フリーランス

【あなたは大丈夫?】失敗しがちなフリーランスの特徴を徹底解説!

更新日:

フリーランス 失敗

フリーランスとして仕事をしてみたいという人も多くいるのではないでしょうか。

しかし、フリーランスとして仕事をする際は、失敗するリスクがあります。ここでは、失敗しやすいフリーランスとは?についてご紹介しましょう。

失敗しやすいフリーランスに共通するダメな特徴

フリーランスで失敗しやすい特徴

失敗しやすいフリーランスは、次のような特徴があります。

  1. フリーランスの仕事は楽で自由なものであると考えている
  2. 効率的な仕事ができない
  3. 仕事を断ることができなくて引き受け過ぎる
  4. 現状に妥協して成長が止まった
  5. 仕事を適正価格で引き受けない
  6. プロ意識がない
  7. 知識や仕事のレベルが低い
  8. どの程度の報酬の仕事でどの程度差し引かれたかが気にならない
  9. コミュニケーションが足りない
  10. エージェントを使っていない

失敗しやすい10個の特徴を解説

フリーランスの仕事は楽で自由なものであると考えている

フリーランスの仕事については、楽で自由であると考えているとほとんど失敗します。

フリーランスの仕事は、自由ということでなく、高い自由度があるものです。

決してフリーランスの仕事は楽でなく、納期や責任、顧客との対人関係など、いろいろな困難が正社員以上にあります。

ちょっとした気持ちでフリーランスにチャレンジしようと考えていれば、フリーランスについての考え方をまず改める必要があります。

効率的な仕事ができない

あー、やっと1つ仕事が終わった。今日は疲れたし他の仕事は明日やればいいか

フリーランスの場合は、自分で仕事をする時間を作る必要があります。

そのため、効率的な仕事ができなければ時間がかかって、満足できる仕事ができないでしょう。

特に、不慣れな確定申告といった経理の事務作業は、フリーランスとしての仕事が圧迫される要因になります。

そのため、会計ソフトを使うなどして、効率的に仕事を行うようにしましょう。

仕事を断ることができなくて引き受け過ぎる

仕事の多くの依頼があるのは、フリーランスとしてはうれしいものです。

しかし、仕事を引き受け過ぎれば、自分の仕事ができる量をオーバーして疲れてしまいます。

失敗しやすいフリーランスは、仕事を断ることができないことが特徴です。

フリーランスは、休むことも大切な仕事の一つです。身体が資本なので仕事は無理のない範囲で引き受けましょう。

現状に妥協して成長が止まった

今月の新商品はコッペパンです!
先月も先々月も新商品がコッペパンなんて、このパン屋さんどうなっているの?

フリーランスは、成長することが常に要求されます。

現状に妥協して何もしないと、フリーランスとしてのスキルは仕事には使えないものになります。

フリーランスは、収入を続けて確保するためにも、意識して自分自身が成長することを目指す必要があります。

積極的にスキルの新しいものを勉強したり、最新の知識をフリーランスとして同じように仕事をしている人から入手したりしましょう。

仕事を適正価格で引き受けない

仕事には適性価格があります。

しかし、無理を言われて知人価格でたまに引き受けたり、安い仕事を頼まれたりする場合がよくあるでしょう。このような場合は、きちんと断らないと、仕事の単価はいつまで経っても上がらないでしょう。

安い仕事の単価で大きい負担がある仕事をいつまでも引き受けていれば、フリーランスとして儲けることはできないでしょう。

プロ意識がない

先日、納品メールを受け取ったのですが、まだ品物が届いていません。どうなっているんですか?
すいません!今日発送しました。早くて明日には着くと思いますが大丈夫でしょうか?
( 大丈夫なわけないでしょう… )

自宅でもフリーランスの仕事はできるので、他人の目がない状態で仕事をする場合が多くなります。

そのため、少しくらいいいだろうと仕事を手抜きして、品質を自分で低下させるプロ意識が低い人が多くいます。

当然ですが、仕事のレベルが低下すればクライアントの評価も低下します。

評価が一度低下すると、簡単に信頼を回復することはできません。仕事を頼まれなくなるのも、十分に想定できるでしょう。

フリーランスとして仕事をするのであれば、プロ意識を常に持つようにしましょう。

知識や仕事のレベルが低い

フリーランスとして、知識や仕事のレベルが低い場合は失敗します。知識や仕事のレベルが低いような人には、クライアントは仕事を頼まないでしょう。

知識や仕事のレベルが低い場合は、自分のスキルをアップするためにまずは勉強する必要があります。フリーランスになれば、正社員のように仕事を指導してくれる人はほとんどいません。

どの程度の報酬の仕事でどの程度差し引かれたかが気にならない

エージェントなどを使っている場合は、手数料が報酬から差し引かれている場合があります。手数料として多額なものを差し引いている良くない業者も、中にはあります。

そのため、どの程度の報酬の仕事で報酬として実際にどれだけ支払われたのか、この金額の違いを掴んでいなければ生活がちょっとずつ圧迫されるようになります

お金の管理をいい加減に行っていれば、仕事に対して報酬が少なくなります。

フリーランスであれば、手数料を把握して、しっかりと仕事の報酬をチェックしましょう。

コミュニケーションが足りない

クライアントとフリーランスにとって、コミュニケーションは信頼に関係する大切なことです。

コミュニケーションが足りないような人には、クライアントは仕事を頼みたいと思わないでしょう。

基本的に、フリーランスは仕事を業務委託で行い、雇用契約ではありません。そのため、契約が中途で解除になる場合もよくあります。

クライアントとは、付き合いは最低でもビジネスライクに行いましょう。

エージェントを使っていない

現在は、フリーランスにとってメリットがあるエージェントが多くあります。

エージェントを通じて仕事を頼むクライアントが多くいるため、使わないと仕事を探す選択肢が減ってしまいます。

基本的に、大体のエージェントは登録が無料なので、まず登録をしておきましょう。

特に、フリーランスを始めて最初の年は生活が安定しないことが考えられるため、積極的にいくつかのところを使いましょう。

フリーランスで失敗しにくい人とは?

フリーランスで失敗しにくい人

フリーランスとして仕事をする場合は、誰もが失敗したくないでしょう。

では、フリーランスで失敗しにくいのはどのような人でしょうか?

フリーランスとして失敗しにくい人であるかを見極めるためには、次にご紹介するような特徴に当てはまっているかを考えてみましょう。
次のような特徴にすべて当てはまっているのであれば、フリーランスとして失敗しにくい可能性があるでしょう。

  1. 収入を現在よりもアップしたい
  2. 仕事をしながら高い自由度の生活をしたい
  3. 環境適応力と仕事の柔軟性に自信がある
  4. スケジュール管理と自己管理ができる
  5. 仕事を一人で行うことができる
  6. 納期などの約束が厳守できる

失敗しにくい!6つの特徴を解説

収入を現在よりもアップしたい

収入を現在よりもアップしたいと思っている人は、フリーランスに適しています。

フリーランスの場合は仕事を単価で行いますが、スキルや経験があると単価が高い仕事ができる機会が拡がります。特に、エンジニアの場合は、この傾向が顕著になります。

サラリーマンの場合は、ほとんど決まった金額が毎月給料としてもらえますが、収入が安定している一方、突出して儲けるのは難しいでしょう。

現在の給料に不満があり、さらに儲けたいと考えている場合は、フリーランスに適しているでしょう。

仕事をしながら高い自由度の生活をしたい

会社員時代には行く余裕のなかった海外旅行ができて、フリーランスになって満足しています。

フリーランスのメリットは、会社に拘束されなくて仕事が自分のペースでできることです。

例えば、週に2日間仕事をして5日間休むというように、普通の会社員と逆の生活もできます。

いまよりもプライベートの時間を大切にして、自由度の高い生活をしたいと思っている人は、フリーランスに適しています。

環境適応力と仕事の柔軟性に自信がある

フリーランスの場合は、いろいろなクライアントと仕事をしたり、頻繁に職場も変更になったりします。

当然ですが、一人ひとりのクライアントは全く性格が違っているため、対人関係に戸惑う場合も多くあるでしょう。

また、仕事をするところは、クライアントの事務所以外にカフェなどもあります。

そのため、どのような人でも、どのようなところでも、柔軟に仕事ができる環境適応力が要求されます

エンジニアのフリーランスの場合は、仕事をするところが3ヶ月間あるいは半年間に1回変更になることがあります。

環境が変わることに拒否感のない人はフリーランスとして仕事することができますが、環境が変わることに拒否感のある人はフリーランスに適していないでしょう。

スケジュール管理と自己管理ができる

フリーランスの場合は、スケジュール管理と自己管理が最も大切です。

自己管理ができないために体調を崩して仕事ができなければ、収入がまったく無くなる場合もあります。また、スケジュール管理が悪い場合は、納期を守れなくて、クライアントの信用が無くなります。

仕事を一人で行うことができる

基本的に、フリーランスは非常に孤独で、ひとりで仕事をします。

最近は、フリーランスのためのシェアハウスなどがありますが、近くに相談する相手がいない場合は、仕事をすべて自分で考えて対応する必要があります。

そのため、孤独に耐えることができなければ、厳しくなります。

納期などの約束が厳守できる

安定してフリーランスとして儲けるためには、やはり信頼が大切です。

クライアントから信頼を得ることによって仕事を継続して依頼されるようになると、安定して儲けられるようになります。

しかし、クライアントから提示された納期に遅れると、ほとんど次の契約は期待できません。フリーランスは、納期などの約束が厳守できなければ厳しくなります。

フリーランスに失敗しやすい人とは?

フリーランスに失敗しやすい人

ここでは、フリーランスで失敗しやすい人とは?についてご紹介しましょう。

  1. 交渉力やコミュニケーションスキルがない
  2. 安定した収入が欲しい
  3. 指示がなければ行動しない
  4. 責任感が仕事に対してない
  5. 自己管理ができない

フリーランスに失敗しやすい人の5つのポイント

交渉力やコミュニケーションスキルがない

今月の仕事の依頼ゼロ…。どうしたらいいんだろ
営業電話はやってみたか?待っているだけじゃ仕事は来ないぞ

フリーランスの場合は、仕事を探すために自分で動く必要があります。会社員とは異なり、案件を獲得するためには自分で営業する必要があります。

そのため、交渉力やコミュニケーションスキルがない人は、案件を獲得するのが難しい可能性が高いです。

安定した収入が欲しい

安定した収入が欲しい人は、あまりフリーランスに適していないでしょう。

仕事がない期間が発生することも多くあり、仕事が必ず見つかる保証はありません。フリーランスは自由で楽だ、と思っている人もいるでしょうが、実際には相当厳しいものです。

指示がなければ行動しない

指示を待っている人は、フリーランスは難しいでしょう。

クライアントも非常に忙しいため、指示待ちの人と仕事をすれば、時間を取られるようになります。仕事を教えてまで、フリーランスに仕事を頼むというクライアントはほぼいないでしょう。

仕事のパートナーに継続してなるためには、積極的に行動できるようにする必要があります。

責任感が仕事に対してない

個人でフリーランスは仕事をするため、できたものの品質が直接評価に繋がります。

そのため、頼まれた仕事に責任感がなく、仕事をうやむやに行う人は、フリーランスに適していません。

プロ意識と責任感を持って仕事ができないと、フリーランスとしてやっていけないでしょう。

自己管理ができない

経験するとよく分かると思いますが、フリーランスとして仕事する上で自分が一番の敵になりがちだということです。

他の人の目がないため、やる気がでないし今日は少しくらい休んでもいいだろうと思うことが多くあります。

しかし、クライアントからは、仕事を休みがちな人は評価されづらいですし、一回仕事を休むと癖になります。

上手く自己管理ができないと、フリーランスとして儲けることは困難でしょう。

フリーランスで失敗しやすい人はエージェントに相談する

フリーランス エージェントの活用

会社を辞めてフリーランスになってみたけど、1人でやっていく自信がなくなってきた…
心配ならフリーランス向けのエージェントを活用してみるといいぞ

ご紹介した内容から考えると、自分はフリーランスに適していない、と心配になる人もいるでしょう。

しかし、現在はフリーランスを全面的に支援してくれるエージェントがあるため、フリーランスで失敗するのではと感じた人は気軽にエージェントに相談することをおすすめします。

エージェントに相談するメリット

営業力がなくてもに代わり営業をしてくれるため安心である

フリーランスのためのエージェントは、代わりに営業を行ってくれるシステムがあるため、たとえ営業力が自分に無い場合でも仕事をエージェント経由であれば獲得することができます。

仕事が忙しいために営業ができない場合は利用すると安心でしょう。

次の仕事を案件が終わる前に紹介してくれるため安定した収入が確保できる

先にご紹介したように、仕事が無い期間があれば収入を確保することができなくなります。

しかし、エージェントの場合は、次の仕事を案件が終わる前に紹介してくれるため、仕事が無い期間が生じることなく安定して収入を確保することができます。

いつでもフリーランスの不安や悩みが相談できる

孤独なフリーランスでも、エージェントを使っている場合は違ってきます。
相談にエージェントが乗ってくれるため、いつでもフリーランスの不安や悩みが相談できます。

フリーランスとして、ストレスが溜まる前に、気軽にエージェントに相談するのもいいでしょう。

最後に

フリーランス 失敗 まとめ

まとめ

  1. 失敗しやすいフリーランスのダメな特徴
  2. ⇒楽で自由なものであると考えている
    ⇒知識や仕事のレベルが低い

  3. フリーランスに失敗しにくい人とは?
  4. ⇒環境適応力と仕事の柔軟性に自信がある
    ⇒スケジュール管理と自己管理ができる
    ⇒納期などの約束が厳守できる

  5. フリーランスに失敗しやすい人とは?
  6. ⇒交渉力やコミュニケーションスキルがない
    ⇒責任感が仕事に対してない

  7. 困っているならエージェントを活用する

フリーランスで失敗しやすい人、失敗しにくい人について紹介しました。

会社員とは違ったコミュニケーションスキルや仕事への責任が必要ですが、軌道に乗れば安定した収入と自由な働き方が出来るのがフリーランスの最大の魅力です。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.