サイト・エージェント

レバテックならではの特徴は?サービスの評判と同じ種類の5つのサービスを紹介!

更新日:

レバテックアイキャッチ

「レバテックを利用してみたいけど、評判はどうなんだろう?」

エンジニアやWEBデザイナーを目指している方は、レバテックという名前を目にする機会が多いのではないでしょうか。

転職支援サイトとして名前は聞いたことがあっても、評判や具体的なサービス内容が分からないと不安ですよね。

今回はレバテックの特徴、サービスや評判について解説します。また、レバテックと似たIT業界やWEB業界の転職支援サイトについても合わせてご紹介します。

レバテックとは

レバテックの会社説明

レバテックは、ITエンジニアやデザイナーなどのクリエイター専門に仕事を紹介してくれるエージェントです。

正社員はもちろんですが、派遣やフリーランス向けのサービスも運営しており、数あるエージェントの中でも知名度が特に高いサービスです。

企業名 レバテック株式会社
資本金 60,000,000円(資本準備金含む)
事業内容 システムエンジニアリング事業
IT・Web領域における人材紹介事業
設立 2017年8月1日
株主 レバレジーズ株式会社
所在地 東京本社  東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
大阪    大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル2F
福岡    福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡10F

 

レバテックが運営するサービスの特徴について

レバテックの特徴

現在レバテックでは、全部で4つのサービスを運営しています。

レバテックキャリアの特徴

一つ目の「レバテックキャリア」は、エンジニアもしくはクリエイターの正社員希望者に特化してサービスを行う転職エージェントです。専門性をもった担当者がこれまでの経歴やスキルを踏まえて、転職活動を成功させるために様々なサポートを提供してくれます。

基本的に自分のキャリアやアピールポイントを一緒に考えてくれるキャリアアドバイザーと、ネットだけではわからないリアルな企業情報や業務内容などを教えてくれます。

リクルーティングアドバイザーの2人体制でサポートしてくれることも、特徴のひとつです。

ちなみに公開されている求人数は、2018年10月現在、全部で約2200件ほどあります。非公開求人の数はこの3倍あるそうなので、両方合わせると約1万件近くの求人から選ぶことが出来ます。

レバテックエキスパートの特徴

こちらの「レバテックエキスパート」も、上のレバテックキャリアと同じ、エンジニアもしくはクリエイターの正社員希望者に特化した転職エージェントです。

ただ、こちらは「年収800万円以上のハイクラスな求人」に応募したい人限定のサービスになっています。

気になる企業がある際、正式な面接の前にカジュアル面談というかたちで気軽にディスカッションできることも、レバテックエキスパートの特徴のひとつです。

レバテッククリエイターの特徴

3つ目の「レバテッククリエイター」は、フリーランスや派遣のWEB / ゲーム系クリエイターに特化してサポートを行うエージェントです。

WEBデザイナー、UIデザイナー、ディレクター、プロデューサー、ゲームプランナーなど、たくさんの職種が募集されています。

実際にレバテッククリエイターを利用している人のインタビューなどサイトのコンテンツも充実しています。中には37歳や39歳というタイミングで、レバテックを利用してフリーランスになられた方もいらっしゃるようです。

レバテックフリーランスの特徴

「レバテックフリーランス」は、リーランスのエンジニアに特化してサービスを提供するエージェントです。

レバテックフリーランスが紹介する案件は、在宅で仕事を行うフリーランスではなく、企業に常駐して開発を行うフリーランスの案件になります。

求人数がフリーランスエンジニア向けのエージェントの中で一番多く、支払いも月末締めの翌月15日と一番早い設定になっていることが特徴で、多くのフリーランスエンジニアに人気のエージェントになっています。

常駐型のフリーランスの場合、働く場所は制限されますが、案件獲得のために自分で営業しなくてもいい事や収入が安定しやすくなるなどメリットが多いので、独立したばかりのまだ経験の浅いエンジニアには向いている働き方といえます。



勉強会やスクールなどのサービスも

上で紹介したようなエージェントとは別に、フリーランス向けの節税対策やブロックチェーンなどの技術について勉強する「ヒカラボ」という無料の勉強会や、未経験からエンジニアを目指す人のスクール選びなどをサポートする「レバテックビギナー」とうサービスも運営しています。

レバテックの評判は?

レバテック評判

実際にレバテックのサービスを利用した人の意見も紹介しますので、参考にしてみてください。

就職・転職サイトとエージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

ちなみに転職サイトと上で紹介したエージェントのサービス内容は違います。

リクナビなどの転職サイトは応募する求人を探すために利用しますが、エージェントの場合は求人検索はもちろん、応募書類の添削や面接日程の調整など、転職活動を成功させるために様々なサポートを受けることができます。

実際にエージェントのサービスを利用する前に、エージェントを利用するメリットやデメリットなどについてしっかりと理解しておきましょう。

エージェントを利用するメリット

メリット

  • 非公開案件の紹介をしてもらえる。
  • 履歴書や職務経歴書など応募書類の添削をしてもらえる。
  • 志望業界の生の情報について聞くことが出来る。
  • 転職成功者のデータなど実績が豊富。
  • 模擬面接などの面接対策をしてもらえる。
  • 面接日程の調整をしてもらえる。
  • 自分で案件を獲得するために営業する必要がない。
  • 企業の担当者が採用するかどうかで迷っている際にプッシュしてもらうことが出来る。
  • 内定が決まった際に給料を自分の代わりに交渉してもらうことが出来る。
  • 契約書などの作成をサポートしてもらえる。

このように転職エージェントを利用するメリットはたくさんあります。特に面接日程の調整をしてもらえる点は、地方から都会の会社に転職する際にも助かるポイントのはずです。

エージェントを利用するデメリット

デメリット

  • 自分と同じくらいの実力の応募者が複数いる場合は不利

一方エージェントを利用すると、自分と同じくらいのレベルの応募者が複数いる場合に、不利になってしまうというデメリットがあります。

エージェントは企業に人材を紹介することによって利益を得ているので、エージェント経由の応募者を採用すると、企業が負担するコストは通常よりも大きくなってしまいます。

より具体的にいうと、例えばエージェント経由ではない応募者とエージェント経由の応募者がいて、それぞれの応募者のレベルがほぼ同じだった場合は、前者を採用する方が企業にとってはお得なので、エージェントを利用すると不利になってしまうのです。

またフリーランス向けのエージェントを利用する場合は、必ずマージン分のお金を損してしまいますし、エージェントを通じて知り合ったお客さんとは直接契約出来ないというデメリットもあります。

エージェントを利用する際の注意点

エージェントを利用する際は、ひとつのエージェントだけではなく、複数のエージェントを利用しましょう。複数のエージェントを利用することによって、エージェントの担当者に自分の優先度をあげてもらうことができます。

エージェントの担当者には営業ノルマが課されており、企業に何人応募者を紹介できたかで、自分の評価が変わる仕組みになっています。

転職希望者が他のエージェントを利用して転職してしまうと、自分の実績にならないので、複数のエージェントを利用していることを伝えると、自分の実績が減ってしまわないように優先的に対応してもらえます。

わざわざ自分から、複数のエージェントを利用していることを伝える必要はありませんが、聞かれた場合は隠さずに答えるようにしましょう。

レバテックならではの特徴について

レバテックならではの特徴

レバテックが運営しているエージェントの種類や、利用する前に知っておきたいエージェントの特徴について紹介しましたが、レバテックならではの特徴についても知っておくようにしましょう。

転職とフリーランス向けの両方をやっているからこそ取れる案件がある

正社員の求人とフリーランス向けの案件を両方一緒に紹介しているエージェントはレバテックだけです。一般的には、正社員のみやフリーランスだけなど、それぞれに特化していることが多いです。

クライアントの色々なニーズに対応できるようになると、当然クライアントから得られる信頼も大きくなります。それによって、他にはない独占の非公開案件が紹介されたりするなど、付随して色々といい効果があると予想しています。

フリーランスエンジニアに特におすすめ

レバテックのサービスはどれも知名度が高いですが、その中でも特に評価が高いのは、フリーランス エンジニア向けの「レバテックフリーランス 」です。

  • 紹介している案件数が業界第一位でダントツに多い
  • 受ける案件はエンド直受けのものが多いので他よりも報酬を高単価にしやすい
  • 支払いがフリーランス向けのエージェントの中で一番早い
  • 紹介実績が豊富

といった、たくさんのメリットがあることから、フリーランス向けのエージェントの中でも特に人気のエージェントになっています。



地方在住の人でも利用できる

レバテックフリーランスやクリエイターは関東の案件が中心ですが、レバテックキャリアは大阪・京都・兵庫・福岡などの案件も紹介しているので、地方在住の人でも利用することができます。

ちなみに遠方に住んでいて営業所に来社することが難しい人には、電話での対応も可能となっているそうです。地方から大都市に引っ越しすることを検討している人は忘れずに覚えておきましょう。

レバテックを利用する際の流れ

レバテック使い方

  1.  Webで会員登録
  2.  エージェントに来社して打ち合わせ
  3.  案件の紹介
  4.  応募・面接
  5.  入社

以下、実際にレバテックを利用する際の基本的な流れです。一般的に、申し込みから1週間〜1ヶ月程で案件が決まるといわれています。

step
1
Webで会員登録(無料)

WEBから、名前や住所、電話番号などの個人情報に加えて、希望の勤務形態や勤務地などを入力します。

スキルシート(履歴書や職務経歴書)やポートフォリオは任意での提出になっていますが、より早く次の就業先を決めたい場合は提出しておくほうがよいです。

step
2
エージェントに来社して打ち合わせ

登録フォームから申し込みすると担当者から連絡が来るので、指定された日時に会社へ来社して打ち合わせをします。遠方で来社できない場合は電話で対応してもらうことも可能です。不安な場合は備考欄などで伝えておきましょう。

step
3
案件の紹介

実際に打ち合わせする際に、WEB上では見られない、非公開の案件を紹介してもらえます。自分の興味や希望とズレてしまわないように、しっかりと打ち合わせして内容をつめておきましょう。

step
4
応募・面接

案件が決まったら実際に応募していきましょう。書類の添削や面接対策なども行なってくれますし、フリーランスの場合は顔合わせに担当者も同席してくれます。

step
5
入社

入社が決まった場合、円満退職に向けたフォローにも対応しているそうで、実際に入社した後も継続してサポートしてくれますし、フリーランスの場合は契約書作成のサポートもしてくれます。

レバテックと同じIT業界特化の転職エージェント

レバテックと似た転職支援サービス

最後にレバテックと同じように、IT業界やWEB業界に特化してサービスを提供するエージェントを5つ紹介します。ちなみに前半2つは正社員向けのもので、後半3つはフリーランス向けのエージェントです。

ワークポート

ワークポートは様々な業界の案件を紹介していますが、もともとITやWEB系などの案件を中心にスタートしたことから、これらのジャンルに特に強いエージェントと言われています。

ちなみに関東だけではなく、関西や福岡、仙台などにも営業所を構えています。



ギークリー

ギークリーは、IT / WEB / ゲーム業界に特化してサービスを提供するエージェントです。ちなみにそれぞれの内訳は、IT(30%) / WEB(20%) / ゲーム業界(40%)となっているそうで、特にゲーム業界の案件が多いことに特徴があります。

geechs job

ギークスジョブは、フリーランスのITエンジニアやWEBデザイナー向けのエージェントです。自社でゲーム開発も行なっている事から、特にゲーム系の案件に強いと言われています。案件数も多く、レバテックフリーランスに次いで業界第二位のエージェントです。

Midworks

Midworksは、安定性を重視したいフリーランス向けのエージェントです。

仮に案件が決まらなくても、一定の条件を満たしていれば報酬の8割を保証してくれる「給与保証制度」や、エージェントが社会保険料の半額を負担してくれる制度など、正社員とフリーランスの中間というコンセプトで、さまざまなサービスを用意しています。

ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランスはまだ経験の浅いエンジニア向けのエージェントです。ごく少数ですが、中には実務経験がない人でも応募できる案件があったりします。

まとめ

レバテックまとめ

レバテックの特徴まとめ

  • レバテックはITエンジニアやデザイナーなどのクリエイター専門に仕事を紹介してくれるエージェント
  • 転職エージェントを利用するメリットはたくさん
  • 勉強会やスクールなどの未経験者向けのサービスも
  • レバテックなら転職とフリーランス向けの両方の案件を紹介
  • 紹介している案件数が業界第一位でダントツに多い

レバテックの特徴、サービスの評判についてご紹介しました。

エンジニア求人は非常に多く、現在も新しい求人が増え続けています。未経験でも、レバテックのような転職支援サイトを活用すればエンジニア求人を見つけやすくなります。

専門知識やスキルに不安があればレバテックの「ヒカラボ」の無料の勉強会や、「レバテックビギナー」でスキルアップをしてから転職に臨みましょう。

Copyright© 転職index , 2018 All Rights Reserved.