エンジニアの転職

あなたはフリーランス向き?フリーランスSEの収入や働き方とは

更新日:

フリーランスSE(システムエンジニア)の収入や働き方

近年、「働き方改革」や「働き方2.0」といった単語を頻繁に聞くようになり、企業が副業を解禁したり、在宅ワークをOKとしたりするところが増えてきたりと、新しい働き方を考える時代が到来しています。

そんな中で、いま注目を集めているのが「フリーランス」という働き方です。

Webデザイナーやライター、マーケッターや編集者など様々な業種の人がフリーランスという働き方を選択していますが、一番よく聞くのがプログラマーという業種ではないでしょうか。

あなたもエンジニアであれば一度は独立を考えたこともあるはず。SE(システムエンジニア)に関しても例外ではなく、独立してフリーランスになっているSEの方もいます。

そこで今回は、「フリーランスSEになりたいけど、なり方がよくわからない」、「実際どのくらい稼げるの?」といった不安や疑問を抱えている人のために、フリーランスのSEについて、年収や業務形態などを徹底解説していきます。

フリーランスとは?

フリーランスとは?

そもそもフリーランスとはなんでしょうか?Wikipediaで調べてみると、

「特定の企業や団体、組織に先住しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主、もしくは個人企業法人である。」

上記のように定義されています。

おそらく皆さんフリーランスについて、「個人で仕事をする人」とか、「企業に属さない人」のことを指していることはなんとなく知っているものの、実際に会社員とどう違うのか、また、個人事業主とフリーランスは同義なのかなどの深い部分の知識はあまりないのではないでしょうか。

ここでは、フリーランスについての理解をまず深めていきます。

フリーランスと個人事業主の違い

まず、フリーランスと個人事業主の違いについてです。一見同じことを指しているようですが、実は若干この二つの単語は定義が違います。

フリーランスは、「企業や団体などに属さずに仕事をする人」の総称のことで、個人事業主は、実は税務上の所得区分の分け方っで「株式会社や合同会社を設立せずに事業を営んでいる人」のことを指しているんだ。
フリーランスの人で事業を法人化していない人は、基本的に全員個人事業主ということだね。
そう。逆にフリーランスの人で自分の事業を法人化すれば、個人事業主ではないってことさ。

フリーランスと個人事業主はほぼ同義ですが、より広い意味でフリーランスが使われていて、個人事業主は税務上の呼び方に過ぎないと言うことが出来ます。

フリーランスSEに将来性はあるのか?

次は「フリーランスSE」には需要があるのか、という問題についてです。

思い切ってフリーランスになろうとはしているものの、あまり仕事が貰えないのでは・・・と不安になりますよね。そんな不安に対して、実際に将来性はあるのか、需要はどうなのかといった問題について見ていきましょう。

企業運営においてITソリューションが欠かせない存在となってきた今の時代、SEの需要は増加する傾向にあるといえます。

IT分野では技術が日進月歩で進化していくため、そんな環境を耐え抜く上でもSEの需要は伸び続けていくことが予想されています。

しかし、現在はその需要に対して圧倒的に供給が追いついていない時代です。

企業としても、少しでも人材を確保していきたい中で、プロジェクトごとに案件ベースで雇うことのできるフリーランスSEというのはとても有用です。

フリーランスとしてのSEの需要も今後伸びていくことでしょう。

フリーランスSEの働き方

フリーランスSEの働き方

フリーランスでSEになるとは言っても、現在SEをやられている方は、「会社員でSEをやるのとどう違うのか想像がつかない」と思う方も多いかと思います。

そこで実際にフリーランスになった場合の働き方についてご紹介します。

フリーランスSEの二通りの働き方

フリーランスのSEの働き方としては、仕事を依頼された企業に直接出勤する「出向型」と、自宅のパソコンで作業する「在宅型」の二つがあります。

 出向型
顧客企業に出勤し、社員に混じって同じように仕事をします。案件の多くは単発なので、1プロジェクト毎に業務委託を結び、契約時に締結した単価を月ごとに支給される給与形態となっています。

 

 在宅型
企業から請け負った仕事を期日までに納品する作業形態で、在宅で仕事をする場合は詳細仕様書を受け取り、それを元に作業をして仕事が完了したら単価分の給与がもらえるという仕組みです。

実際どちらのタイプの方が多いのか?

「でもSEの仕事を自宅でやっているなんてケース聞いたことない」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、SEの場合、フリーランスになるとほとんどの場合が上記の「出向型」になることが多いです。

なぜかというと、近年はセキュリティの問題から自宅に資料やデータを持ち帰って仕事をすることはほぼ不可能に等しく、特に大きい企業であればその傾向は顕著です。

そのため、フリーランスのSEになったからと言って在宅で仕事が出来るようになることはほとんどないでしょう。この点に関してはしっかりと把握しておきましょう。

フリーランスSEのメリット・デメリット

フリーランスSEのメリット・デメリット

次にフリーランスSEのメリットとデメリットについてご紹介していきます

フリーランスになることでどんなメリット、デメリットが存在するのでしょうか。それぞれ3つ挙げてみました。

メリット


  1. 年収のUPが期待出来る
    まず、1つ目は年収のUPが期待出来るということです。
    これまでは会社員として会社に属していたため、案件こなしても会社に取られる分があったはずですが、フリーの場合は報酬が全部自分に入ってきます。
  2. 人間関係のストレスが減る
    2つ目は、人間関係のストレスが減るということです。
    対人関係が全くゼロになるということはありませんが、チームで仕事をするというよりは、自分ひとりがチームの役割を持って仕事をするので、しっかりこなせていれば面倒な人間関係もありません。
  3. 納期さえ守れば、自由であることが多い
    フリーランスである以上、時間配分や休暇などすべてが「自由」です。
    フリーといえど、出向であることがほとんどなので、勤務時間などは合わせなくてはいけませんが、正社員ではないため休暇や作業時間を自由に調整しやすくなります。
    また、一年すべて働かなくてもいいので、この月は働かないけど、この月は働くといったこともできます。こちらはフリーランスのもっとも強みとなるメリットではないでしょうか。

デメリット


  1. 収入が安定しない可能性がある
    まずは、一つ目のメリットと裏返しになりますが、収入が安定しない可能性があります。
    これまでは会社という組織が仕事をとってきてくれていたので、仕事がなくなるという状態になることはなかったと思いますが、フリーで仕事をする場合、自分で仕事が取れないと路頭に迷う可能性もあることは頭に入れておきましょう。
  2. 自己管理ができないと仕事ができない
    これは、フリーランスすべてに共通して言えることですが、自己管理ができなければ仕事ができないということです。
    取引先から信用を得るためには、いい仕事をする必要があります。
    企業に属していないので、周りの人はあなたをマネジメントしてくれるわけではありませんし、たとえばあまりいいSEではないと判断された場合には簡単に仕事を切られることもあります。
    そういう意味でも自分自身で自己管理ができないとフリーランスは厳しいです。
  3. 責任は全部自分で取るしかない
    3つ目は一番大事なことかもしれません。
    会社に属していないことの1番のデメリットとしては、あなた自身が守られていないことです。
    仕事がなくなろうと、何があろうとあなたの責任はあなた自身が取るしかありません。
    フリーランスである以上、ここはしっかりと自覚を持っていることが大切です。

フリーランスSEになるために

フリーランスSEになるために

では、フリーランスSEになるためにはどんなことが必要なのでしょうか。

今SEとして仕事をしている方は、特にここが一番知りたい情報かと思います。これからフリーランスのSEになろうとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

会社を経験してからの独立が多い

まずフリーランスのSEとして独立するためには、SEとして一通りの業務経験が必要です。

得意とするプログラミング言語を習得したり、要件定義やシステム設計、結合テストやメンテナンスなど「SEとして一人前に業務をこなせるようになった!」と思った人が独立していくケースが多いようです。

個人差はありますが、少なくとも2〜3年は経験が必要であると言えるでしょう。

平均年収や年齢など

続いてフリーランスSEの平均年収や年齢などについてです。

年収の幅としては大体、600万〜1000万くらいが妥当な年収かと思われます。

フリーランスである以上、腕がものを言う世界であることは間違いありません。そのため、人によってはフリーでもPMなどのマネジメント部分を任されることもありますし、PGのような技術職メインの方もいるかと思います。

しかし、まちがいないことは、「仕事が取れさえすれば、会社員よりは稼げる可能性はある」ということです。どうせフリーになるのであれば、収入もより上を目指していきましょう。

年齢に関しては、正直なところ人それぞれなのであまり一概にはいえませんが、やはり独立するにはそれなりの技術が必要です。若くして独立を考えているのであれば、常にキャリアアップを考えて仕事をして行くことが重要であると言えます。

フリーランスSEになるための手続きやツール

フリーランスSEになるための手続きやツール

フリーランスSEになる前にやっておくべき、手続きやツールについて学んでいきましょう。

法的手続き

会社を退職してフリーランスになろうとしている方は、まず退職に関する手続きを行い、その後開業届けを出す必要があります。

法的手続き

国民変更保険への変更手続き

国民年金への変更手続き

地方自治体に「個人事業開始等申告書」を提出

税務署に「個人事業の開業届・廃業届」を提出

税務署に「所得税の青色申告承認申請手続き」を提出

揃えておきたいモノ

  •  屋号
  • 印鑑
  • 名刺
  • メールアドレス
  • ホームページ
  • 確定申告用ツール
  • 口座

フリーランスSEが必ず忘れてはいけない2つのこと

フリーランスのSEが仕事をする上で、必ず忘れてはいけない2つのこととして、以下の2つがあります。

必ず!

業務委託書には必ず実印を押すこと

企業から仕事を請け負う際には、必ず「業務委託契約書」や「個人情報保護に関する契約書」等を取り交わしますが、それらの書類には「実印」を押印します。押印がないと何かあった時に証拠として何も出すことが出来ないので、必ず忘れないようにしましょう。

必ず!

確定申告をすると還付金が返ってくること

2つ目に確定申告を忘れないことです。

なぜそんなに確定申告が大事かというと、フリーランスが確定申告をすると実際の所得税額から余分に引かれていたお金が返ってくる可能性があるのです。

フリーランスが仕事をしてお金をもらうと源泉徴収票をもらいます。この源泉徴収で取られた所得税が確定申告の際に返ってくることがあるので、確定申告を忘れないようにしてください。

フリーランスSEの仕事の探し方

フリーランスSEの仕事の探し方

最後にフリーランスSEがいかにして仕事を探すかについてです。

フリーランスである以上前述したように仕事を自分で貰わなければなりません。そのため、ここではフリーランスとして仕事を探す際のオススメのサイトなどをご紹介していきます。

出向型はエージェントで探す

出向型の案件を探す時は、エージェントを介して探しましょう。

なかなか個人で高単価な案件をとってくるのは正直難しいと思います。しかし、エージェントを使うことで意外と簡単に仕事を紹介して貰えたりします。

出向型を探すのであれば、エージェントを介して仕事を探すことをオススメします。エージェントを介して仕事をするのであれば、レバテックフリーランスが一番オススメです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは1番オススメしたいサイトです。高単価な案件も常に扱っていて、その保有案件数は国内トップクラスですし、フリーランスとして働く人に対するフォローも充実しているため、初めてフリーランスになる人にとっては心強い味方になってくれるはずです。



在宅型はクラウドソーシングで探す

先ほども述べたように、SEとして在宅で取れる仕事というのは、ほとんどありませんが、たまにクラウドソーシングサイトに案件が上がっていることがあるので、こまめにチェックしておきましょう。クラウドソーシングサイトで探すなら主に以下の2社をチェックしておけば十分です。

Lancers(ランサーズ)

Crowdworks(クラウドワークス)

在宅で仕事をしたい方は、少ない案件を常に狙ってこまめに応募してみることをオススメしています。

友人や上司の人脈を使う

実はフリーランスのエンジニアの方の仕事のもらい方で一番多いのがこの方法です。

もちろん上記のサイトなどで探してみるのもいいのですが、結局は人との繋がりが一番手取り早いですし、何より信頼感があります。

フリーランスとして仕事をするのであれば、常に人との繋がりを大切にして、仕事を獲得するためのアンテナを張って、案件を積極的に取りに行きましょう。

まとめ

フリーランスSEのまとめ

いかがだったでしょうか。今回はフリーランスSEになりたい方に向けて、その給与や、働き方などを主に紹介してきました。

もし、今現在SEをやっていて独立を考えている人はぜひ本記事を参考にして、フリーランスSEとしてキャリアアップを狙ってみてください。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.