東京で働くメリット3つと評判の良いおすすめ転職エージェント6選

転職 エージェント 東京


この記事で解決できる悩み


  • 東京での転職事情を知りたい!
  • 東京での転職活動をするときにおすすめの転職エージェントは?
  • 東京に転職するメリットとデメリットはあるの?

東京で転職活動を成功するには、どうしたらいいか不安に感じてしまいますよね。

この記事では、東京での転職に有利な転職エージェントについて解説します。

『東京の転職事情』を理解すれば転職エージェント選びに迷っている人でも、東京での転職活動を成功させることが可能です

実際、転職成功者の多くが複数の転職エージェントのサービスに登録し利用することで、希望の求人を見つけています。

まずは『知っておきたい東京の転職事情2つ』について見ていきましょう。

「いますぐ東京のおすすめ転職エージェントを知りたい!」という方は、『おすすめのエンジニア向け転職エージェント3社』をご覧ください!

知っておきたい東京の転職事情2つ

まずは東京で転職活動をする際に、知っておきたい東京の転職事情を見ていきましょう。

大きくまとめると、転職事情は以下の2つです。

知っておきたい東京の転職事情2つ


転職事情その1:東京都内の有効求人倍率
転職事情その2:求人数は多いが求職者も多い

それぞれについて、詳しく解説していきます。

転職事情その1:東京都内の有効求人倍率

東京都は全国の中でも有効求人倍率が高い地域です。

地域名有効求人倍率
飯田橋4.08倍
上野2.10倍
品川7.02倍
渋谷2.78倍
新宿1.83倍
池袋1.33倍
足立0.75倍
墨田0.71倍
八王子0.70倍
町田0.52倍

有効求人倍率とは?

求職者1人あたりに何件の求人があるかを示すもので、たとえば「2倍」なら、仕事を探している100人に対して200人分の仕事がある状態のことを意味します。

しかし「1」を下回れば、仕事を探している人よりも仕事の数が少ないことを示すので、転職活動をしても厳しい状態であることが予想できるでしょう。

東京都内でもこんなに差があるのは驚きました!
実は東京都内の中でも有効求人倍率に差があり、品川、飯田橋などでは有効求人倍率が高いものの、足立や墨田、八王子、町田などでは低い傾向にあります。

つまり有効求人倍率が低い地域では就職が難しいことが予想されるので、転職先を探す際は有効求人倍率をチェックして倍率が高い地域を狙った方が有利に進めることが可能です。

転職事情その2:求人数は多いが求職者も多い

東京で転職活動する魅力は求人数が多いことですが、求職者が多いのも特徴です。

魅力的な求人には優秀な人材がたくさん集まるため、同じ選考を受けるライバルもレベルが高い可能性が大いにあります。

業界に精通した人や、経験豊富なキャリアや知識を持った人も競合となりうるため、その分内定をもらうこと自体が難しくなるかもしれません。

また総求人数が多いため、求人の中にはブラック企業の数が多い点にも注意が必要です。

転職前にはなるべく企業の評判や年収、働きやすさなどの事前情報を集め、転職しても問題ない会社かどうかを見極める必要があります。

複数の転職エージェントへの登録がおすすめの理由2つ

東京で転職を成功させるには、複数の転職エージェントへの登録がおすすめです。

その理由は以下の2つです。

複数の転職エージェントへの登録がおすすめの理由2つ


理由1:求人の選択肢が広がる
理由2:相性のいい担当者に会える可能性が高くなる

それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

転職エージェントの使い方についての記事をチェック

理由1:求人の選択肢が広がる

ひとつ目は、求人の選択肢が広がることです。

転職エージェントは得意な業界や業種が異なるので、1つのエージェントだけだと偏りが出てしまう可能性があります。

そのため複数登録した方が紹介してもらえる求人の選択肢が広がり、希望の求人と出会える可能性が高くなるのです。

たとえば求人数が多い「リクルートエージェント」、20代から圧倒的な人気の「マイナビエージェント」、手厚いサポート体制が評判の「パソナキャリア」などそれぞれの転職エージェントで特徴があるので、チェックしておくとよいでしょう。

転職エージェントの情報については、のちほど詳しくご紹介します。

理由2:相性のいい担当者に会える可能性が高くなる

転職エージェントでは求職者に対して担当者がつきますが、複数登録することで相性のいい担当者に出会える可能性も高まります

転職活動中は担当者と面談して、求人の提案、面接対策や書類添削などさまざまなサポートをしてくれますが、あなたとの相性が悪いとストレスを感じてしまうかもしれません。

相談のしやすさや得意な業界業種、経験の豊富さなどは担当者によって異なるので、相性がいい担当者の方が転職の成功率がアップするだけでなく、気持ちよく転職活動を進めることができるでしょう。

求人サイトだけでは得られない、有益な情報も教えてもらえるので、できるだけ出会うチャンスも増やしておいた方が得策です。

相性が悪い担当者の変更は可能です

もちろん相性が悪いと感じたら変更を申し出ることができるので、相性のいい担当者を見つけられるようにしましょう。

東京でおすすめの転職エージェント6選

ここからは、東京のおすすめ転職エージェント6つをご紹介します。

東京のおすすめ転職エージェント6つ

東京のおすすめ転職エージェント1:マイナビエージェント
東京のおすすめ転職エージェント2:パソナキャリア
東京のおすすめ転職エージェント3:doda
東京のおすすめ転職エージェント4:リクルートエージェント
東京のおすすめ転職エージェント5:JACリクルートメント
東京のおすすめ転職エージェント6:Spring転職エージェント

それでは、見ていきましょう。

おすすめ1:マイナビエージェント



対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
とくに20代におすすめ
IT業界が得意
サポート力あり

おすすめポイント

  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
  • 幅広い業界の質の良い求人を取り扱っており、その中でもIT業界が得意
  • サポートが手厚く、面接・書類対策や面談をしっかりと行ってくれる

おすすめ4:パソナキャリア


パソナキャリア

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
とくに女性におすすめ
面談が丁寧
サポート力あり

おすすめポイント

  • 独自の条件の良い求人が多数あり
  • 顧客満足度第1位!レベルの高いアドバイザーが揃っている
  • 女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チームがあり、女性に寄り添った提案をしてくれる

おすすめ2:doda


doda

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
求人数多い
サポート力あり

おすすめポイント

  • 求人数が業界トップレベル!
  • 担当者と相性が悪い場合は、web上から変更できるなど、使い勝手がいい
  • キャリアアドバイザーと求人提案の担当者が分かれていて、手厚いサポートが受けられる

おすすめ1:リクルートエージェント


リクルートエージェント

対象エリア
全国
主な利用者層・特長
20代
30代
40代
男性
女性
業界全般
職種全般
求人数多い
交渉が得意

おすすめポイント

  • 転職支援実績ナンバー1!
  • 求人の80%が非公開求人で20万件以上の取り扱いがあり業界最大級
  • 業界に精通したアドバイザーが強みや適性を把握しキャリアプランを提示してくれる

おすすめ5:JACリクルートメント

JACリクルートメント

引用: JAC Recruitment

JAC Recruitment は、ロンドン発祥の外資系転職エージェントなので、外資系に強く、ハイキャリア案件ではトップクラスの転職エージェントです。

おすすめ6:Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

 

Spring転職エージェントは、世界60カ国に拠点を持つ大手転職エージェントで、サポート面が充実しており希望者全員と面談するという方針なので、キャリアに自信のない人にもおすすめです。

東京の転職エージェントの特徴2つ

東京の転職エージェントの特徴をまとめると、以下の2つです。

特徴1:転職エージェントの数が多い
特徴2:担当者の質に差がある

その特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴1:転職エージェントの数が多い

転職エージェントの多くが東京に拠点を持っているため、ほかの地域と比べて圧倒的に数が多いのが特徴です。

所在地が「東京駅から徒歩数分」という転職エージェントも複数あるので、企業への面接の帰りに転職エージェントに立ち寄って相談することもできます。

また外資系企業、エンジニア、医療業界など特定の業界に特化した転職エージェントの拠点が多いのも特徴です。

特定の業界に特化した転職エージェントの拠点は地方にはないことが多いので、情報を集めやすく、特定の分野でもサポートを受けやすい点も東京の転職エージェントを利用するメリットでしょう。

特徴2:担当者の質に差がある

実は都内の転職エージェントの担当者は離職率が激しく、質やレベルに差があります

入れ替わりが激しいので、経験豊富で優秀なベテランもいれば、十分な教育を受けないまま現場に出て担当をしている経験不足な若手もいるのです。

経験不足な人が担当だと満足できるサポートが受けられない可能性もありますが、その質は実際に会ってみないとわかりません。

またどんなに経験豊富なベテランが担当だとしても、相性が悪い場合もあります。

そんなあ~…担当者のことを考えたら、今から不安になってきました…。
あなたにとって最適な担当者かどうかは、転職エージェントを複数登録して何人かの担当者と会ってみて決めるのが安心でしょう。

東京で転職するメリット3つ

ここからは、東京で転職するメリットについてご紹介します。

東京で転職するメリットは以下の3つです。

東京で転職するメリット3つ


メリット1:求人が多くて選べる仕事の幅が広い
メリット2:地方よりも給料が高い
メリット3:未経験でも大丈夫な求人が豊富

ビジネスチャンスをつかみたい人は、東京での転職にチャレンジしてみましょう!

メリット1:求人が多くて選べる仕事の幅が広い

東京は経済活動が盛んで求人数が多いので、選べる仕事の幅が広いのが特徴です。

なぜなら、東京に本社をおいている企業も多く、ほかのエリアと比べて圧倒的な量の求人に出会えることができるからです。

また仕事の幅が多いのも特徴で、たとえば金融、外資系、マスメディア、インターネット系の会社のほとんどは東京が拠点です。

日本を代表する大手企業から、老舗の中小企業、ベンチャー企業まで多くの会社が集中しているので、さまざまな規模の会社に採用応募することができます。

東京なら人気職種の数も多い!

また本社機能を東京におく場合が多いため、人事、総務、経理などの人気職種も東京では数が多いです。

地方では求人すら見かけない人気の職種に出会えるチャンスがあるってことね。
選べる求人数、仕事の幅も広いので、東京での転職は希望の仕事をにつける可能性が高いといえるでしょう。

また同じ業種でも転職先の選択肢が多いので、万が一合わない会社に転職してしまっても、次の仕事を見つけやすいのも東京ならではのメリットです。

メリット2:地方よりも給料が高い

2つ目は、地方よりも給料が高いことです。

都道府県平均年収
全体男性女性
茨城県413万円450万円331万円
群馬県396万円426万円323万円
埼玉県412万円456万円337万円
山梨県380万円402万円327万円
神奈川県439万円490万円358万円

dodaのデータによると、東京都の平均年収は448万円でした。

全国平均の392万円と比べると約50万円近く上回っているため、収入面で考えると東京で働くことは利点といえるでしょう。

東京では、30代で年収1,000万円を超える高収入になるケースも珍しくないため、年収アップを狙う人は東京での転職がチャンスです!

ただしdodaに登録している人の情報をもとにした数字なので、正確なデータではない点にご注意くださいね。

メリット3:未経験でも大丈夫な求人が豊富

東京では求人数が多いため、未経験の分野で採用される求人が多いのも特徴です。

業種や職種を変えて転職したいと考えても、地方では経験がないと応募しづらい場合や書類選考で落とされることもあります。

しかし今後も東京の一極集中による売り手市場が予想されるため、未経験の仕事でも採用されるチャンスが豊富にあるといえるでしょう。

東京での転職なら、未経験の分野でも臆せず、チャレンジするのがおすすめです。

未経験でもチャレンジできる環境は嬉しい!やる気も出てきますね!

東京で転職するデメリット3つ

東京で転職するメリットがある一方、デメリットやリスクもあります。

デメリットをまとめると、以下の3つです。

東京で転職するデメリット3つ


デメリット1:生活コストがかかる
デメリット2:通勤にストレスがかかる
デメリット3:会社によっては社内競争が激しい

転職活動をする際は、意識しておきましょう。

デメリット1:生活コストがかかる

東京は物価が高く、生活するにはコストがかかります。

全国の物価が高い上位5位

順位総合食料住宅光熱・水道家具・家事用品
1東京都 108.5東京都 106.4東京都 146.7青森県 113.1長崎県 108.4
2神奈川 104.8京都府 103.8神奈川 129.5北海道 112.4京都府 105.8
3京都府 102.8島根県 103.7埼玉県 109.4山形県 112.3東京都 104.8
4大阪府 102.0福井県 103.5大阪府 106.9佐賀県 110.4神奈川 104.1
5兵庫県 100.1神奈川 103.0千葉県 104.8島根県 109.9香川県 103.5
順位被服及び履物保健医療交通・通信教育教養娯諸雑費
1東京都 117.8長崎県 102.4東京都 107.4東京都 112.5東京都 105.5東京都 105.3
2岡山県 111.4島根県 101.8神奈川 104.0京都府 112.0京都府 102.5愛知県 104.5
3神奈川 110.3茨城県 101.6大阪府 102.9神奈川 111.4神奈川 102.3岡山県 104.4
4広島県 109.9北海道 101.5長崎県 100.9大分県 111.1兵庫県 101.3京都府 103.9
5福岡県 108.4大分県 101.5京都府 100.8大阪府 111.0愛知県 101.2神奈川 103.5

東京の物価

総合食料住宅光熱・水道家具・家事用品
東京108.5106.4146.796.1104.8
被服及び履物保健医療交通・通信教育教養娯諸雑費
東京117.8100.6107.4112.5105.5105.3

全国物価統計調査報告によると、東京都の物価水準は全国で1番高いです。

分類別に見ると水道・光熱費は全国平均より下回りますが、食料、住居、家具・家事用品は全国平均を大きくうわまっています

とくに地方と比べて家賃は高額になるため、転職活動と同時に上京する人は、ある程度の出費を見込んでおくと安心でしょう。

ちなみに都心の駅近物件は家賃も高くなりますが、出費を抑えるなら郊外や周辺の県で物件を探す手もあります。

たとえ、転職後の給与がアップしても、それ以上に支出が増えると生活が苦しくなるので、転職前に収支のシミュレーションをしておきましょう。

デメリット2:通勤にストレスがかかる

都内の通勤ラッシュのピーク時には混雑率が200%近くなるほど電車が混み、路線によっては大きなストレスを感じることもデメリットの1つです。

混雑率200%とは?


混雑率200%は、圧迫感を感じるほど体が触れ合う状態で、週刊誌をなんとか読めるの度合いが目安になります。

たとえば混雑率が高い路線では、東京メトロ東西線の木場駅〜門前仲町駅区間、総武線錦糸町駅〜両国駅区間、小田急線の世田谷代田駅〜下北沢駅区間などが有名です。
ううん。通勤で大きなストレスは抱えたくないし、どうしよう。
通勤ラッシュを回避するためには、混雑率が低い路線を選ぶか、家賃が高くても会社の近くに住むことも検討するとよいでしょう。

デメリット3:会社によっては社内競争が激しい

会社によっては社内競争が激しく、ストレスに感じる人もいます。

東京は高年収の求人が多いので、外国人を含めて優秀な人材が多く集まり、成果主義の傾向が地方に比べて強いです。

そのため競争することが苦手で、周りと協力して仕事をしたい人にとっては、辛い職場環境になるかもしれません。

逆に成長意欲が強く、ライバルとの競争がモチベーションに感じる人は、優秀な人材と働ける環境がメリットに感じるでしょう。

【転職エージェント】東京での転職まとめ

【転職エージェント】東京での転職まとめ


  • 東京は求人数が多いが、求職者も多く優秀な人材も集まっているので転職活動は簡単ではない
  • スムーズに転職活動を行うためにも複数の転職エージェントを利用するのがいい
  • 転職活動をするすべての人におすすめなのはリクルートエージェントやdoda

いかがでしたか。

東京で転職活動をするときは、少なくても上記の3つは必ず実践しましょう。

これらを意識することで効率的に転職先を探すことができ、東京で希望の求人を見つけやすくなるはずです。

1日でも早く、東京での転職が成功しますように!

退職から内定までサポート おすすめ転職エージェント

国内求人数トップレベル!
doda
2人の担当者があなたをバックアップ!国内求人数トップレベルであなたに合った求人が見つかる。
求人数トップレベル
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
各業界に精通したエージェント!
マイナビエージェント
20代が信頼する転職エージェント1位を獲得!(※楽天リサーチ調べ)各業界に精通したプロがあなたをしっかりサポート!
幅広い業界の求人
全国展開
安定したサポート
登録無料

相談する

 
幅広い年齢層から支持!
リクルートエージェント
豊富な求人数で幅広い年齢層をカバー!転職成功者からの評価の高い転職支援実績NO.1の転職エージェント!
求人数トップレベル
全国展開
支援実績No.1
登録無料

相談する

-サイト・エージェント
-,

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.