役立つ転職知識

【聞きたいことやスキルの整理はできてる?】カジュアル面談の臨み方

更新日:

【聞きたいことやスキルの整理はできてる?】カジュアル面談の臨み方


興味のある会社はあるけど、そこに転職したい!ってほどの気持ちにはまだなっていないんだよな。

それなら選考とか採用とかの堅苦しいことは抜きにした「カジュアル面談」を受けてみたら?
カジュアル面談?

服装とかでよくラフな格好のことをカジュアルっていうけど、ラフな面談?のイメージでいいのかな??

面接を服装で言うフォーマルって考えると、そのイメージでOKだと思う♪

企業と面談者の意見交換会のようなものなんだって。それでその企業のことを知ることができたら、応募の意思も固まるかもよ。

ま、応募したところで採用されるかどうかは別問題だけど。

でもマッチングっていうことから考えると、カジュアル面談は受けてみる価値はありそうだね。

今回は、そんな「カジュアル面談」について詳しく説明していきます。

カジュアル面談を利用する流れや、メリット・デメリットなど、様々なポイントから説明していきますので、カジュアル面談がどんなものか気になっている人は参考にしてみてください。

カジュアル面談とは

カジュアル面談とは、転職するかどうかまだはっきりと決まっていない段階の人が、興味のある会社のことを知るための機会として設定されるもの

「カジュアル面談」という固有のサービスがあるわけではなく、企業が応募者や会社に対して、より強い興味を持ってもらうために行っています。

リクナビNEXT Wantedlyscoutyなど様々な転職サービスがありますが、どのサービスを使っていても企業から提案されれば利用することができます。

採用する側にとってもメリットがあり、採用する側としてはカジュアル面談を通して会社のことを知ってもらい、さらに志望度を高めてもらおうという狙いがあります。

「カジュアル」「面談」という名前・呼び名からもわかるように、カジュアル面談は、応募者と採用担当者が、よりラフな形で話し合いをする場になります。

履歴書や職務経歴書はなしで、まずは一度実際に会ってみようという会社もある

採用担当者としては、人材は採用につなげたいという狙いを持ってカジュアル面談を行っています。

油断して適当な対応をするのではなく、ちゃんとした面接の一つとして捉えておきましょう。

カジュアル面談の流れ

カジュアル面談を受けてから、実際の選考に進むまでの流れは以下になります。

  1. 転職サービスに登録する
  2. 自分のプロフィールや職務経歴書などを登録する
  3. 企業の採用担当者からカジュアル面談のメッセージが届く
  4. カジュアル面談を行う( 会社などによってはオンラインで対応してくれるところもある )
  5. 採用担当者に面接の案内をされた場合はそのまま面接に進む

step
1
 転職サービスに登録する

カジュアル面談を受けるためには、まずは企業に自分の存在について知ってもらう必要があるので、転職サービスに登録しないといけません。

基本的には、面談は企業や転職エージェントから提案されるものなので、転職サイトならどのサービスを使っていても提案されれば受けることが可能です。ネットではWantedlyやScoutyなどを使ってカジュアル面談を受けた人もいました。

スタートアップやベンチャーなどは人手が足りていない会社が多い傾向にあるようです。

自分が興味のある会社があれば、直接ホームページやTwitterなどを使い、話しを聞きたいと伝えるのもひとつです。

時間をつくってくれる会社もあるかもしれませんよ。

step
2
 自分のプロフィールや職務経歴書などを登録する

転職サービスに登録する際、自分の名前などの基本情報はもちろんですが、これまでに務めた会社を入力したり、職務経歴書なども登録する必要があります。

企業やエージェントはプロフィールや職務経歴書の内容を見てカジュアル面談を申し込むので、できる限りしっかりと詳しく記入する必要がある

step
3
 企業の採用担当者の人などからカジュアル面談の依頼メッセージが届く

プロフィールや職務経歴書の内容を見てメッセージが届くので、興味がある会社であれば返信しましょう。

日時や服装などカジュアル面談するにあたってわからないことがあれば、この段階で忘れずに確認しておくようにしてください。

転職エージェントなどの場合、色々と企業を紹介できるので、とりあえず面談してみませんか?という所も一部あったりします。

会社や内容が具体的でない場合は、いったん保留にするほうがいい場合もあるので注意

step
4
 カジュアル面談を行う

実際にカジュアル面談を行います。

「カジュアル面談」とはいえども、企業にとっては面接のひとつなので、自分が聞きたいことだけではなく、事前に自分のスキルや経験も整理しておいて、聞かれたことにしっかりと答えられるようにしておきましょう。

step
5
 採用担当者に面接の案内をされた場合はそのまま面接に進む

カジュアル面談の結果、面接を受けてみませんか?と提案されることもあるかと思います。もし自分も興味がある場合はそのまま面接を受けてみて、そこからまた判断するのもひとつです。

カジュアル面談の後ですぐに最終面接まで進んだ、という人もいるようなので、ある程度興味が高い会社の場合は、自分が聞きたいことを質問するだけではなく、しっかり自分をアピールすることも大切と言えます。

カジュアル面談のメリット・デメリット

カジュアル面談のメリット・デメリットも整理しておきます。

メリット


  • 興味がある企業の担当者に色々と質問できる
  • 情報交換をすることで事前にミスマッチを防げる
  • 自分のスキルや経験を整理するいい機会になる
  • 面接前の練習や自分が評価されているポイントなどを知るいい機会になる

情報交換することでミスマッチが防げるのは企業側のメリットでもあると言えます。

面談の機会が多くなれば、企業側もたくさんの人材と接点が持てる点もメリットと言えるでしょう。

デメリット


  • いきなり志望動機を聞かれたりなど、面接のようになってしまうことがある
  • カジュアルな場とはいえ、ある程度準備が必要になる
  • 自分のスキルや経験をジャッジされる

カジュアル面談の価値をより大きなものに高めるためには、カジュアル面談だからといって油断せずに、面接のつもりでしっかりと準備して臨むほうがいいでしょう。

少なくとも、自分が知りたいことや質問したいことを整理しておくのだけは、しっかりとやっておくべきです。

面談者が転職に関してどれくらい前向きなのか、スキルのレベルはどれくらいなのかなど、会ってみないとわからないため、忙しい時間を割いても収穫がないこともあったりと企業側にもデメリットは存在します。

カジュアル面談に臨む際の準備

カジュアル面談に臨む際、具体的にどういう準備をするべきかについても整理しました。

対策

会社に聞きたいことと自分のスキルや経験の整理は、しっかりと行っておくようにしましょう。

特にカジュアル面談を利用する一番のメリットは、自分からその会社について色々と質問できることなので、最低でも聞きたいことはしっかりと整理しておくべきです。

持ち物

会社によっては履歴書や職務経歴書が必要になる場合もあるようですが、私がWantedly経由で面談した際は、特に何も持たずに伺いました。

基本的に、日程調整などの事前のメッセージのやりとりで、必要なものがある場合は指示されるはずなので、しっかりと内容を確認しておきましょう。

ふさわしい服装

カジュアル面談なので、ビシッとスーツで決める必要はほとんどの場合ないようです。

ただ、オフィスカジュアルや私服で来てくだいと言われた場合でも、念のため、会社のカルチャーや働いている人の服装をホームページやブログなどでチェックして、テイストを調整するようにしましょう。

よく聞かれる質問
  • 現在担当している仕事は?
  • 現職の仕事に不満はないか?
  • 今後やってみたい仕事はあるか?
  • どういった仕事が特に得意か?
  • 弊社のどういうところに興味を持ってくれたのか?

カジュアル面談でどんな質問がされるのかWEBで検索してみたところ、上記のような質問がありました。

志望動機や自己PRはないものの、相手はなにか意図をもったうえで質問しているので、その意図をしっかりと意識しながら質問に回答するよう注意しましょう。

落ちることはあるのか

不合格などの表現はしないと思いますが、カジュアル面談をして企業が興味をもてば、面接に進むことを案内されるはずです。

ある程度興味を持っている企業の場合は、カジュアル面談をする前にしっかりと準備をしてから臨むようにようにしましょう。

カジュアル面談のまとめ

繰り返しますが、カジュアル面談を利用する一番のメリットは、企業の採用担当者に色々と質問できることです。

通常の面接でも質問はできますが、質問に対してそこまで多くの時間を設けていない場合が多いはずです。

機会を有効活用できるように、しっかりと準備して臨みましょう。

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.