一部の業界は情報や知識の移り変わりが非常にはやく、それらにひとりの力で着いていくのは不可能に近いのです。

しかし、一人で情報収集するには限界を感じる状況でも、人脈を広く持つことができればその分情報網も広がります。

有益な情報をより効率的に収集できるようになりますよ。

理由3:将来的な仕事やパートナーに出会う可能性大

ひとつ築いた人脈が枝分かれし、そこから更に人脈が広がることは少なくありません。

すぐに成果がでなくても、地道に人脈を広げていくことで、将来的な仕事やパートナー、情報に出会う可能性が高くなりますよ。

フリーランスの案件獲得におすすめの転職エージェント3選

フリーランスとして案件獲得するための手段はいくつかありますが、その中でも転職エージェントの利用は特におすすめです。

なぜなら、かけるコストに対して得られるリターンが大きいからです。

ここでは、フリーランスの案件獲得に特におすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

特徴や受けられるサポートを把握して、まずは登録してみましょう。

フリーランスの案件獲得におすすめの転職エージェント3選


業界トップレベルの高単価:レバテックフリーランス

フリーエンジニアのIT求人・案件サイト【レバテックフリーランス】≪公式≫

おすすめポイント


  • 高単価で参画ができる
  • マッチング精度が優れている
  • フォロー体制が整っている

レバテックフリーランス は、高単価のweb系案件を多く保有していて、フリーランスエンジニア専門のエージェントです。

参画先企業と直接取引でマージンを低く抑えて、業界でも最高レベルの高単価を実現しているんですよ。

求人のほとんどが常駐型の案件になっていて、次の仕事が見つからない不安がありません。

手数料がかからない:ギークスジョブ

フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイトは【geechs job】まで!

おすすめポイント


  • 保有案件が多い
  • 報酬の受け取りが早い
  • 手数料がない

ギークスジョブ は、15年以上の事業実績があるITフリーランス専門エージェントです。

契約決定率80%以上で、他社には非公開の高額予算の独占案件を保有しているのも魅力の1つですね。

サービス開発を行っていて、業界の知識や技術の情報を多く所有しているので、キャリアアップできるコンサルティングをしてもらえますよ。

ギークスジョブに無料で相談してみる

自由な働きができる:ミッドワークス

ミッドワークス
出典: Midworks

おすすめポイント


  • 正社員並みの保障付き
  • 週3日の案件があり自由度が高い

Midworks は、フリーランスでも正社員並みの保障が受けられるフリーランス向けのサービスです。

週3日から働ける案件もあるので、主婦でも働きやすいです。

現在、コロナの影響で在宅で受けられるリモート案件もあり、時短や午前中だけ働くなど自由度が高いです。

稼げるフリーランスになるためのまとめ

稼げるフリーランスになるためのまとめ


  • フリーランスとして活躍するためには、人脈の広さが非常に重要
  • 仕事を探す方法はいくつかあるが、特におすすめなのは「転職エージェント」と「クラウドソーシング」の利用
  • 成功するために大切なことをきちんと理解し、努力を続けることでフリーランスとしての可能性は広がっていく

フリーランスの案件獲得におすすめの転職エージェント3選


いかがでしたか?

フリーランスと聞くと、何にも縛られない、自由なイメージが強くありますが、自由な分同じだけの責任が伴います。

成功するためには、専門的なスキルを磨くのは、勿論、人脈を広げられるかどうかが重要になってきます。

うまくいかない、駆け出しで人脈がない、という場合はまずは転職エージェントとクラウドソーシングを利用してみましょう。

コツを押えて努力を辞めさえしなければ、可能性は広がっていきますよ。

-フリーランス
-,

© 2020 転職index