キャリアカーバーの評判は?年収アップ転職を成功させるコツ6つ

キャリアカーバーの評判は?年収アップ転職を成功させるコツ6つ

この記事で解決できる悩み

  • キャリアカーバーってどんなサービス?
  • キャリアカーバーは普通の転職エージェントとは違うの?
  • キャリアカーバーの利用のコツを知りたい

この記事では、ハイクラス向け転職サービスのキャリアカーバー(CAREER CARVER)について解説します。

他の転職エージェントとの違いや、メリットとデメリット、利用のコツを詳しく説明していますので、ぜひ利用の際の参考にしてみてください。

キャリアカーバーを利用してハイクラス転職を成功させましょう。

キャリアカーバーとは?

キャリアカーバー (CAREER CARVER)とは、国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サービスです。

キャリアカーバーはいわゆる転職エージェントとは違い、ヘッドハンティング型の転職サービスであるのが大きな特徴といえます。

キャリアカーバーの仕組みは非常にシンプルで、自分のレジュメを公開したら、あとはヘッドハンターからのスカウトを待つだけです。

求人検索から非公開求人をチェックできるようになり、応募も可能なので、自分のペースで転職活動を進めることもできますよ。

他のスカウト型の転職サービスとの比較

キャリアカーバー と同じヘッドハンティング型の転職サイトで有名なのが「ビズリーチ」です。

キャリアカーバーとビズリーチの違いは以下の通りです。

キャリアカーバー
ビズリーチ
公開求人数約6万約12万
求人の特徴大手企業の求人・グローバル人材募集が多数大手企業・ベンチャー企業の求人が多数
ヘッドハンターの数2200名以上一部有料(2,980~4,980円/月)
利用料金完全無料一部有料(2,980~4,980円/月)
ヘッドハンターの質リクルートが管理しているためヘッドハンターの質が高い
元リクルートの中小や大手エージェントのコンサルタントが多い
大手外資エージェントのトップコンサルタントや中小・個人で動いているヘッドハンターまで幅広く質もまばら
公式サイト キャリアカーバー ビズリーチ

ヘッドハンターの数や公開求人数では、キャリアカーバーよりも運営期間の長いビズリーチの方が勝っています。

しかし、ビズリーチでは非公開求人に応募したり、ヘッドハンターに相談するには有料会員にならなければいけません。

それに対し、キャリアカーバーのサービスは全てが無料です。

非公開求人への応募やヘッドハンターへの相談にも料金はかかりませんので、「気軽に登録、相談したい」「無料で充実したサポートを受けたい」という人にはキャリアカーバーの利用がおすすめです。

また、ビズリーチでは海外勤務の求人の比重はあまり大きくありませんが、キャリアカーバーでは欧米・東南アジア・中国など、グローバルな求人募集も多く保有しています。

一ノ瀬セナ
海外での活躍を希望している人は、ぜひキャリアカーバーに登録してみましょう。

紹介求人例

紹介求人例

キャリアカーバー は主に、経営幹部や管理部長、マネージャーなどの管理職の求人紹介が中心です。

営業・エンジニアの場合も、マネージャーなどの管理職が求人のほとんどを占めています。業界は多岐にわたり、大手企業や海外勤務の求人も多数掲載されているのが特徴です。

年収ベースでは800万~2000万のハイキャリア求人を豊富に取り揃えていますよ。

キャリアカーバーを利用するメリット4つ

キャリアカーバー を利用するメリット4つを紹介します。

キャリアカーバーを利用するメリット4つ


  • 会員登録すればスカウトを待てばよい
  • 担当のヘッドハンターを自分で選べる
  • 年収アップが期待できる
  • 転職成功でお祝いキャンペーンがもらえる

ひとつずつ見ていきましょう。

メリット1:会員登録すればスカウトを待てばよい

ひとつ目のメリットは、会員登録すればスカウトを待てばよい点です。

キャリアカーバー はヘッドハンティング型の転職サービスです。

キャリアカーバーに登録すると、ヘッドハンターがあなたのレジュメをチェックし、希望や条件に合った求人だけを紹介してくれます。

登録さえしてしまえば、後はスカウトを待つだけなので、在職中で忙しい人でも効率的に転職活動を進められます

また、一般的な転職エージェントのように自分から応募する手間や、コンサルタントに「もう少し希望年収を下げてみましょう」「少し条件を広げてみましょう」と言われ、希望に沿わない求人を紹介される心配もありません。

無駄な労力や時間をかけずに転職活動ができるのです。

メリット2:担当のヘッドハンターを自分で選べる

2つ目のメリットは、担当のヘッドハンターを自分で選べる点です。

一般的な転職エージェントでは、最初から担当のコンサルタントが決められています。

そのため、新米のコンサルタントや実力のないコンサルタント、相性が合わないコンサルタントに当たった場合は充分なサポートが受けられない場合があります。

それに対し キャリアカーバー では、2000人以上のヘッドハンターの中から自分で担当者を選べます

全ヘッドハンターのプロフィールを閲覧できるので、同業界出身の方や年齢が近い人、雰囲気や業界経験年数など、自分の希望に合ったヘッドハンターを選んで担当してもらえますよ。

検索以外にも、レジュメを登録していれば各ヘッドハンターからメッセージが来ますので、連絡が来たヘッドハンターの中から気になった方に相談してみるのもおすすめです。

メリット3:年収アップが期待できる

3つ目のメリットは、年収アップが期待できる点です。

なぜなら、 キャリアカーバー では高年収の案件を多く取り扱っているので、キャリアアップが期待できるからです。

キャリアカーバーでは、他の転職エージェントのように求人検索機能を使うこともできますので、条件に合う求人があるか積極的に探してみましょう。 

一ノ瀬セナ
たとえば、「年収1000万以上」という条件で求人検索をかけると、3000件以上の案件がヒットしますよ。

ただし、キャリアカーバーの求人は各ヘッドハンターが保有しているハイキャリア案件のみのため、通常の転職エージェントと違い、限定的なポジションの求人で、かつ採用枠も1名のみの場合が多いです。

掲載期間が非常に短い傾向にあるので、もし気になる求人があれば、すぐにヘッドハンターに連絡しましょう。

メリット4:転職成功でお祝いキャンペーンがもらえる

4つ目のメリットは、転職成功でお祝いキャンペーンがもらえる点です。

キャリアカーバー を通じて転職に成功した人にアンケートを行っており、それに回答するとAmazonギフト券がお祝いとしてもらえます。

完全無料で利用できるうえに、ハイキャリア転職も叶い、そのうえでお祝いも受け取れる、こういった気配りもキャリアカーバーが支持される理由のひとつでしょう。

キャリアカーバーを利用するデメリット3つ

ハイキャリア転職サービスとして評判の キャリアカーバー ですが、実際に利用するうえでデメリットもあります。

キャリアカーバーを利用するデメリット3つ


  • 年収が低いとスカウトされにくい
  • 紹介される求人が担当のヘッドハンターに依存する
  • 転職活動に時間がかかる

ひとつずつ解説していきます。

デメリット1:年収が低いとスカウトされにくい

ひとつ目のデメリットは、年収が低いとスカウトされにくいことです。

キャリアカーバー に登録したとしても、現在の年収が600万円以上でないとスカウトが届かず、転職できない可能性があります。

キャリアカーバーで取り扱う求人はいずれもハイクラス案件ばかりで、求められているスキルやポジションもエグゼクティブなものがほとんどです。

現在の年収が600万円に満たない場合は「求められるスキルを満たしていない・即戦力としてはキャリア不足」と判断されてしまい、スカウトされにくくなってしまうのです。

デメリット2:紹介される求人が担当のヘッドハンターに依存する

2つ目のデメリットは、紹介される求人が担当のヘッドハンターに依存することです。

なぜなら、非公開求人が多いので、情報の収集がヘッドハンター依存しがちだからです。

キャリアカーバー には優秀なヘッドハンターが多数在籍していますが、彼らも売上をあげなければいけない立場であるので、全員が包み隠さず全ての企業情報を共有してくれるとは限りません

ヘッドハンターの優秀さに依存してしまうのではなく、自分でも求人検索をしたり、転職会議などの企業の口コミや評判を知ることができるサービスを利用したりして、自分でも情報を収集する姿勢を持ちましょう。

デメリット3:転職活動に時間がかかる

3つ目のデメリットは、転職活動に時間がかかることです。

なぜなら、 キャリアカーバー ヘッドハンティング型の転職サービスだからです。

基本的に「自分のキャリアや条件を公開して、ヘッドハンターからのスカウトを待つ」という転職活動のスタイルになりますので、短期間での転職活動には向いていません。

一ノ瀬セナ
「すぐに求人紹介してほしい」「スピーディーに転職活動がしたい」という人はJACリクルートメントやリクルートエージェントなどの転職エージェントの利用がおすすめですよ。

キャリアカーバーの評判

実際に キャリアカーバー を利用した人の評判や口コミをご紹介します。

キャリアカーバーの良い評判


  • 質の良い求人が多数ある
  • サービスが丁寧

キャリアカーバーの悪い評判


  • 求められるスキルが高すぎる

それぞれ見ていきましょう。

質の良い求人が多数ある

良質なスカウトメールから悩んでいた転職を決意しました


  • hnb さん 男性 30代後半

しっかりと時間をかけたヒアリング、転職に関する幅広い情報、まるで我が事のように私のキャリア形成について熱く語ってくださいました。

そして、私の希望を把握した上で年収アップとキャリアアップ双方を叶えることが出来る求人を紹介してくれました。


サービスが丁寧

ハイキャリアにはとってもいいサイト


  • もんちっち さん 男性 40代前半

結局求めている人、求められている人の両方が合致するまでがサイトの仕事なので、その後やその間のことはあまり重要視されていないしそういった場を用意していません。

でもキャリアカーバーはその後も重要でヘッドハンターから連絡があった際も、給料面や休み、勤務地などかなり詳しく話してくれます。

ヘッドハンターから40歳を超えての転職に自信をもらいました


  • こめぱん さん 男性 40代前半

キャリアカーバーのヘッドハンターは評判も良く、ハイキャリアで転職をしようと考えている人にとっては外せない転職サイトだと思います。

キャリアカーバー に関する良い口コミは、質の良い求人と優秀なヘッドハンターの評判についての意見が多数を占めていました。

ハイキャリア向けの転職サービスであるキャリアカーバーには、高収入・好条件などの、質の良い求人情報が多数あります。

また、キャリアカーバーはリクルートが運営しているため、大手ならではの転職ノウハウや手厚いサポートを受けられるのも大きな魅力です。

ハイキャリアでの転職となると、提示される年収やポジションに伴って要求されるスキルもあがり、転職活動においてもより一層のプレッシャーがかかります。

一ノ瀬セナ
優秀なヘッドハンターが求人情報を多数提供してくれるだけでなく、細やかな気配りや情報共有などの支援を得られますよ。
優秀なヘッドハンターのおかげで安心して転職活動に臨めるんだね。
はじめ君

求められるスキルが高すぎる

エグゼクティブというだけあり年収アップを目指す人には効率的


  • QP さん 男性 30代前半

求人情報はリクナビNEXTやDODAなどに比べるとめちゃくちゃ少ないです。

でも出ている求人はすべてが高収入の仕事ばかり。年収1000万とかザラですね。

でも求めている人物像の理想が高く、自分には到底無理でした。自分が出来ることは単純に売ることだけです。

キャリアカーバーではそれだけではダメなんですね。求めている能力が高すぎる。

敷居が高そうなエグゼクティブ限定の転職サイトだが…


  • アズマ さん 男性 30代前半

口コミ人気が高く、優良求人が多いということでキャリアカーバーに登録しました。

蓋を開けてみたらやはり一般非公開の求人が多く、その内容(主に年収)をみると感嘆の声を上げてしまいそうですが、その分求職者に求められるレベルも高いです。

キャリアカーバー はハイキャリア・エグゼクティブ転職に特化した転職サービスのため、求められる人物像や要求されるスキルもどうしても高くなります

「現在の年収はそこまで高くないけれど、キャリアアップがしたい」という人はキャリアカーバーと、ハイクラス向けの転職エージェントなどを併用するのがおすすめです。

キャリアカーバーの利用に向いている人

これまでの解説をふまえて、 キャリアカーバー がどのような人に向いているのか解説します。

キャリアカーバーの利用に向いている人


  • ハイキャリア求人を長期的に探している
  • 無料で質の良い求人、サービスを受けたい
  • 優秀なヘッドハンターの支援を受けてキャリアアップ転職を成功させたい

キャリアカーバーには、質の良い求人と優秀なヘッドハンターが揃っています。

「年収600万円を超えており、今すぐにではないが、良い求人があればヘッドハンターのサポートを受けてキャリアアップ転職したい」という方におすすめです。

キャリアカーバーの登録方法

キャリアカーバー の登録の流れを紹介します。

ヘッドハンターの判断材料はこの登録情報だけなので、登録の際はしっかりと自分の魅力をアピールしましょう。

キャリアカーバーの登録方法


  • step1.無料会員登録
  • step2.登録情報の入力
  • step3.レジュメ登録
  • step4.スカウトを待つ

ひとつずつ解説していきますね。

step1.無料会員登録

まずは キャリアカーバー 公式サイトから無料会員登録を行います。

登録は「メールアドレス」と「Facebook」の2種類がありますので、自分の登録しやすい方法を選びましょう。

step2.登録情報の入力

続いて、登録情報を入力します。入力するのは以下の6項目です。

登録の情報の入力項目


  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 都道府県
  • 直近の年収
  • 直近の業種・職種

ひとつ注意点が必要なのは、「直近の年収」の項目です。

ここで入力する年収は「手取り額」ではなく「税引き前の額面」です。

税引き前と手取り額では金額に少なからず差がありますので、源泉徴収票の総支給額を確認して記入するようにしてください。

step3.レジュメ登録

登録情報の入力が完了したら、次にレジュメ登録を行います。

入力するのは以下の6項目です。

レジュメ登録


  • 学歴(学校種別・学校名など)
  • 英語レベル
  • 連絡先(電話番号)
  • 経験社数
  • 直近の職務経歴(企業名・在籍期間など)
  • 保有資格
  • 希望条件

「英語レベル」はTOEICのスコアが700点以上であれば「ビジネス英会話」を選択して問題ありません。

TOEICのスコアや目安については以下の記事でも紹介していますので、参考にしてくださいね。

レジュメ登録で一番注意してほしいのは以下の2点です。

レジュメ登録の注意2つ


  • 直近の業種・職種は可能な限り5つ記入する
  • 職務内容はしっかりと書く

冒頭でも言及しましたが、基本的にハイキャリア向け求人は、これまでの経験を活かすことが前提となっており、未経験者は対象外であるケースがほとんどです。

そのため、ヘッドハンターは応募者検索の際に、職種や業種で検索をかけます。

少しでもヘッドハンターの目に止まるよう、経験した業種・職種は可能な限り書きましょう

職務内容についても、実際の企業に提出するものではありませんが、ヘッドハンターはこの登録情報のみをたよりにあなたの経歴や魅力を判断することになります。

一ノ瀬セナ
限られた情報のなかであなたの強みやスキルがしっかりと伝わるように、詳細にしっかりと記入しましょう。

step4.スカウトを待つ

登録が完了すると、ヘッドハンターからのスカウトが届くようになります。

さらに詳しい内容を登録することで、よりスカウトが届きやすくなりますので、希望する場合は「レジュメ登録を続ける」をクリックして情報の追加を行いましょう。

キャリアカーバーを活用するときのコツ6つ

ハイクラス転職でトップクラスの実績を誇る キャリアカーバー ですが、最大限活用するためのコツを6つ紹介します。

キャリアカーバーを活用するときのコツ6つ


  • 現在の仕事をしながら転職活動をする
  • 他の転職サービスと併用する
  • 自分の強みを整理しておく
  • 経歴やスキルを正確に伝える
  • 推薦文を確認する
  • 転職する意思をアピールする

ひとつずつ解説していきます。

コツ1:現在の仕事をしながら転職活動をする

ひとつ目のコツは、現在の仕事をしながら転職活動をすることです。

先述のとおり、 キャリアカーバー はヘッドハンティング型の転職サービスです。

基本的にヘッドハンターからのスカウトを待つ形になるため、転職サイトや転職エージェントの利用に比べて転職活動に時間がかかります

次の転職先が決まる前に退職してしまうと、収入がない期間が続くため、焦ってしまい本来の希望とは違う転職をしてしまうケースが多くなるからです。

ゆとりを持って転職活動を行うために、在職中に転職活動を始めるようにしましょう。

在職中に転職活動する注意点


  • 在職中は面接日と仕事が重なり、面接に行けなくなってしまう危険性があるので注意してください。

一ノ瀬セナ
対策として面接が決まった時点ですぐに有給休暇を取っておきましょう。
仕事と転職活動のバランスを上手く取らないといけないね。
はじめ君

コツ2:他の転職サービスと併用する

2つ目のコツは、他の転職サービスと併用することです。

キャリアカーバー 優秀なヘッドハンターのサポートを受け、ハイクラス転職を成功させると評判の転職サービスです。

しかし、「年収が低いとスカウトがこない」「スピード感のある転職は難しい」といった注意点もあります。

そういったデメリットを補うために、キャリアカーバー以外にもいくつかの転職サービスの併用をおすすめします。

ただし、複数の転職サービスから同じ案件へ応募してしまうと、企業・担当アドバイザー双方に不信感を与えかねません。

一ノ瀬セナ
重複応募はしないように注意してくださいね。

具体的なキャリアカーバーとの併用におすすめの転職サービスについては、後で詳しく紹介します。

コツ3:自分の強みを整理しておく

自分の強みを整理しておくのもコツです。

なぜなら、ハイキャリアの転職においては「即戦力」を求められるからです。

経験やスキル、役割など、転職先の企業がどのような「人材」を求めているのか、何を期待されているのか、しっかりと把握しておかなければなりません。

相手側の求めているものを把握できていないと、それに合わせたアピールができないですよね。

しっかりと自己PRできるように、ヘッドハンターに相談して、企業のニーズを的確に掴むようにしましょう。

コツ4:経歴やスキルを正確に伝える

4つ目のコツは、経歴やスキルを正確に伝えることです。

キャリアカーバー ではあなたの登録情報を判断してヘッドハンターからスカウトが来ます。

経歴やスキルでヘッドハンターの目に止まるように、レジュメはしっかりと記入しアピールしましょう。

このとき重要なのは、「決して嘘はつかないこと」です。

登録情報やヘッドハンターとのやり取りは全てデータとして記録が残ります。

その内容に虚偽が見つかった場合、サービスを利用できなくなったり、採用取り消しになる場合もあります。

一ノ瀬セナ
嘘のない範囲で自分の経歴やスキルを魅力的に伝えるように努力しましょう。

コツ5:推薦文を確認する

次のコツは、推薦文を確認することです。

応募の際、担当コンサルタント・ヘッドハンターは、あなたを紹介する推薦文を100~1000文字程度で書きます。

しかし、あまり優秀ではないコンサルタントの場合、あなたの経歴をただ写しただけのような推薦文をかくなどのケースも存在します。

キャリアカーバー は優秀なヘッドハンターが在籍していることで評判ですが、念のため「面接時に相違があるといけないですし、自分を客観的に見つめるためにも書いていただいた推薦文を送っていただけませんか?」と確認するようにしましょう。

コツ6:転職する意思をアピールする

最後のコツは、転職する意思をアピールすることです。

なぜなら、ヘッドハンターも会社や自分の利益を守るために、転職の意思が強い人を優先してスカウトを行うからです。

たとえ、実際はそこまで転職を急いでいなくても、転職する熱意があるかどうかでヘッドハンターの本気度も変わります。

「この人は転職に意欲的だな」と判断してもらえるように、転職希望時期は3ヶ月以内に設定しておきましょう。

キャリアカーバーとの併用におすすめの転職サービス

キャリアカーバー との併用におすすめの転職サービスを4つ紹介します。

キャリアカーバーとの併用におすすめの転職エージェント4社


転職サービスは併用することで、より良い転職先を見つけやすくなります。

自分のキャリアに自信があるならビズリーチ、少し不安があるなら求人数の多い大手リクルートエージェントなど使い分けつつ併用してみましょう。

キャリアカーバーに関するQ&A

キャリアカーバーについてよくある質問とその回答をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

Q1:会員登録に審査はありますか?

A. キャリアカーバー 登録に審査はありません

どなたでもご利用いただけますよ。(現在の年収が高くない場合でも登録は可能ですが、スカウトの可能性は少なくなってしまいます)

Q2:いまの会社にバレることはない?

A.キャリアカーバーは登録の際に個人情報とレジュメを登録する必要があります。

しかし、それらの情報は全て匿名で取り扱われるため、現在お勤めの企業にバレることはありません。

Q3:一求入魂スカウトって何?

A.キャリアカーバーでは通常のスカウトとは別に「一求入魂スカウト」というものがあります。

一球入魂スカウトとは、ヘッドハンターが求める「限られた会員」のみに送信される特別なスカウトです。

面接が確約されているわけではありませんが、あなたの市場価値が高く、ヘッドハンターの本気度が高いという証明です。

一球入魂スカウトが届いたらぜひ連絡をとってみましょう。

Q4:キャリアカーバーとリクルートエージェントの違いは?

キャリアカーバーとリクルートエージェントはどちらも同じリクルートグループのサービスですが以下のような違いがあります。

あなたのキャリアや転職活動の方針によって使い分けることで、転職活動を効率よく進められますよ。

キャリアカーバー
リクルートエージェント
サービス方法ヘッドハンティング型転職サービス転職エージェント
転職活動の流れレジュメ登録後、ヘッドハンターが仕事を探してきてくれるアドバイザーとの面談を行い、転職先を紹介してもらう
転職までの時間スカウトを待つスタイルなので時間がかかるアドバイザーのサポートを受けてスピーディーに応募ができる
サポート企業の情報や条件を詳しく教えてくれる履歴書の書き方や面接対策などもサポートしてくれる
制限年収600万円以上でないとスカウトの可能性は低い年収や年齢に応じた求人を紹介してもらえる

【キャリアカーバーの評判】まとめ

【キャリアカーバーの評判】まとめ


  • キャリアカーバーはハイクラス向けの転職サービス
  • 優秀なヘッドハンターが多数在籍しており、親切な対応が評判
  • ヘッドハンティング型の転職サービスのため、急ぎの転職には向かない

いかがでしたか?

キャリアカーバー ハイクラス向けの転職サービスで、質の良い求人と優秀なヘッドハンターが揃っていることで高い評価を得ています。

ただし、年収600万円以下の場合はスカウトを受けにくくなる・スカウトを待つスタイルのため急ぎの転職には向かないなどの問題もあるので注意が必要です。

自分のキャリアや転職スタイルに合わせて、キャリアカーバーを利用しつつ、いくつかの転職サービスを併用することで転職活動をスムーズに進めることができます

キャリアカーバーの特性を上手く活用してハイクラス転職を実現させましょう。

-サイト・エージェント
-

Copyright© 転職index , 2020 All Rights Reserved.