万全な準備で転職面接を受けたい!本番までに備えるべき6つのこと

転職 面接 準備

この記事で解決できる悩み

  • 転職の面接までにどんなものを準備すればいいの?
  • 面接の準備をするときの注意点が知りたい
  • 万全の体制で面接に臨みたい!

といった悩みを解決できる記事になっています。

転職したことがない場合、面接で何を準備すればいいのか悩みますよね。

この記事で解説する「転職の面接までに準備すべきこと」を理解すれば、はじめての転職でも面接までに何をすべきかわかります

なぜなら、私もこの方法で、面接に必要なものをそろえて、万全の体制で面接に臨みたいという悩みを解決できたからです。

それでは、以下で「転職面接で準備すべきこと4つ」について紹介します。

【前提】転職面接で準備が必要な理由

転職面接で準備が必要な理由は、準備不足で面接に臨むと、緊張してうまく話せないだけではなく、面接官に悪い印象を与えてしまう可能性があるからです。

しかし、前もって準備をしておけば、予想外の事態が起きる可能性が少なくなり、面接官の質問にもハキハキと答えられ、良い印象を与えられます。

自信を持って面接を受けるためには準備が必要です!

転職面接の準備には十分な時間をとること

転職面接の準備には、十分な時間を確保しましょう。なぜなら、不備なく面接に臨むためには、面接の練習や必要物の準備のための時間が要るからです。

抜けもれを防ぐためにも、準備には丸1日かけるくらい時間に余裕を持たせましょう

必要なものが自宅になければ買いそろえる必要が生じるなど、すぐに手に入らない場合もあるからです。

仕事の引き継ぎが大変で全然準備が進みません…

毎日少しでもいいので、早めに面接の準備を進めるといいですよ。

準備時間が足りないときの対策

面接の準備が万全ではない場合

最低限、志望動機・自己PR・応募先企業のホームページを確認する。

どうしても準備時間が足りないときは、面接までの移動中に必ず応募先のホームページを確認しましょう。

ホームページでは、事業内容や事業方針、商品・サービスの内容を確認しましょう。

そうすれば、面接で応募先企業の社風に応じた自己アピールがしやすくなります。

準備不足の自分を取り繕うために嘘を並べると、面接でバレたり、採用後に自分の首を絞めてしまうので注意!

また、福利厚生や退職に関する内容など、自分に都合のいいことを聞きすぎるのもマイナスポイントになるので要注意です。

転職面接日までに確認しておきたい準備4つ

ここまで、転職面接に向けて、時間に余裕を持って準備することの大切さを解説しました。

それでは、面接までに何を準備すればいいのか見ていきましょう。

転職面接日までに確認しておきたい準備4つ


準備1:持ち物の確認をしよう
準備2:服装の準備をしよう
準備3:会場までのルートを確認しよう
準備4:質問の答えを用意しよう

どれかひとつでも忘れてしまうと、動揺して面接どころではなくなる可能性もあるのでしっかり準備してくださいね。

準備1:持ち物の確認をしよう

ひとつ目は、持ち物を確認することです。

なぜなら、持ち物を準備していないと、面接日に忘れ物をして面接に支障をきたしたり、慌てて平常でいられなくなったりするからです。

たとえば、エントリーシートや身分証明書を忘れると、面接会場に入れない可能性もあるので、自宅に取りに戻らなくてはいけません。

そうなると面接に遅刻してしまいますよね。また、印鑑やスマホなど、あったほうがいいものでも忘れると精神的に焦ります。

そのような事態に陥らないためにも、以下の表を参考にして、事前に持ち物を用意しておきましょう。

必ず持つべき物あると便利な物
応募に必要な書類
(履歴書、職務経歴書など)
折りたたみ傘
メモ帳
印鑑口臭ケアアイテム
携帯電話携帯電話充電器
現金、交通ICカード体調に合わせた薬
腕時計(女性の場合)ストッキングの予備

準備2:服装の準備をしよう

服装の準備も大切です。

面接はスーツで受けるのが一般的ですが、会社によっては私服で面接を受けるところもある

スーツを持っていない人は早めに購入しておきましょう。

また、あまりにカジュアル・派手な服しか持っていない人は、たとえ私服での面接であっても問題があるので、落ち着いた服を用意したほうがいいです。

前もって面接時はどんな服装で行けばいいのかを必ず確認してください。具体的な服装については、以下の記事が参考になりますよ。

転職面接の服装についての記事をチェック

準備3:面接の流れを把握しよう

3つ目に準備すべきなのは、面接の流れを把握することです。

なぜなら、大まかな流れがわかっていれば、本番の面接で緊張しにくいからです。

実際に、多くの面接は以下の手順で行われるので、頭の中でシミュレーションして、どう行動したり話したりするかをイメージしておきましょう

具体的な流れについては、以下を参考にしてください。

面接の流れ


  1. 面接の受付
  2. 入室・着席
  3. 自己紹介・職歴についての質問
  4. 転職をする理由
  5. 志望動機の質問
  6. 入社してからどうしたいかの質問
  7. 会社の条件についての質問
  8. 面接官への逆質問
  9. 面接終了・退室

時間に余裕があるなら、面接の受付から退室まで、自宅で実演して身体に刷り込ませるのもおすすめですよ。

家族や友人など、誰かに手伝ってもらえる場合は、模擬面接を実施するとベストです。

準備4:質問の答えを用意しよう

4つ目は、質問の答えを用意することです。

その理由は、聞かれる内容は業種や職種によって異なるものの、よく聞かれる質問があるからです。

頻出の質問の答えだけでも用意しておけば、想定の範囲が広がるので、落ち着いて受け答えしやすくなります。

とくに転職面接では「職務経歴や仕事で身につけたスキル」や「転職の動機」といった、新卒採用にない質問に備えるのが重要です。

結局、面接官は転職者からどんなことを聞きたいんですか?

面接官が転職者に期待しているのは、前職での知識や経験など、新卒採用にはない能力です。
そこをうまくアピールできれば採用の確率がぐっと上がりますよ。

ギークスジョブについての記事をチェック

面接本番までに確認しておきたい準備2つ

どんなに準備万端で面接会場にたどり着いても、会場に着いた途端に気が緩んでしまうと失敗してしまいます。

せっかくの準備が水の泡にならないよう、以下の心構えを忘れないでください。

面接本番までに確認しておきたい準備2つ


準備1:姿勢や挨拶を意識しよう
準備2:身だしなみをチェックしよう

それぞれの準備内容について、以下で詳しく見ていきましょう。

準備1:姿勢や挨拶を意識しよう

ひとつ目は、意識して姿勢を正したり、積極的に挨拶することです。

その理由は、姿勢が悪かったり挨拶を忘れていると、面接先企業の人にあまり良い印象を与えられないからです。

具体的には、背筋を伸ばして姿勢よく座って(立って)待ち、企業の人に会ったら大きな声で元気よく自分から挨拶しましょう。

胸を張ってにこやかに挨拶をされれば、誰でも気分が良くなります。

採用されれば一緒に働く仲間になるわけですから、面接のときから人間関係を築くといいですよ。

準備2:身だしなみをチェックしよう

2つ目は、身だしなみの確認です。

だらしない格好をしていると、清潔感のない人という悪い印象を与えてしまいます

そのため、面接会場となる会社に入るまでに、汗をかいていたらハンカチでふいたり、出ているシャツを入れるなど、身だしなみを整えましょう。

冬の場合は、建物に入ったら上着やマフラーを外すのもマナーです。

採用されればその企業の看板を背負って仕事をするので、身だしなみには気をつけましょうね!

転職面接までに知っておくべき注意点2つ

持ち物や応募先企業への行き方、面接本番の流れ以外にも、知っておくべき注意点が2つあります。

転職面接までに知っておくべき注意点2つ


注意点1:書類の中身はきちんと覚えておこう
注意点2:遅れるときは必ず早めに連絡しよう

面接官に嘘をついていると思われないように、また予期せぬトラブルに巻き込まれたときに対処するためには大切なポイントです。

それでは、上記の2つの注意点について、以下で詳しく見ていきましょう。

注意点1:提出した書類の中身はきちんと覚えておこう

ひとつ目の注意点は、応募先企業に出した書類の内容はしっかり頭に入れておくことです。

なぜなら、履歴書や職務経歴書に書いた項目は面接で必ず聞かれるからです。

企業に提出した書類の内容と矛盾した内容を話すことなく、自分の言葉で説明できるように準備しておけば、面接官の信頼も得られて、採用される可能性が高まります。

書類に書いた内容を少しでも覚えやすくするためには「自分の言葉で書く」のがコツですよ。

本やネットなどの文章を書き写すのは、内容と体験が結びついていないため覚えにくい

注意点2:遅れるときは必ず早めに連絡しよう

どんなに準備を完璧にしても、電車の遅延や思わぬトラブルが発生して面接に遅刻しそうになる場合もあると思います。

そんなときは、遅刻するとわかった時点で企業に電話をして、お詫び・理由・到着予定時刻を伝えましょう。

道路工事で通行止めになっていたり、調べた道が間違っている可能性もあります。

そのため、迷わないよう事前に会場を確認して、複数の行き方を準備しておくのがベストです。

何かあればすぐに連絡できるように、応募先企業の連絡先を控えておく

転職面接の準備チェックリスト

面接に向かう前に、本当に忘れ物がないか持ち物をチェックしておきましょう!


持ち物チェックリスト

持ち物準備OKです!

必ず持つべき物







  • あると便利な物









    転職面接の準備まとめ

    上記で紹介した「転職面接の準備のしかた」を実践すると、今後は転職面接までに何が必要なのか知りたいと悩むことは一切なくなり、注意点を踏まえて面接に備えられるようになります

    最後にもう一度、内容を確認しましょう。

    転職面接の準備まとめ


    • 面接までに、持ち物やこちらから応募先企業に質問したい項目は準備しておこう
    • 面接でよく聞かれる質問の答えはあらかじめ考えておこう
    • 面接会場に着いても、気を緩めず姿勢を正して面接に備えよう

    「どんなに準備しても、大丈夫かなと不安になってしまう」と最初は思うかもしれませんが、この記事を参考に準備をして、自信を持って面接に臨んでください。

    退職から内定までサポート おすすめ転職エージェント

    国内求人数トップレベル!
    doda
    2人の担当者があなたをバックアップ!国内求人数トップレベルであなたに合った求人が見つかる。
    求人数トップレベル
    全国展開
    安定したサポート
    登録無料

    相談する

     
    各業界に精通したエージェント!
    マイナビエージェント
    20代が信頼する転職エージェント1位を獲得!(※楽天リサーチ調べ)各業界に精通したプロがあなたをしっかりサポート!
    幅広い業界の求人
    全国展開
    安定したサポート
    登録無料

    相談する

     
    幅広い年齢層から支持!
    リクルートエージェント
    豊富な求人数で幅広い年齢層をカバー!転職成功者からの評価の高い転職支援実績NO.1の転職エージェント!
    求人数トップレベル
    全国展開
    支援実績No.1
    登録無料

    相談する

    -役立つ転職知識
    -,

    Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.