フリーランス

【フリーランス向け】求人や案件を探す6つの方法と活用するコツとは?

更新日:

フリーランス 求人

フリーランスとして仕事をはじめたい!と思ったけれど、どのように仕事を探したらいいのか?と疑問に思っていませんか?

また、すでにフリーランスで仕事をしているけど、なかなか思ったように仕事がない…と悩んでいませんか?

この記事ではフリーランスで仕事を獲得する6つの方法について、その活用法とあわせて説明していきたいと思います。

ぜひ参考にして頂けると嬉しいです。

フリーランスが、求人を探したり仕事を獲得する方法は全部で6つ!

フリーランスが、求人を探したり仕事を獲得する方法は全部で6つ!
フリーランスが求人を探したり新しく仕事を獲得する方法は、以下の6つに分けられます。

  1. フリーランス向けのエージェントを利用して求人を探す。
  2. 通常の求人サイトを利用して探す。
  3. ホームページから直接応募する。
  4. 知人からの紹介で仕事を獲得する。
  5. ブログやSNS経由で仕事を受注する。
  6. 面接では受け身にならず質問をしっかりする

今回の記事では、これら6つの方法の特徴やメリット・デメリットについて紹介していきます。

主にエンジニアやデザイナー、そしてライターなど、ITフリーランスについてお話しさせていただきますので、フリーランスで仕事を探している方や、仕事の探し方がわからない初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

① フリーランス向けのエージェントを利用して求人を探す。

① フリーランス向けのエージェントを利用して求人を探す。

フリーランス向けのエージェントとは

エージェントは、代わりに求人を探して、案件が決まるまでサポートしてくれます。

フリーランスは仕事の獲得から経理などの事務作業まで全て一人でこなさせないといけないイメージが強いと思いますが、実はそんなことはありません。
非公開案件の紹介や、応募書類の添削はもちろん、内定時の報酬額の交渉まで、エージェントが全て無料でサポートしてくれます。

どこにいてもサポート対象になるの?

現在、東京や大阪など一部の都市しか利用できませんが、自分の住んでいる地域が対応している場合は、ぜひエージェントを利用しましょう。

エージェントを利用するメリット

自分で営業する必要がない

先ほども説明したように、エージェントを利用すれば、担当者が自分の代わりに希望に合った案件を探して紹介してくれるので、自分で営業する必要がありません。

案件ごとに契約期間は決まっていますが、契約が切れる前までに次の契約先を探しておいてくれて、空白が出来ないように調整してくれるエージェントも中にはあります。

エージェントを利用する場合、在宅フリーランスではなく会社に常駐する働き方になりますが、ある程度のスキルがあれば仕事がなくて困るという状況は防げるので、安心度は高くなります。

請求書や見積書の発行などを代わりに対応してくれる

クライアントに提出する請求書や見積書などを、代わりに作成してもらえることもエージェントを利用するメリットの一つです。仕事が重なって忙しい時など、地味に負担の大きいタスクなので助かる人も多いはずです。

エージェントを利用するデメリット

マージンが発生する

エージェントを利用すると、必ず案件の紹介料(マージン)が発生します。マージンの設定は各エージェントによっても異なるので、出来るだけマージンの低いところを選んで契約することが大切です。

クライアントと直接取引ができない

直接取引をすればマージンが発生しないので、例えば予算100万円の案件なら、マックスの100万円全部が自分の報酬になります。

しかしエージェントを利用すると、エージェント経由で知り合ったクライアントとは直接取引ができなくなるので、こういった恩恵が受けられません。

エージェントを利用する際の注意点

エンジニアやデザイナー向けのサービス

紹介してきたフリーランス向けのエージェントは、主にエンジニアやデザイナーを対象にしたものです(ディレクターやマーケター向けの案件も少しあります)。

ライターなどの職種はほとんど案件がないので、別の方法で探しましょう。

一つではなく複数のエージェントに登録することが大事

エージェントを利用する場合、1つのエージェントだけではなく、複数のエージェントに登録することが大切です。

マージンの設定や、紹介してくれる案件が異なるのはもちろんですが、複数登録しないと担当者に自分の対応の優先度をあげてもらえないからです。

注意

自分からわざわざ伝える必要はありませんが、もしも聞かれた場合は隠さずこたえるほうがいいです。自分が他のエージェントの実績になってしまわないように、より注意して対応してくれるはずです。

有名なフリーランス向けのエージェント

レバテックフリーランス/レバテッククリエイター

レバテックフリーランスは、フリーエンジニア向けのエージェントです。知名度も高く、案件数が一番多いことや報酬の支払いが早い(月末締めの翌月15日払い)ことなどから、多くのエンジニアに人気です。

エンジニア以外の職種の場合は、レバテッククリエイターというエージェントを利用しましょう。こちらには、デザイナーやディレクターなど、様々な職種の案件が募集されています。



Midworks

Midworksは「正社員並みの保証」をウリにしているエージェントです。一定のスキルがあり必要な条件を満たしていれば、案件が決まらなかった場合でも報酬を保証してくれる制度や、社会保険の半分をエージェントが負担してくれる制度などもあります。

案件数はエンジニア向けのものが一番多いですが、デザイナー、ゲームクリエイター、企画・マーケティングなどの案件も用意されています。

geechs job

ギークスjobは案件数がレバテックフリーランスに次いで2番目に多いことや、ゲーム系の案件が多いこと、そして担当者のサポートが手厚いことなどに特徴のあるエージェントです。

他のエージェントと同じようにエンジニアの案件が多めですが、UI/UXデザイナーやディレクター・プランナーの案件なども用意されています。

ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランスは特にまだ経験の浅いエンジニア向けのエージェントです。案件数は少し少なめですが、実務経験がない人が応募できる案件も用意されています。

PROsheet

PROsheetの特徴は、週2~3日勤務など、働き方に柔軟性のある案件が多いことです。その分高いスキルが求められますが、自分の時間を多めに確保したい人には向いています。

エンジニアをはじめ、デザイナー、ディレクター、マーケターなどの案件も募集されています。

② クラウドソーシングというサービスを利用して仕事を探す。

② クラウドソーシングというサービスを利用して仕事を探す。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングは、案件探しから納品、そして報酬の支払いまで、全てをクライアントと対面することなくインターネット上だけで完結させられるサービスのことです。具体的なサービスとしては、Lancers(ランサーズ)や CrowdWorks(クラウドワークス)が特に有名です。

場所や時間を選ばずに利用できるので、地方に住んでいる人や自宅から出られない主婦の人も多く利用しています。

エンジニアやデザイナー向けの案件はもちろんですが、ライティングの仕事が特に多いのが特徴です。

クラウドソーシングを利用するメリット

時間や場所を選ばずに仕事が出来る

クラウドソーシングの場合、クライアントと合意した納期さえしっかりと守れば、仕事をする時間や場所に関しては制約がありません。朝早く起きてご飯をつくる前に仕事を片づけたり、カフェなどで仕事をすることも可能です。

営業する必要がない

クラウドソーシングには毎日何かしら新しい案件が登録されます。案件に応募する手間はかかりますが、自分で営業する必要はないので、その分作業できる時間を多く確保できます。

報酬未払いのリスクが限りなくゼロ

クライアントがサービス側にお金を支払うまで、フリーランスは仕事を開始できない仕組みになっているため、報酬が未払いになるリスクがほぼありません。

直接契約の場合とは違って、サービス側をいったん経由してから、フリーランスに報酬が支払われます。

クラウドソーシングを利用するデメリット

手数料が発生する

エージェントの場合と同じように、サービス側に仲介手数料を支払う必要があります。

単価が低いものが多い

クラウドソーシングには低単価の案件も多く混ざっているので注意しましょう。ライターの場合、1文字0.5円などの案件もあります。個人的な意見ではありますが、1文字1円以下のものには出来るだけ応募しないほうがいいと思います。

クラウドソーシングを利用する際の注意点

単価だけで仕事を選ばない

先ほど単価が低いものが多いと紹介しましたが、逆に単価が高いものでもその分納品までに時間がかかってしまうこともあり、時給換算すると低くなってしまうケースもあります。作成するのに必要な時間も考慮して提案することが大切です。

案件に応募する際はサンプルを用意することが大切

クラウドソーシングの場合、面識のない人に仕事を発注するので、クライアントはスキルや経験だけで仕事を依頼するかどうか判断します。

そのスキルや経験をしっかりと証明するためには、自分がこれまでに作成したサンプルが何よりも有効な材料になります。このサンプルを用意できるかどうかで、提案が通るかどうかの結果は大きく変わります。

③ 通常の求人サイトを利用する

③ 通常の求人サイトを利用する

Wantedlyやコデアルなどのサービスを利用する

数は少ないですが、通常の求人サイトからでもフリーランスの案件に応募することができます。

Wantedlyには「フリーランス 」というカテゴリーがしっかりと用意されていますし、CODEAL(コデアル)というサービスを利用すれば、完全リモートで仕事が出来る在宅案件を探すことも可能です。

④ ホームページから直接応募する

求人サイトだけではなく、気になる企業があれば、ホームページの採用情報をチェックしてみましょう。フリーランスとの業務委託契約を受け付けている企業も中にはあります。

特にライターの場合は、自分が興味のあるメディアにホームページから直接コンタクトを取って仕事を獲得している人もいるようです。

⑤ 友人からの紹介

⑤ 友人からの紹介

友人からの紹介のメリット・デメリット

友人からの紹介で仕事をするメリット



友人経由で仕事を紹介してもらうのも一つの方法です。面識がある分、通常よりも話を進めやすく、報酬が未払いになるリスクも低いです。
期待を超えるような成果が出せれば、そこからまたさらに別の案件を紹介してもらえる可能性もあります。


今フリーで仕事してるから、紹介してくれたら嬉しいんだけど…仕事ある?

え!そうなんだ。こっちも助かるし、お願いしようかな。

ありがとう!また連絡してほしい。

分かった!確認したらまた連絡する。

友人からの紹介で仕事をするデメリット



一方、友達価格で仕事を依頼されるなど、値段を交渉されてしまう可能性もあります。なあなあになってしまわないように、成果にはしっかりとこだわる必要があります。


この内容と報酬でお願いしたいんだけど、どうかな?

(あれ。なんだか安いような…?)

もし気になる点あったら、聞いてちょうだい。

(金銭面が気になるなぁ…でも友人関係がぎくしゃくしそうで言いづらい…。どうしよう)

⑥ ブログやSNS経由で仕事を受注する

⑥ ブログやSNS経由で仕事を受注する

ブログやSNS経由で仕事を受注するメリット・デメリット

ブログなどで仕事を受注するメリット



ブログやTwitterなどのSNSを使う方法は、営業コストがほとんどかからないのがいいところです。

Twitterの場合はつぶやくだけですし、ブログの場合は一度記事を公開すれば、半永久的に自分の資産になり、ずっと自分のかわりに営業してくれます。


ブログなどで仕事を受注するデメリット



ブログやTwitter経由で仕事を獲得するためには、WEBマーケティングなどの知識も必要になるため、効果が出るまでにはある程度時間が必要になります。普段からコツコツ情報発信を続けておくことが大切です。

フリーランスとして仕事をしていく上で大事なポイント

フリーランスとして仕事をしていく上で大事なポイント最後に、ここまで紹介してきた内容を踏まえて、フリーランスとして仕事をしていく際に知っておきたい特に大事なポイントを5つ紹介します。

最初はエージェントを有効活用する

エンジニアやデザイナーは、最初は出来るだけエージェントを有効活用するようにしましょう。

最初から在宅フリーランスとして仕事をしていくのは少しハードルが高いです。エージェントを利用すればある程度安定して報酬を獲得できるので安心できますし、中にはリモート勤務可の案件もあります。

収益源を複数確保する

収益源を複数確保しておくことも安心につながります。変化のスピードが早くなってきているので、状況の変化に柔軟に対応できるように、出来るだけ色々な方法があることを知っておくことのが大切です。

報酬だけで仕事を判断しない

報酬だけではなく、やりがいや成長性なども考慮して、仕事を選びましょう。お金をたくさん稼ぐこともフリーランスのやりがいの一つですが、それだけだと疲労もより大きくなります。

POINT


フリーランスは孤独を感じる機会も多いので、自分の心のバランスを上手く取りながら、仕事を進めていくことが大切です。

老後の年金対策

会社員とは違い、フリーランスは老後の年金の面でも大きく不利になります。フリーランスの場合、老後の年金対策を何もしなければ、最大でも毎月7万円前後しか年金がもらえません。厚生年金に加入できる会社員の年金と10万円以上差があります。

やってみてダメなら正社員に戻ればいいだけ

会社員よりも大変だと言われるフリーランスですが、今の時代は、会社員を続けることにもリスクがあります。

フリーランスは何かと不安を感じることも多いですが、やってみて合わなければ会社員に戻ればいいだけです。出来るだけフリーランスという働き方をポジティブに捉えて仕事をするほうがより時間を有効活用できるはずです。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.