未経験からプログラマに転職する際に知っておくべき知識4選と2つの理由

プログラム全くやったことない人がプログラマになるには?

  • 未経験だけどプログラマになりたい、なれるんだろうか
  • そもそもプログラマがどんな仕事なのか知りたい


と疑問に思っている方の悩みを解決できる記事になっています。

結論から言えば未経験でもプログラマに転職することは可能です。
業界に寄っては常に人手不足なので需要も有り、将来性もあるといえるでしょう。

この記事では、上記のような疑問を解消するために、未経験でもプログラマに転職できる理由やメリットデメリット、転職するために必要なスキルについてわかりやすく解説しています。

「いますぐ未経験プログラマにおすすめの転職エージェントが知りたい!」という方は、『転職活動で求人を探す際は転職エージェントも利用しよう』をご覧ください!

未経験からプログラマに転職できる2つの理由

未経験でもプログラマにはなれます!

未経験からプログラマになることってできるんですか!?
結論からいうと、未経験からプログラマになるのは不可能ではないな。

もちろんある程度のプログラミングスキルは必要だが、実務経験がなくても転職可能で、20代はもちろん、30代の人も、努力次第ではキャリアチャンジすることが可能だぞ。

どうして、未経験でもプログラマになれるんですか?

転職できる理由1:プログラマは人手が足りていない

なぜ未経験からでもプログラマに転職できるかというと、他の職種よりも圧倒的に人手が足りていないからです。

転職サービスを提供するdoda(デューダ)の調査によると、2018年11月の、プログラマの技術系( IT・通信 )職種の求人倍率は、全部で11個ある職種の中でダントツ一位の「8.02」となっています。(平均の求人倍率は2.36)

ちなみに転職求人倍率は、doda(デューダ)のサービスに登録している1名に対して中途採用の求人が何件あるかを示したものです。つまり技術系( IT・通信 )の職種は1人に対して紹介できる求人が平均するとおよそ7件もあるということになります。

【dodaのメリット・デメリットとは】おすすめなのはどんな人?

転職求人倍率は、求人数(採用予定人数)÷ 転職希望者数で算出される

転職できる理由2:転職を保証してくれるプログラミングスクールもある

人手があまりにも足りていなくニーズがとても大きいことから、下記のようなスクールも中にはあります。

  • 転職を保証してくれるスクール
  • 転職が決まると受講料を全額キャッシュバックしてくれるスクール
実際に全くのゼロからプログラミングの勉強を始めてエンジニアに転職する人も少なくありません。

プログラマの仕事はシステムを開発すること

プログラマといっても業務の種類はさまざまです
プログラマの仕事はざっくりいうと、WEBサービスやソーシャルゲームのシステムを開発することです。

例えば大人気の「メルカリ」というフリーマーケットのアプリの場合、実際に販売者として利用するためには商品を出品する作業が必要になりますが、この作業をユーザーが行うためには、画像を登録したり値段を登録したりする機能が必要ですよね。

このように、サービスを利用するために必要な機能を洗い出して、ひとつずつ開発していくのがプログラマの仕事になります。

ソーシャルゲームの方は、ガチャの抽選システムの設計・開発をしたり、毎月実施されるイベントの企画・設計を行ったりする仕事だね。

プログラマとして働くメリット6選

プログラマとして働く魅力やメリット

  • メリット1:自由で裁量権が大きい。私服で勤務可能(特にWEB業界の場合)
  • メリット2:高年収が期待できる
  • メリット3:自分が開発したサービスが数百万人以上の人に利用される可能性がある
  • メリット4:企画〜開発、そしてリリースまでのスピードがとても早い
  • メリット5:リモートで作業できる会社が多いので育児と両立させることが可能
  • メリット6:フリーランスとして独立しやすい(フリーランス向けのエージェントがあるので安定して仕事を受注できる)

プログラマとして働くデメリット4選

プログラマとして働くデメリット

  • リリース前などは残業の時間が増える可能性がある
  • ある程度経験を積むとコードを書くことから離れてマネジメントの仕事を求められる会社が多い
  • 英語のスキルもあったほうが有利
  • 技術トレンドなどの移り変わりが早いので仕事が好きでないとつらい

実際に働く会社との相性によっても満足度は大きく変わってくるので、転職活動するときはできるだけ色々な求人を見てみるようにしましょう。

未経験からプログラマに転職する際に知っておくべき知識4選

プログラマになるにはプログラム以外のスキルも必要

未経験からプログラマへ転職するにあたって、知っておきたいことを5つ紹介します。

知識1:未経験からプログラマへ転職するために必要な3つのスキル

プログラマへ転職するために特に大切なスキル

  • スキル1:プログラミングスキル
  • スキル2:コミュニケーションスキル
  • スキル3:マネジメントスキル

当然プログラマなので、ある程度のプログラミングスキルがないと仕事が出来ません。自分のスキルを証明するために、実際にWEBサービスを作成してみましょう。

ちなみに、プログラミングスキルに加えて、マネジメントスキルもあれば、仮に未経験でも500万円以上の給料で採用するという会社なんかもあるらしい。

プログラマとして働くときにもかなり重宝されるスキルなので、転職活動の時までにしっかりとアピールできるよう準備しておきましょう。

転職するために必須ではありませんが、あとは英語のスキルもあればさらに有利になり、選択肢が広がります。
(プログラミングの勉強をするために必要なのと、グローバルな企業で働く場合に必要になるのが理由)

知識2:プログラマの求人を選ぶときはWEB業界がおすすめな理由

未経験の場合どのようにしてプログラマの求人を選べばいいのか分からない人も多いと思いますが、IT業界のSIerで働くプログラマの求人よりも、WEB業界の求人の方がおすすめです。

Slerとは、企業がビジネス・サービスで抱えている問題に対して、人員やノウハウ、ソフトウェアといったITソリューションを提供する企業のこと

IT業界のSIerは多重下請け構造になっており、実際に開発をするプログラマとして働く場合は、下請けの会社で働くことになります。

仕事はBtoBのクライアントワークになるため自由度も低く、給料も低い、残業も多い、成長しにくいなどデメリットが多いようで、あまりいい評判を聞きません。

実際にプログラマとして転職してからのほうが大変

未経験でゼロの状態からプログラミングスキルを身に着けることはもちろん大変なことなのですが、実際は会社に転職してからのほうがもっと大変です。

魅力が多い職業ですが、プログラミングが好きで、明確な目標がないと続けていくのが大変なことも忘れないように

リリースや改修する機会が多いWEBサービスの場合は、残業時間が多く、激務になる可能性もあります。もちろん所属する部署やチームによっても変わってきますが、ソーシャルゲームの場合は、リリースも多くとくに大変です。

知識3:プログラマはフリーランスとして活躍しやすい

エンジニアはフリーランスとして仕事がしやすいのも特徴のひとつです。

人手が圧倒的に足りていないことから、フリーランスエンジニア向けのエージェントも複数あり、企業に常駐するかたちにはなりますが、正社員のように安定して仕事を獲得することができます。

ちなみに実務経験が3年ほどあれば、フリーランスのエンジニアになると最低でも毎月50万円以上は稼げます。

年収1000万円以上稼ぐことも非現実的なことではなく、フリーランスになってからたった2年間で年収を500万円以上アップさせた例もあります

知識4:プログラマに転職するなら独学ではなくスクールに通うほうがいい

上でも簡単に紹介しましたが、プログラミング初心者の人は、できれば独学ではなく、スクールに通って勉強するほうがいいです。

独学だと分からないことで悩む時間が多くなって途中で挫折してしまう人も多いと言われています。

分からないことを質問して解決できる環境があるかどうかは、プログラミング習得の基礎を築く上でとても大切なポイントになります。

スクールに通うとなれば、お金がかかることを心配する人も多いと思うが、一定の条件を満たせば、転職先を保証してくれたり授業料の全額を免除してくれたりするスクールもある

地方在住の人でも利用できるオンライン型のスクールもあるので、興味がある人は以下で紹介するスクールをチェックしてみてください。

エンジニアを目指す人向けの3つのプログラミングスクール

未経験からでも学べるプログラミングスクール7選

おすすめプログラミングスクール1:TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)の特徴

  • 一週間の無料体験レッスンがある
  • 4/8/12/16週間コースの4つから選択可能
  • PHP/Ruby/フロントエンジニアなど様々なコースから受講可能
  • 最安料金は4週間コースで12万9,000円(学生は8万9,000円)※ 分割は月5,375円〜(学生:3,708円〜)
  • オンライン完結型(地方の人でも利用可能)
  • 転職サポートあり
  • TechAcademyキャリア経由で転職すると10万円のキャッシュバック(条件あり)

TechAcademy(テックアカデミー)

おすすめプログラミングスクール2:ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプの特徴

  • ポテパンキャンプ経由で転職が決まれば全額キャッシュバック
  • Ruby on Railsのコースのみ
  • 未経験者は20代のみ、30代の人はWEB系の経験者のみ
  • 料金は3ヶ月10万円(税別)か4ヶ月15万円(税別)
  • HTML/CSS/JavaScript/Ruby/Ruby on Railsの学習経験必須
  • スクールの場所は渋谷
  • オリジナルECサイトの作成が目標

ポテパンキャンプ

おすすめプログラミングスクール3:GEEK JOB

GEEK JOBの特徴

  • 20代のフリーターや第二新卒向けの就職支援サービス
  • 未経験からプログラマへの転職率95.1パーセント
  • プログラミング言語はPHP/Java/Rubyから選択
  • 最短一ヶ月で費用は無料
  • 通学形式の個別指導(スクールは四谷と九段下)
  • 1日体験もあり
  • 30代も受講可能で、12万円の料金がかかるが、転職が決まればキャッシュバックされる

GEEK JOB

DIVE INTO CODE

転職活動で求人を探す際は転職エージェントも利用しよう

転職エージェントにはプログラマ向けのエージェントも存在

転職保証制度などを利用する場合は、スクールを通して転職活動を行いますが、自分で実際にスクールにお金を払って勉強したり、独学で勉強してエンジニアを目指したりする場合は転職エージェントを利用して求人を探しましょう。

転職エージェントを利用するメリットは、このようにたくさんあります。ちなみに大半のエージェントは全て無料で利用可能です。

エージェントを利用する際は、複数のエージェントを利用することが大切です。そうすることで自分を対応する優先度をあげてもらうことができます。

転職エージェントに関しては、メリット・デメリットも含めこちらの記事で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。
誰でもできる簡単な転職エージェントの選び方2つと基礎知識

プログラマの求人に特化している3つの転職エージェント

転職エージェントはたくさんありますが、下記はエンジニアの求人紹介だけに特化してサービスを提供しています。

転職エージェントを利用する際はチェックしてみてください。

まとめ

プログラマになればフリーランスとして働けたり、高収入も狙えます

今回のまとめ

  • プログラマの需要は高く、求人の数が多い
  • プログラムスキルだけではなく、コミュニケーションスキル・マネジメントスキルも必要
  • プログラミング言語を勉強するときはスクールに通うことで、就職のサポートも受けられる

プログラマの求人数は多く、給料も高いのも多いため、あこがれの職業ですが仕事に就くまでも就いてからも大変ではあります。

ですが、自分のやりたいと思ったことはやっておいて損はありません。まずは、新しい世界へ一歩踏み出してみましょう。

ITエンジニア特化のおすすめ転職エージェント

業界トップクラスの求人数!
レバテックキャリア
年収320万円アップ実績アリ!最新技術の話が通じるキャリアアドバイザーがあなたの個性に合わせて求人提案から内定までをサポート!
ITエンジニア特化
年収アップ
個性に応じたサポート
登録無料

相談する

 
マイナビのIT転職エージェント
マイナビエージェント×IT
20代が信頼する転職エージェント1位を獲得!(※楽天リサーチ調べ)IT・WEB業界に精通したプロがあなたをしっかりサポート!
豊富な求人数
ITエンジニア特化
安定したサポート
登録無料

相談する

 
元エンジニアの担当がサポート
Tech Stars Agent
IT・Web・ゲーム系…各業界に特化したキャリアアドバイザーがサポート!エンジニア経験のあるコンサルタントのみ在籍しており、エンジニアのためのイベントやセミナーも充実!
IT・Web・ゲーム系特化型
登録無料
独立支援あり
セミナー開催あり

相談する

-エンジニアの転職
-,

Copyright© 転職index , 2019 All Rights Reserved.