エンジニアの転職

【おすすめ求人転職サイトも】Unityエンジニアの平均年収や将来性は?

更新日:

unityエンジニア

「エンジニアを目指したいけど、何から勉強しよう?」「そろそろエンジニアとして新しい技術を身につけたい」などエンジニアになりたい、もしくはスキルアップをしたい方は多いと思います。

そこで、この記事ではゲーム業界に人気の「Unity」について紹介します。

今よりもっと活躍できる会社をお探しの方に、エンジニア向けのおすすめ転職エージェントについて、まとめましたので今後の参考になれば幸いです。

Unityとは

unityとは

Unityは、ユニティーテクノロジーズが開発したゲームエンジンのことです。パソコン・スマホ・PlayStation・Wii Uなどの複数のプラットフォームに対応しており、主に3Dゲームの開発やVRコンテンツの制作現場で使用されています。

無料もしくは低価格で利用できる事から人気が高く、Unityのおかげでゲーム開発がより手軽に出来るようになったなど、今まさに一番人気の技術とも言われています。

有名なゲームではポケモンGOがUnityで開発されているよ
アクションやパズルなどジャンルを問わずにゲームを作成することができるのよね!

Unityの特徴

unityの3つの特徴

Unityが人気なのは、主に以下のような3つの特徴があるからだと言われています。

  • 上でも紹介したように、Unityは複数のプラットフォームに対応しているため、Unityでひとつゲームを作れば色々なハードで販売できて効率がいい
  • ノンプログミングでも3Dゲームが開発可能で、ゲームを作りこむ場合でも「C#」というメジャーな言語を利用して開発できるため、プログラミング初心者にもオススメ
  • ゲームやVRなどのエンタメコンテンツだけに限らず、医療や建築などのバーチャルシミュレーションの現場でも使用されている

Unityエンジニアの現状について

unityエンジニアの現状

ゲームの人気が高いので、Unityエンジニアの需要は、様々なエンジニアの中でも特に大きいと言われています。

Unityエンジニアが担当する案件は?

Unityエンジニアを募集している会社は、ゲーム会社の中でも、特にスマホゲームの開発会社が多くなっています。

以前と比較すると成長率は鈍化してきているようですが、スマートフォン向けソーシャルゲームの開発を行うベンチャー企業は多く、実際に転職サイトを見てみても、そういったゲーム会社の募集が一番多いです。

ちなみにゲーム以外だと、VRを使ったエンタメコンテンツや、教育などの分野で使用されるVRソリューションコンテンツの会社などでも一部募集しています。

Unityエンジニアの平均年収について

転職サイトの募集要項を調べてみると、Unityエンジニアの最低年収は約300万円〜となっている所が多いです。

年収の平均値は少し高くなるかもしれませんが、需要があるとはいえUnityエンジニアというだけで無条件に年収が高くなるケースはあまりないようです。

他のエンジニアと同様に、年収アップを狙うには、開発力に加えて様々な経験やスキルが必要になりそうです。

ちなみに「forkwelljobs」という、エンジニア専門の求人サイトに掲載されているUnityの求人に関しては、年収の最高値は1300万円、最低値は500万円となっています。

なおこれは他のpaiza転職やDODAと比較すると高めの設定です。現在転職を考えているUnityエンジニアの方は、自分に募集できる案件がないかチェックしてみてください。

ちなみに収入アップを狙いたい人はフリーランスのUnityエンジニアになるのも一つです。正社員として働くよりも年収をアップさせやすいですし、エージェントを利用すれば安定して仕事を獲得できます。

フリーランスのUnityエンジニアになるメリットやオススメのエージェントについては、最後の項目で紹介していますので興味がある人は最後の項目をチェックしてみてください。

Unityエンジニアの将来性について

unityエンジニアの将来性

成長が鈍化してきているとはいえ、スマホ向けゲームの市場規模はとても大きいですし、最近はゲーム以外のVRやARなどのジャンルでも需要が高まってきているため、 Unityエンジニアの将来性は比較的高いといえます。

加えて、上で紹介したようなゲームなどのエンタメ案件だけでなく、Unityは医療や建築などのシミュレーションにも最適な技術のため、今後はこういったジャンルからの需要も大きくなっていくと予想できます。

そしてもちろん、ここで紹介した以外の他のジャンルからも必要とされる可能性は充分にあります。

Unityの需要が高まったのはここ最近で、ここから伸びていくジャンルなので、すぐに需要がなくなることはないはずです。

少なくとも今後すぐに沈んでいくものではないので、ゲーム開発に興味がある人や、エンジニアが新しく身につける技術のひとつとしてUnityを選択するのはアリです。

サラリーマン辞めてエンジニアになろうかなー。Unityとか使えば俺でもゲーム作れるんだよね?
初心者でもUnityなら少しの知識でゲームを作成できる

Unityでゲームを作成する手順を解説したサイトも多いので興味があれば検索しよう

Unityエンジニアが転職する際に必要なスキルや、あった方がいいスキル

unityエンジニアとスキル

転職サイトの求人情報を20件ほどチェックしてみましたが、Unityエンジニアが転職する際に必要なスキルや、あると歓迎されるスキルは、大きく以下の5つに分けることができそうです。

  • 開発力/プログラミングスキル
  • チームでの開発経験
  • マネジメント経験
  • サービスの企画や運用の経験
  • エンタメコンテンツが好きかどうか

Unityエンジニアの場合、Unityが扱えることに加えて、言語の種類としては「C#」や「Javascript」のスキルが必要になります。

なおスキルレベルや開発力の目安としては、実務経験1年以上を転職の最低条件にしている会社が多いです。直近すぐに転職したい場合はタイミングを判断する参考にしてください。

また開発力に関しては、3Dグラフィックスを専門的に扱うライブラリーの「OpenGL」や、マルチメディアを処理するための「DIrectX」などに精通していることを、歓迎項目の一つにしている会社もあります。

それ以外のスキルについては、他のエンジニアと概ね同じで、年収をアップ、会社員としてキャリアアップしていくためには、マネジメント経験や企画力などのスキルが大切になりそうです。

Unityエンジニアが転職でエージェントを利用するメリットや注意点

転職エージェントを使うメリット

実際に転職活動を行う場合は、転職エージェントを利用するのもひとつです。

特に転職が始めての人や転職で地方から上京する予定がある人、そして交渉事が苦手な人にはメリットがたくさんあります。

エージェントを利用するメリット

メリット

  • WEB上にはない非公開の案件を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削をしてもらえる
  • 面接日程の調整をしてもらえる
  • 採用担当者が採用しようかどうか迷っている際にプッシュしてもらえる
  • 内定した際、自分の代わりに給料の金額を交渉してくれる

こういった様々なサポートを無料で利用することが可能になっています。

エージェントを利用する際の注意点

注意

エージェントを利用する際は一つだけではなく、複数のエージェントを利用するようにしましょう。

エージェント担当者との相性もありますし、複数利用することで自分をより優先的に対応してもらえるようになります。忘れずに覚えておきましょう。

ちなみにフリーランスの場合は、各エージェントによってサービス内容や特徴も大きく違うので、より複数のエージェントを利用することが大切です。

Unityエンジニアにオススメの転職エージェント

エージェントおすすめ7選

Unityエンジニアが転職する際にオススメの転職エージェントを全部で7つ紹介します。

転職を検討中の方は参考にしてみてください。なお後半の3つはフリーランスエンジニア向けのエージェントです。

1. レバテックキャリア

1つ目は「レバテックキャリア」です。

エンジニアとWEBデザイナーの求人に特化しているので、他のサービスよりも、より効率よく求人を探すことが出来ます。

ちなみに自分のキャリアに関してアドバイスをくれるキャリアアドバイザーと企業情報や業務内容についてのアドバイスくれるリクルーティングアドバイザーの2人体制でサポートしてくれる仕組みになっているようです。

なお年収800万円以上のハイクラスな求人を狙う場合は「レバテック エキスパート」を利用しましょう。

2. forkwell agent

2つ目は「forkwell agent」です。こちらもエンジニア専門の転職エージェントですが、特にWEB系のスタートアップの案件に特に強く、転職に成功した約半数がSIerに勤務されていた方というのも特徴です。

スマホ向けゲームやアプリはもちろん、VRやARなどの最新技術を使ったコンテンツはスタートアップ企業が手がけている事が多いので、Unityエンジニアは特にチェックしておきたいエージェントといえます。

なお転職エージェントだけではなく、転職サイトの「forkwell jobs」や、自分のポートフォリオを見た企業からのスカウトが届く「forkwell」など、付随する便利なサービスもたくさん用意されています。

3. Work port

3つ目のエージェントは「ワークポート 」です。

ワークポートは、エンジニア以外の様々な職種の人に案件を紹介していますが、元々WEB系やゲーム系専門で始まったエージェントのため、これらの案件に特に強くUnityエンジニアと相性のいいエージェントになっています。

東京や大阪などはもちろんですが、名古屋、福岡、仙台などの地方にも営業所を構えているため、一部地方在住の人もエージェントを利用することが出来ます。



4. ギークリー

ギークリーは、特にゲーム業界の案件に強い転職エージェントなので、 Unityエンジニア向けの案件が多く見つかるはずです。

ちなみに紹介している案件の内訳は「IT(30%)」「WEB(20%)」「ゲーム業界(40%)」となっていて、ギークリー独占の非公開求人も用意されています。

5. レバテックフリーランス

5つ目のレバテックフリーランスは、一つ目に紹介した同じ「レバテック」が運営するフリーランスエンジニア向けのエージェントです

。フリーランス向けのエージェントの中で、紹介している案件数が一番多く、知名度や実績もダントツです。

加えて報酬の支払いが早いのも特徴です。レバテックフリーランスを利用すれば月末に清算して、翌月15日にはその分の報酬が支払われる仕組みになっています。

フリーランスエンジニア向けのエージェントの中では一番支払いが早いです。



6. ギークスジョブ

ギークスジョブも、同じようにフリーランスエンジニア向けのエージェントです。

紹介している案件数もレバテックフリーランスに次いで2番目に多く、特にゲーム業界の案件に強いので、Unityエンジニアは必ず登録しておきたいエージェントのひとつです。

7. MidWorks

最後のMidWorksもフリーランスエンジニア向けのエージェントですが、こちら正社員とフリーランスの中間的な働き方をコンセプトにしており、安定性をサービスのウリにしているエージェントになります。

案件が決まらなくても給料の8割を保証してくれたり、社会保険料の半額をエージェントが負担してくれるなど、フリーランス向けに手厚いサポートが用意されているのが特徴です。

フリーランスのUnityエンジニアになるメリットは?

メリット

  • 会社員よりも年収がアップしやすい
  • エージェント利用で仕事がなくて困る事なくなる
  • 色々な現場を経験できるので成長しやすく年収もアップ
  • 最低実務経験が1年からでもフリーランスになれる

フリーランスのUnityエンジニアになるメリットはたくさんありますが、何よりも一番大きいメリットは会社員よりも年収がアップしやすいことです。

3年ほどの実務経験があれば、フリーランスになるだけで毎月最低でも50万円以上稼ぐことが出来ます。

フリーランスエンジニア向けのエージェントを利用することが条件ですが、エージェントを利用すれば、仕事がなくて困る事はほぼないと言われています。

また、最短3ヶ月スパンで色々な現場を経験できるので成長しやすく、年収もどんどんアップさせていくことが可能です。

ちなみにマークアップエンジニアの方ですが、転職活動に失敗して仕方なくフリーランスになったものの、結果的に年収400万円の状態から、たった2年間で年収1000万円以上稼げるようになった人もいます。

デメリット

  • 厚生年金に入れないので年金が会社員に比べ少ない

年金の面で不利になるなどデメリットもありますが、国民年金基金などでしっかり対策することも可能なので、フリーランスに興味がある人は一度実際に体験してみるのもひとつです。最低実務経験が1年あれば、フリーランスになることは可能です。

自分がフリーランスのUnityエンジニアになった場合、どのような案件を担当できるか興味がある人は、まずはエージェントに登録して話を聞いてみましょう。

Unityエンジニア向けのスクール

エンジニアスクール

実際の求人を見てみると、ゲーム開発未経験でも歓迎する求人はあるので、スキルさえあれば他のエンジニアと同様に採用される可能性があります。

異業種からゲーム業界に転職したい人や、ゲーム開発の仕事に新しくチャレンジしたい人は、Unityが学べるスクールに通ってみるのもいいかもしれません。

なお以下のようなスクールがUnityのコースを用意しています。興味がある人はサービスについて一度実際に調べてみてください。

① Tech Academy

オンラインで受講可能。複数の期間から選択可能で、最安のコースは4週間プランの12万9000円(学生8万9000円)のコース。



② TECH::CAMP

3Dのブロック崩しやシューティングゲームを作りながら、UnityやC#について学ぶ。入会費用は12万8000円で、月額料金は1万2800円(初月無料)。教室やオンラインの教材は毎日利用可能で、無料の体験会も実施中。



まとめ

unityエンジニアまとめ

Unityエンジニアの平均年収や将来性、おすすめの転職エージェントについて紹介しました。

近年のソーシャルゲーム人気によりUnityを扱えるエンジニア需要は増えています。またゲーム以外のジャンルのアプリ開発やシステム開発にもUnityは使用され始めているので息の長い職であるといえます。

年収アップを狙うには他のエンジニア同様に技術や開発力を磨いていく必要がありますが、まだまだ伸びしろのあるジャンルなので、ゲーム開発に興味のある方はUnityエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

エンジニア転職おすすめサイト・エージェント

GEEKLY

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス。
大手を中心に非公開求人数は2000以上!ギークリー独占の求人案件も扱っています。
ギークリーの特徴としては、転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析して企業とマッチング。

また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、転職希望者の経験を元に転職支援を提供しています。

レバテックキャリア

『レバテックキャリア』はIT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスです。

IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、キャリア相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供しています。

WORKPORT

株式会社リクルートキャリアが主催する、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』にて第15回~第18回の4回連続『転職決定人数部門 第1位』を受賞!

WORKPORTは10年以上、IT専門のサービスを提供していましたが、2014年に総合型転職サービスとしてリニューアル。そのためIT・Web系の求人に強い転職エージェントです。
専門業界・専門職種に精通した転職コンシェルジュが「ひとつでも多くの可能性を追求できる専門性の高い転職相談サービスを提供」を合言葉に、求職者様の転職を全面的にサポートしています。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.